【初月無料キャンペーン中】gooドクター

スペインの北朝鮮大使館?北朝鮮領事館?襲撃事件で故金正男の長男を次期書記長にしようと動いている組織が襲撃したそうですが、その組織にCIAが加担していたと報道されてますよね?

そしてスペインから台湾に移動した際に足取りがバレて見動き出来ずになって、台湾から出国できなくなったときに秘密裏にFBIが秘密裏に外交官権限で身元確認なしで出国したそうです。

まず質問1

台湾からスペインの直行便ってあるのでしょうか?

まずこの時点でなければこの情報はガセ確定なんで。

質問2

ここが重要でCIAが同行してたのに、FBIが出国させたってあり得るのかという話です。

映画だと権限は1つが受け持つわけです。ここからは警察官ではなく刑事課に権限が移るとか。警察管轄からFBIに管轄が移るとか。

まずCIAとFBIの合同で動くってあり得るのか。

CIAが手引して台湾から出国はなぜ出来なかったのか。

そもそもなぜ他国の台湾にFBIがいるのか。FBIってアメリカから出るのか?FBIの支局が台湾にある?

なぜスペインはCIAが管轄して襲撃して、台湾でFBIの管轄になったのか不思議です。

あとトランプ大統領の別荘に中国の諜報員が潜入しようとして失敗。USBメモリに入れていたコンピュータウィルスが没収された。

CIAのスペイン襲撃は成功して、中国のアメリカスパイ作戦は失敗。正々堂々と正門から入ろうとしたつわもの女スパイ。中国はアホなのだろうか。イスラエルの諜報員と同じやり方だけど間抜けすぎた。

中国の話は雑談です。

gooドクター

A 回答 (2件)

スペインにある北朝鮮大使館の襲撃事件にCIAが加担していたとされる話と、マカオで金正男氏が殺されて息子の金ハンソル氏がどこかの国へ渡航しようとした際に経由地の台湾から出国できなかったのをCIAやFBIが助力して身柄を米国に移し保護したとされる話が、混ざっているのではないかと思われます。


(金ハンソル氏出国の話は、台湾から米国への出入国に関わったのがCIAで、米国内で保護しているのがFBIだとのこと)

もう一度報道されている内容を確認してみることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとう

お礼日時:2019/04/05 13:41

北朝鮮には、総書記という役職はありますが、書記長という役職はないので、「故金正男の長男を次期書記長にしようと動いている組織」という時点で、その情報はガセです。


なお、台湾からスペインまでの直行便はありません。 また、FBIはまず米国外で活動をすることはないので、台湾でFBIが動いたというのもガセです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング