この前にも相対性理論に関する質問をしましたが、もう1つ分からないことがあったので投稿します。

宇宙飛行士が、自分の瞬間静止座標から見て、9.8m/sの加速度で等加速度運動をしているとき、地球を出発して地球時間tの後には彼はどこまで進んでいて、また、早さが光速の50%に達するまでの時間はどれくらいか。

この質問は、大学の物理の授業の課題で出されたものなのですが、全然分かりません。
どなたか、教えてくださる人がいればよろしくお願いします。

参照URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=110619

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ひょっとすると、引っ掛けの冗談問題じゃないですか?



瞬間静止座標とは、この場合自由落下する座標系です。地上で上向きに9.8m/sの等加速度運動をするということは、重力に抗して丁度浮き上がった状態で静止しています。
従って、いつまでたってもそこにふわふわしているだけ。どこにも行かず、永久に速度は0のままです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報