これからの季節に親子でハイキング! >>

信長の比叡山焼き討ちについて、一部の歴史学者にしか知られていない事実とはなんですか?

A 回答 (7件)

信長がやったとされているが、実は豊臣秀吉がやったという説

    • good
    • 0

歴史なんて、その時々の権力者側が書き残していくわけゆえ、事実なんて誰もわからない。

    • good
    • 0

「講釈師見て来たような嘘をつき」と


「歴史学者見て来たような嘘をつき」は同じと考えて下さいね。
    • good
    • 0

学者でもない私が知っているようなことは『一部の歴史学者にしか知られていない事実』ではないでしょう。

他の方も同様です。

一部の歴史学者以外が答えられるならば、それはウソということになりますw
    • good
    • 0

実はブッシュクラフト時に焚き火をしていてそれが燃え広がったということらしいですよ。

    • good
    • 0

信長は比叡山を焼いてない!? 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは?


https://bushoojapan.com/tomorrow/2013/09/11/5546

全山を焼いたというのは誇張のようですね。
この時代には僧侶たちの大半ははふもとの坂本で暮らしていて、比叡山の堂などもずいぶん朽ち果てていたそうです。
    • good
    • 0

実は比叡山は有名なハッテン場なんですよ。


かの織田信長は男色で有名ですからねえ。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q長篠の戦いで、武田軍は、どのような面で勝算を見込んで、2倍以上の兵力の織田・徳川軍に対して戦いを挑ん

長篠の戦いは、<3万8千の織田信長・徳川家康連合軍と、1万5千の武田勝頼の軍勢が戦った合戦である。>そうですね。
ところで、武田軍は、どのような面で勝算を見込んで、2倍以上の兵力の織田・徳川軍に対して戦いを挑んだのでしょうか?

Aベストアンサー

長篠の戦は勝頼にとっては、準備万端で迎えたものではなく、行き当たりばったりで始まったものです。 長篠の戦いが発生したのは、家康の家臣の謀反が発端となっています。 家康は三河の奉行として、大賀彌四郎という男を抜擢していました。 この大賀は、もともとは中間ちゅうげん(雑用係)の身分だったのですが、なかなか目端が利いたために家康が取り立てました。 そしてやがては三河の一地方の行政を差配するほどの地位を与えています。 当時は武力が尊ばれる時代で、武士たちは行政に携わることを嫌い、この方面の人材は不足気味でした。 そのために家康は大賀を抜擢したのですが、大賀は取り立てを受けるとやがて増長し、三河の中心地である岡崎城を奪い、自分がその主になりたいという、だいそれた野心を抱くようになります。 しかし大賀自身には兵力がありませんので、勝頼に連絡し、「三河で一揆を扇動して徳川軍を攪乱し、その隙に城門を開いて迎えるので、岡崎城を家康から奪って欲しい」と要請しました。 そして成功の暁には、自分を岡崎城の城主にしてほしい、と願い出ます。 勝頼としては、岡崎城を手に入れれば、織田・徳川連合を三河で分断することができますので、喜んでこの申し出を受け入れます。 そして1575年5月の初めに、甲斐かい(山梨県)を出発して三河へと向かいました。 武田軍の総兵力は3万3千でしたが、この時は裏切りに応じて城を接収するのが目的でしたので、勝頼が動員したのは1万5千、全体の半分以下でしかありませんでした。 つまり勝頼は、出陣の際には織田・徳川連合と決戦を行うつもりはなかったのです。 このことが、長篠の戦いの結果に大きな影響を与えます。 長篠城に転進する大賀の企てた陰謀はやがて露見し、大賀とその仲間たちは捕縛されました。 これは大賀の仲間になっていた者が、果たして主君を裏切っていいものかと思い直し、家康の重臣に大賀の企みを密告したためでした。
浜松城にいた家康は、謀反の知らせを受けて激怒し、大賀をのこぎり引きという、残忍な刑罰によって処刑しています。 大賀の陰謀が失敗したことが伝わると、勝頼は行軍の目的を失ってしまいました。 しかし、1万5千もの兵を動員しておきながら、何の成果も得ずに撤退するわけにもいかず、家康に奪われていた長篠城を取り戻そうと目的を切り替えます。 このようにして、長篠の戦いは流動的な、言わば行き当たりばったりの経緯によって開始されたのでした。

長篠の戦は勝頼にとっては、準備万端で迎えたものではなく、行き当たりばったりで始まったものです。 長篠の戦いが発生したのは、家康の家臣の謀反が発端となっています。 家康は三河の奉行として、大賀彌四郎という男を抜擢していました。 この大賀は、もともとは中間ちゅうげん(雑用係)の身分だったのですが、なかなか目端が利いたために家康が取り立てました。 そしてやがては三河の一地方の行政を差配するほどの地位を与えています。 当時は武力が尊ばれる時代で、武士たちは行政に携わることを嫌い、...続きを読む

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q中国の三国志って実話ですか? 漢王国の国王の子息の劉備が蜀王国を建国する話は実話?

中国の三国志って実話ですか?

漢王国の国王の子息の劉備が蜀王国を建国する話は実話?

Aベストアンサー

本当の三国志とは中国の正史の一つで西晋時代に陳寿が編纂しました。
したがって史実として書かれたもので、魏、呉、蜀漢時代の研究をするには外せない史料の一つです。
物語やゲームの元になっている「三国志」は正しくは三国志通俗演義と呼ばれ(三国演義とも略されます)
劉備を主人公として描かれた歴史小説で、中国明代に書かれたものです。
元ネタは正史である三国志ですので、大筋で史実に基づいていますが、劉備、曹操、諸葛亮などのセリフは
三国志通俗演義の作者が想像たくましく創作したものです。

Q宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか?? 豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣

宇喜多秀家は豊臣秀吉の家臣ではなかったのですか??
豊臣秀吉の五大老と五奉行で五奉行は豊臣秀吉の家臣だったそうですが宇喜多秀家は五大老なので家臣ではないということになりますよね。
しかし石田三成などは秀吉の家臣だったそうですが、家臣とそうでない人の違いはなんなのですか??
また秀家(他の4人も含めて)と秀吉とは、一体どういう関係だったのですか??

わかりにくい質問ですいません

Aベストアンサー

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名でありながら、早い時期(秀吉がまだ信長の家来であった時期)から秀吉に非常に協力的
な大名ということになりました
その流れで、豊臣政権でトップクラスの地位になったわけです。
これに対して、三成はもともと大名ではありません。あるとき秀吉の外出先で秀吉にお茶を出した三成は、そのだしかたが
素晴らしいという事でみとめられ、秀吉の家来となり、秀吉のもとで働くことになります。
そして、功績を上げるたびに領地が与えられついには大名となったのが三成です。
このように、2人は秀吉の直属で働いていたか否か、と言う違いがあるのです。
ただし、広い意味ではどちらも秀吉の家来(家臣)であることには違いがないのです。
秀吉は天下統一しましたが、それは日本中の大名を含む武家が秀吉に従ったということです。
これは、日本中の武家が秀吉に対して「臣下の礼をとった」ということを意味し つまり日本中が秀吉の家来(家臣)となったという事になります。

もともと、備前の国に 宇喜多家(大名)が存在していました。
秀吉が信長の命令で中国地方の毛利氏を攻略しているころ、この宇喜多氏は毛利に味方していたのです。
しかし、秀吉の進撃がすすむにつれ宇喜多氏は織田が優勢と判断して織田(秀吉)にすり寄ることになります。
このときの宇喜多家当主が直家
その子が秀家です。
秀吉にとって、このようにすり寄ってきた宇喜多氏は毛利攻略の大切な駒となりました。
なので、秀吉の宇喜多に対する扱いは非常に丁寧な物となったのです。

ということで、秀家は1大名で...続きを読む

Q戦国時代の負けた側の家臣について

戦国時代末期に小田氏治は佐竹氏に負け、お城をとられましたが、その時、小田家の家臣が佐竹家の家臣になり、そのまま屋敷を移動することなく小田城下に住み、所有してる田んぼも、とられることなかった人がいたみたいですが、負けた側の家臣は普通は、土地も没収で切腹ですよね?
お城をとられたら、負けた側の家臣は相手側の家臣になることは出来ず、また城下には住めないと思いますし

Aベストアンサー

お邪魔します。

伊達政宗の家臣である大内定綱は、初めは伊達の敵の蘆名氏の家臣であったのですが、伊達家の家臣となり多くのはたらきをした事が認められ、仙台藩の一族に取り立てられています。

この大内定綱の例の様に、もともと負けた側の家臣でも、勝った側の家臣となって功績が認められれば、重臣に取り立てられるという事も、戦国時代にはみられた様です。

以上、何かのお役になれれば幸いです。

Qよく人は、酒に酔って覚えてない。 これってほんとだったらとっくの昔に外の道路で轢き殺されてますよね?

よく人は、酒に酔って覚えてない。

これってほんとだったらとっくの昔に外の道路で轢き殺されてますよね?

私、いくら酒飲んでも何もかも覚えてるけど。

体はふらつくけど頭は確か。

あり得ないわ。

こんなことで刑事事件が緩和されたら
たまったもんじゃない

Aベストアンサー

>ようは、その瞬間は記憶してるけどすぐさまその記憶が飛んじゃうっていうわけですか?
まあそんな感じですね。
海馬は短期記憶を司っているのですが、機能不全を起こして側頭葉の長期記憶に書き込む前にすっ飛んじゃうって感じらしいです。

Q日本の本来の国名は「豊葦原中津國」(とよあしはらのなかつくに)だった。 ってどういう意味ですか? 卑

日本の本来の国名は「豊葦原中津國」(とよあしはらのなかつくに)だった。

ってどういう意味ですか?

卑弥呼の時代でも日本ではなく豊葦原中津國だったの?

いつの時代から豊葦原中津國で、いつの時代から豊葦原中津國から日本に日本は変わったの?

Aベストアンサー

日本神話において、高天原と黄泉の国の間にあるとされる世界・・・すなわち我々の今いるこの世界です。日本神話が書物になったのは古事記や日本書紀なので、たとえば古事記は稗田阿礼(ひえだのあれ)が『帝紀』『旧辞』に書かれていたことを覚えていて、それを太安萬侶が編纂して古事記ができたということになっています。
古事記ができたのが712年なので、卑弥呼の時代に日本神話があったものかどうかは不明ですね。おそらくその頃、外国からは「魏志倭人伝」の「倭」と呼ばれていたのではないでしょうか。

「日本書紀」が編纂されたのが古事記より少しあとの720年なので、おそらくこの頃神話での豊葦原中津國ではなく、対外的な呼ばれ方「倭」から「日本」に変わったのだと思います。
もちろん「日本」とは中国から見て太陽が登る方角「日の本(ひのもと)」から来ていると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング