親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

どうして、こんな風に勧めるのでしょう?
そうまでしなくても、試しに食べてみるでしょうし
今さらですが、素朴な疑問です。

A 回答 (6件)

食わず嫌い以外には意味なさそうですね。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
そっか食わず嫌いの方には意味しますね!
なるほど~笑

お礼日時:2019/04/13 00:58

基本的に褒め言葉が前提になっていると思います。


およそ下記のようなニュアンスが込められているかと。

当然のことながら、あなたには食べるという選択肢と食べないという選択肢がある。
わたしの言ったことが本当だと思えば、食べるという選択肢を選ぶだろう。
わたしの言ったことが嘘で、あなたを騙していると思えば、食べないという選択肢を選ぶだろう。
しかし、仮に騙していると思ったとしても、食べるという選択肢を選んでみてほしい。
実際に食べてみれば、「あなたを騙している」ということが事実じゃないことがわかるから。

つまり、「食べないという選択肢」はあり得ないことを、絶対的な自信を持って示す効果があるのだと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
ご丁寧に詳細をありがとうございます!
そうですね、確かに
必ずしも、すぐ試しに食べてみるに
ならない場合もありますもんね。

お礼日時:2019/04/13 23:15

死んだ気でガンバレ!みたいなものです。

言葉のアヤ、潤滑油ですからまともに受けては身がもちません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
日本語の独特な感じですね!
ホントそうですね。

お礼日時:2019/04/13 23:15

>試しに食べてみるでしょうし


試しに、・・・スラ不要ですよ・・・ただし「食べてみる」ではなく「食べてみて」ですけど。
事実関係だけの表現で、感情その他の表現は不要・・・という味気ない言語生活で十分ならそうでしょうね。
でも、それって人間社会の中の単なる歯車でしかないようにも思いますが・・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
なるほど~
人間社会の中の単なる歯車
そんな感じなんでしょうか。

お礼日時:2019/04/13 13:40

よほど美味かったのでしょう。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
そうそう!
そのノリで言われるのですが
矛盾していません?
か。笑

お礼日時:2019/04/13 13:40

ゲテモノなら判るような

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
あはは!確かに~笑

お礼日時:2019/04/13 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q令和について、なぜ日本の学者たちは積極的に取材に応じる姿を見せてくれないのでしょうか

日本語を勉強中の中国人です。日本の新年号はとうとう「令和」に決まったようです。日本のテレビ番組を見ているのですが、日本の学者たちは、たとえNHKの取材でも積極的に応じる姿を見せてくれないようです。背景などについてはあまり多くは語りたくないようで、なぜでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それもご教示いただければ幸いです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

元号についてメディアが取材するという現象が起こったのは、実は今回が二回目であり、以前には民間人があれこれ言うことができない雰囲気の中で決定されました。お上から通達があっただけです。平成の場合は昭和天皇崩御直後のことであり、一種の自粛ムードの中でした。今回は天皇ご退位による元号制定は近代では初めてであり、一種のお祭り騒ぎ的な雰囲気があり、取材する側にも、あわよくばスクープをという意気込みもありました。それに対する厳重な備えも敷かれていたわけです。それが、取材される側の態勢を厳しくしたことになります。
 もう一つは、選ばれた元号が、予想外に批判されやすいところがあったことです。まず最初に声を上げたのが、記者クラブの外国人記者だったそうですが、「令」がどうして使われたのかと疑問の声をあげたそうです。「命令」の意味しか知らない人には当然の声だったのでしょう。しかし、「令」には「転注」によって生まれた「よい」の意味があり、「令嬢」「令息」のような使い方があることは、ちょっと漢字を知る人なら分かるわけです。だが、しかし漢語漢文学を知る人なら,逆に「令」が使役の意味であり、「仮令」と、仮定も使われるし、なによりも、「巧言令色鮮矣仁」は習ったばかりなら高校生でも知っている孔子の言葉です。これは既に学者たちから出ている批判です。
 こうなると、批判されるのは、この「令」を選んだ有識者の責任に帰されるわけです。箝口令が敷かれたのは、誰の主導でこの語が選ばれたのか、と言うことになりかねないからです。結局万葉集学者の中西氏が責任を取る格好になったようです。ちなみに、過去の元号240前後(北朝独自のものを含む)の中で使われた文字は重なりが多く、(「和」は18回使われた)多くの文字が重なっています。その中で「令」が使われたのは最初です。元号の文字は、言わば嘉祥であり、余りいい言い方ではないが、おめでたければいい。そこに一度も使われなかったと言うことは、あまりおめでたい意味はないとも言えます。

元号についてメディアが取材するという現象が起こったのは、実は今回が二回目であり、以前には民間人があれこれ言うことができない雰囲気の中で決定されました。お上から通達があっただけです。平成の場合は昭和天皇崩御直後のことであり、一種の自粛ムードの中でした。今回は天皇ご退位による元号制定は近代では初めてであり、一種のお祭り騒ぎ的な雰囲気があり、取材する側にも、あわよくばスクープをという意気込みもありました。それに対する厳重な備えも敷かれていたわけです。それが、取材される側の態勢を...続きを読む

Q見ざる聞かざる言わざるって、具体的にどういうことですか?

見ざる聞かざる言わざるって、具体的にどういうことですか?

Aベストアンサー

人は自分にとって都合の悪い事柄や、相手の欠点を見たり、聞いたり、言ったりしてしまいますが、それは しないほうがよい。

という意味。
論語の「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、 非礼勿動」
「礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、 礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざれば行うなかれ」
という教えをわかりやすく説いたものとされています。
論語の4番目は省略されたようです。

Qおめこ

「おまんこ」と同じで

女性性器の俗称
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/33025/meaning/m1u/%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%93/
という意味であることは周知の事実と思われます。

ただ、「女子」という熟語に「めこ」という読みがあることは寡聞にして知らなかった。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/217277/meaning/m1u/%E5%A5%B3%E5%AD%90/
そこで質問ですが、
「おめこ」の「めこ」は「女子」の読みからきたものでしょうか?
そうだとした場合も含め、この「お」は尊敬語または美化語のうちどちらでしょうか?
それとも「おめこ」自体が元々ひとつの単語ですか?

Aベストアンサー

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方によっては
「めんちょ」などとも言います
ここでも「め」が使われています

最後の「こ」は
「どさんこ」や「ちびっこ」などのように
これも敬称で
可愛いものの最後に「こ」をつけるのですね

ある意味「女子」でも同じことですから
正解といえば正解ですね

幼女の性器は
ふっくらとしておまんじゅうに似ているところから
昔はまんじゅうとも呼ばれていて
そこに敬称の「お」がつき
最後に可愛いので「◯◯っこ」がつき
「おまんこ」ですね

ですから、大人の女性では
「おまんこ」はふさわしくないかもしれません

詳しくは
上記の本をお読みください

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方に...続きを読む

Q旅とは文字通り命懸けだった とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。 何故「旅」が文字通り命懸けなの

旅とは文字通り命懸けだった

とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。
何故「旅」が文字通り命懸けなのでしょうか

Aベストアンサー

この場合の「文字通り」は「命懸け」にかかっているのでは。

 旅とは"本当に"命懸けだった
 旅とは"例えではなく"命懸けのものだった
 旅とは"掛け値なしに"命懸けのものだった

…といった意味合いに思えます。

Q日本語『◯◯そうです』について

『◯◯そうです』の用法のうち、物の見た目から推量する表現についてお伺いします。
外国語としての日本語の品詞で分類して例を書かせてください。

1.「この料理はおいしそうですね」   (い形容詞)
2.「あの人は楽しそうですね」     (い形容詞) 
3.「このシステム手帳は便利そうですね」(な形容詞)
4.「あの靴はぴったりそうですね」   (な形容詞)

4の「ぴったり+そう」はコーパスで検索しても0件でした。
場面としては、靴屋である靴を見かけました。それが自分の足のサイズに
「ぴったりな靴だろう」と思ったとき、「ぴったりそうです」と言えるでしょうか。

どなたか「ぴったりそう」が言えるかどうかと、その根拠をお示しくださいませんか。

なお、「ぴったり合いそうですね」は「動詞+そう」の用法に分類できるので除外させてください。

どうか皆様のお力を貸してください。

Aベストアンサー

ぴったり、の元を考えると「ぴたり」でしょうか。
がっくり<-がくり
ざっくり<-ざくり
語調を強めるために促音が挿入されます。品詞としてはもとは副詞だと思いますが形容動詞としても使用します。意味内容から「ひたひた」「そろそろ」などと同様擬態語由来の単語かと思います。
このような形容動詞の語幹に「そうです」が付くか、というご質問だと思います。下記では 19300件がヒットします。「ぴったりそう」は文語体ではなく口語体ですので、HTMLに埋め込む文体としては多用されないものと思いますが、それでもこれだけの用例が検索されるということは、現実には音声言語の世界では普通の言い回しに近いと思います。(一部に”ぴったり、そう”も含まれます。)
https://www.google.com/search?ei=9nm5XJP2OMeF8wXG2pUY&q=%22%E3%81%B4%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%86%22&oq=%22%E3%81%B4%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%86%22&gs_l=psy-ab.3...4866.11289..12408...0.0..0.101.370.3j1......0....1..gws-wiz.......35i39.-CtljoMNRxQ

そのうち「ふたりはねっとりそう」とか「じんわりそうな話」などがあっても楽しいと思います。

ぴったり、の元を考えると「ぴたり」でしょうか。
がっくり<-がくり
ざっくり<-ざくり
語調を強めるために促音が挿入されます。品詞としてはもとは副詞だと思いますが形容動詞としても使用します。意味内容から「ひたひた」「そろそろ」などと同様擬態語由来の単語かと思います。
このような形容動詞の語幹に「そうです」が付くか、というご質問だと思います。下記では 19300件がヒットします。「ぴったりそう」は文語体ではなく口語体ですので、HTMLに埋め込む文体としては多用されないものと思いますが、そ...続きを読む

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Qニンジャスレイヤーの「ニンジャは挨拶を重んじる。古事記にもそう書いてある。」は本当ですか?

ニンジャスレイヤーの「ニンジャは挨拶を重んじる。古事記にもそう書いてある。」は本当ですか?

Aベストアンサー

その忍者とは誰を指すのだろうか。

手裏剣を飛ばして化かし合い殺し合いが主任務の奴などいませんでした。

現在忍者と呼ばれるのは、一般に諜報活動に携わるもので、他国において、
・デマなどをばらまく行商人
・情報収集をする商人や武士
・戦場で敵をかく乱する「草」
などのことです。

公儀お庭番といえば「他国において情報収集をする武士(もちろん最下層)」のことです。
他の藩の隠密部門も同じ扱いでしょう。
商売の傍ら情報収集に励む商人も多かったし、大名も他国の話を進んで聞きました。
商売の話でもそこに有益な情報が潜んでいたりするからです。

武士ならばヒエラルキーに基づく礼儀はとうぜんこなさなければいけません。
諜報活動者の中には目指す大名の家来として入り込み、そこでずっと家臣として過ごす人もいました。
礼儀がなっていなければ「あいつ変な奴だな」と疑われ、一挙手一投足監視されることになってしまいます。
(そもそも家臣として取り立てられるだろうか)
商人や僧、医師、学者、芸者、武者修行の武芸者さえ、やはり身分やヒエラルキーのもとにありました。

農民がいないのは、農民は土地に根差した民であり、他国をうろつくと一発で怪しまれてしまうからです。
隠密性という点で不適当なのです。

それ以外にもいろいろな人たちが諜報活動に携わっていました。
さて、あなたの言う「忍者」とはだれのことですか?

その忍者とは誰を指すのだろうか。

手裏剣を飛ばして化かし合い殺し合いが主任務の奴などいませんでした。

現在忍者と呼ばれるのは、一般に諜報活動に携わるもので、他国において、
・デマなどをばらまく行商人
・情報収集をする商人や武士
・戦場で敵をかく乱する「草」
などのことです。

公儀お庭番といえば「他国において情報収集をする武士(もちろん最下層)」のことです。
他の藩の隠密部門も同じ扱いでしょう。
商売の傍ら情報収集に励む商人も多かったし、大名も他国の話を進んで聞きました。
商売の話...続きを読む

Q知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。 めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪い

知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。
めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪いから」って言われました。でもその人はTwitterのプロフィールに「短気」を「短期」と表記してました。こんな人どう思いますか?

Aベストアンサー

言うを「ゆう」と打つヤツは日本語を知らないとてつもないバカだし、
短気を短期と表記するヤツも日本語を知らないバカ。

Q新元号 ルーツはやはり中国 ?

令和

万葉集の

[ 初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香 ]

が基であり、はじめて国書から引用したものだと政府もメディアも盛んに喧伝しています。
しかし、それ自体が、実は中国の詩文集である『文選』からの引用らしい。
張衡(78-139)が著した「帰田賦」という書物の、

[ 於是仲春令月 時和気清 ]

という一節。
https://setsuhaji.com/post-5993/
所詮、漢字自体が中国から来たものなのですから、漢字を使う以上、日本の伝統とか自慢げに強調しないほうが良さそうですね。
そこで質問です。

このように、「裏をかいたつもりで、結局は絡めとられている」的な状況を表わす諺や熟語ってありませんでしたっけ。

Aベストアンサー

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だから「文選」から拝借してお茶を濁したのです。
751年「懐風藻(かいふうそう)」
814年「凌雲(りょううん)集
818年「文華秀麗集」
827年「経国(けいこく)集」
810年「文鏡秘府論」空海/漢詩・漢文論
などの「漢詩文集」に目をやることはできなかったのか。私は不思議に思う。日本の書物を「出典」にしたい、そういう気持ちが先走ったのでしょう。「万葉集」は如何にも日本的です。しかし、そこにあるのは「万葉仮名」(あくまでも「仮名」です)で書かれた和歌です。わずかに目についた漢文に目が行ったのですが、それが「文選」由来であった。一体「有識者」は何を考えていたのか。
 回答になっていませんが、私の気持ちを述べました。

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング