鯉はミズスマシ嫌いなのか、あるいはミズスマシが鯉の嫌いな何かを出してるのでしょうか?
見た場所 福井県嶺北地方の公園の池
鯉の状態 かなり空腹みたい、多数の鯉が口を開けてよってきました。
ミズスマシの状態 悠々と(忙しくと言った方がよいか。)おそれる様子もなく鯉の口元を泳いでいます。
日付時間天候など 2001/07/25 pm3:00頃 晴れ 32°ぐらい
たぶんミズスマシ以外の昆虫でしょうが、飛び上がって食っていました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この問題は『ミズスマシと鯉』に聞いて下さいと冗談ですが。


鯉にはお腹の横に一直線に並んだ側線と言う器官があり、その器官の機能は水の深さ及び水中の波動(野生の鯉は人が近づくと逃げるが飼育している鯉は条件反射で餌をくれると思い近づく)等々を感知する感覚器官でミズスマシが泳いでる波動は外敵でもなく餌(古代の鯉の祖先は食べたかもしれませんが美味くなかったので遺伝子で伝えたのでしょう)でもないと感知して何もしなかったのでしょう。
しかしテラピアの前なら食べられるかもしれません。
外来魚が入ってくると弱い水棲動物は日本の外敵に対して防御の遺伝子は伝えられていますが外来種の防御は伝えられていないので急激に数を減らす場合があり、今問題にしているブル-ギル(白身の魚で美味しいのですが馬鹿な釣り人がリ-リス等の習慣を持ち込み逃がし食べれば口コミで美味さが人々に広がり厄介物が売れるのに)にしても古代から日本に住んでいる魚なら外敵が生まれ食べられる弱い魚も防御本能が生まれ、然程の問題も生じなかった思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝啓
お答えありがとうございます。いろいろ考えさせられる問題ですね。
敬具

お礼日時:2001/07/31 23:47

ミズスマシは小さいので、


コイがエサとして食べるには向いていないだけでは?
ましてや人がエサをくれそうなときに、
ミズスマシなんてかまってられないのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫のホルモン/昆虫の変態をコントロールすることはできますか?

昆虫の成長について勉強しています.にわかな程度で恐縮ですが,とても知りたいので教えてください.

幼虫から蛹を経て成虫になる過程では,

(1)幼虫⇒蛹の過程では JHとエクジソン
(2)蛹⇒成虫の過程ではエクジソンのみ

がホルモン作用して変態すると教わりました.

[質問1]
とすると,(2)において(3)JHを投入したり,(4)エクジソンを分泌させなくしたりすると,(2)の過程はストップするのでしょうか.

[質問2]
そうであるならば,たとえば,昆虫の部分部分で(3)or(4)を行ったり,行わなかったりすることで,部分的に蛹の部分を残したり(例えば腹の部分だけ蛹状態にするとか)することは可能でしょうか.

[質問3]
ところでJHやエクジソンは全ての昆虫において共通した分子構造と考えてよいでしょうか.それとも類似した構造,まったく異なる分子構造をしているのでしょうか.たとえば,蝶とカブトムシでは,JHやエクジソンは同じものでしょうか?

[質問4]
以上で書きましたことが的外れでしたらすみません.昆虫の変態をコントロールすることができるものなのかと疑問を持ちましてご質問しました.他の方法などが御座いましたら教えて頂ければと思います.

宜しくお願いします.

昆虫の成長について勉強しています.にわかな程度で恐縮ですが,とても知りたいので教えてください.

幼虫から蛹を経て成虫になる過程では,

(1)幼虫⇒蛹の過程では JHとエクジソン
(2)蛹⇒成虫の過程ではエクジソンのみ

がホルモン作用して変態すると教わりました.

[質問1]
とすると,(2)において(3)JHを投入したり,(4)エクジソンを分泌させなくしたりすると,(2)の過程はストップするのでしょうか.

[質問2]
そうであるならば,たとえば,昆虫の部分部分で(3)or(4)を行ったり,行わなかった...続きを読む

Aベストアンサー

1900年代の半ばに,カイコを研究材料にして変態の仕組みが解明されていきました。当時の日本の研究者の研究は世界を遙かにリードしていました。その頃どこかの蚕糸試験場(群馬だったかもしれません)の技官が,前胸腺を摘出し巨大カイコの作出に成功しております。雑誌に載っていました記事では,前胸腺を摘出し,大きくなったらエクジソンの投与で変態を調節し,7齢幼虫で太さがおや指ほどで10センチを遙かに超える巨大カイコを作り出したようです。しかし,巨大な繭から取り出された生糸は太く,商品価値が余りにも低いものだったとのお話が載っていました。

ご質問の1はその通りと思います。
ご質問の2は昆虫は脊椎動物のような循環系ではないですから,体節をしばる結紮実験で可能です。
ご質問の3はエクジソンはホルモン前駆物質ですが昆虫だけでなく広く節足動物にも存在するようです。植物も持ちますが生理作用は変態とはむろん異なりますが…参考になりましたなら。

Qミズスマシの特徴がよくわかる資料(論文,雑誌,本など)を教えてください

ミズスマシの特徴がよくわかる資料(論文,雑誌,本など)を教えてください.

先日インターネットで,ミズスマシは下記のような特徴があることを知りました.
そこで,下記の特徴についてもっと具体的に深く知りたいと思い,質問致しました.

どうぞよろしくお願いします.

--------------
ミズスマシの特徴
「水面のミズスマシを見ると、くるくると円を描くようにして泳ぐ
 ようすが観察できます。ミズスマシはこうして泳ぎながら、水面にできる波
 を利用して、餌や障害物の位置を知ることができるのです。」
「ミズスマシの体を観察してみると、前脚は餌をつかまえるために長くなっ
 ていますが、泳ぐための中脚と後脚は短く、しかも平たくなっていて、とて
 も泳げるようには見えません。じつは、ミズスマシは中脚と後脚をスクリュ
 ーのように回転させて、水面を高速移動することができるのです。」

Aベストアンサー

以下を参考に。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B7%E7%A7%91
http://www.maff.go.jp/nouson/mizu_midori/frame/615f.html
http://www.asahi-net.or.jp/~qf7n-adc/mizusumashi.html
http://contents.kids.yahoo.co.jp/zukan/insects/card/0019.html
http://kids.goo.ne.jp/zukan/infozukan.php?category=5&id=49

Q鯉に食べられたカマキリ

先日鯉のいる公園に遊びに行った時、近くにいたカマキリが突然走り出し、始めは池の淵で出たり入ったりしてましたが、そのうち鯉の群れの中に飛び込み食べられていました。
私の中でとても気になる事件になり調べたところ、「寄生虫が水辺に誘導し、カマキリの体を突き破って出てくる」という所までは分かりました。確かにその時カマキリのお尻のあたりから細長いものが出ていました。それを見た時は「何かな?草?」くらいにしか思いませんでしたが、ハリガネムシと知り鳥肌が立ちました。。。
私が知りたいのは、自分から飛び込んで食べられたのは何故なんだろう、というところです。「ハリガネムシが出た後は死ぬ」らしいのですが、自殺もあるのでしょうか?
とても気になっています。

Aベストアンサー

ちょっと調べて見たところ、自殺ではないようです。
ハリガネムシが寄生するのは、カマキリ、水生昆虫、魚、人間 等だそうです。
で、カマキリを操って水へ飛び込むんだそうです。
なので、”カマキリが自殺した”のではなく、”ハリガネムシが水に飛び込ませた”わけです。

ネタ元のURL乗せて置きます

参考URL:http://musi.s6.xrea.com/nikki2.htm

Q鯉の滝行ですか?

朝、神社の池で飼っている鯉が全部、滝の下に集まっています。
何をしているのですか?

Aベストアンサー

問題は水質等ではなく水温です。水道も原水に井戸水を入れている水道もありますし、表層水でも取水口が上にあるか下にあるかで水温はかなり変わります。水温に違いがないかお調べ下さい。

Q都内の小川の鯉や亀は自然からやってきた?

都内の西の郊外に住んでいます。

最近、小さな川沿いを散歩していると

鯉に代表されるかなり大きく立派な魚や亀を良く見ます。

あるところでは川面に泡が多く浮いているので目を凝らすと黒い大きな鯉や

カラフルな模様の錦鯉がかなりの数泳いでいます。

これは川が綺麗になって自然に野生の魚が増えたと喜んでいいものなのでしょうか。

それともペットの放し飼いが増えてそれがただ単に増殖しただけなのでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

神田川や石神井川など、ユスリカ対策(実際、効果があります)などで放流したケースは結構ありますから、錦鯉であれば放流した鯉(黒い鯉も放流しているので)の一部だと思います。鯉は生命力が強いですから、自治体にとっては放流向きなのですね。
http://www.kanda-gawa.com/pp012.html

亀については飼育放棄の結果というのが多いと思います。昔は、寺(成田山新勝寺など)の池などで引き受けてくれましたが、現在はこういう風習も廃れているので、飼育放棄の際は近所の池や川に捨てているようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報