はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

タイトルの通りです。

私は小説を読むのが好きなんですが、最近忙しくて全く読んでいませんでした。
今日からしばらく時間にゆとりができるので、何か面白い小説を教えていただければ、と思います。

ジャンルはなんでもかまいません。
何でも楽しめるタチなので(笑)
書籍でもWEBでもかまいませんので、どしどしご紹介ください。

A 回答 (3件)

こんにちは。


Webでも良いとのことなので、紹介させていただきます。
1分のショートストーリーという超短編小説集です。
ちょっとした時間に読めるのに面白く、ジャンルも豊富なのでお勧めします。
特に、「大人になるということ」は隠れた名作ですので、ご一読されると良いでしょう。

https://shoyaka.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読ませていただきました。なかなか面白かったです。
一人の作者がいくつもジャンルを書いていて、しかも面白いとは、反則です(注 ほめ言葉)
大人になるということ は、第一話目からして面白いですね。
なるほど、そうきたか! という感じ。
しかもほのぼのして共感できるし。

ほかにもホラーから恋愛など種類が豊富ですね。
しかも短編より短いながら、話数の多さが補っているし。

良いものを紹介していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2019/04/13 18:39

すいません、URL貼り忘れました。



https://s.maho.jp/book/3b0ae2dbb66d9869/69604930 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ読み始めたばかりですが、引き込まれる世界観というか、作風が良いですね。
まず日常シーンから入ってくるというのは反則です(笑)
気付かないうちに、自然と引き込まれていました・・・。
では、ラストまで楽しませていただきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2019/04/13 18:27

結構長いですが


WEB小説のキミノ名ヲですね。

歴史とファンタジーと恋愛ものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか? 独特と言いますか、あの上品な言葉遣

1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか?
独特と言いますか、あの上品な言葉遣いの本が読みたいです。

それ以外でもオススメの本がありましたら教えてください!

Aベストアンサー

森茉莉「貧乏贅沢」
有吉佐和子「和宮御留」
単に私の好きな作家さんですが、
「ことばのきれいさ」をポイントにしたらこのふたつかな。
ご参考までに。

Q小説についての質問です。時間を忘れて一気に読んでしまったほどの小説といえば皆さんは何が思い当たります

小説についての質問です。時間を忘れて一気に読んでしまったほどの小説といえば皆さんは何が思い当たりますか?

Aベストアンサー

伊坂幸太郎作品は基本どれも飽きずに楽しんで読める。重くなりがちな設定やストーリーを軽やかに読ませてしまうのでオススメです

Q今まで読んでみてつまらなかった小説ありますか?教えてください!

今まで読んでみてつまらなかった小説ありますか?教えてください!

Aベストアンサー

個人的な意見ですが・・・
福音の少年  あさの あつこ
十字架  重松 清

Q一人称視点で、これだ!というようなオススメの小説はありますか? ジャンルは何でもいいです

一人称視点で、これだ!というようなオススメの小説はありますか?
ジャンルは何でもいいです

Aベストアンサー

コナン・ドイル『緋色の研究』
 シャーロック・ホームズ・シリーズ第一作。御存じワトソン医師が語り手。このシリーズ作品は、どんな人を通じて何をいつ語らせると効果的なのか、よく考えられている。
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
 戦時下を生き延びる双子の少年たちが主人公の一人称複数ぼくらによる作文で語られる。
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
 デブ、SFおたく、生涯童貞の三重苦の主人公オスカー・ワオについて他者が語る。
デュマ・フィス『椿姫』
 椿姫の遺品を巡って、私とぼくが語り手となる。私が遺品の『マノン・レスコー』を競売で手に入れたところ、椿姫の元恋人が遺品を譲ってくれとぼくが現れる。ぼくは椿姫との恋物語を語り出す。

E.ブロンテ『嵐が丘』
ウィルキー・コリンズ『月長石』
 登場人物が入れ替わり立ち代わり語るスタイル。読者は誰をどのくらい信じればいいのか混乱する小説。

ドストエフスキー『地下室の手記』
D.E.ウェストレイク『斧』
J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』
シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』
エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』
 語り手を正常と思えなくなる効果が出ている。

夏目漱石『坊っちゃん』
安部公房『箱男』
ウラジミール・ナボコフ『青白い炎』
カズオ・イシグロ『日の名残り』
W.C.フラナガン(小林信彦)『素晴らしい日本野球』
 読者は語り手を信じられるか、信じていいのかという作品。
 坊っちゃんは単純、皮相的な読み方をするのが健全だと思うが、第一印象で相手を判断し、自分の好き嫌い、快不快に従って意地を張って生きるはた迷惑な青年が語らないままなことは何かという観点で読むのも一興。

パーシヴァル・ワイルド『探偵術教えます』
 通信教育で探偵術を習っている主人公がレッスンに従い事件を解決した毎月の報告記からなる一人称書簡体のユーモアミステリ連作短編集。

夏目漱石『吾輩は猫である』
江戸川乱歩『夜歩く』『人間椅子』
H.F.セイント『透明人間の告白』
乙一『夏と花火と私の死体』
平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』
 普通の人間以外が一人称で語る。漱石が猫に語らせたのは大きな工夫で、一人称で語ると語り手が居合わせなかった場所で起きたことは伝聞、手紙などでしか知る場面は描きにくいところを、始終居なくなったかと思えばいつのまにか戻っていて長時間眠り続けるわけでもない猫であれば半径50m圏内なら出没も不自然ではない。
 では猫のように密かに誰かの生活を覗いている者が居たらとか、椅子の中に人間が潜んで美女が座るのを待ち構えていたらという変態趣味が現れた作品もある。
 居るのがばれたらまずいから声を立てずにじっとしている人、無生物、すでに死んでしまった人など、変わった語り手もいる。

ツルゲーネフ『初恋』
伊藤左千夫『野菊の墓』
幸田文『おとうと』
 愛する人の追想、回想、あるいは同居の身近な家族を看取るまでについて語られる。

森鴎外『澁江抽斎』
大岡昇平『野火』
有吉佐和子『複合汚染』
色川武大『百』
 これらは一人称で語ることで却って私的体験談にとどまらない味わいを深くしている。

コナン・ドイル『緋色の研究』
 シャーロック・ホームズ・シリーズ第一作。御存じワトソン医師が語り手。このシリーズ作品は、どんな人を通じて何をいつ語らせると効果的なのか、よく考えられている。
アゴタ・クリストフ『悪童日記』
 戦時下を生き延びる双子の少年たちが主人公の一人称複数ぼくらによる作文で語られる。
ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』
 デブ、SFおたく、生涯童貞の三重苦の主人公オスカー・ワオについて他者が語る。
デュマ・フィス『椿姫』
 椿姫の遺品を...続きを読む

Q思い出せない小説のタイトルを教えてください。

思い出せない本のタイトルがあります。ぼんやりと覚えている内容は以下の通りです。教えて頂けますでしょうか。

本の内容
主人公は男子高校生。野球部のピッチャー。祖父と2人暮らしで、病院に寝たきりの母親がいる。父親は亡くなっている。祖父と喧嘩(?)して飛び出して走った先にあったトンネル(?)にある、タイムスリップする電車乗る事になり、父親が高校生の時まで遡る。タイムスリップした時、祖父は主人公を父親だと思い込む(主人公の顔は父親そっくり)。仕方なく主人公はその時代で父親として野球の試合に出たりと、父親のように振舞っていたが、父親の妻、すなわち主人公の母親には見破られる。
続く。

クライマックス忘れました。たしか現代に戻ってきて病院にいる母親と会ったような気がします。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが…上杉那郎さんの「おもひで屋」を調べてみてください。
http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=3636
http://peperoni.seesaa.net/article/129884075.html

Q趣味で小説を書いているのですが、何かを成し遂げても主人公が全く認められない、というか逆に非難されるよ

趣味で小説を書いているのですが、何かを成し遂げても主人公が全く認められない、というか逆に非難されるように書いています。そう言う作品は読んでいて不快になりますか?少しは認められた方が面白くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

最後には認められるか、認められないにしてもとにかく何らかの救いは欲しいですね。
頑張る姿勢に惚れた人と結ばれるとか。
成し遂げたこと自体は認められなくても、その副産物とか、成し遂げる過程での行いや発見が認められるとか他の人の偉業に繋がるとか。

Q本を買いたいと思っています。 おすすめの本を教えて下さい!

本を買いたいと思っています。
おすすめの本を教えて下さい!

Aベストアンサー

「妻に先立たれた夫が幸せを摑む8つの方法」という本は、如何でしょうか? 57歳で彼女を見つけた本です。

Q自分の死んだあとの世界を表す言葉、熟語を教えてください

自分の死んだあとの世界を表す言葉、熟語を教えてください

Aベストアンサー

後世
1 自分たちの生きている時代のあとに来る時代。のちの世。「後世に名を残す」

2 のちの世の人。子孫。「後世に伝えたい文化遺産」

Q私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読

私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読んだことがありません。読む価値がありますか?又、読むとすれば、何を読めば良いでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の美しさを堪能したいなら断然、川端康成でしょうね。
京都弁が嫌いじゃなければ、「古都」がお勧め。

多少堅苦しくて良ければ、長編ですが三島由紀夫の「豊饒の海」。
短編なら「金閣寺」。

読みやすさと、知的ムードを味わいたければ、夏目漱石の三部作。
前期三部作ー「三四郎」「それから」「門」。
後期三部作ー「彼岸過迄」「行人」「こころ」。

Q幻想的な小説を読みたいです。

自分の好みの小説を読みたいのですが、なかなか自分の好みのものに出会えません。教えていただけないでしょうか?

小説ならではの、不思議で懐かしいような、想像力が育まれるような小説を求めてるのですが・・・

ミヒャエル・エンデのモモは好きでした。ほのぼの穏やかな主人公たちで、現代の矛盾が強く描かれていたと思います。展開の先が見えずにハラハラしました。抽象的な時間の概念もワクワクしたものでした。

また小説でないですが、「まっくら森の歌」のような不思議な幻想的雰囲気を求めてる気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=1roJcw-mzus

ハリーポッターとかも悪くはないですが、あまり印象には残ってないです。
世界から猫が消えたなら もなんか違う。
コーヒーが冷める前に もそれなりに面白かったけど・・・

・・・もしなかったら、いつか自分で書いてみようかな。。

Aベストアンサー

その種の作品では大御所のレイ・ブラッドベリの作品などいかがでしょう
「何かが道をやってくる」などお勧めです
https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E9%81%93%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA/dp/4488612016

それから、回答がズレますが、「まっくら森の歌」がお好きでしたら、同じ谷山浩子さんの作品を検索してみるといいですよ。とりあえず、お勧めを一曲
https://www.youtube.com/watch?v=enGxbE938C4


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング