アルキル基って一体どういうものなんですか?授業を寝まくってたせいで、教科書とか読んでもさっぱりです。教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下で答えましたNi-MHです。


付け加えです。

Rであらわすとかいた下の図の右に、 R と書きましたが
正確には -R です。
ごめんなさい。

Cが1個 と Hが3個で、メチル基
Cが2個 と Hが5個で、エチル基

Cが3個 と Hが7個で、プロピル基(←自信なし)

これらは全部アルキル基であるといえます。(まだまだ、ありますが…)
    • good
    • 23
この回答へのお礼

 続いてご回答ありがとうございます。やっぱりメタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタン、ヘキサン・・・。から水素が一個取れたものがアルキル基ですね!
 Ni-MHさんのおかげで一般化することが出来ました。2回ご回答下さっているので、良回と次点両方つけたいのですが、どうやら一人には一つしか発行できないみたいです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 19:48

ええと、No1の方は


「アルキル基はCnH2n+1」
と答えておられましたが、
これは飽和アルキル基についての説明ですね。

アルキル基と言った場合には、官能基に不飽和結合がある場合も含まれるので、水素原子の数が、2n-1, 2n-3....と言う場合もアルキル基になります。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

 不飽和とか飽和とかややこしいですけど、アルカンから水素が一個取れたもので一般化で来てますよね??どうもご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 19:51

化学の基礎中の基礎ですので、「化学基礎」あるいは「有機化学の基礎」等の成書を開いて見てください!


あるいは図書館で辞典類を見てください。

ご参考まで。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 どうもご回答ありがとうございます。前の方のご回答と教科書を読んで一般化を図る事に成功しました。ってそんなたいした事じゃないか・・・。
 とにかく一般化で来たのでご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 19:50

間違ってたらごめんなさい。

(^^;)

アルキル基は「官能基」の一つです。

C(炭素原子)がn個のとき、H(水素原子)は2n+1個がくっついて
できています。
また、これをまとめてRだけであらわすこともあります。

   H H
   | |
…-C-C-H  =(イコール→) R
   | |
    H H

また、分かりやすくすると

官能基─┬アルキル基(総称)─┬メチル基
      |             ├エチル基
      |             ├ …
      |      
      ├水酸基
      ├アルデヒド基
      ├  …

どうでしょうか?
間違ってたら、本当にごめんなさい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 どうもご回答ありがとうございます。
 僕は、みなさんのご回答を読み、学ぶうちにアルキル基とは?の一般化をする事が出来ました。
 これはアルカンから水素が一個とれたものと言えば、一般化できているとおもいます。本当にご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 19:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨウ化アルキルの脱離基について

こんにちは、自分は、現在、ブルース有機化学(上)の本で、勉強しています。
疑問に思ったのですが、ヨウ化アルキルにおいて、ヨウ素は炭素と電気陰性度にほとんど差がないが、ヨウ素の分極率が大きいため、他のハロゲン化アルキルと同様に脱離基として反応できると書いてあるのですが、分極率が高いと、ヨウ素の部分電荷が正電荷を持ち、他のハロゲンのように、脱離基として反応できないと思うのですが、考え方が間違っているのでしょうか?回答お願いします。

Aベストアンサー

「分極率」をどう理解するかということがポイントのように思います。
分極率というのは外部電場の変化によって電子雲が変形する度合いを意味します。
したがって、たとえばSN2反応で、負電荷をもつ求核剤(Nu-)がC-I結合を後方から攻撃した場合に、その負電荷の影響で、C-I結合に使われていた電子対がヨウ素原子の方に押しやられやすく、ヨウ化物イオンとして離れていきやすいということになります。
Nu-→CーI → NuーC + I-
また、有機化学の初歩の段階では馴染みがないでしょうが、逆に電子不足の物質(求電子剤)が接近した場合には、それに電子を奪われ、ヨウ素原子上に正電荷が生じやすくなります。結果的に、ヨードニウムイオンを生じたりします。
このように、相手によって電子の状態が変化しやすい(すなわち、相手に応じて、正電荷をもったり負電荷をもったりする)ということが「分極率が大きい」ということの意味するところです。

Qベンゼン環についたアルキル基の略し方

化合物を化学式で書く時、―で表す場合がありますよね。
―だとエタン、/\だとプロパン、とか。
使っているうちに分からなくなってきたのですがベンゼン環についたこのようなアルキル基の表示の仕方ですが、アルキル基の炭素数より一つ多く棒を引きますか?
例えば、プロピルベンゼンの場合、ベンゼン環に―Rとつけますよね。
R=/\ですか?それとも/\/ですか?
どうも、ベンゼン環が絡む場合のみ、Rの表示の仕方が一つ増えている気がするので、御存じの方、是非教えて下さい!

Aベストアンサー

>ベンゼン環が絡む場合のみ、Rの表示の仕方が一つ増えている気がする
そんなことないですよ。/の表示は線(?)の両端に一つずつ炭素がある
という意味ですから、勝手に増えることはないです。
よく考えてみてください。ベンゼン環にはそれぞれの角に炭素が計6つあります。
一方、プロピル基というのは、(炭素数が3のアルキル基)です。
線の端には炭素が1つしか無いわけですから、ベンゼン環に継ぎ足そうとすると、
当然(ベンゼン)/(C1)\(C2)/(C3) になります。
この書き方で分かります?枝を付け足す場合、元の枝にはすでに炭素がある
わけですから、こうなります。
一方、単体のプロパンの時は、(C1)/(C2)\(C3)で、
真ん中と両端に炭素があるという意味になりますから、 /\ で
良いわけです。分かりましたでしょうか?ベンゼン環だけでなく、
「側枝」としてどこかに付け足す場合は一本増えるということですよ!

Qアルキル基の性質について

アルキル基が電子を供給しやすい性質を持っているのはなぜなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あっと。No.1の補足をよく読んでいませんでした。
「ラジカルやカチオンが電子を引っ張るから」という理解は正しいと思います。それらが電子を引っ張るから超共役が起こるわけですから。


まあ、厳密に言えば「超共役が起こる」というのではなく、実験的な事実を「超共役によって説明している」ということですが・・・このあたりのニュアンス?がわりにくければ無視して下さい。

Qアルキル基の電子供与性

アルキル基の電子供与性はいかなる理由(構造)によるものですか?

Aベストアンサー

わずかではあってもCとHの電気陰性度が異なるためC上の電子密度が(少し)高まるので、Cの結合する原子がそのCより電子密度が低ければそちらに電子(の存在確率)を供与して安定化しようとするから生じるのだと思います。

例(メチル基)
       H(δ+)
       ↓
供与相手←C(δ-)←H(δ+)
       ↑
       H(δ+)

Qアルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出

アルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出
大学で高分子化学を専攻している4回生の学生です。

アルキルアンモニウム塩( [C8H17NH3]+Cl- )が溶解している水溶液から
アルキルアンモニウム塩を得たいのですが、どのような方法が考えられるでしょうか。

とりあえず、減圧や加熱で水を飛ばして乾燥させる、という方法を考えつきました。
ほかにも再沈殿などの方法で沈殿物を得ることは可能でしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

あなたの目的や操作上の制約等がわかりませんので回答しにくいです。水を飛ばすということを考えているのであれば、アルキルアンモニウムが取り出せさえすれば何でも良いということでしょうか?

普通に考えればアルカリ性にして、アンモニウム塩をアミンに変換し、有機溶媒(エーテルなど)で抽出し、抽出溶媒を除いた後、塩酸で中和する方法が思いつきます。これで具合が悪いということであればどのように具合が悪いのでしょうか?

まあ、単純に塩化オクチルアンモニウムを得たいと言うだけなら、購入するのが現実的だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報