マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

ウラジーミル・ナボコフの「ロリータ」という小説は難解な内容ですか?

A 回答 (2件)

皮相的に読んで引用、多義的な語の使い方を気に止めないか、文学鑑賞/翻訳文学鑑賞の心得があって何らかの暗喩として読むことに挑むか、読む本の翻訳・訳注・解説が機能しているかで、難解と感じるかどうかは差がある。

    • good
    • 0

ちっとも難解ではありません


読みやすいです

面白いのは
出版社が出版に対して難色を示し
この女の子というところを
男の子にしてくれないかと言われたと
いうことですね

当時はホモはある程度認められていたが
さすがに女の子というのは
まずいと思ったのでしょうね

いろいろと考えさせられる小説です
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q思い出せない小説のタイトルを教えてください。

思い出せない本のタイトルがあります。ぼんやりと覚えている内容は以下の通りです。教えて頂けますでしょうか。

本の内容
主人公は男子高校生。野球部のピッチャー。祖父と2人暮らしで、病院に寝たきりの母親がいる。父親は亡くなっている。祖父と喧嘩(?)して飛び出して走った先にあったトンネル(?)にある、タイムスリップする電車乗る事になり、父親が高校生の時まで遡る。タイムスリップした時、祖父は主人公を父親だと思い込む(主人公の顔は父親そっくり)。仕方なく主人公はその時代で父親として野球の試合に出たりと、父親のように振舞っていたが、父親の妻、すなわち主人公の母親には見破られる。
続く。

クライマックス忘れました。たしか現代に戻ってきて病院にいる母親と会ったような気がします。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが…上杉那郎さんの「おもひで屋」を調べてみてください。
http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=3636
http://peperoni.seesaa.net/article/129884075.html

Q昔好きだった小説を探しています。 しかし、作品名も作者さんも忘れて困っています。 以下は薄っすら覚え

昔好きだった小説を探しています。

しかし、作品名も作者さんも忘れて困っています。
以下は薄っすら覚えている内容になります。
(昔すぎてうろ覚えな所があるので間違ってる可能性もあります。)

まず、作品自体はラブストーリーだったと思います。
しかし、女性の方が聴覚障害を患っていて、耳に補聴器?の様なものをつけているらしく、
それにコンプレックス?を抱えて髪の毛をショートした事がなかったそうです。
男性はしばらくその事は知らなかったと思います。
だんだん話が進むにつれ男性が女性のコンプレックスを少しづつ解いていくような小説だったと思います。

そして最後あたりの文は、
女性は髪の毛をショートにしてきて耳をかきあげる

この程度しか覚えてないのですが、本気で探してます。
お願いします!

Aベストアンサー

聴覚障害を扱った小説・最後にショートにして髪をかき上げる描写で、有川浩の「レインツリーの国」が最初に思い浮かびました。
インターネットを通じて出会った二人が直接会う事になり、聴覚障害を隠して普通のデートをしようとした女性とそれを知らない男性、結局隠し通す事が出来ず女性が男性に別れを告げてしまいますが、男性が諦めきれずにメールを送り続けて…みたいなストーリーです。
ラストは書かれているように、男性が髪を切るのを提案して、実際に女性が髪を切って…ハッピーエンド。

Q19世紀イギリスにあった道具

何かの本で読んだのですが、ネットで検索しても一向に出てこず、こちらでご教授させていただこうと思った所存です。
知りたいのは個人が所有している馬車ではなく、ハンサムキャブのことです。
タクシーのように人を乗せていたこの馬車を呼び止める道具があったと思うのですが、懐中時計同じような、笛のようなものだったと記憶しています。
名前がアルバート公からちなんでアルバートという名前だったはずですが、検索しても引っかかりませんでした。
どなたか、これがどんなものだったか知っている方いらっしゃいませんでしょうか。
読んでいた本はフクロウとかそんな名前が付いていたと思います。

Aベストアンサー

ひょっとすると、読まれていたのはこの本のことではありませんか。

谷田博幸
『図説 ヴィクトリア朝百貨事典』
(河出書房新社・ふくろうの本)
アマゾンなどでも扱いはあるようです。

うろ覚えですが、アルバート?のことも出ていたはずです。アルバートに関する直接の情報ではなくて申し訳ないです。

Q昔読んだ本の題名を知りたいです 小学生向けぐらいの、洋書を日本語訳した本です 夏休みに2人の少年が爆

昔読んだ本の題名を知りたいです
小学生向けぐらいの、洋書を日本語訳した本です

夏休みに2人の少年が爆竹で遊んでいて、イタズラで何かのビルに爆竹を仕掛けたら、同じビルに本物の爆破犯が爆弾を仕掛けていて、ビルが爆発し、自分達がビルを壊したと勘違いした少年2人がその爆発犯に半ば誘拐的な形で着いていくみたいな話だったと思います。

爆発犯は女性1人男性1人で、最終的に男性の方が少年たちを逃がしたあと、女性を殺して自分も自殺する終わり方だったと思います。

これだけだと厳しいとは思いますが、もしわかる方いらっしゃったらよろしくお願いします

Aベストアンサー

アレックス・シアラーの「ぼくらは小さな逃亡者」を調べてみてください。
あらすじがよく似ています。
https://www.diamond.co.jp/book/9784478930816.html
https://blog.goo.ne.jp/debugroom/e/d0691b96462db2752c48445e8627218f

Qこの小説のタイトルがわかる方いらっしゃいますか?

中学生の頃、読書の時間というものが毎朝10分ほどありまして、本を持って行っていなかったわたしは、適当に教室に用意されている本を選んで読んでいました。

そしてある時に読んだ本の内容が、真面目な小学5年生?の男の子が近所の女性にそそのかされて、子供を作ってしまいます。
女性は結婚しており、その事実は2人だけの秘密、ということで妊娠した子供を夫の子として産み育てます。
ですがその夫というのがやくざで、抗争?か何かに巻き込まれたのか突然家に戻ってこなくなります。しばらくしてその女性も赤ちゃんをアパート置いたまま消えてしまいます。

小学生なりにも自分の子供を気にかけてアパートに通っていた男の子は、置き去りにされた自分の子供を施設に預けます。
そして中学に上がり、放課後は毎日施設に通って自分の息子と遊ぶのですが、もちろんだれも真実は知りません。
ですがいよいよ進学の時期になり、高校に行かず働いて自分の子供を育てたいと両親に真実を打ち明けます。半信半疑だった母親ですが、施設にいる子供を見てあまりにも幼い頃の息子にそっくりだったため、そのまま施設からその子を預かり、養子として育て始めます。
初めは息子の話を聞いて、怒り、悲しみ、呆然としていた母親ですが、いざ孫を目の前にするともう一度子育てができることに喜び、いきいきしだします。

ですが鼻からそんな息子の話など信じていなかった父親が今度は崩壊していきます。
真面目でろくに遊びも知らないと思っていた息子が小学生で子供を作っていたことに謎の嫉妬心?を抱き、息子とその子供に嫌がらせをするようになり、挙句の果てに失踪してしまいます。

たしか結末は祖父母と共に田舎で子供を育てていくという話だったと思います。

もう10年以上も前に読んだので記憶が曖昧で若干違うところがあるかもしれませんが、大まかにこんな感じだったと思います。

中学生の教室に置いてある本の内容にしては結構ヘビーだったなぁと思い、未だにその本の話を友人などにして読んでみてと言うのですが、肝心なタイトルがどうしても思い出せません。

ネットで検索のしようもなく、おもいきって質問してみました!

長くなりましたが、もし知ってる方がおられましたら、回答おねがいしますm(_ _)m!

中学生の頃、読書の時間というものが毎朝10分ほどありまして、本を持って行っていなかったわたしは、適当に教室に用意されている本を選んで読んでいました。

そしてある時に読んだ本の内容が、真面目な小学5年生?の男の子が近所の女性にそそのかされて、子供を作ってしまいます。
女性は結婚しており、その事実は2人だけの秘密、ということで妊娠した子供を夫の子として産み育てます。
ですがその夫というのがやくざで、抗争?か何かに巻き込まれたのか突然家に戻ってこなくなります。しばらくしてその女性...続きを読む

Aベストアンサー

「小説 "小学生が父親になる"」で検索してみました。
もしかすると橋本治さんの「愛の矢車草」におさめられた「第四章 愛の矢車草」かも。
http://boofooooh.hatenablog.com/entry/2014/04/13/183043

Q国語辞典について

改版があると新語が掲載されますが、厚さが変わらないのはそれだけ消えた単語があるのですか?

Aベストアンサー

広辞苑で言えば、版を重ねる度に紙を改良して薄くても強度のある紙にする事で
ページが増えても厚さが一定になるようにしている

Q現代ミステリー作家で最も面白いと言われている作家は誰ですか? 複数名でもありがたいです。 よろしくお

現代ミステリー作家で最も面白いと言われている作家は誰ですか?

複数名でもありがたいです。

よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

同じ作家でも作品ごとに評価が大きく変わりますね、私の場合。
なので、作品名つきで面白かったものを。
個人的趣味ですが。

クリスマスのフロスト R・D・ウィングフィールド
フロスト気質 R・D・ウィングフィールド
フロスト日和 R・D・ウィングフィールド
夜のフロスト R・D・ウィングフィールド

警官嫌い エド・マクベイン
ボーン・コレクター ジェフリー・ディーヴァー
偶然の犯罪 ジョン・ハットン
シンプル・プラン スコット・スミス
警察署長 スチュアート・ウッズ
高い砦 デズモンド・バグリイ

緋色の記憶 トマス・H・クック
死の記憶 トマス・H・クック

羊たちの沈黙 トマス・ハリス
チャイルド44(上下) トム・ロブ・スミス
検死官 パトリシア・コーンウェル
深層海流 リドリー・ピアスン
高い窓 レイモンド・チャンドラー
レディ・ジョーカー 高村薫

Qエラリークイーンの国名シリーズを読もうと思っています。学校の図書館を見ると、スペイン岬の謎しかなかっ

エラリークイーンの国名シリーズを読もうと思っています。学校の図書館を見ると、スペイン岬の謎しかなかったのでとりあえずそれを借りてきました。しかしあとから調べるとシリーズ最後に刊行されたものだとわかりま
した。スペイン岬の謎から読んでも問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれ独立した物語ですから、順番は関係ないです。
シャム双生児の謎を読んだら、ついでに横溝正史のあの小説や江戸川乱歩のあの小説も読んで比べてみると一興。

Q幻想的な小説を読みたいです。

自分の好みの小説を読みたいのですが、なかなか自分の好みのものに出会えません。教えていただけないでしょうか?

小説ならではの、不思議で懐かしいような、想像力が育まれるような小説を求めてるのですが・・・

ミヒャエル・エンデのモモは好きでした。ほのぼの穏やかな主人公たちで、現代の矛盾が強く描かれていたと思います。展開の先が見えずにハラハラしました。抽象的な時間の概念もワクワクしたものでした。

また小説でないですが、「まっくら森の歌」のような不思議な幻想的雰囲気を求めてる気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=1roJcw-mzus

ハリーポッターとかも悪くはないですが、あまり印象には残ってないです。
世界から猫が消えたなら もなんか違う。
コーヒーが冷める前に もそれなりに面白かったけど・・・

・・・もしなかったら、いつか自分で書いてみようかな。。

Aベストアンサー

その種の作品では大御所のレイ・ブラッドベリの作品などいかがでしょう
「何かが道をやってくる」などお勧めです
https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E9%81%93%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA/dp/4488612016

それから、回答がズレますが、「まっくら森の歌」がお好きでしたら、同じ谷山浩子さんの作品を検索してみるといいですよ。とりあえず、お勧めを一曲
https://www.youtube.com/watch?v=enGxbE938C4

Q同性で結婚

同じ性別の人と結婚できないのはなぜですか?

Aベストアンサー

子孫が残せないから。
じゃなければ「結婚」という形式を作る必要はない。
※子供ができない男女の夫婦を非難しているのではないけれど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング