4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

やはり、知恵のある人間はいても、
全ての面で100%賢い人間、全知全能な人間はいませんし、

また、男らしい人間、しっかりした人間はいても、
100%強い人間や完全無欠な人間はいませんね。


どんなに知識や知恵があって優秀な人に遭遇していても、
全知全能でない他人の事を何でもかんでも「まだ知恵が足りない」とか、「君、本当に賢いのかあ?」
とか謗ったり、

また、完全無欠でない他人の事を、何でもかんでも「男らしくない」だの「情けない」だの「男のくせに」だのと謗ったりするのは、相変わらず流行っているんですかね?

なら本当、困ったものですよね?

A 回答 (4件)

「完全無欠な人」はいない。

「完全無欠でないことは当たり前」。

だから、「完全無欠でないことは当たり前なので、人を欠点をわざわざ指摘して謗ったりするのはおかしい」ということでしょうか?

最初の回答者の方と同様の意見ですが、論理展開がおかしいかなーと感じます。

誰も「完璧であれ」なんて言ってません。
「男らしくしろ」「もっと賢くなれ」というのは、あなたの言う「完全無欠」のこととは別問題な気がします。
    • good
    • 4

流行っているかどうかは知りませんが、、、



人間は完全無欠でないから、他人を謗ったりするのです。

困ったものです。
    • good
    • 2

神は、全知全能であり、完全無欠です。


しかし、人間ではありません。
神を信じるか否かは人の自由ですから、
信じない方にとっては、神さえ存在しません。
かように、人間の心は千差万別なのです。
    • good
    • 2

完全無欠でない人間だから、人にあれこれ言えないというのはおかしいですよ。



問題が別です。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間が人間を超えるものをつくること

たとえば、情報工学の先端でAIの研究に携わっているとしましょう。
すべてにおいて人間を超える可能性を秘めているものを対象として目の前におくとき、主観は常に対象を客観視できるでしょうか。
人間が人間を超えるものをつくる、ということは、あえて極論を言いますと、人間が人間を滅ぼすというポテンシャルを含み持つことです。
IT化による効率性、利便性は今や否定できません。
ITシステムが修正を繰り返し生き延びる様は人間のようであり、自ら学習を重ねて賢くなる人工知能AIはいつか人間を超える存在になると言われます。
そのようになると想定される場合に、果たして人間は冷静に客観である対象に向き合えるものでしょうか。それとも、専門家のあいだでは人間を超えることはないという根拠があるから、冷静に研究開発を続けられるのでしょうか。
もしそうならば、それを開示して世の中の不安も同時に払拭していく責任も同時にあると思うのですが、皆様はどのように思われますか?

Aベストアンサー

#14です。お礼ありがとうございます。

>ああ、私たちはいつになったら悟るのだろう
人間を失ったことを

頭のいい人たちはすでに19世紀初頭に警鐘を鳴らしていますよ。
たとえばJ・J・トールキンは「人間らしさ」を「自然(精霊や斎もの)との交流と恐れが人間の本質である」としてそれが失われる前に指輪物語を書きました。指輪物語で人間以外が西の国に行ってしまうのは、まさに19世紀が「機械に人間が乗っ取られ、人間性を失う時期」だったからです。

同様にラフカディオ・ハーンは日本に来て「まだ人間性が残っている今のうちに記録を残そう」と小泉八雲として様々な小説を著作しました。

「メトロポリス」なんていうデストピアを描いた映画もありましたね。

どれも19世紀末から20世紀初頭の作品で、この辺りが機械を発明した第一世代から、機械と共存する第二世代に変わった時期なのでしょう。それから先はコンピューターでもAIでも機械化の延長にすぎないわけです。

人間のほとんどは「科学文明と共に生きること」を選んだのです。そのほうが「犠牲はあるかもしれないが、少なくとも自然の中で恐れて生きているよりは幸せである」と考えたからです。

実際、20世紀の科学進歩はすさまじく、それ以前の不治の病とされた天然痘は撲滅、ペストなどは激減、結核は治るようになり、飛行機を使えば1日で世界一周できるようになりました。機械を使うことによる犠牲者はあるものの、全体で見れば「機械のおかげで人は死ななくなった」のです。

ですから、今後もAI化などは「ほとんどの人が疑問を持たずに」進んでいくのだと思います。でも結局人間はそれで幸せなんだと思いますよ。

私には子供が居ますが、20世紀初頭の乳幼児の死亡率は50%以上だったわけです。つまり10人産んでも5人しか残らない社会で、ほとんどの人が「長生きできなかった兄弟」を背負って生きていたわけです。父母の、特に母親が自分でお腹を痛めた子を失う辛さと残酷さは悲劇以上のものだったでしょうが、たった100年前はそれが普通だったわけです。

今は乳幼児の死亡率は先進国なら数パーセントしかありません。

私は「人類が科学技術を捨てて『人間性を取り戻す』ことを望むのか?」と聞かれればNOだと思います。その代り人間は「機械とうまく付き合っていく」しか道はないのだと思います。

>人間はAIの奴隷。モルモット。

人間は自分で機械・技術の檻の中を選んだのです。アマゾンや砂漠地帯など一部の人間たちは拒否しています。ああ、インドに「文明を受け付けない島」があるようですが、そういう人たちはまだ「人間」なのでしょう。

でもほとんどの人間は自分たちで望んで、機械・技術に守られることを選んだのです。

#14です。お礼ありがとうございます。

>ああ、私たちはいつになったら悟るのだろう
人間を失ったことを

頭のいい人たちはすでに19世紀初頭に警鐘を鳴らしていますよ。
たとえばJ・J・トールキンは「人間らしさ」を「自然(精霊や斎もの)との交流と恐れが人間の本質である」としてそれが失われる前に指輪物語を書きました。指輪物語で人間以外が西の国に行ってしまうのは、まさに19世紀が「機械に人間が乗っ取られ、人間性を失う時期」だったからです。

同様にラフカディオ・ハーンは日本に来て「まだ人...続きを読む

Qあなたにとって正義とは何ですか?

あなたにとって正義とは何ですか?

Aベストアンサー

胡散臭いもの。

典型が戦争です。

勝った方が正義になります。
強いモノが正義です。

ワシントンは米国では正義の人ですが、
英国では反逆者で悪い人です。

現代の価値観で評価すれば、歴史の
英雄のほとんどは侵略者、独裁者、殺人鬼です。

かようにして、正義は胡散臭いものなのです。

Q難癖をつけて論破しようとする人 ある主張に対して、根拠を提示して論理的に説明をしても、その根拠に信憑

難癖をつけて論破しようとする人

ある主張に対して、根拠を提示して論理的に説明をしても、その根拠に信憑性がないと言って否定します。

例えば、日本の人口が1億2000万人程度だとする根拠を、国勢調査や各種統計で示しても、その根拠が正しいとする理由を聞いてくるのです。

国の統計や学術的な統計であっても、
『なぜ国の統計なら正しいのか?』
『どうしてその学者の言うことは正しいのか?』
と言ってきて、最終的に答えられないと、非論理的で君は間違っていると言われてしまいます。


どうやら彼は、100%正しいとする根拠や証明ができないと、曖昧なものは全て否定するようです。

なので、統計も実数ではないからダメ。
学術論文も、一学者の主張だからダメ。

このように主張すると何も言えなくなるのですが、どうしたら論理的に説明ができるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

どのみち、結論を出す現実の必要がない、という意味でクダラン話をしているんでしょうな。

 論証の根拠として使う命題すべてをリストアップして、それらをA, B, C, … とします。そして「A, B, C, … が正しいと仮定すると、」というマクラコトバをつけて結論Rを論証なさいませ。以上をまとめれば、
「もしA, B, C, … が正しいなら、Rである」
という命題を述べたことになる。「どうしてAが事実なんだ?根拠は?」というツッコミは意味をなしませんし、「もしA, B, C, … が正しいなら、Rである」という命題の論証に対して「そんな論証は説得力がない」とは言わせない。だから、せいぜい「そんな結論Rは説得力がない」と文句をつけるしかできない。
「そりゃ、A, B, C, … が正しいと仮定すると、という議論ですから、説得力はこれらの仮定に依存しますよ」
「そんなことを言うのなら、A, B, C, … のどれかが正しくないと仮定すれば、別の結論が出るじゃないか!」
「そうですね」
「では、君は何も言っていないのと同じだ」
「へえ、そう思うのですか?」
てな調子で、口喧嘩はいくらでも続きますがね。

 形式論理は、仮定に最初から陰に(あるいは陽に)含意されている命題を取り出してみせる以外には何もできません。なので、論理的に完璧な論証とは、現実に関する断定を一切含まない論証だということです。(数学もそうですけど)形式論理は現実世界とは断絶しています。現実に関する命題については、あくまでも過去の経験(観測した情報)だけが根拠ですから、「絶対に間違わない」ということは不可能です。物理学や化学の「法則」も過去の経験だけに基づいていますから、覆る可能性が常にある。(逆に、(形而上学や信仰など)覆る可能性がない命題は科学の(つまり現実に関する)命題ではない。たとえば
  この世は10分前に神によって創造された。
というような信念は、(もちろん、記憶や痕跡全部を含めて創造された、という主張ですから)反証しようがない。)
 というわけで、「現実に関する命題を証明する」ということはもともと不可能で、できるのは「論証」だけです。その論証の「説得力」は、仮定A, B, C, …を何度も検証するという経験を積み重ね、あるいはうっかり持ち込んでしまった思い込み(リストにない仮定)がないかを何度も確認する、というプロセスによって磨かれていくものの、疑いが完全になくなることはない。

 なお、以上の話はただのナンセンスではない。「どんな仮定のもとでの議論か」ということを明示するのは論文においても重要で、ここを手抜きすると「見落とし」「無反省」「無自覚な思い込み」などと突っ込まれることになります。

どのみち、結論を出す現実の必要がない、という意味でクダラン話をしているんでしょうな。

 論証の根拠として使う命題すべてをリストアップして、それらをA, B, C, … とします。そして「A, B, C, … が正しいと仮定すると、」というマクラコトバをつけて結論Rを論証なさいませ。以上をまとめれば、
「もしA, B, C, … が正しいなら、Rである」
という命題を述べたことになる。「どうしてAが事実なんだ?根拠は?」というツッコミは意味をなしませんし、「もしA, B, C, … が正しいなら、Rである」という命題の論証...続きを読む

Q本当に本当に大事なものほどお金がかからない、と思いませんか?

本当に本当に大事なものほどお金がかからない、と思いませんか?
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ


例えば空気とか。

Aベストアンサー

空気というか、酸素を作りだしている
のは植物でしょう。

植物の維持管理には、かなりのお金が
かかっています。

Q「とうもろこし」にまつわる世界観

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしから作られる添加物は何百種類に及ぶといわれます。
ドライミルと呼ばれる製粉所に対して、ウェットミル(湿式工場)があります。
ここは複雑なパイプや機械部品からなる怪獣みたいなもので、毎日大量のとうもろこしを飲み込み、反対側についている蛇口から、さまざまな製品、糖類、デンプン、アルコールや酸、乳化剤や安定剤を流し出す。そのほとんどが食品添加物として、シリアルやスナック菓子、調味料やドレッシング、チキンナゲットや冷凍食品、ありとあらゆるものに使われています。

この中で「ブドウ糖果糖液糖」これは1960年代に日本で開発されたとうもろこしを原料とする甘味料で、安価で甘味が強いので、砂糖に変わるものとして、清涼飲料水、調味料、菓子類、加工食品全般に大量に使われていて、血糖値が上昇しやすくなるという危険性があります。
また、最近よく耳にする「難消化性デキストリン」
これは消化されないデンプン。食べても消化されないので、胃も腸も通り抜けてしまう。つまりカロリーのない究極のダイエット食品。「栄養にはなりません」なんて宣伝したら逆効果ではないか、と考える人もいましたが、昨今のダイエットブームが追い風になりました。これでカロリーを考えずに安心して食べられる。ダイエットに救世主とも言える存在になったのです。いわば、栄養もなくただ人の中を通りすぎるだけという、一見役に立たないことで勢力をさらに拡大しようとしています。

人間の食料だけでなく、牛、豚、鶏の飼料として加工されます。ほとんどがアメリカ産牛肉一億頭分の飼料。
ここで思い出すのが、ケーキを作っていたときのこと。使用していた卵は海藻、青菜、木酢、かき殻、米ぬか、オリゴ糖、パプリカ、にんにくなど20種類以上を配合したえさを食べている鶏で、濃厚で味わいのある卵だったのですが、あるとき、飼料のベースを輸入とうもろこしに変えるということになって受け入れざるを得ませんでしたが、結果はやはりケーキの食味が変わり、業者を替えることになりました。

人間と同じように、食べ物にも個性があって、どんなに栄養のある良いものでも、一種類の食べ物だけを食べて生きる事はできません。主食副食バランスよく食べてはじめて、健康が支えられるように人間はできていると思います。
皆さんはどのように思われますか?

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしか...続きを読む

Aベストアンサー

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源となり、酪農製品も摂らず、ピーナッツバターやアーモンドバターを、全粉のパンに塗り、お茶も、ビーツや生姜の薄切りを煮だしたものを飲んでいます。

何が体にいいのかよくわからないのですが、キノアやケールやビーツなど、あまりおいしくない食材も、出すと喜ばれるので、頑張って調理しています。あとは、季節の野菜を、組み合わせを考えて、蒸したり、茹でたり、いためたりして、”味付けをしないで”、そのまま食卓に出しています。サラダには、ライムジュースを振りかけるだけです。

基本的に、出来合いのものを使わず、食料品店で、丸のままの食材を買ってきて、それを調理する、というやり方です。体には良いのかもしれませんが、手がかかるし、そして、食費も普通の倍以上はかかります。

これが、行き過ぎた健康志向、アメリカの意識高い系の食事の実態です。もはや、バランスが取れればよい、などという問題ではないところに来ています。

一方、80パーセント以上のアメリカ人は、現在でも、漂白された白いパンを食べ、チーズバーガーをほおばり、ビールにバーベキュー、タコスに山のようなチーズ、トウモロコシだらけのシリアルを毎日食べているような状況です。

私も、食事はバランスさえ取れていて、おいしければ、それが、ベストだろうと考えていましたが、私の家族を見る限り、何が何だか、判らなくなっている現状です。私事で恐縮ですが、お知らせまで。

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源と...続きを読む

Q足りないのは頭

だから、あなたと私は同じ。
なんか意見ある?

(削除されたので訂正再投稿)

Aベストアンサー

No.4です。

そっか、もし本当に知らなかったのならd_y_nさんは、ここの哲学欄を切っ掛けに好奇心をエンジンにして、いろいろ検索したり勉強すればこれから見違えるように伸びるよ。d_y_nさんはソクラテス並みに優れてるってことです。無知の知で検索してね。だから、あなたは皆さんと同じじゃない。

Q趣味と実益を兼ねること

趣味と実益を兼ねるとは、具体的にどんなことですか。世の中ではプラスの面で見られることが多いですが、デメリット的な側面はないのでしょうか。

Aベストアンサー

趣味と実益を兼ねるとは、具体的にどんなことですか。
 ↑
趣味でグーをやり、ポイントをもらって
アマゾンのギフト券と交換する。




世の中ではプラスの面で見られることが多いですが、
デメリット的な側面はないのでしょうか。
 ↑
実益が無いから面白い、ということが
あるのです。
実益と兼ねたら面白さが失せるかも知れません。

ボランテアをやっていて、充実して面白い。
でも報奨金が出るようになったら、義務みたいに
なってきて、つまらなくなった。

Qこの説明でも分らないでしょうか? イメージ涌く人居ませんか?

存在するものには殆どにそれを存在させる性質が在ります

そのものが持ってる場合もあれば、他から影響を受ける性質もありますが

存在すると言っても物質の様に循環してとどまる存在もあれば 光の様に運動だけの存在もあります

存続するか散逸するかですが、熱力学の第二法則 エントロピー増大則によって最後は崩壊し散逸、熱死へ

進んで行くと言う本もあるのです。つまり何をやっても無駄、人間の営為も熱死となって無に帰す。

永遠に無に帰す と言う考えです。私の高校の物理Ⅱの先生はこの法則には例外がない と言い切りました。

ならば人間が今戦争をしようと育児放棄しようと世界の結果は同じ 無に帰す です。

其れに対して「複雑系はエントロピーを小さくする」と言う話もありましたし

私が考えてもそんなに一方的に進む崩壊・散逸・無秩序化なら 何でビッグバン以前はエントロピーが小さかったのか 疑問です

私は宇宙はサイクリック宇宙であり 爆発してはブラックホールに集まりそのブラックホールが無数に集まって

限界が来たら爆発する と考えます。

その中で存在や物質の事ですが 存在するものは存在性によって存在する。

様々な性質が在りますがそれが何かを存在させう為に働いていれば存在性です。

存在性を代表するものは様々な引力です。引力が無かったら原子も電子もバラバラになって存在と思われるものはなくなるでしょう。

運動エネルギーもなければ循環も無理です。循環しなかたら物質も存在不可です。

その物質が太陽の恵みを受けて光合成で酸素と炭素固定、そして光エネルギーの化学エネルギー化を植物がやり

動物はそれに寄生するように生きています。その動物の猿の頭に精神が宿り。

じゃあ精神とは何か?と言うと脳の性質のネットワーク主体化による意識が精神の中心です

精神は人間の諸感覚で世界とつながっており 人間の精神は小宇宙と言われる。

そこから導か出されたのが存在主義で、存在が目的であり存在する事に価値があり

存在する事に意義があり、意味もある と言う原論中の原論です。

存在するものには殆どにそれを存在させる性質が在ります

そのものが持ってる場合もあれば、他から影響を受ける性質もありますが

存在すると言っても物質の様に循環してとどまる存在もあれば 光の様に運動だけの存在もあります

存続するか散逸するかですが、熱力学の第二法則 エントロピー増大則によって最後は崩壊し散逸、熱死へ

進んで行くと言う本もあるのです。つまり何をやっても無駄、人間の営為も熱死となって無に帰す。

永遠に無に帰す と言う考えです。私の高校の物理Ⅱの先生はこの法則...続きを読む

Aベストアンサー

存在を手段とする事もあるかもしれないですが
存在を手段とする主体がある筈です。
  ↑
デカルトですか。



何も無いのに存在を手段とするものが在るでしょうか?
 ↑
在りません。
 


tanzou2さんが居なかったら存在を手段と出来ますか?
 ↑
存在はあらゆるモノの基礎ですね。
それはその通りです。

例えば命です。
命があってこそワタシも存在するわけです。
命は人間存在の基礎です。

この命が目的だと考えれば、生きること、そのこと
自体が目的であり意義だ、ということになるでしょう。

しかし、命は、何事かをなすための手段に過ぎないと
考えることも出来るのではないでしょうか。

Q人に迷惑を掛けたら罰として寄付を行う。みんなが実行したら?

他人に迷惑を掛けたり、失礼な事をしたら罰としてどこかの団体へ寄付を行う。
※例えば日本赤十字社等。
これを日本のみんなが実行したら世の中はどうなるでしょうか。
多少は世の中が良くなりますか。
そう思ったら、世界史で習った贖宥状を思い出しました。やはり駄目でしょうか。

社会的システムとして入れることは出来ない(現実的ではない)でしょうから哲学カテゴリで質問します。

Aベストアンサー

今現在と変わらないと思いますよ。
年末の共同募金などもやりたい方は、やっているしやりたくない方はやっていません。
寄付する金の有る金持ちは、助かり金の無い貧乏人は助からないかも知れませんね。

Q天皇を見たら 目がつぶれるか? そのうわさは いまどう変わったのか?

去る四月十日  天皇陛下即位30年奉祝感謝の集いで北野武が述べた祝辞
の中に 次のようなくだりがありました。

▲ (北野武、笑いと感謝込めた天皇皇后両陛下への祝辞全文 「日本とい
う国に生を受けたことを幸せに思います」) ~~~~~~~~~~~~
https://www.huffingtonpost.jp/entry/takeshi-kitano_jp_5cae98ade4b09a1eabf7855a

私はちょうど60年前の今日、当時12歳だったその日、母に連れられて、日
の丸の旗を持つ大勢の群衆の中にいました。波立つように遠くの方から歓声
が聞こえ、旗が振られ、おふたりが乗った馬車が近づいてくるのが分かりま
した。

母は私の頭を押さえ、「頭を下げろ!決して上げるんじゃない」と、ポコポ
コ殴りながら「バチが当たるぞ」と言いました。

私は母の言うとおり、見たい気持ちを抑え、頭を下げていました。

そうしないと、バチが当たって、急におじいさんになっていたり、石になっ
てしまうのではないかと思ったからです。

そういうわけで、お姿を拝見することは叶いませんでしたが、おふたりが目
の前を通り過ぎていくのは、はっきりと感じることができました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ この種のうわさの内容は いまどう変わったのでしょうか?

① ただ世間の空気として流れていただけだから 世の中の変化とともに 
うやむやになった。それでよいのだ。・・・といったことでしょうか?

② いかに哲学と言えども そういうことは――お二階のそのまた雲の上の
ことは―― 万機公論に決する対象ではないのだ。このバカ! ・・・とい
うことになっているんでしょうか?

③ 例の《人間宣言》というものも ただの世間のうわさに過ぎない。つま
り そういった雰囲気を醸し出すような声明があったというだけで 決して
それが公式のものだとは思えない者の疑問です。《人間宣言》とは どこに
も書かれていないはずです。

去る四月十日  天皇陛下即位30年奉祝感謝の集いで北野武が述べた祝辞
の中に 次のようなくだりがありました。

▲ (北野武、笑いと感謝込めた天皇皇后両陛下への祝辞全文 「日本とい
う国に生を受けたことを幸せに思います」) ~~~~~~~~~~~~
https://www.huffingtonpost.jp/entry/takeshi-kitano_jp_5cae98ade4b09a1eabf7855a

私はちょうど60年前の今日、当時12歳だったその日、母に連れられて、日
の丸の旗を持つ大勢の群衆の中にいました。波立つように遠くの方から歓声
が聞こえ、...続きを読む

Aベストアンサー

爺ちゃんの母親は、天皇陛下は、ウンチやオシッコをしないと固く信じていました。爺ちゃんは18歳の時に、天皇陛下に1メータくらいの距離でお目にかかれ、視線を合わしながらのお言葉も頂戴しました。同時に皇居に招かれた仲間は、「天ちゃん、バンザーイ!」と言うと放言していましたが、陛下が5メータくらいに近づかれ時より、最敬礼の御辞儀で、お顔を拝見することもなしで、通過後、嬉しさの余りに涙を流していました。

回答としては①です。ゴチャゴチャ言うな!です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較