はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

我が家の母は現在97歳で「介護施設」に入っていますが母の寿命はそう長くないと思います。
今年または来年?もし「おふくろ」が亡くなるとおふくろの遺産相続問題がその子供達に来るが我が家では母の子供と言うのは「兄、次男(私)、長女、三男」です。おふくろの他界後(49日後)
兄弟で集まり「おふくろの遺産をどう別けるか協議」されますが各人不満があれば「遺産分割協議書」に判子(サイン)を押さないでおふくろの税金を払い管理して行く事になると思うが私の質問は必ず「遺産分割協議書」に同意して判子(サイン)を押さなければならないのか?押さない場合どうなるのか?

実は疑問があるのです。遺産分割協議書」に判子(サイン)を押さない事に対して。亡くなったお婆さんの遺産相続問題は実に40年もかかりました。どうしてこんな長くかかつたのか?亡くなったお婆さんには5人の子供がいた。長女、次女、長男(私の父)三女、四女 がいたが長女、次女、三女、四女は嫁に行った。我が家は農家であつた為に「田んぼ、畑、山、本家の家」があり全て亡くなったお婆さん名義」それで父が嫁に行った叔母さん達に「判子」をもらいに行ったが叔母さんたちは判子を押さない。仕方なく父は亡くなったお婆さんの税金を毎年払い続ける。本来は嫁に行った叔母さんたちも税金を払う義務があつたあが。そして父は他界する。するとその税金は今度は私の母が毎年払う。ある日長男がまた叔母さん達の所へ行き「判子」を押して下さいと頼む、このままでは農業は続けられないと述べるがそれでも叔母さん達は判子を押さない。ついに長男(本家の長男)は「このままではやって行けない」といい「おふくろ」を残し本家を出て行く。

おふくろは何とかしてお婆さん名義の税金を払っていくがついにおふくろも85歳これ以上税金は払えない。税金の滞納をする。すると税務署から職員が我が家に来る。おふくろは係員に説明する、「これは私の税金」ではありません、亡くなったお婆さんの税金です、叔母さんたちが払ってくれないのですと。すると翌年からその叔母さん達に税金の請求が行く(請求が届いた次点では叔母さん達は他界していた、だからその子供に、中にはその子供も亡くなっておりその孫に税金の請求が行く。

それでお婆さんの子供達(生きている子供、孫)が集まりこれではますます相続権利者が多くなり
解決不可能になると気づいて親族会議をする。売れるお婆さん名義の土地(畑、田んぼ、山、本家の土地、家)は全部売ることにしたが売りに出しても売れない。たった一つ売れた土地があつた。それは
街のなかにある土地。これは売れたので相続人23名で別けたが売れない土地を私のおふくろ」名義にした。私は叔母さんの子供達に親族会議の席上で述べる「おふくろは97歳」です、売れない土地を「おふくろ名義」にしても困ります、滞納していた税金は全部「おふくろ」が払って来たのだからお金で返金して下さいと述べたが彼らは払う気がない。その時席上にいた弁護士が「現在は売れなくてもいつかは売れる時が来るでしょうと」。仕方無しに「おふくろ」は売れない土地をおふくろ名義にする事で40年間続いた我が家の問題も終了。私はその時思う、こんな理不尽な方法で40年間も「おふくろ」に税金を払わせて置き叔母さんたち(その子供、孫)はなんと言う人間だろうと思う。

しかし今度は「おふくろ」が引き継いだ遺産が我々の世代に回つて来る。おふくろは現在97歳。
だから兄弟はもうこれ以上我が家の「おふくろ名義」の税金は払わないと。法律で子供は親の税金は払う義務がないと。すると兄、長女、三男が税金の支払いをしないなら全部次男の私に回るのか?
私が皆様に聞きたいのはこれから始まる(母の他界後)に兄弟で話し合われる「遺産分割協議書」にサインをしない事です。しない場合法律で罰則などありますか?

A 回答 (6件)

混乱が引き続くだけで罰則はありません。

民法だからです。あなたの場合信用できる弁護士を立てて今すぐに全員の合意を取り付けなさい。弁護士は様々な手法を知っていて「嫌がらせ」に類する方法も持っています。社会的に暮らしづらくなる風聞を流すなどもあなただって嫌でしょう。家内も義父の財産の分割で関東・関西を駆け回りました、それでも義母が先に亡くなっていたので楽だったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私は自分の弁護士を雇いました。現在弁護士が対応しています。

お礼日時:2019/04/23 01:05

以前も同じ質問をされましたよね。

確かカナダ在住ということですよね。
今回の質問を見ても、あなたの意図は問題をこじらせたいようにしか見えません。

>しない場合法律で罰則などありますか?
有りません。民の問題ですから、官(警察)は出てきません。

>法律で子供は親の税金は払う義務がないと。すると兄、長女、三男が税金の支払いをしないなら全部次男の私に回るのか?
その通り親の税金を子供が払う義務はありません。でも親が死んだ瞬間から、相続が開始されますから、過去の滞納税も含めてすべて子に請求されます。
兄弟が4人とも払わなければ、誰かの資産(or給料)を差し押さえに来ます。

あなたが問題をこじらせるのでなく、相続問題から逃げたいのであれば、一つだけ方法があります。
お母さん亡くなられた後、家庭裁判所に「相続放棄」の申請をしてください。亡くなられてから3か月以内です。
そうすれば、お母さんの財産を貰うことはできなくなりますが、いらない土地の呪縛から逃れられます。
あなたの子供にも災いは及びません。

あとは、兄弟に仕返ししたいのであれば、お母さんの死後3か月間は相続放棄したことを言わないことです。
兄弟に遺産が移ることが確定した時点で、「自分は相続放棄したので、権利は無いのであとは兄貴たちで決めてくれ。俺はカナダに骨を埋めるので、先祖の大切な土地を貰うわけにいかないから」とでも言えば、すべて終了です。

叔母さんやその子供たちに仕返ししたいのであれば、兄弟で話を合わせて、全員で相続放棄をしてください。
そうすれば相続は叔母さんたち、(すでに死亡していればその子供)に相続権利(義務)が移ります。

叔母さんたちも全員相続放棄すれば、土地は国の財産になって終わりです。
でも、黙っていれば市役所から固定資産税の請求が来ても放置してしてしまい、そのうち放棄の期限の3か月が経過してしまします。
あとは、叔母さんたちやその子供らが不良資産(土地)を掴んでしまいます。


あなたが、相続放棄をせずに放置して、あなたが死亡したとき、あなたの財産にその土地の持分が含まれてしまします。
子供たちがあなたの財産を相続した場合にその土地の所有権まで相続してしまします。
一番いいのは、揉め事を起こすのではなく、相続放棄してすっきりと縁を切るのが一番のように思います。
    • good
    • 0

感想だけ言っておくと



「遺産分割協議書にサインをしない事」ばっかりを言ってますが、その前に「みんながある程度納得できるような分割方法を決めるように相談する」ってことが抜けてますね そういう態度だから決まらないのですよ。
    • good
    • 0

遺産分割の話と、固定資産税(税務署ではなく市役所の管轄)の話がまぜこぜになり、一緒にして考えてるので整理が付かないように感じます。



遺産である不動産を相続しても、利用価値のない不動産なのでいらない。
しかし相続するしかない、という場合もあります。
そして固定資産税の納税をしなくてはいけない。

これは租税当局への不満を述べる前に「相続をどうするか」の問題を解決すべきです。
端的に「いらない土地」というならば相続放棄をすればよいです。
1 法的な相続放棄
 家庭裁判所に相続放棄の申述をする。受理されれば相続人ではなくなる。
 相続人でないので、遺産分割協議に加わる必要もない。

2 事実としての相続放棄
 遺産分割協議の場で「わたしは何も相続しなくてもよい」とし、遺産分割協議書には「なにも相続しない」として名を連ねる。
 
「1」と「2」の違い
1は相続放棄をお国が認めてる点で、被相続人の相続権そのものがなくなり、第三者にも「相続放棄しました」と表す事ができる。
2は相続放棄ではなく「なにも相続しない」事を、相続人間にて確認してもらっている、いわば身内の話。


相続財産がひとつのリンゴだとします。
「1」の場合には、お国が「君はそのリンゴを食べる権利を放棄した」と認める。
 リンゴ以外に借金がでてきても払う必要がない。

「2」の場合には、「わたしはリンゴが好きでないから、食べない。だれか俺の分を食べてくれていいよ」と言ってるだけ。
 リンゴ以外に借金(税滞納があるなど)がある場合に「おれはそれを払わない。なぜならリンゴを食べてないから」と税当局に主張することができない。


3 事実として遺産分割協議が整わない
 相続人間で争いがあるために、遺産分割協議ができない。
 協議に参加しない人がいるため、協議書の作成もできない。

 遺産分割協議に参加しないことで、法的に罰せられることはありません。
 ただし、相続税の申告が必要な場合には、法定相続分で遺産分割がされたとして申告書の提出をする必要があります。この申告書は連名でされます。
 遺産分割協議に参加してない者が「相続税の申告などしない」として自己の申告部分への署名押印をしないと、税法上は無申告者扱いになります。
 申告書の提出がされてないとして「相続税の決定」がされるさいに、無申告加算税が賦課されてしまいますので、これはお利巧な選択とは言えません。
 遺産分割協議に応じるかどうかはまったく別物として、相続人全員の義務として相続税申告書の提出をする(後に遺産分割協議が整うと、個々に負担する相続税額に変化が起きるので、修正申告や更正の請求をして調整する)際には「署名押印をする」のが良いです。
 相続税申告書に署名押印するのは「この申告書を認める」というだけの話で、遺産分割協議に応じたという話ではないからです。

税理士が「法定相続分で遺産分割したものとして相続税申告書を作成したので、署名押印してくれ」と言ってきたら応じましょう。
形式的に提出するだけの申告書に、単に「嫌だ」といって拒んでも、税務当局との接点が増え加算税延滞税が賦課され、めんどうなだけです。

遠方にいて、サイン押印のためだけに出かけられないというならば、税理士に「サインと押印をしておいてくれ」と言えば済みます(サイン押印を依頼することの書面を求める税理士もいる)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

しかし難しい説明で今の私には理解出来ないです、なぜなら私は日本国内に住んで居ないのです。現在北米に住んでいて不動産(生まれ育つた所が日本国内の為に親、兄弟、親戚がいる)は日本にある親の不動産です。おふくろが97歳だからその問題が北米に住んでいる私にも回って来るのです。

お礼日時:2019/04/17 14:35

親の財産を当てにするような人に、ろくな人はいません。

    • good
    • 0

>兄弟で話し合われる「遺産分割協議書」にサインをしない事です。

しない場合法律で罰則などありますか?

協議書が出来上がると言う事は、あなたもその内容に合意しているからです。
合意のない、「遺産分割協議書」は書きようがないから、無いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

罰則は無いという事ですね。私は期限があるのかと思っていました。

お礼日時:2019/04/17 13:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおふくろの税金は誰が払うか?

2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。
おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は
おふくろの年金から差し引かれる事になる。するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、妹、三男)だと思うが妹と三男は「おふくろの遺産」は何にもいらないから
税金も払わないと。すると私と兄貴が払う事になるが問題は「おふくろと私(次男)」が建てた家の税金。7年前に私と(次男)おふくろが共同で資金を出し合い新居を建てる。名義も私とおふくろ。しかし現在は私もおふくろもその新居には住んでいない。私の息子が住んで管理している。兄貴にすると
なぜ俺がおふくろの税金(新居の)を払わなくてはならないのだと。次男が払うべきだだと。つまり次男は7年前に共同で家を建て名義も半分ずつではないかと。

私(次男)が思うのには「おふくろ」が亡くなるまではおふくろの税金は子供達で払う義務があると思う。おふくろの他界後に遺言状なり話し合いにより「おふくろの持つ半分の名義(新居の)」が私(次男)の物に法的に名義変更されればその税金は全部(新居の)次男が払う責任が(義務)があると思うが。もし兄貴も妹、三男も「おふくろ名義の税金」は払わないよと言い税金の滞納をした場合税務署は
新居を差し押さえしますか?問題は新居には建てた本人(私しとおふくろ)が住んでいない。私の子供(次男)が住みその家の管理をしている。弁護士によると私の子供(次男)には居住権があるから住めると。兄貴、妹、三男は私(次男)の子供を追い出す事が出来ないと。彼らが(兄、妹、三男)不満なのは(税金を払いたくない)次男とおふくろが建てた家のおふくろ名義の税金を払いたくないという事。おふくろは現在介護施設に入り生活しているがまだ現在97歳でも元気でおそらく100歳までは生きるでしょう。兄曰く「俺はおふくろより先に行くかも」と。なぜなら数年前に癌の手術で左肺を取り除き現在酸素ボンベを引きながら生活していると。だから俺は「おふくろの税金」など払いたくないという心境。妹も三男もおふくろが亡くなればいずれその家は次男の物になるだろう、だから俺達も税金など払いたくないという気持ち。

とにかくおふくろが生きている間は「おふくろの税金」は子供達で払う事だと思うが。彼らが言う「おふくろの遺産」は何にも要らないから税金は払わないと言うのは間違いだと思う。おふくろが他界し
遺産分割協議書に私達は権利放棄しますと家庭裁判所に申請し受理された時点で権利放棄が認められると思う。まだおふくろが生きている間は権利放棄出来ないと思う。税金は払う義務があると思うが?

2ヵ月前「おふくろ」が介護施設に入居したという知らせが従兄弟のの叔父さんより来る。
おふくろは今まで兄貴夫婦の所に引き取られ生活をしていたが兄貴夫婦もついに介護不可能になつたようだ。問題はこれから「おふくろ名義の家、土地その他」の税金は誰が払うかという事。今まで「おふくろ名義の税金」はおふくろが年金から支払って来たがおふくろは介護施設に入ったのでその費用は
おふくろの年金から差し引かれる事になる。するとでは誰が「おふくろの税金」を払うのか?当然それは子供達(兄、私(次男、...続きを読む

Aベストアンサー

「正直いい「何にも無い方」がいい」
私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。

根本は「固定資産税」です。
土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。
土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。
しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。

「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。
人口が少なく、畑や田んぼばかりでのところで、土地は余ってる。
ここに駐車場を作っても需要などありません。
いっそ売ろうと思っても買い手もないのです。
特殊な畑、例えば茶畑なのでは、お茶の取り高販売金額よりも肥料代の方が大きいので、持ち主が死んでも誰もいらないと言い、近隣者でも誰も購入してはくれません。

「いったい自分の所有物になったとして、固定資産税をどうやって工面するのだ」状態になるわけです。

このような租税負担問題以外に、相続問題があります。
付加価値が高い遺産でしたら「是非おらにおくれ」という争いになりますが、ただ広いだけの土地などは「おら面倒みるのはヤダ」として、押し付け合いになるわけです。
相続した雑種地にいろんな虫が発生して、近隣から苦情がくるので、定期的に草刈りをせんとあかんという土地などは「おらは、絶対にいらん」というわけ。

本質問のように「おっかさんが住んでる家の税金支払いをどうする」となれば、まずは「おっかさんの金」で払ってもらうようにするしかないです。
今までの貯えと年金から納税してもらう。
それとて永遠でありません。
納税資金が尽きるのと、おっかさんの命が尽きるのとどちらが早いか、という誠に不遜な話になります。

固定資産税を年金が入金される口座から引き落とす口座振替にしておけば「預金がある限りは滞納者にはならない」ですが、さて、年金を資金とする生活費(入院とか治療とか諸々)はどうするか。

これは「子」が、母の口座に一定額を振り込んで生活を支える話ができると良いと思います。
育ててもらった恩を考えれば、できない話ではないはずです。

子全員で「各人が月に3万円振り込んでおこう」など話ができれば、解決するように感じます。

ここで「おれはおふくろの財産を貰う気がないから、その金は出さん」という人もいるでしょう。
それは話がこんがらがってしまってるのです。
「親の口座にいくらかないと、生活費が不足してしまう」
これを子がなんとかしようと言う話です。
その口座から引き落としされる、固定資産税が悪者なのではありません。
もし税が悪者だというなら、水道代、電気代、電話代も悪者になります。

いざ「相続発生の時に遺産を貰う気があるかないか」などは、別次元の話でしょう。
自分たちを生んで育ててくれた母親の生活を子が面倒見ることは、当然のことです。

「なぜ、遺産を貰う気がない俺が、その遺産にかかる税金を負担せんといかんのだ」
という意見は、死んだ先の事まで考えすぎているのです。
「そんな、未来の話じゃなくて、今だよ今。今の話をしてる」

なお、生きてる納税者の税を、その子が負担しなくてはならないという税法は現状では存在しません。

親孝行をなさってください。

「正直いい「何にも無い方」がいい」
私の仕事で「相続案件」を処理してますが、まさに「何もない方が良い」と思うケースがあります。

根本は「固定資産税」です。
土地建物を有してる(あるいは相続した)というだけで税金がかかります。
土地建物から現金が生えてくるならよろしいですが、物理的にはあり得ません。
しかし租税は現金で払う必要があるので、勤労収入から支払うことになります。

「土地建物を有効利用して、例えば賃料をとれば良いではないか」と言う人は現実離れした人です。
人口が少なく、畑...続きを読む

Q退職金に税金はかかりますか? 残業代未払いで会社に残業代を請求していますが認めて残業代を受け取った場

退職金に税金はかかりますか?

残業代未払いで会社に残業代を請求していますが認めて残業代を受け取った場合
別で税金を納めなければならないですか?

Aベストアンサー

>退職金に税金は…

原則として課税対象です。

とはいえ退職金は給与などとは別に計算する分離課税です。
「退職匿所得控除」というものがあり、さらにそれを引いた残りの 1/2 が課税対象になるだけですので、少額なら税額は発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

会社へ「退職所得の受給に関する申告書」を出してあったのなら、それで納税は完結していますので確定申告の必要はありません。

そんな申告書を出した覚えがないなら、来年に分離課税の確定申告をする必要があります。

>認めて残業代を受け取った場合別で税金を納めなければ…

これは退職所得
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2725.htm
ではなく、あくまでも給与所得です。

その未払いが今年になってからの話なら、今年の年末調整 (再就職した場合)、または来年の確定申告の対象になります。

去年分の未払いなら去年分の給与ですので、もらったら去年分の確定申告が必要になります。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2509_qa.htm#q1

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>退職金に税金は…

原則として課税対象です。

とはいえ退職金は給与などとは別に計算する分離課税です。
「退職匿所得控除」というものがあり、さらにそれを引いた残りの 1/2 が課税対象になるだけですので、少額なら税額は発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

会社へ「退職所得の受給に関する申告書」を出してあったのなら、それで納税は完結していますので確定申告の必要はありません。

そんな申告書を出した覚えがないなら、来年に分離課税の確定申告をする必...続きを読む

Q確定申告したら納税するように言われたのですが...

国税庁の確定申告の自動計算ページ↓
(https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl)で計算すると、
税金の還付ではなく逆に納税するように言われました

以前より収入が増えてはいたのですが、
今回のようなケースは初めてです。
還付ではなく納税というケースはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

公的年金所得者は受け取ってる額が400万円以下なら確定申告不要です。
しかし、それと知らずに確定申告書を作成すると「納税額が出る」人が結構いるのです。

「雑収入」はいくらでしょうか。
正確には収入から経費を引いた所得はいくらですか。
その額が20万円以下なら確定申告書の提出はしなくて良いです。

下手に医療費控除を受けようと申告すると納税額が出る場合もあります。

該当条文は所得税法第121条です。

Q今年8月に一時所得が9,873,285円ありました。

質問です。
2018年の年収の予測額
一時所得:9,873,285円
会社からの給料の予想額:326万円
合計年収約:1,312万円です。
------------------------------------------
家族構成
1)私 : 会社勤務
2)妻 : (無職 私の会社の健康保険に加入)
3)長女:22歳(パート職 私の会社の健康保険に加入)
4)長男:18歳(高校3年 私の会社の健康保険に加入)
4)次女:16歳(高校2年 私の会社の健康保険に加入)
6)次男:10歳(小学4年 私の会社の健康保険に加入)
以上6人家族です。
〇〇県〇〇市に在住です。
質問です。
1)一時所得の税金総額はどれぐらい納めないといけないでしょうか。
3)一時所得の市以外に税金を納める場所はありますか?
2)噂では一時所得の納税総額約は140万円と聞きましたが
  それぐらいになるのでしょうか?
  
この場合の「ふるさと納税」ができる金額はどれぐらいでしょうか?

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言うと、
ふるさと納税の限度額は約13.9万
です。

ふるさと納税をしなければ、
★所得税 約48万
を確定申告時、納税し、
★住民税は、約48万
来年6月より納税することになる
でしょう。

やはり、140万というのは、
おかしいです。

ふるさと納税を限度額目安で、
13万した場合、
★所得税 約45万(-3万)
★住民税 約38万(-10万)
に軽減される計算になります。

一時所得の計算方法は、
総収入金額・・・①
-収入を得るために支出した金額・・・②
-特別控除額(最高50万円)・・・③
=一時所得の金額・・・④
となっており、
④の1/2が、他の所得と合算する
合計所得となります。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

②がどの程度あるかで、さらに節税が
できますので、ここはその所得内容、
かかった経費等、きちんと計算した
方がよいですよ。
ここの回答では、
②は0としています。

具体的には、
①9,873,285-②0-③500,000
=④9,373,285
これの1/2が課税対象となるので、
★4,686,642・・・⑤
となります。

これに
給与収入326万から
給与所得控除116万を引いた
給与所得210万・・・⑥を合算して、
⑤+⑥=679万
★合計所得は679万・・・⑦

少なくとも、
所得控除が約230万・・・⑧
住民税では約197万・・・⑨
あるので、

課税所得は
所得税で⑦-⑧=449万
住民税で⑦-⑨=482万
となります。

所得税は、
449万×20%-427,500=47万
復興税を加算して、
★48万

住民税は、税率10%で
482万×10%=48万
調整控除と均等割は相殺され
★48万

となるわけです。

ポイントは一時所得の
★収入を得るために支出した金額・・・②
が、どのぐらいあったかが、
ポイントになりますので、
よくご確認下さい。

明細を添付します。
いかがでしょう?

結論から言うと、
ふるさと納税の限度額は約13.9万
です。

ふるさと納税をしなければ、
★所得税 約48万
を確定申告時、納税し、
★住民税は、約48万
来年6月より納税することになる
でしょう。

やはり、140万というのは、
おかしいです。

ふるさと納税を限度額目安で、
13万した場合、
★所得税 約45万(-3万)
★住民税 約38万(-10万)
に軽減される計算になります。

一時所得の計算方法は、
総収入金額・・・①
-収入を得るために支出した金額・・・②
-特別控除額(最高50万円)・・・③
=一時所得の金額・・・④
となっており、...続きを読む

Q親の世話費用の事後請求は可能か。

お世話になります。
皆さんのお知恵を拝借出来ますでしょうか。

まだ高齢の母親が少ない貯金と少ない年金で細々と暮らしています。子供はわたしを含めて3名です。わたしと妹は毎月少しですが、仕送りをして援助しています。しかし、長男である弟はまったく金銭的援助をしません。
このような状況で母が他界した場合財産がもし残っていれば、これまでわたしと妹が援助してきた金額を弟に請求できると思いますが、その場合に財産が残らないで母が他界した場合は弟に相当額を請求することは民法上できるのでしょうか。扶養義務は兄弟3名に平等にあるので、事後請求はできると思ったのですが、どうなのでしょうか。お知恵をいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな記事を見つけました。
「親の介護をしない兄弟に介護費用を請求したい」
https://kaigo.homes.co.jp/qa_article/119/

私は4人兄弟の長女で、私以外に長男、二女、三女がいます。
母の死後、単身で生まれ故郷に帰った父に介護が必要になった際、キーパーソンになったのは兄と私でした。
妹二人は専業主婦でしたので自分の采配で自由に使えるお金を持っておらず、施設や病院から呼び出しがあっても直ぐに対応することが出来なかったからです。
その代わりと言ってはなんですが、兄も私も妹達の口出しには一切耳を貸しませんでした。
しかし二女は私達のやり方が気に食わず、父の姉妹に不満を漏らしていました。
やったらやったで文句を言われ、やらなければやらないと文句を言われる。
親の介護とは究極の自己満足だと、つくづく思い知った次第です。
私からの提案です。
あなたも妹さんも金銭的に余裕がない状態での援助であれば、いっそのことお金の援助は止めて、お母さんに生活保護を申請して頂くのは如何ですか?
自分のことで子供達が揉めると分かればお母さんもお辛いでしょう。
生活保護を申請すれば、役所から弟さんにも書面で通知が届きます。
現状を突き付けられれば、流石に黙っていられないでしょうから、弟さんからあなた方に相談を持ち掛けてくるはずです。
弟さんを同じ土俵に上げるためには一芝居も必要じゃないですか。

こんな記事を見つけました。
「親の介護をしない兄弟に介護費用を請求したい」
https://kaigo.homes.co.jp/qa_article/119/

私は4人兄弟の長女で、私以外に長男、二女、三女がいます。
母の死後、単身で生まれ故郷に帰った父に介護が必要になった際、キーパーソンになったのは兄と私でした。
妹二人は専業主婦でしたので自分の采配で自由に使えるお金を持っておらず、施設や病院から呼び出しがあっても直ぐに対応することが出来なかったからです。
その代わりと言ってはなんですが、兄も私も妹達の口出しには一切...続きを読む

Q遺産相続

初めて質問いたします。
50代男性です。
昨年母が死亡し、今相続の話をしています。相続人は、父(80代)、姉(60代)と、私の3名です。
私は隣の県に就職して結婚し、今もそこに住んでいます。姉は結婚後父母の近く(車で20分程度)に住んでいます。
三年前から母は痴呆が進み、二年前から施設に入って昨年死去しました。施設入りの前後から父母の面倒は姉が看ていて、お金の管理も姉に任せていました。私は月に1~2度家を訪れていました。母の入所後も同じペースで訪問していました。
昨年母が死亡してから、父の体調も悪くなり、入院を経て現在施設に入っています。
母の死後から、母の遺産をすべて父の銀行口座に入れることで全員承諾していました。
先日、姉から遺産相続をしようと話があり、書類を受け取りました。銀行の遺産分割同意書で、白紙の状態でした。それに実印を押印し、印鑑証明を付けて送れ、とのことでした。
「遺産相続だから、しっかりやろう、詳細を明らかにしてほしい、せめて総額を知らせろ」と姉に電話をしたところ、「金額を聞くなど情けない、自分の取り分を計算するなんておかしい」と罵倒され、「金額にはこだわっていない、父が全部使えばよい」と返事をしましたが、金額を問い合わせただけで激高する姉の態度が解せません。
とりあえず、父の口座へ入れることで遺産相続は済ませようと思いますが、この先が思いやられます。
質問は、1.遺産総額を知ることは相続人の一人として、当然の権利だと思いますが間違っていますか
    2.当然、父の死亡時に遺産相続が発生しますが、どうおこなえばいいでしょうか。不動産が      ありますので、行政書士は入れるつもりです。

初めて質問いたします。
50代男性です。
昨年母が死亡し、今相続の話をしています。相続人は、父(80代)、姉(60代)と、私の3名です。
私は隣の県に就職して結婚し、今もそこに住んでいます。姉は結婚後父母の近く(車で20分程度)に住んでいます。
三年前から母は痴呆が進み、二年前から施設に入って昨年死去しました。施設入りの前後から父母の面倒は姉が看ていて、お金の管理も姉に任せていました。私は月に1~2度家を訪れていました。母の入所後も同じペースで訪問していました。
昨年母が死亡してから...続きを読む

Aベストアンサー

相続人であれば、遺産総額を知ることに何の不思議もありません。相続人の当然の権利です。

姉が「全貌が掴めない」などというのであれば、司法書士や弁護士に依頼すれば済む話です。
姉は敢えて隠そうとしています。
「白紙に署名せよ」ですから、「姉の意のまま」ということですね。

たぶん、姉は「両親の面倒を見てきたのは自分だ、あなたは何一つやっていない、それなのに法定相続分の相続はおかしい」と考えているのでしょう。

姉が尽くしてきた分に関しては、協議すれば済む話です。
姉が「遺産は全部自分の物」と考えているのであれば、弁護士が必要になりますが。

とにかく、遺産全部を明らかにして、姉の言い分を聞くことからですね。

Q確定申告についてなんですが、弟が計2ヶ所で働いているのですが、両方とも年末調整はしてもらっていないら

確定申告についてなんですが、弟が計2ヶ所で働いているのですが、両方とも年末調整はしてもらっていないらしく、年間合わせてちょうど100万だったみたいです。でも確定申告はしないと言っています、大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

>弟が計2ヶ所で働いている
アルバイトとか、給与収入をもらって
いるということですかね?
それならば、
★確定申告の必要はありません。
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃本業、副業とも給与収入で┃
┃全部で150万以下なら、┃
┃確定申告は不要です。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

但し、源泉徴収された所得税は多めに
徴収されているので、それは、
確定申告しない限り、返ってきません。

また、給与収入だけなら、
住民税の申告も特に必要ありません。
各勤め先から、給与支払報告書
(内容は源泉徴収票)が、役所に提出
されているため、それで住民税の
計算はされてしまいます。

所得税の還付して欲しいなら、
税務署へ行って確定申告して下さい。
3/15までにする必要もないです。


確定申告は難しくありません。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl
上記URLから入って、
自宅等で、画面から、

両方の源泉徴収票から
両方の支払金額、源泉徴収税額、
学生であれば、勤労学生控除、
国民年金も納付しているならば、
社会保険料控除として、
申告しておくとよいでしょう。
加えて、
氏名、住所、マイナンバー等の入力
して、申告表を作成し、印刷、押印
します。

それに、
⑪両方の源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証、学生証等)
 のコピー
⑭あれば、保険料控除証明書
を添付して、税務署に、
★郵送、あるいは持参してチェック
してもらい、提出するのが楽です。

自分ではできないと思うなら、
お住まいの管轄の税務署へ行って
相談しながら申告書を作成して下さい。

持って行くものは、
上述⑪~⑭に加え、
⑮印鑑、通帳などです。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm#map

所得税の還付金があれば、後日指定の
銀行口座に振り込まれます。

以上、いかがでしょうか?

>弟が計2ヶ所で働いている
アルバイトとか、給与収入をもらって
いるということですかね?
それならば、
★確定申告の必要はありません。
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃本業、副業とも給与収入で┃
┃全部で150万以下なら、┃
┃確定申告は不要です。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

但し、源泉徴収された所得税は多めに
徴収されているので、それは、
確定申告しない限り、返ってきません。

また、給与収入だけなら、
住民税の申告も特に必要ありません。
各勤め先か...続きを読む

Q相続問題

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以上です。

誰れも生前贈与は受けていないが異議無しです。

葬儀は終わっていて、後日また行事が有り皆集まりました。
その時、実家に居る一人が他の二人の子供集め、
実は父には預金が有る、薄暗いところで通帳のコピーを広げ
いきなり数百万の現金を渡した。
いったい幾ら有るんだと聞いたら、その数倍です。
無理やり押し付けてその場はおさまりました。

釈然としない日が続き、金融機関で調べたら、
相続分不存在証明書は、不動産の名義変更ばかりではなく
通帳の名義変更にも使える書類と分かりました。
名義変更して自分の口座に入れ替えたと思います。

ここから質問です。
不動産の名義変更すると送ってきた書類には
不動産に関するもので、父の預金は一切知らされていません。
故意的に隠していたものと思います。

この場合、隠していた者の罪はどのようなものに
当たるんでしょうか?

尚、家裁で争い実家を崩壊させることは考えていません。
よろしくお願いします。

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以...続きを読む

Aベストアンサー

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出するのです。
作成者が隠蔽することもあるので、弁護士に相談した方がいいと思います。

何にしても、ちょっと軽率でしたね。財産目録を作ってもらい、話し合い、その結果を遺産分割協議書に記すのです。
金融機関に残高証明だけ出してもらって、それを元に話し合ってはいけません。
必ず取引履歴または、通帳の原本を確認してください。
死亡の3年前までの贈与は、相続財産に組み入れて計算します。なので、残高証明だけではダメなんです。
通帳が無いと言われても、相続人なら銀行から取引履歴を取り寄せ可能です。
大手は取引履歴が10年。地方都市銀行だと相当長く取引履歴が取り寄せ可能です。
私は23年分出してもらいました。
全ての事実をオープンにして、初めて納得出来る相続が出来ます。そこで、土地は要らないから、現金だけ分けようとか、ゴルフ会員券は欲しいよ、とか譲りあったらいいのです。
調停だと最後にキチンと精算方法まで決めて見届けてもらえるので、孫達にも裁判所で決めたよとキッチリ説明でき、禍根を残すことが有りません。
家裁はドロドロと言う、先入観は映画やドラマの影響でしょうか?
調停は専門家を入れて話し合う場、です。
活用されてはどうですか?

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出する...続きを読む

Q確定申告 最終的な納付額 閲覧ありがとうございます。 計算が苦手なので、納付額があっているか確認して

確定申告 最終的な納付額

閲覧ありがとうございます。
計算が苦手なので、納付額があっているか確認して頂きたいです。
宜しく御願いします。

収入 ¥1,238,503
経費 ¥ 211,606
控除 ¥ 16,490 (社会保険料控除)

白色申告です。

①所得額の算出
¥1,238,503-¥211,606=¥1,026,897

②課税所得額の算出
¥1,026,897-¥16,490-¥380,000=¥630,407=¥630,000

③所得税額の算出
¥630,000×0.05%=¥31,500

④復興特別所得税の算出
¥31,500×0.021%=¥661.5=¥661

⑤最終的に収める額
31,500+661=¥32,161

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

はい。合っています。

>③所得税額の算出
>¥630,000×0.05%=¥31,500
>④復興特別所得税の算出
>¥31,500×0.021%=¥661.5=¥661

この式で『%』はつけません。
答えはあっています。

Q親の銀行通帳から生前に自分の通帳に移したら贈与税に引っかかりますか?死後にすぐ移したら問題は無い?

親の銀行通帳から生前に自分の通帳に移したら贈与税に引っかかりますか?死後にすぐ移したら問題は無い?

Aベストアンサー

補足コメントで、生前贈与を正式に
するのであれば、『相続時精算課税』
を利用すればよいです。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4409.htm

>一日100万ずつおろして
とか、無意味なことはせず、
相続人で生前贈与をしてしまい、
贈与税の申告で『相続時精算課税』を
選択して申告すればよいのです。

文字通り相続時に精算する生前贈与
でしたと、相続税の申告をして、
相続税も0と申告すればよいです。

他に不動産や動産の財産もなく、
1500万の金融資産のみという前提
ですが。

いかがでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング