人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

民法の質問です

用益物権の中でも、永小作権は地代が要素になっていますが、地上権や地役権は当然には内容となりません。

また、永小作権は期限なしの永久のものにはなり得ませんが、地上権と地役権は永久に認めることができます。

なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?
よろしくお願い致します

質問者からの補足コメント

  • 永小作権の場合、目的が耕作牧畜であんまり重要じゃないからですかね、、?

      補足日時:2019/04/17 12:01

A 回答 (3件)

永小作権に関しては



地主が小作人から小作料をとって土地を貸していた慣習が
そのまま法律によって定められために、
小作料が要素となったのではないでしょうか。
要は慣習からきてるのだと思います。

また、地主の圧制から小作人を守るためにできた制度でもあるため、
存続期間も設けられているそうですが、
現在ではほぼこの権利は使われてないようです。

一方で
地上権は土地を直接に支配にできる強力な性質をもち、
地主には登記義務も発生し、
地上権者は地主の承諾なく譲渡や転貸もできることから、
ほぼ所有権と変わりありません。
普通は自分の物を使うために
お金は発生しないですよね❀
地上権は厳密には100%自分のものではないですが、
所有権的性質が強いことから、
地代は要素ではないのだと
思います❀

地役権に関しては、
自分の土地を利用するために他人の土地を通行しなければならない場合や、
自分の土地に水を引くために他人の土地を利用しなければならない場合など、
自分の土地の使用価値を高めるために設定されたりします。

言い換えれば、
他人の土地を利用しなければ自分の土地を有効に利用できないのです。

必ず地代を払わないといけないとしてしまったら、
せっかくの自分の所有地なのに
地代を払えない時は
自分の土地を有効に使えなくなります。

以上の理由から
地役権も地代を要素とは
していないのだと思います❀

また地代を払わなくても設定できてしまう為、
他人の土地を利用する範囲は必要最小限として、
両者の公平をはかっていると思われます。

また、
地上権も地役権も所有権的性質が強いため、
存続期間も定められてないのだと思います❀

ちなみに、
地上権も地役権も当事者間の契約により、
地代や存続期間を発生させることは可能です❀

*・゜゚・*:.。..。.・*:.。. .。.:*
    • good
    • 1

地代



永小作権は、かつては米などの物納だったのです。
それが戦後金銭に代りました。
つまり、沿革として、当然に地代を含むモノとして
構成されたのです。

地上権は、親子親戚などとの間に設定する
場合もあったからだと思われます。

地役権はそもそも対価になじみません。
有償でも構いませんが、対価を伴うものとして
構成されないのは、その性質上当然だと
思われます。



期限

永小作権に期限があるのは、所有権絶対の思想から
来るもので、これがある意味原則な訳です。

地上権の場合は、近年において、土地の所有権は
利用権に化けつつあるいことを考慮したためです。

地役権については、所有権を制限することが
少ないからだ、と説明されています。
    • good
    • 0

「小作」の意味を理解していればでない疑問ですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q満蒙は日本の生命線ってどういう意味ですか?少し簡潔にお願いします。

満蒙は日本の生命線ってどういう意味ですか?少し簡潔にお願いします。

Aベストアンサー

日本の歴史上、近代以前に異民族と戦争したのは3回しかありません。白村江の戦い・蒙古来襲(元寇)・秀吉の朝鮮出兵です。これらはすべて対馬から朝鮮半島を経由して、中国大陸のクニと戦っています。白村江は唐・新羅の連合軍と戦い、元寇は中国を支配した元が朝鮮半島から攻めてきて、秀吉は逆に「明を攻める為に」朝鮮まで行ったのです。

だから「朝鮮半島に日本と敵対する勢力が来ると、日本はすごく危ない状態になる」わけです。

松岡洋右がこの言葉をいった時代は、すでに朝鮮半島は日本に併合され、日本本土を守る防波堤になっていたのですが、となると今度は「朝鮮を守るための防波堤はどこなのか」ということになります。

朝鮮を守るためには、満州や蒙古を日本の支配下に置かないと安心できない、と言う状態だったのです。
そのうえ、イギリスやフランスなどが中国を事実上支配していて、ロシアもシベリアから南下をしてきていたのが当時の状況であり、満蒙を日本が押さえておかないと、イギリス・フランス・ロシアなどがそこを占領して、いずれ朝鮮半島もねらってくるだろう、という認識が「満蒙は日本の生命線」という言葉になったのです。

日本の歴史上、近代以前に異民族と戦争したのは3回しかありません。白村江の戦い・蒙古来襲(元寇)・秀吉の朝鮮出兵です。これらはすべて対馬から朝鮮半島を経由して、中国大陸のクニと戦っています。白村江は唐・新羅の連合軍と戦い、元寇は中国を支配した元が朝鮮半島から攻めてきて、秀吉は逆に「明を攻める為に」朝鮮まで行ったのです。

だから「朝鮮半島に日本と敵対する勢力が来ると、日本はすごく危ない状態になる」わけです。

松岡洋右がこの言葉をいった時代は、すでに朝鮮半島は日本に併合され、日本...続きを読む

Q「実質賃金がマイナスになった」=「給料が下がった」という意味ではないそうです。 賃金と実質賃金の違い

「実質賃金がマイナスになった」=「給料が下がった」という意味ではないそうです。

賃金と実質賃金の違いを説明してください。

Aベストアンサー

賃金は額面給与。
それが社会でどれくらいの価値を持つのかが実質賃金。

たとえば、物価が10%上がってるのに賃金が5%しか上がらなかったら、実質賃金は-5%、というような考え方をします。

(計算は厳密には正解ではありませんが、概算とお考えください)

Q清の康熙帝・雍正帝・乾隆帝が日本侵略を考えなかったのはなぜですか?

清の最盛期は長く、康熙・雍正・乾隆帝の全盛期は130年以上に及び、モンゴル帝国に次ぐ広大な領土を支配しました。
日本ではちょうど江戸時代にあたりますが、その当時の日本が清を恐れていたような記録はなく、清も日本を侵攻しようとは考えなかったようです。

意図していたわけではないと思いますが、相互不可侵の紳士協定が結ばれていたような感じです。
あれだけ領土拡大意欲の強かった清が、日本に対しては一切手を出さず、朝貢を求めるような素振りもなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

小規模な貿易は行われていたようですが、秀吉や倭寇影響か、あまり良い国交関係とは言い難かったようですね。

前王朝の時、倭寇対策が大変だった。
江戸時代になって、おとなしくなったので、あえてちょっかいを出す必要はなかったのでは?

さらに言うと、そのためもあって、清王朝でも海上交通に制限をかけていた。
そして朝貢貿易以外、むしろ鎖国に近い政策だったことも要因の一つではないでしょうか。

Q日本は国公立大学の無償化とかする気はないのでしょうか?公立高校止まりですか? 無償化なら、喜んで国公

日本は国公立大学の無償化とかする気はないのでしょうか?公立高校止まりですか?

無償化なら、喜んで国公立行くのですが。。。

Aベストアンサー

高校の無償化は貧困対策です。
特殊なスキルが不要な中卒の就職先が殆どないので、貧困の連鎖を止めるために高校を無償化しています。
貧困対策なら税金を投入しても納税者の反感は僅かです。

一方平成30年度の高卒の求人倍率は厚生労働省によると2.37です。
全体的には高卒者はある程度仕事を選べる状況であり、貧困対策のために大学を無償化する理由がありません。
他の理由では納税者の賛同を得るのは困難でしょう。

Q資本準備金の意味合い

資本準備金の意味合いがよくわかりません。
教科書的には払込資本のうち資本金にならないもの、とのことですが、
資本準備金の意義とは何なのでしょうか?

全部資本金にすると何がまずいのでしょうか?

資本金が1億円未満だと法人税が減額になるとかありますが、大企業の場合
資本金が100億とかあるわけで、税金の恩典は関係なくなるので、それをわざわざ資本運備金と区分する意味がよくわかりません。

Aベストアンサー

資本準備金の意義とは何なのでしょうか?
全部資本金にすると何がまずいのでしょうか?
 ↑
資本という概念は、それだけの出費がかつて
なされた、という意味しかありませんが
法的には、資本を超えた場合でなければ
配当出来ない、という意味が重要です。

資本準備金制度が設けられたのは、余裕を
持たせるためです。

資本を超えた分を総て配当出来るとした
のでは、その後不調になって、赤字になったり
した場合、困るからです。

つまり、株主有限責任の結果、
株式会社の担保となるモノは
会社財産しかありません。
株主は、出資以上の責任は負いません。

だから債権者保護のために、会社財産の
充実が強く要請されるのが株式会社です。

そのため、資本準備金なる制度が導入された
のです。

Qアメリカ軍による日本の都市に対する空襲やベトナムの北爆などの無差別爆撃って国際法違反で戦争犯罪ではな

アメリカ軍による日本の都市に対する空襲やベトナムの北爆などの無差別爆撃って国際法違反で戦争犯罪ではないのですか?

Aベストアンサー

戦争犯罪ですよ。

非戦闘員を殺害したんですから。

しかし、国際間には正義も悪もありません。

勝った方が正義になるのです。

イラク戦争もしかりです。

大量破壊兵器がある、という名目で侵略し
数十万のイラク人を殺害しましたが、
大量破壊兵器はありませんでした。

それで慌てて民主化だ、独裁打倒に切り替え
ました。

こんなアホな理由でも、米国は処断されませんでした。
勝ったからです。
負けたイラクは、無実の罪で大統領が処刑されました。

国際関係は弱肉強食なのです。

問題は、日本人の中に、そうした勝者の戦争犯罪を
正当化しようとする人が少なくないことです。

Q日本が積み立て式の年金制度にはもう戻せないのでしょうか?

少子高齢化や生産性のない人間の大増加など
国や納税者の負担は年々増加。

シンガポールみたいに出生率は低くても高齢者が少なく、
国全体に占める生産性人口は7割以上(日本はちょうど5割ほど)、フルタイム共働き率は97%(スウェーデンが98%、日本はわずか68%)
だから安い税金で年金制度もあちらは安泰。

これでは日本の今の保険制度と同じで払わされれば払わされるほどそんなシステムになってきそうですね。

専門家がいうには今の50代までは70代後半以降までいきていれば年金はプラスになる。よって男性でも平均寿命までいきていれば納付した分以上のお金がもらえる(しかし日本の場合は掛け捨てですから、もらう前までに死亡すればほとんど損失)
しかし40代や30代ですとだいたい男の場合は納付した額と貰う額が平均寿命までいきて同じぐらいで、20代や10代は損だそうです。

まぁ人生100年時代とかいってるので、本当にそんなにいきてるようになったら
特するでしょうが、人生100年時代になったら今でも世界6番目に多い3800万の高齢者がいるのに100歳までいきてたら、高齢者が5000万~6000万になるわけですけどね。
もっともそこまでのびたら高齢者の定義が75歳ぐらいからになると思うけど。
そうなると年金開始もそれ以降になるでしょうけど。

少子高齢化や生産性のない人間の大増加など
国や納税者の負担は年々増加。

シンガポールみたいに出生率は低くても高齢者が少なく、
国全体に占める生産性人口は7割以上(日本はちょうど5割ほど)、フルタイム共働き率は97%(スウェーデンが98%、日本はわずか68%)
だから安い税金で年金制度もあちらは安泰。

これでは日本の今の保険制度と同じで払わされれば払わされるほどそんなシステムになってきそうですね。

専門家がいうには今の50代までは70代後半以降までいきていれば年金はプ...続きを読む

Aベストアンサー

スウェーデンの有名な児童作家が、働けば働くほど税金で持って行かれる国、という小説を書きました、当時スウェーデンでは収入の97%が税金で持って行かれたのです。もちろん病院はただ。だが美味しいものは一切食べられない。

Q豊臣秀吉が人身売買を許せないとしたことについて

織田信長はキリスト教の布教を認め日本各地にキリスト教が広まりました。その後を継いだ豊臣秀吉は、キリスト教布教に対し見せしめのためにバテレンを始め幼いキリスト教信者まで死罪にするなど強い弾圧を行いました。その理由のひとつに、秀吉は婦女の人身売買に宣教師が関わっていたことを知りキリスト教に怒りを持ったという説を何かで知りました。
この説は真実なのでしょうか。

Aベストアンサー

真実です。ほとんどの人が知りませんが、戦国時代には日本人の考える「人身売買」と西洋の「人身売買」は全く異なるものだったからです。

西洋の人身売買、奴隷制度、というものは「人間の形をした家畜」「元々死んでいてもいいものを拾って使う」というところから来ています。
 それは古代の民族戦争で勝った方が「勝者の権利」で、負けた民族を皆殺しにしていたところを、奴隷商人などがお金で買い取って「人間の姿をした家畜」として方々に売ったところから始まっているからです。古代では「民族が違い、宗教がちがうなら人間ではない」のが普通だったからです。

日本も大和朝廷が成立する以前の「生口」などは同じ考えでした。豪族ごとに「自分のたちのコミュニティ」があり、それ以外の人は「同じ人間ではない」状態だったからです。これを変えたのが大和朝廷の成立でこれにより「朝廷に参加する豪族とその身内はすべて同じ人間」になったのです。

そのため奈良から平安期にかけて、人間を家畜として扱う奴隷制度は消えて行きました。鎌倉時代や室町時代など大きな騒乱があると奴隷制が復活するのですが、幕府は何度もそれを違法として取り締まっていきます。残ったのは「年季奉公」という概念だけ、つまり「人生の20年ぐらいを買い、その分の働きをしたら解放される」というものだけだったのです。(実際には女郎屋などは、化粧代や部屋代などを取って、なかなか年季が明けないようにしていました)

ですから、当時の日本人としては「家畜のように人が売買されて、一生奴隷として暮らす」と言うこと自体に拒否感があり、非常に野蛮なことだと考えられていたのです。当然、秀吉にもそういう感覚はあったでしょう。

宣教師は日本に来て非常に喜んだのは「日本では他の国の相場の1/3で奴隷が買える」ということです。当たり前でしょう。日本は20年(人生の1/3ぐらい)分の報酬で人身売買されていて、奴隷は一生なのですから値段が同じなわけないのです。

そのため宣教師は多数の日本人を口入屋から買い入れて外国に連れて行っていました。ところが何年経っても年季が明けず「お前は一生奴隷として買い入れた」と知った日本人が「騙された」と思って逃げてきたのを秀吉が知ったので激怒したのです。
 
 ちょうどその頃秀吉は関白職になり、関白は「天皇に変わって日本の運営に責任を持つ」役割だったため「大和民族が融和して奴隷制を廃止したのになんて野蛮なことをするのか!」と怒ったわけです。

結局それが原因になって、宣教師と軍事力の関係性などがだんだん明るみになり、南蛮の侵略方法が明らかになったので、のちの鎖国につながっていく、ということになるわけです。

真実です。ほとんどの人が知りませんが、戦国時代には日本人の考える「人身売買」と西洋の「人身売買」は全く異なるものだったからです。

西洋の人身売買、奴隷制度、というものは「人間の形をした家畜」「元々死んでいてもいいものを拾って使う」というところから来ています。
 それは古代の民族戦争で勝った方が「勝者の権利」で、負けた民族を皆殺しにしていたところを、奴隷商人などがお金で買い取って「人間の姿をした家畜」として方々に売ったところから始まっているからです。古代では「民族が違い、宗教...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング