【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

経理、勘定科目の処理の仕方について質問いたします。

技能実習生管理団体の者です。

企業に送り出している技能実習生に保険金が下り、その保険金が当組合に振り込まれました。(この時点で「雑収入」として勘定科目を処理しています)。
実習生本人に保険金を渡し、受領書を発行しましたが、この場合勘定科目はどのような処理をしたよいのでしょうか?
普通の企業でしたら、「福利厚生費」で処理をすると思うのですが、実習生に関しては、当組合に所属、労働しているわけではないのでどのようにしたらいいのかわからず困っています。
お力添えをお願い致します。

A 回答 (1件)

保険契約の内容が不明ですので、なんとも。



保険金の受け取り者が実習生で、法人が受け取ってそのまま実習生に渡すのでしたら、雑収入ではなく「預かり金」です。

「法人が支払いを受けた場合の保険金の扱い」は、保険金を支払う保険会社のほとんどが、多くの質問を受けてるので、多くの場合は、その保険会社が国税当局の指導を受けた「受け取った法人の会計上の仕訳」を知ってるはずですから、尋ねると良いです。

保険契約の内容によっては「雑収入で計上」という場合もありますが、契約上「法人口座に振込する」だけのケースがほとんどなので、その場合には上記のように預り金として処理し、受け取るべき者に支払いをしたさいには

預り金  99999   / 現金預金 99999
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
引継ぎも経理経験が全くなくどこに何を聞いていいかもわからず困っていたのでとても助かりました。
保険会社のほうにも聞いてみます。

お礼日時:2019/04/18 10:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美容院では領収書(レシート)を出さないのは何故ですか? どんな商売でも客に領収書(レシート)を出すの

美容院では領収書(レシート)を出さないのは何故ですか?
どんな商売でも客に領収書(レシート)を出すのに、美容院だけが出さない所が殆どなのが不思議でしかたありません。そんなことが許されているのですよね?理由を教えてください。

Aベストアンサー

出てるところが普通だと思います。

出ていないところは、可能性としては
売り上げを計上しないようにしているという可能性です。

領収証くださいって言ってみては?

Q給料を振り込むときに手数料を引いて・・

その答えがこれ。
この仕訳おかしくありませんか。回答者も自分の間違いに気づいているかもしれないが。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10981049.html

Aベストアンサー

給与30万円から振込手数料500円を差し引いて振り込んだ場合の仕訳の一例を考えてみます。

①振込手数料500円を差し引いて給料を振り込んだ
  給料手当 300,000 普通預金 299,500
            受取手数料  500

②振込手数料500円が普通預金から引き落とされた
  支払手数料 500    普通預金 500

上記①②の仕訳を(貸借相殺して)まとめると

 給料手当 300,000 普通預金 300,000

となりますので、基本的にその方の回答で正解です。

なお「通帳記入すると 300,000が記入されるのではなく、299,352と648が記入されます」については、手数料の引き落とされるタイミングや銀行に提出する伝票の書き方により異なりますが、この問題の主旨ではありませんのであまり立入りません。

Q会社から出張費用の仮払いをしたんですが、これって税金の対象になるのでしょうか?

会社から出張費用の仮払いをしたんですが、これって税金の対象になるのでしょうか?

Aベストアンサー

仮払いは、ただお金を借りている状態です。
あなたに報酬として振り込まれれば、あなたの所得税等の対象にはなりますし、
領収書をもって、会社で清算をすれば、会社の経費として扱われますが、
現時点では、ちょっと借りた状態なだけですので、税金対象にはなりません。

Q「従業員の増加」に伴い増加する費用って財務諸表項目において何が挙げられますか。

「従業員の増加」に伴い増加する費用って財務諸表項目において何が挙げられますか。

Aベストアンサー

1 給与金額
2 福利厚生費
3 燃料費

4 預り金勘定

Q個人所有の車の下取り 仕訳の方法

ご教授下さい

個人事業主、消費税非課税です
2年前に事業立ち上げてます

事業開始前に購入していた、9年目の車を今回下取りに出しました
下取り金額は3万円です
(この車は事業用にも使っていましたが、当時の購入金額が正確に分からなかった事、事業開始時点で6年以上経過していたため、減価償却資産にはしませんでした)

下取り金及び個人のお金で、新たに事業にも使う(案分5/7)予定の車を買いました

この場合、下取りをしてもらった車の下取り金は、雑収入で処理すれば良いでしょうか?
それとも固定資産売却益とすべきでしょうか
残高が無いので、新車の車両運搬具と相殺はできない様に思います

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

下取りに出した車は減価償却資産ではなかったのですよね。
でしたら、仕訳は不要です。
雑収入にする必要もなく、雑所得でもありません。

「3万円ー減価償却後の車の価格ー売却手数料」が譲渡所得となります。


3万円-ゼローゼロ=3万円が譲渡所得となりますが、生活用動産の売却なので非課税。
「それはガソリン代や修理費などを経費にしていたのなら、事業用資産」という見解がありますが、私は生活用動産だと思います。
 自分の車で、事業用として減価償却資産にしてないものを、事業のために使う事はあるわけです。
そのさい、ガソリン代くらいは経費にしましょう。
ガソリン代を事業経費にしてるのなら、その車は事業用資産だという理屈はおかしい。
事業主の知人の車を借りて、その際ガソリンを満タンにして返す場合に「事業用資産でない車へのガソリン代負担は経費にならない」という話になります。
おかしいんです。

譲渡所得だ、いや譲渡所得であるが非課税なのだという論の前に「3万円の値引きをしてもらっただけ」と捉えて、あまり考えなくてもよろしいと思うのですが。

Q漫画アシスタントの確定申告(経費)について

どなたか教えてください。

私は漫画家のアシスタントをしているのですが、
地方住みのため 毎回数十キロ離れた空港まで原稿を出しに行っています
(当日東京に到着させるためには航空便しか方法がないため)。

その際私の車を使用しているのですが、
それ以外でもほとんど仕事でしか使用していない状況です。

高速代やガソリン代などは先生に出してもらっているのですが、
車検代などは経費に入れても良いのでしょうか?

また、車が21年落ちでかなり古く修理代がかなりかさんできているため
車の買い替えも検討しているのですが、
その費用も幾分か経費として計上することはできるのでしょうか?

無知ですみませんがどなたか教えてくださると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

漫画アシスタントを個人事業とし、
車の維持利用に関するお金を、個人利用と事業経費に按分して、
事業経費相当分を経費として計上できます。
購入経費も同様にできますが、
この場合は一括計上ではなくて、減価償却として何年かに分割計上が良いでしょう。

Q新しく株主・取締役になった人から過去の財務諸表の閲覧要求をされたが、応じる義務は?

株主総会で新たに株主になり(保有株割合10%以上)、取締役になった人から、過去の財務諸表の閲覧要求をされました。応じなくてはならないでしょうか?
彼は今まで当社の社員でしたが、いままでは株主ではなくまた役員でもありませんでした。

Aベストアンサー

3%の株を保有すればほとんどすべての経理関係書類の閲覧を請求できます。応じなくてはいけません。

>彼は今まで当社の社員でしたが、いままでは株主ではなくまた役員でもありませんでした。
なんの関係もありません。

Q水道光熱費の決算日までの見越額が7,000ある。 答え 水道光熱費7,000/未払水道光熱費7,00

水道光熱費の決算日までの見越額が7,000ある。

答え 水道光熱費7,000/未払水道光熱費7,000
なんですが、これ未収水道光熱費のときは絶対ないんですか??貰う側みたいな感じで、

Aベストアンサー

「水道光熱費の決算日までの見越額が7,000あるって問題 未払いなのか未収なのかわからなく無いですか?」
そのとおりです。
問題文に、その企業が水道供給会社なのか電力会社なのか、その他の一般法人なのか個人事業者なのか記述してない限り質問者のように「貰う立場での問題なのか、支払う立場の問題なのか、わからないではないか」と思いますね。

Q会計処理について

ネットである商品を友人のクレジットで購入し、商品代金は現金でその友人に後日渡しました。
領収書を発行する上で、購入者は友人の名前、その商品の発送先の名前には私の名前が印字されています。

私が購入していれば何も問題ない話だったのですが、購入者名に友人の名前が入っていることで、贈与のような形になってしまうのかな、とも思ったり・・・

そうなるかはさておき、会社のお金で支払っていないことは確かなので、「事業主借」で普通に処理しても大丈夫でしょうか?

お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

友人に買って貰ったものを譲って貰ったのです。その際友人が購入した代金を現金で支払った。
友人に領収書を発行してもらいましょう。
購入したものが
1 10万円以下
 消耗品  99,999円   事業主借 99,999円
2 10万円を超えている
 ここではパソコンだっとします。
 備品(パソコン) 150,000円 事業主借  150、000円

 別途減価償却資産に計上して、減価償却をします。


領収書
一般の方が切った領収書は有効なのでしょうか?と心配されてますが、もちろん「有効な領収書」です。
サラリーマンが発行した領収書でも有効です。お金を貰ったという証なのですから、誰が発行したものでも良いのです。
問題となるのは印紙税かな。5万円以上の領収書には印紙貼付が必要ですが、取引両者のどちらかでも営利業者ですと印紙が必要です。

Q家賃は1ヶ月あたり20,000で毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしている。 会計期間

家賃は1ヶ月あたり20,000で毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしている。

会計期間は平成×8年1月1日から平成×8月12月31日までの1年である。

答えが前払家賃100,000/支払家賃100,000
計算式が20,000×5ヶ月=100,000


解説に
毎年12月1日と6月1日に向こう6ヶ月分を前払いしているということは残高試算表の340,000円は平成×8年1月1日から平成×9年5月31までの17ヶ月ということになります。
って意味わからないです。ほんと頭悪いのでわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

まず、1/1~12/31の間に実際に家賃を支払うのは6/1と12/1だけですね
6/1に支払うのは6/1~11/30の6か月分 120,000円
12/1に支払うのは12/1~5/31の6か月分 120,000円
12/1に支払った120,000円には翌期の1/1~5/31の100,000円が含まれているため
いったん支払家賃として経費に計上した金額を前払家賃として資産に振替えることになります

それが 前払家賃100,000円 / 支払家賃100,000円 という仕訳になります。

解説のほうがややこしいですが、

×8年1/1には前期(×7年)に支払った前払家賃を支払家賃に振替えているはずです

1/1 支払家賃 100,000円 / 前払家賃 100,000円
6/1 支払家賃 120,000円 / 現金預金 120,000円
12/1 支払家賃 120,000円 / 現金預金 120,000円

ということで来期分の家賃を前払家賃に振替える直前には支払家賃の残高は340,000円になっているわけです

こんな感じで理解できるでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング