これからの季節に親子でハイキング! >>

難しいと言われるかもしれませんが。下記に似た政策をもっと多くの地域で出来ないのでしょうか。

個人所有の京町家に、助成金を支給する『京町家まちづくりファンド』という画期的な取り組み
https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform …

関係があるといって良いのかどうか分かりませんが、調べていたら下記のような記事も見つかりました。

港町「鞆」の伝統を継承 寄付金を募集
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-0028 …
>鞆の歴史的景観や街並みの保存と、伝統文化を未来に継承するための住民の取り組みを、支援するものです。


>対象とする範囲は、こうした保存・修理を国が支援する「重要伝統的建造物群保存地区」ではない地域も含みます。


福山市の例ではクラウドファンディングなので他の地域でもやろうと思えばいくらでも出来るのでしょうか。ただクラウドファンディングだと実際に資金が集まるか分かりませんよね?

A 回答 (2件)

インバウンドのような観光客誘致効果を前面に出して公的資金を得ることはできると思います。



スイスの放牧風景なんて、100%政府補助金によって運営されており、つまりあれは純然たる観光業です。今のスイスフランの為替レートでは乳製品の国際競争力などゼロですからね。棚田とか日本の農業もそういう方向での生き残り方もあると思うんですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2019/04/18 17:16

古いものを残すばかりでは、文明は衰退すると考えるのは、私だけでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。もちろん悪戯に残せばいいとは思いません。
しかし、無くなっても構わないのであればそれこそ、「文明は衰退」しているのと同じ事でしょう。無くなることが前提であるなら文化の発達に意味は無いと思います。
それと現在の”新しいもの”の影響力はあまり期待できない気がします。スカイツリーは名所として親しまれていますけどね。

お礼日時:2019/04/22 12:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は「不要な看板」だらけ?道徳やマナー啓発用看板も無駄なので撤去する。賛成?反対?

西宮市が無駄な看板の撤去を行っています。街の景観の為のようなのでこの取り組み自体は今時特に意外性は何もないのですが。
道徳やマナーを啓発する看板も撤去しています。

日本は「不要な看板」だらけ? 西宮市が挑む「看板革命」、ムダな標語も街から撤去
http://news.livedoor.com/article/detail/16310541/
>ネット上で突如話題になったのは前者の方。役割を果たしていない不要な看板と位置付けているが、これについて、市の公式サイトでは、
>>「『あいさつしましょう』など道徳やマナーを啓発する看板もよく見かけますが、本来、道路や公園、広場などの公共空間は、市の施策や啓発活動を宣伝する場ではありません。これらの啓発は必要ですが、看板を設置することでの効果は期待できません」


>また、市にはこんな事情もあった。

>>「民間の屋外広告物に許可を出しているが、役所がポンポン看板を置いている現状は良くない。公共の襟を正す」

こちらが西宮市の「公共サイン(看板類)の適正化について」のサイトです。
https://www.nishi.or.jp/kotsu/keikan/keikannotorikumi/kokyosign_tekiseika.html
更新日が2018年3月1日となっているので、ライブドアニュースでは1年以上遅れて話題になっていることになりますね。


西宮市の主張はもっともである気もします。でも、ならばどこで啓発するのかという気もします。
市役所でポスターを掲げるか、市報に書くことも出来ますが、どれだけの人が見るかは分かりません。
もっとも、ゴミを持ち帰りましょうという当たり前の事を市が啓発しなければならない事態が異常といえば異常なのかもしれませんが。
ツイッターでは西宮市を支持する意見が聞かれるそうです。
皆さんの意見はどうでしょうか。

西宮市が無駄な看板の撤去を行っています。街の景観の為のようなのでこの取り組み自体は今時特に意外性は何もないのですが。
道徳やマナーを啓発する看板も撤去しています。

日本は「不要な看板」だらけ? 西宮市が挑む「看板革命」、ムダな標語も街から撤去
http://news.livedoor.com/article/detail/16310541/
>ネット上で突如話題になったのは前者の方。役割を果たしていない不要な看板と位置付けているが、これについて、市の公式サイトでは、
>>「『あいさつしましょう』など道徳やマナーを啓発する...続きを読む

Aベストアンサー

私も看板設置反対派です。条例で看板を設置して公示することが定められている場合などはもちろん設置する必要があります。ただ、例えば公園にセアカグモが発見され注意してくださいなど短期的に期間を限って木製看板を設置すなどの場合はどんどん看板を設置すればよいと思います、これを見苦しいとはだれも言わないでしょう。新しい時代に対応するルールなどは市の広報誌、市が補助する冊子、市所有車両にステッカー・駅のテロップ・市のごみ袋・インターネットなどシーンに合わせいろいろ考えられます。鉄製の看板代は高いですから予算の節減にもなります、私は大賛成です。

Q一般地域の建築自由さはどうにかならないのでしょうか。

観光地などは景観条例で住宅等の建築デザインが規制されていますが、そうでない一般地域の建築自由さはどうにかならないのでしょうか。
例えば次の記事です。
https://www.news-postseven.com/archives/20160401_397320.html
【書評】イタリア人が日本の建築表現の自由さを嘆く

屋根は日本の瓦屋根、総二階禁止、バルコニー禁止、外観の色制限だけでも良くなりそうな気がします。日本人は個人主義で無理でしょうか。
この場合対策を働きかけるとしたらどこが良いのでしょうか。全く関係が無いところに要望を出しても迷惑なだけでしょうし。
・都道県知事
・市町村長
・国土交通省 (条例で対応しているような部分は国土交通省に言っても意味が無いでしょうか。)
・環境省
・ハウスメーカー (企業は基本は利益で動いているので条例が無い限り意味が無いでしょうか。)

Aベストアンサー

観光地ではなくても市で建築条例を設けていたり、ある地域内において建築協定を設定している
場所もあります。

都道府県、あるいは市の都市計画課等での教義となります。

新しく大型の分譲地開発や区画整理事業等が行われる時がチャンスかもしれません。
建築部会の地域議員さんと仲良くしておくと情報(もちろん限りはありますが、、、)
を教えてくれる事もありますよ。

ただ現在の日本では、住宅メーカーも多く存在しなかなか難しいかも知れませんけどね。

Q現代の日本で、和デザインの家を増やす方法はあるのか?

ヤフー知恵袋より引用です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159832352
-------------------------------------------------------------
なぜ和の家を建てないのか?
和の家が少なくなってきている昨今ですが
なぜ和の家を建てないのか?

周りを見渡しても西洋風の家ばかりが目立つ。

カナダ、台湾、ドイツ、スウェーデン、イギリスなどの外国人にこう言われて切ないものを感じてしまった。
「なんで日本は和建築の文化があるのに欧米みたいな家を建てるの?
私の国にはちゃんとマイスターがいてその地域独自の家を建てるよ、日本は残念なことをしているね」と。
たしかにそうだよな~と。
けどそれって住みにくくないですか?と聞いたら
「中はちゃんと現代に合わせてコンバージョンしてるから快適だし100年持つからね」
とサラッと言われてカルチャーショックを受けましたね。
欧米かぶれしちゃってるな~と。
もっと和の家を建てようぜと心の中で思ってしまいました。

このことに関して意見をください。
-------------------------------------------------------------
海外の人に言われたらどうこうではありませんが、日本建築(住宅等)を増やす方法はあるのでしょうか。もっとも日本的と言ってもどの時代のものを選ぶのかという問題もあると思いますが。
ライフスタイルもあるので内装や部屋割りは別にして、外観であればなんらかの口出しは可能でしょうか。

ヤフー知恵袋より引用です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159832352
-------------------------------------------------------------
なぜ和の家を建てないのか?
和の家が少なくなってきている昨今ですが
なぜ和の家を建てないのか?

周りを見渡しても西洋風の家ばかりが目立つ。

カナダ、台湾、ドイツ、スウェーデン、イギリスなどの外国人にこう言われて切ないものを感じてしまった。
「なんで日本は和建築の文化があるのに欧米みたいな家を建てるの?
私の国...続きを読む

Aベストアンサー

なぜ和の家を建てないのか?
 ↑
経費や金がかかるからです。
和の家は、木材を多用します。
コンクリートや軽量鉄骨で作るわけには
行きません。

木材ですから高層住宅も無理です。
国土が狭く、人口が多い日本では、洋風の
方が全体として安上がりに出来るのです。




「中はちゃんと現代に合わせてコンバージョン
してるから快適だし100年持つからね」
  ↑
木材だとこうは行きませんね。
災害が多い日本です。
火事などおこればあっという間に灰になって
しまいます。
こまめに立て替えてきたのが日本の歴史です。



日本建築(住宅等)を増やす方法はあるのでしょうか。
 ↑
東京一極集中を無くし、低層住宅が安く
出来る環境を整えることだと思います。

湿気が多い日本は、やはり和風の方が合理的
なのです。

Q現代の日本で、和デザインの家を増やす方法はあるのか?

ヤフー知恵袋より引用です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159832352
-------------------------------------------------------------
なぜ和の家を建てないのか?
和の家が少なくなってきている昨今ですが
なぜ和の家を建てないのか?

周りを見渡しても西洋風の家ばかりが目立つ。

カナダ、台湾、ドイツ、スウェーデン、イギリスなどの外国人にこう言われて切ないものを感じてしまった。
「なんで日本は和建築の文化があるのに欧米みたいな家を建てるの?
私の国にはちゃんとマイスターがいてその地域独自の家を建てるよ、日本は残念なことをしているね」と。
たしかにそうだよな~と。
けどそれって住みにくくないですか?と聞いたら
「中はちゃんと現代に合わせてコンバージョンしてるから快適だし100年持つからね」
とサラッと言われてカルチャーショックを受けましたね。
欧米かぶれしちゃってるな~と。
もっと和の家を建てようぜと心の中で思ってしまいました。

このことに関して意見をください。
-------------------------------------------------------------
海外の人に言われたらどうこうではありませんが、日本建築(住宅等)を増やす方法はあるのでしょうか。もっとも日本的と言ってもどの時代のものを選ぶのかという問題もあると思いますが。
ライフスタイルもあるので内装や部屋割りは別にして、外観であればなんらかの口出しは可能でしょうか。

ヤフー知恵袋より引用です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159832352
-------------------------------------------------------------
なぜ和の家を建てないのか?
和の家が少なくなってきている昨今ですが
なぜ和の家を建てないのか?

周りを見渡しても西洋風の家ばかりが目立つ。

カナダ、台湾、ドイツ、スウェーデン、イギリスなどの外国人にこう言われて切ないものを感じてしまった。
「なんで日本は和建築の文化があるのに欧米みたいな家を建てるの?
私の国...続きを読む

Aベストアンサー

#2にいただいてレスポンスを拝見しました。

和の住まい推進関係省庁連絡会議のサイトにある写真のような家は、前回申しましたように、再生した古民家や、広い土地における高級住宅としては今も多く見られますよね。ここ横浜の住宅密集地にも新築を含めていくつかあります。でも、土地とお金がないと難しいですよね。前回申しましたナンチャテ洋風にしても、6畳間が3階分積み上げられているだけのようなありさまなので、そこに縁側を作ってしまったら家族がくつろげる場所がなくなってしまいます。それでも真四角なマンションが減っているだけ、文化度としては多少上向きになっているのかもしれません。一方で、災害時の飛散を想定すると、瓦は軽い建材に比べてリスクが大きいという面もあります(被害の種類によっては瓦のほうが安全な場合もありますが)。

いずれにしても、もっと多くの人が過疎地に移住して、古民家を再生して、DIYでメンテすれば、かなり和風建築的には盛り上がります。特に、そうなれば、密集地にも余裕が出るからです。土地付きの古民家自体なら数百万円で買えますよ。また、国もそこまで推進しているなら、税金を投じて、かつての団地なみに安価でお手軽な和風の公営戸建群を、モデル事業として普及させるべきだと思います。

削除云々については承知しました。

#2にいただいてレスポンスを拝見しました。

和の住まい推進関係省庁連絡会議のサイトにある写真のような家は、前回申しましたように、再生した古民家や、広い土地における高級住宅としては今も多く見られますよね。ここ横浜の住宅密集地にも新築を含めていくつかあります。でも、土地とお金がないと難しいですよね。前回申しましたナンチャテ洋風にしても、6畳間が3階分積み上げられているだけのようなありさまなので、そこに縁側を作ってしまったら家族がくつろげる場所がなくなってしまいます。それでも真四...続きを読む

Q日本の街に乱立する電柱と日本人の美意識??

日本人はよく美意識が優れていると言われます。
しかし、街中に乱立する電信柱とクモの巣状の電線を見れば、とても
日本人の美的感覚が優れているとは思われません。

質問です。

(1)日本人の美的感覚が優れている点を教えてください。
(2)電力会社は、何の権利があって道路に電柱を設置出来のでしょうか?
(3)住民から景観権侵害で訴えることは出来ないのでしょうか?

ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

同感です。
日本人の美意識は西洋人の美意識と異なります。

日本はゴミのように役に立たないものを片づけるのは得意です。外国人が日本に来てゴミが落ちていないと褒めてくれます。
しかし生活に役立つものを片づけるのは苦手です。日本人の家は狭くそしていろんなものがところ狭しと置いてあります。全然片付いていません。なぜかというと便利で都合がいいからなんです。

家がそうですから当然街もそうなってしまいます。電線を地下化するのは手間もお金もかかります。「電線は役に立つものだからあってもいいじゃないか」となるのだと思います。

日本人の美意識は、もちろん豊富にあるのですが、日常ではない所で求めます。たとえば桜が咲いたら美しい桜を公園などに見に行きます。紅葉のシーズンもそうです。わざわざ紅葉を愛でるために日光くんだりまで行ったりします。

日本人の美意識はそのようなところで発揮されますから
1.家のガラクタを片づけてすっきりするとか
2.電線を地下化して街の景観をすっきりさせる

というようなところでは発揮されないのだと思います。
私はそれを非常に残念に思う日本人の一人です。

同感です。
日本人の美意識は西洋人の美意識と異なります。

日本はゴミのように役に立たないものを片づけるのは得意です。外国人が日本に来てゴミが落ちていないと褒めてくれます。
しかし生活に役立つものを片づけるのは苦手です。日本人の家は狭くそしていろんなものがところ狭しと置いてあります。全然片付いていません。なぜかというと便利で都合がいいからなんです。

家がそうですから当然街もそうなってしまいます。電線を地下化するのは手間もお金もかかります。「電線は役に立つものだからあってもいい...続きを読む

Q日本の市街、郊外構わず電柱がやたら多く見苦しい

海外に滞在も結構長い方ですが、欧米の街は勿論途上国の街でも、街の様相が日本の街と比べれば一目瞭然電柱の数が全然違うのです。日本の街を見てください(東京の千代田区他は別とし)電話線、有線放送?電力線、光ケーブルなどまるで蜘蛛の巣のごとしでその見苦しさは比較になりません。新設の団地でもそうです。電柱は所狭しと車道、歩道、個人の庭とたっており非常に景観を壊しています。電線の地中化が叫ばれてからずいぶん経ちますどうなって入りのでしょうかね?
街を歩きながら、車を運転しながら上空のおびただしい電線を確かめてください、観光旅行者が日本を歩いて見て、その美しさの90%は損なわれていると言う方もおります。日本に住んでみたいとおっしゃた方に会った事がありません。電柱、電線のせいでは?
早く電線の地中化を進めてください!

Aベストアンサー

 電線類の地中化には賛成なのですが、実際やるとなると、対象地域にお住まいの方が反対されるのです。
 電線類を地中に埋めるとなると、当然の如く道路の下に埋めることになります。そうすると道路を掘り返さなければならず、工事期間中は道路を通行止めにしなければなりません。これには反対だとおっしゃる。
 電線類を地中化すれば、個々の建物・家庭の受け口を変更しなければなりません。これまで上から受けていた電線類を地中から受けることになりますから、受け口を建物下部に変更するか、受け口を従前のままにすると、地下から従前の受け口まで電線類を立ち上げなければなりません。いずれにせよ、一時的にでも停電しなければ工事ができません。それは困るとおっしゃる所もたくさんあります。
 行政にしろ、電力会社にしろ、魔法使いではありませんので、一瞬にして地中化することはできないのです。

 あるネオン街の組合から、電線類の地中化の要望があり、地中化する予算が議会で議決で可決しました。
 そこで、地中化する工事の説明に行くと、道路を掘り返されると営業に支障をきたすから駄目(夜は店の営業・昼は食材等の搬入等)だとか、停電は駄目(冷蔵庫を止められない・ガスが電気と連動している(マイコンセンサー等)とか主張されて頓挫したことがあります。

 ビジネス街ですと、昼間に稼働しているオフィスと夜間に稼働しているオフィスとの対立もあり、なかなか話が纏まりません。

 なので、まずは観光地からということになりました。一時の不便よりも将来的な経済効果を懇懇と説明して合意を得て施工に至ります。

 電線類の地中化は一朝一夕にできない事情の一端ですが。

 電線類の地中化には賛成なのですが、実際やるとなると、対象地域にお住まいの方が反対されるのです。
 電線類を地中に埋めるとなると、当然の如く道路の下に埋めることになります。そうすると道路を掘り返さなければならず、工事期間中は道路を通行止めにしなければなりません。これには反対だとおっしゃる。
 電線類を地中化すれば、個々の建物・家庭の受け口を変更しなければなりません。これまで上から受けていた電線類を地中から受けることになりますから、受け口を建物下部に変更するか、受け口を従前の...続きを読む

Q全市区町村が景観行政団体になるのはいつになるのでしょうか。まだまだ時間がかかるのでしょうか。

景観法の施行状況について。国交省の資料(PDF)です。
http://www.mlit.go.jp/toshi/townscape/toshi_townscape_tk_000021.html
http://www.mlit.go.jp/common/001251069.pdf


景観行政団体になっている市は、政令市(20団体) 中核市(48団体) その他の市町村(600団体)です。つまり景観行政団体になっていない地域がまだまだ多いわけですね。
都道府県は45で足りませんがこれは愛媛県と宮崎県で県内の市区町村が景観行政団体に移行したからでしょうか。

調べてみたところ、古いデータなのですが下記を見つけました。
景観行政団体にならない理由で「都道府県の条例等で十分であるため」「景観が阻害されるような問題が生じていないため」が多いです。当時よりも景観の意識が上がってきているでしょうから、これらの数値は下がっていると予想しますが。
http://www.mlit.go.jp/common/000232546.pdf

全市区町村が景観行政団体になるのはいつになるのでしょうか。
全てとは言わなくても大半であってもまだまだ時間がかかるのでしょうか。

景観法の施行状況について。国交省の資料(PDF)です。
http://www.mlit.go.jp/toshi/townscape/toshi_townscape_tk_000021.html
http://www.mlit.go.jp/common/001251069.pdf


景観行政団体になっている市は、政令市(20団体) 中核市(48団体) その他の市町村(600団体)です。つまり景観行政団体になっていない地域がまだまだ多いわけですね。
都道府県は45で足りませんがこれは愛媛県と宮崎県で県内の市区町村が景観行政団体に移行したからでしょうか。

調べてみたところ、古いデータなので...続きを読む

Aベストアンサー

いつごろと言うご質問に対しては回答するデータを持ち合わせておりませんが・・・

> つまり景観行政団体になっていない地域がまだまだ多いわけですね。
『景観法(平成16年制定)の概要』を読んでみてください。
 http://www.mlit.go.jp/common/000232650.pdf
「その他の市町村」は、必ずしも景観行政団体になるわけではありません。

Q【あなたの街の景観】電柱は埋没化を希望しますか?

I.あなたの街にある電柱は埋没化を希望しますか?
1)する 2)しない

II.すると答えた方はその理由を選んでください。
1)景観を損なうため 2)交通事故の軽減になるため
3)その他

ご回答ありがとうございました。

Aベストアンサー

I.希望します
II.両方。狭い道もあり電柱のあるところでは車のすれ違いができないこともあり、歩いていても身の危険を感じる所もあります(カーブの多い坂道なんです。ベビーカーなど押していると最悪です)。これは通る車も悪いんですが。
また、近所のイチョウ並木が全部電線の高さで頭を切られた時は東京電力に対する不快感が...景観も台無しです。

Qなぜ、京都市は景観に敏感な割りに、パチンコ屋等が神社仏閣の近くにあるのか

京都市は、ビルの高さを制限したり、派手な色を押さえさせたり、
いろいろ、景観に関することで敏感ですが、
そのわりに、重要文化財級の神社仏閣の近くにパチンコ屋やゲームセンターが立ち、
景観を意識してるとはとても思えない状態です。
これなら、パチンコ屋、ゲームセンター等の設置を一切禁止している芦屋市のほうが
よっぽど景観は良いでしょう。
これだけ景観に敏感な割りに、芦屋市のようにパチンコ屋の設置を禁止せず
しかも、よりによって神社仏閣の近くにド派手なパチンコ等の設置を許すのでしょうか?
なんだか矛盾してる気がしてなりません。

Aベストアンサー

一種の「既得権」なんでしょうね。

「東寺」の近くに、「デラックス東寺」という18歳未満お断りの劇場が有ります。確認したら、今でも営業しているんです。

京都駅南口からタクシーに乗って、ただ「東寺」と言うと「デラックス東寺」という18禁劇場に連れて行かれる。本当の東寺へ行きたければ「弘法さん」「弘法大師の東寺」と念を押さなければならない。
そのように、関西では言われておりました。
東京で、タクシーに乗って「トルコ大使館」と告げると、とんでもない風俗店に連れて行かれた時代の話です。

パチンコ屋なら、まだ可愛いくらいです。
それと、あまり規制を厳しくすると、ファミリーレストランにゲームコーナーが併設した程度の店でも、客を呼ぶ為の改装が困難になって、営業の改革ができなくなることも十分に想像できます。

法規制というものは、ある大被害を及ぼす業者や団体を狙っていても、実運用すると意外な弱者が苦しむものです。
古い例ですが、進駐軍が農村の「地主・小作人」の封建的関係を解消する目的で「農地改革」を実行しました。ところが、戦地に出征する小規模自作農が、その間だけとの条件で他人に耕作を任せていた土地も「小作地」と見做され、復員したら自分の農地が無くなっていたとか、夫も農地も失った妻とかが出て、食料不足の時代に生活に困ってしまったという例も有ります。

一種の「既得権」なんでしょうね。

「東寺」の近くに、「デラックス東寺」という18歳未満お断りの劇場が有ります。確認したら、今でも営業しているんです。

京都駅南口からタクシーに乗って、ただ「東寺」と言うと「デラックス東寺」という18禁劇場に連れて行かれる。本当の東寺へ行きたければ「弘法さん」「弘法大師の東寺」と念を押さなければならない。
そのように、関西では言われておりました。
東京で、タクシーに乗って「トルコ大使館」と告げると、とんでもない風俗店に連れて行かれた時代の話で...続きを読む

Q日本の景観について

日本の景観は悪すぎます。
江戸時代ぐらいまでは景観が綺麗だったのに、電信柱などのケーブル等などのせいで
いろいろと景観が悪い。
(江戸時代ごろの写真の景観は綺麗です)
外国人も魅力を感じるかなぁと不安です
日本だけですよね!?電信柱等などが目立つのは・・・
海外の方が景観が綺麗に感じます

なぜ、日本は景観が悪いのですか?
景観は大事にされていないのでしょうか?
それとも、日本政府がやりたい放題で日本の景観を破壊してるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さまのいう「外国」って、主に欧米の先進国のことですよね。

なぜこれらの国でできて、日本でできないかというと
・景観という考え方(文化)の違い
・景観を含めた「公共」の考え方の違い
・公共への公権力の介入権の違い
です。

ヨーロッパの多くの都市は「城壁都市」から発展したものです。紀元前の頃から「都市計画」を作ってから城壁内部を設計したわけです。また、城壁都市は一度作ったら拡張するのは非常に難しいため、土地の利用・建物の使用などは権力によって厳しく制限されていたわけです。

ですから、現代でもヨーロッパの都市は公共という概念が強く、景観もそうですし、建物の外壁ですら「街の雰囲気を壊す変更はできない」ことになっているところが多いのです。また洗濯物を外に干すのも景観を悪くするのでできない、ということになります。
そのような街では、新しい技術ができたときに、比較的簡単にインフラ整備ができます。たとえば道路は公共のものであり、そのために建物は最初からスペースを空けてあるからです。電気は100年ぐらい前にインフラ整備が始まったものですが、電柱を廃止して比較的早期に地下に埋めることができたのです。

日本の場合はそうは行きません。そもそも町自体が適当に作られています。江戸ですら、江戸城と大手町などの屋敷街は幕府が整備したものの、その周辺の町人街は場所だけ指定し、後は町人たちが自分たちで作り上げています。もちろん大火事などがあれば火避け地などを幕府と相談の上、作ったりしましたが、道路整備も火消し人なども町人の予算と自治で行っており、幕府はほとんど関与していなかったのです。
また、日本は明治まで馬車がありませんでしたから、ほとんどの道は狭く人通りがやっとだったわけです。

明治になり近代化するときにこのような場所はなかなか手がつけられませんでした。日本では土地の所有権が個人にあって、公権力が介入できる限界があったからです。
ですから、電気を通すときにも、公共の場所である道路に電柱を打つのがやっとで、共同坑を掘るには狭い道路を拡張する必要があったわけです。

こういう理由のほかに、ヨーロッパでは何百年も「都市の景観を守る」ためにインフラ整備を進めてきているので、新しい技術(たとえば下水道とか地下鉄とか)を景観を調和させるコンセンサスがありますが、日本には「守るべき景観」がそもそもないのです。

最近はようやく、電柱を地下化するようになって来ましたが、これが住宅街まで整備するかどうかはわかりませんね。

質問者さまのいう「外国」って、主に欧米の先進国のことですよね。

なぜこれらの国でできて、日本でできないかというと
・景観という考え方(文化)の違い
・景観を含めた「公共」の考え方の違い
・公共への公権力の介入権の違い
です。

ヨーロッパの多くの都市は「城壁都市」から発展したものです。紀元前の頃から「都市計画」を作ってから城壁内部を設計したわけです。また、城壁都市は一度作ったら拡張するのは非常に難しいため、土地の利用・建物の使用などは権力によって厳しく制限されていたわけです。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング