ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

小林麻美『雨音はショパンの調べ』⇒ノートルダム大聖堂火災事故(2019年4月15日)の話題?

日本でのカバー1984年4月21日発売。

イタリアの歌手ガゼボの歌唱による1983年の楽曲『I Like Chopin』

参照・Look Like Chopin サイン は修復中の大聖堂に観えませんか?

「日本での小林麻美の謡う『雨音はショパンの」の質問画像

A 回答 (1件)

とっても良くみえます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
オードリー・ヘプバーン主演の映画『シャレード』(1963年)も同様の内容を潜ませているようですね!2019年4月15日大聖堂burn火災!!
役柄:富豪の夫チャールズとの離婚を決意したレジーナ・ランパート:富豪church レジーナcash register
修復予算どれくらいかかるのでしょう?

お礼日時:2019/04/18 08:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれ知ってるのって何歳以上ですか?

これ知ってるのって何歳以上ですか?

Aベストアンサー

発売は、1980年なので、当時を知っているのは、概ね50歳以上
最後に紅白で歌ったのは、2002年なので、20代後半なら知っている人は多いと思う。

Q映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

映画に詳しい方にお聞きします。写真のシーンがある映画のタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんがおっしゃる通り、これはテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」のワンシーンです。
ここに写っている女優さんは、イギリスの女優Lena Headey(レナ・ヘディ、リーナ・ヒーディ)です。ドラマの中ではサーセイ・ラニスター役で出演しています。
なお、このドラマはHuluで配信されています。
https://www.happyon.jp/game-of-thrones

Q古い洋画2本 タイトルを教えてください

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこでガイドが告げるには
あなたは数年前に、わたしの子を執刀してミスで死なせた これは仇討です
ラストシーンでは ガイドを見捨てて、あてもなく歩き去る医師の姿 それが
画面が引いて俯瞰になって 医師がさまよう荒れ地がえんえんと、はるかに
遠く遠くつづいて 主人公もガイドも助からない結末が暗示されて終わり

2本めは ギャング時代のアメリカが舞台 コメディです
冒頭あたりで裏切り者が処刑される場面 暗殺者が発砲します 撃たれた男
は断末魔に身をよじり、よろめいて部屋のストーブに手をついて あちちっ
さらに後ずさって壁に当たって 壁がペンキ塗りたてだったのに気づき あっ
中盤くらいでしたか銃撃戦で 三人が並んで敵を撃ち攻めますが 三人の中
ひとりだけが拳銃で、あとの二人は長身の銃 並んで撃つときの銃声が
バアーンッ バアーンッ ぱん バアーンッ バアーンッ ぱん
しまいに二人が拳銃の仲間を もう止めろ おまえのせいで気分が出ない
と叱る ラストでは抗争に結着のつく場面で 敵の一人が悪あがきでナイフを
抜くと 味方の男が応じて出した飛出ナイフは1mほどあってビヨーンと開く

2本とも古いし、よほどマイナー作だったのか検索だけでは不明でした
わたしも観たよ、それ知ってるよ という方々がいらしたら助力を願います

1本めは 現代劇 といっても45年ほど以前にTVで観た現代劇
前半の内容をあまり憶えていませんが 旅先で主人公がガイドを雇います
以降をガイドの案内で移動していくのですが 主人公の望む移動先からは
どんどんズレていきます 主人公は不信感をつのらせます
終盤とうとう、わけのわからん荒れ地にまで連れていかれます
ついに激昂した主人公はメスを使って(主人公は外科医です)ガイドの手首
の脈所を斬って
どこへ進めばよいか正直に言え そうしないと、おまえは失血死するぞ
そう迫ります そこ...続きを読む

Aベストアンサー

1:たぶん「眼には眼を」(主演クルト・ユルゲンス フランス映画)
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-1576.html

Q1950~60年代の映画に出ていた俳優?「うずいけん」とは

1950~60年代頃の映画で、
「ウズイケンがスーパーマンになってピアノ線をすーっと飛んでいく」という会話を聞いたのですが、
このウズイケンという恐らく俳優の名前、もしくは映画の中の役名?が検索でヒットしません。

この会話に出てくる「スーパーマン」はタイトルが「スーパーマン」という映画なのではなく、スーパーマンのような映画ということなのかもしれません。
また、ウズイケンと聞き取れますが、聞き違いでこれに似た名前の可能性もあります。

どなたかこの俳優?についてご存じの方がいらっしゃいましたら、何か教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宇津井健さんの「スーパー・ジャイアンツ」のことかな?

Q90年頃のホラー映画のタイトルを探しています。

90年頃金曜ロードショー?で放送だと思います。放映日の13日をかけてのホラー映画だったので、13日の金曜日だと思ったのですが、殆ど街を舞台なのでどうも違うようです。

あらすじは あるアメリカの田舎町に政府関係の中年調査員?が保護施設から逃走した男を捜している。探している男は何かの事件でその街での13日の金曜日に異常な関心を持っていたので必ずやってくると訪れたらしい。
持っている拳銃が馬鹿でかく案内していた警官が驚いていた。
金曜日の夜街で住民を殺しまくった末に現れた男がヒロインに返り打ちにあったのに平気で起き上がって再び襲いかかる
もう駄目だと思ったときに現れた調査員がマグナム?数発で男を射殺して、バルコニーから吹き飛ばす。
調査員がバルコニーから下を覗くと男の死体は無かった。

単なる異常犯罪者じゃなくて、オカルトだったんだとちゃぶ台替えしで印象に残ってます。
タイトル知っておられたらお願いします。

Aベストアンサー

13日の金曜日ではなく10月31日の話ですが、「ハロウィン」シリーズに似ています。
まったく違う作品かもしれませんが…参考程度にどうぞ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29
http://hasama.hippy.jp/fpbbs2/01movie/halloween.htm

Qこの画像の出所を教えてください!

gif検索をしていたら泣き喚く白人男性が出てきました。
この画像の出所(映画でしょうか?)、どなたかわかる方教えてください!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

『バスケットボール・ダイアリーズ』
"The Basketball Diaries" 1995年。アメリカ映画。
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Basketball_Diaries_(film)
https://www.imdb.com/title/tt0112461/mediaviewer/rm717838080
-------------------------------------------
https://goo.gl/3Szg9r
https://oshiete.goo.ne.jp/guide/about

Qトラックで崖から荷物を落とす映画を探しています。

こんにちは。

タイトルに書いた通りですが、20年ほど前に昼の地上波放送で見た映画を探しています。
覚えているシーンは1場面のみで、内容は以下の通りです。

・舞台はアメリカ(?)で8~90年代風
・男性二人がトラック(ダンプ)で採石場の様な場所に積み荷を捨てに行く。
・積み荷は爆発物?
・どこかから積み荷を捨てに行く競争(多分)
・積み荷を捨てる際に、1人がトラックの後ろでバックの誘導をする。
・運転手がそのままバックし続け、崖から誘導の男性を突き落とす。

大変曖昧な情報ですが、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

積み荷が爆発物というと「恐怖の報酬」を思い出します。イブ・モンタン主演の1953年のフランス映画とウィリアム・フリード金が監督してリメイクした1977年のアメリカ映画があります。

Qこの✕印は何を表しているのでしょうか?

この✕印は何を表しているのでしょうか?

Aベストアンサー

ミュートする…だと思います。

Qなぜ日本人は作詞作曲ができる歌手の人を過大に評価して、作詞作曲をしていない人を低くみる傾向が強いんで

なぜ日本人は作詞作曲ができる歌手の人を過大に評価して、作詞作曲をしていない人を低くみる傾向が強いんですか?海外では作詞作曲をプロの人に任せて、歌やパフォーマンスに専念する人が多いのに

Aベストアンサー

例えば安室奈美恵は自分で作詞作曲はしていないが、歌とパフォーマンスで高い評価を受けていましたよね。
他人が作った曲でも、その人ならではの表現として成立していれば、低い評価ではないと思いますよ。
Perfumeや木村カエラもそうですよね(一部作ってますが)。
作詞作曲して、なおかつ高いレベルのパフォーマンスができれば、それは高い評価が得られるのは当然です。

低く見られているとしたら、プロデュースによって実力以上に売れているアイドルグループなどじゃないですか。

Qヒッチコック作品「めまい」について。

「めまい」の最後で、せっかく出会った大好きな女性を死なせてしまう場面が出てきます。

もし、私だったら、恋焦がれていた女性にやっと出会えたし、替え玉だったことも分かったのですから、それで十分で、それ以上に彼女を追い詰めて、彼女を死なせるようなことは決してしない、と思うのですが、ヒッチコックはどうして、彼女を死なせるエンディングにしたのでしょうか?

私には、このエンディングは、もし主人公が普通の人間だったら、とても考えられないような異常な行動であり、とても不自然に思えます。
ヒッチコックともあろう監督が、どうして、そういう普通ならありえない不自然な行動を主人公に取らせたのでしょうか?

主人公が異常な性格の持ち主であった事を言いたかったのでしょうか?
同じ状況を作り出したら、極度の高所恐怖症が治るとでも言うのでしょうか?
そうだとしたら、そんな事は医学的にありえないことだと思うのに、どうしてそんな不自然な行動を描いたのか、理解に苦しみます。

皆様は、どうお考えになりますか?

Aベストアンサー

「めまい」を見たのは大昔なので、データベースのあらすじを読みながら記憶を辿っています。
(以下、ネタバレ)





彼は死なせてはいませんよね。むしろ、キスして和解しています。ところが、彼女が、まったく別の人影に怯えて事故死してしまいます。彼はむしろ、そこで喪失感という地獄にさいなまれます。

ではなぜ彼女は死んだか。それは美しい悪女が死んだ方が耽美だからです。ヒッチコックは耽美派ですから。悪女を生かす作品もありますが、たいていはコメディ仕立てです。

いずれにしても「めまい」がテーマですから、何かに翻弄されて、身も心もくらくらすることを描いた作品です。そして、翻弄するものが美しければ、翻弄されるのも、少なくとも客席から見ている限りは心地好いものだと感じてしまいます。






(ネタバレ、以上)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング