米ソの冷戦は自民党の長期政権を支えた要因の一つであると言うことを聞きました。これは本当なのでしょうか?どういった理由からでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

要因の一つであることは間違いないでしょう


又#1氏の回答も大筋で正解と思います

しかし一番の原因は自民党以外の政党で政権を取る努力、選挙態勢を整えた政党はありませんでした

先の回答にあるように旧社会党が票を伸ばす(政権を奪取する)可能性があった時期がありまして、社会党も「自民党の一党独裁を許すな!」などとスローガンを掲げたりしましたが選挙で議員の半数を獲得するべき候補者の擁立をせず、当時の党首は自らの選挙区で75パーセント前後の得票率を得ているにも拘らず他の候補者が同一選挙区で出馬することを許さず他の議員もこれに習い、同一選挙区で2候補擁立を拒んだため常に政権を手中に入れるための候補者数を立てることはありませんでした

自民党は複数の当選者を獲得する可能性が有れば二人でも三人でも同一選挙区で擁立し政権確立必要議員の絶対数を確保してきたことが政権を長期化させました

今思うと、社会党は政権を担う気は全く無かったと思います
政権を担えば当然国防、経済、外交等等あらゆる国策に責任を持たなければなりませんが、政府或いは与党の批判と中傷をするだけで前向きな議論は一切拒否していました
マスコミは当時共産党や社会党を革新政党などと呼んでいましたがこの頃から革新とは呼ばなくなりました

反対するだけで政策案は殆ど無く次第に国民の気持ちは離れていったと思います

日本人にとってソ連という国は一つの不安の対象でした
先の大戦で、日本はソ連とは不可侵条約を締結していましたのでソ連軍が日本人を攻めることは無いと思っていました
しかし日本の敗色が濃厚になると突然条約を破棄し満州に攻め込み、更に日本がポツダム宣言を受諾したあとに
北方四島に進駐し自らの領土とし現在に至っています

ポツダム会議の前ヤルタ会談の際には日本を分割し、北海道の領有を主張していたことが知られていました
そのためにも日本はアメリカとの安全保障条約が必要でした

安全保障条約を進める自民党と条約に反対する社会党の考え方の違い、こんなことも要因の一つになると思います
    • good
    • 0

極めて個人的な見解の意見を述べさせていただきます。

(ざっくばらんに)55年体制って知ってますか?1955年当時に保守:自由党と民主党が合併し、保守合同=自由民主党誕生となり、革新:社会党右派と左派が合併し、社会党=現社民党になって、この与党:自民党対野党:社会党という構図が長期に渡り続いたってことと認識してます。これは細川連立政権誕生(自民党は保守合同後初の野党に転落)まで続いていたわけで、これはちょうど冷戦の終結と時を同じくしているわけです。それでは、なぜ米ソ冷戦が55年体制を支えたか?ってことだと思いますが、これは一般論として言われていることと認識してますが、第二次大戦後、資本主義を標榜するアメリカと社会(共産)主義こそ理想国家とするソビエト連邦との世界を二分する冷戦が始まります。敗戦国の日本はアメリカに統治され、米ソの代理戦争である朝鮮戦争を契機に極東におけるソ連への防波堤として再軍備(警察予備隊~自衛隊)を行い、また資本主義のショウウィンドウ的役割(資本主義は素晴らしいというアピール)をも担い、多分アメリカの戦略に基づき「奇跡の復興」を遂げたのでしょう。それで、日本国内における自民党の役割として「資本主義を守る」側としてアメリカを擁護(というよりアメリカの支援のもと)する立場から日米安保を堅持し、ソ連から日本を軍事的にも思想的にも守ることが課せられました。これは資本主義において富を築いてきた経済界も全面的に支えました。これに対し、社会党は社会主義革命を民衆の手で成したソ連をモデルとして、日本を社会主義国家体制にしたいという理想をもって自民党に対峙しました。敗戦の厭戦気分覚めやらない当初は本気で革命(民主的手法による)を起こしたいと考えていたみたいですが、(共産党はまだ諦めてないみたいですが・・・)日本が豊になるにつれ、国民の大多数は保守を支持し、保守の怠慢を監視させるための革新という風に位置付け、「自民党独裁政権」と「万年野党:社会党」というカタチが長期に日本の政治体制を支えて来ました。ところが、ソ連が崩壊し、自由主義・資本主義国家ロシアが誕生したら、自民党の従来の役目がなくなってしまいました。ソ連から軍事的にも思想的にも日本を守るという命題が・・・。社会党に至っては理想国家としたソ連の崩壊でよりどころをなくしたばかりか、隠されていた社会主義の失敗が次々に発覚し、存在意義すら危うくなりました。こうなると、いままで社会機能を維持してきた55年体制は崩壊に向い、保守を擁護してきた経済界も社会主義革命の恐れもなくなり、ソ連から攻められることもないので、今まで通りに全面的に保守を支援する理由もなくなりました。そんななかから「歴史的直感」をもって突然出現した細川:日本新党を中心として「新保守主義」「社会民主主義」などなどの新しい社会体制を模索する動きが活発化し、小沢一郎が最後の55年体制の内閣:宮沢政権にピリオドを打つように自民党を離党、細川連立内閣を画策、樹立させることにより、55年体制は終焉しました。社会党も実質的に崩壊し、名前を社会民主党に変え、自民党と社会党の二大政党と言われた時代の影はなく細々と土井さんが頑張る政党になりました。以上、私の勝手な認識を述べましたが、もっと詳しく説明できる方、後は宜しくお願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自民党は派閥を解散して

自民党は派閥を解散して

自民党は派閥を解散してほしいです。総裁は派閥の解散を宣言するべきです。
派閥は無意味で見苦しいと思います。派閥があると国民は自民党から離れます。
なぜ派閥があるのですか。なぜ解散できないのですか。
教えてください。

Aベストアンサー

3人いれば、派閥が出きる.....派閥はあって当たり前で、解消なんて現実には出来ません
派閥が解消できると思っておられるのならば、現実と遊離してます

自民党他日本の政治で問題なのは、政策派閥でないことです。
大きな政治理念・政策の違いで政党が生まれる。
同一政党内で、具体的な方針・政策、部分的それらの違いで派が生じるのは、政治政党として自然なことですが、自民党の派閥は、利権集団であり、公益というよりは利己に重点が置かれた集団であることが大きな問題です

その為、政策論争が起こる事がのぞましいにも拘らず、自民党では己らが利益を巡る権力闘争や個人的感情闘争になり、派閥が乱立する事から離合衆参、勢力争いになる事です

どうして、政策集団にならず、利権集団になるのか?
このあたりは、お金の流れ(政党補助金、議員に支給される歳費、献金、選挙費用の調達)、比例区代表の矛盾、猫の目のように変る内閣と大臣の椅子の分配・順送り、政党の構造など外国の制度と比較する必要があると思います

日本だから派閥の出きる理由が異なるとは思えないからです。
制度的要因から生じていると思われるからです

3人いれば、派閥が出きる.....派閥はあって当たり前で、解消なんて現実には出来ません
派閥が解消できると思っておられるのならば、現実と遊離してます

自民党他日本の政治で問題なのは、政策派閥でないことです。
大きな政治理念・政策の違いで政党が生まれる。
同一政党内で、具体的な方針・政策、部分的それらの違いで派が生じるのは、政治政党として自然なことですが、自民党の派閥は、利権集団であり、公益というよりは利己に重点が置かれた集団であることが大きな問題です

その為、政策論争が起こる事がの...続きを読む

Q自民党政権や自公政権での悪政は、自民党議員と役人を比べて、どちらにより

自民党政権や自公政権での悪政は、自民党議員と役人を比べて、どちらにより責任があると思いますか。

こいつらよりより責任があると思う連中がいればそれも教えてください。

また、一番の悪政は何だったと思いますか。

Aベストアンサー

>こいつらよりより責任があると思う連中がいればそれも教えてください。

はい先生!! ずっとこいつらを選んできた国民だと思いまーす!!!!

Q【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか? 自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教

【政治・自民党】自民党の派閥は何個くらいありますか?

自民党内にある現在の派閥名と派閥の代表者を教えてください。

Aベストアンサー

①清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)
細田博之 通称「細田派」
※自由党の佐藤栄作の系譜。田中角栄時代に清和会と経世会に分裂。
経世会は、その後羽田孜と共に自民党を離脱。その後出戻ったのが二階と石破。

②平成研究会(へいせいけんきゅうかい)
額賀福志郎 通称「額田派」

③宏池会(こうちかい)
岸田文雄 通称「岸田派」
※旧自由党の池田隼人の系譜。ハト派。

④為公会(いこうかい)
麻生太郎 通称「麻生派」
※旧宏池会会長の加藤紘一への反対組。山東組と合流を目指す。

⑤志帥会(しすいかい)
二階俊博 通称「二階派」
※旧日本民主党の河村一郎の系譜で。春秋会の本流。

⑥水月会(すいげつかい)
石破茂 通称「石破派」
※党内ではベンチャーな立ち位置。いわゆる窓際。

⑦近未来政治研究会(きんみらいせいじけんきゅうかい)
石原伸晃 通称「石原派」
※旧春秋会系では振興、現在は二階派との合流を模索。

⑧番町政策研究所(ばんちょうせいさくけんきゅうじょ)
山東昭子 通称「山東派」
※旧日本民主党の松村謙三の系譜。ハト派。

Q自民党が政権交代したら今自民党ナンバー2の大島幹事長はどうなるのでしょ

自民党が政権交代したら今自民党ナンバー2の大島幹事長はどうなるのでしょうか?

自身も政治と金の問題があったので要職にはつけないと思うのですが。

Aベストアンサー

野党に下野したことで"禊は済んだ、問題ない"というでしょう。
さらには選挙で再選されたという"禊"が欲しいので、解散総選挙を求めています。

Q自民党以外に派閥

自民党以外に派閥ってあるんですか?

Aベストアンサー

 もちろんあります。かつての社会党にも派閥がありました。単純に右派・左派といったところです。しかし現在、こうした派閥を率いてきた人のほとんどが民主党に流れていき、現在の社民党には派閥を造るにも人数がいません。
 どうしても議員数の少ない、自由・共産・社民・保守新党はその党自体、派閥みたいですし、公明党はやはり「中心人物」がいますので、派閥は出来ない土壌です。

 民主党には現在、大まかなところで、旧党派ごとにグループがあります。社会党系、民社党系、日本新党・さきがけ系、そして自民党系です。

 ただ、自民党の派閥とちがい、民主党の派閥はあくまでも任意団体ということです。自民党の派閥は、自由民主党とは別に独立した政治団体として総務省に届出されています。もちろん派閥ごとに財産があります。
 これに対して民主党では、独立した政治団体としては、旧民社党の民社協会ぐらいです。あくまでも任意団体で研究会レベルです。これが自民党と民主党の派閥の違いです。

Q「つくづく自民党政権というのはド左翼だよなぁ」 自民党が左翼?!?! 本気で言ってますか? 日

「つくづく自民党政権というのはド左翼だよなぁ」

自民党が左翼?!?!

本気で言ってますか?

日本人は自民党が左翼って本気で思ってるんですか?

Aベストアンサー

自民党
・二階派
・麻生派
・岸派

今は経世会が落ちぶれたのであれですが、これらが日本をダメにする自民党左翼です。

これに合わせて石破派という保守派も足引っ張りですね。

Q自民党の派閥について。

こんにちは。
今現在総裁選で盛り上ってる自民党ですが、小泉首相の所属する森派や、引退宣言した野中氏の所属する橋本派。他にも高村派や江藤・亀井派などがありますよね。
なぜ同じ自民党なのに派閥があるのでしょうか? というか、派閥によって思想などに多少の違いがあるんでしょうか?

また、派閥を作るのには何か手順などがあるんですか? 今後誰かが新しい派閥を作る可能性があるのでしょうか?
 
質問ばかりですが、どれか一つでもご存知の方でもいいので、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 簡単に言えば同志の集まりでしょう、誰の傘の下に入れば思考の一致を見る人がいるか、資金力があるか、大臣の席が速く回って来るか、派閥の弊害として人事順送りが指摘されています
 大きな派閥に隷属していると、当選回数の多い人、金脈に通じ集金に長けた人、声の大きい人から大臣の席が貰えるという棚ぼた式方式です、
 又、派閥の酋長は集金力のある人が多く、大きな資金を持つ派閥に所属していると、結構分配金もあるので、砂糖に集まる蟻の如く大集団が出来るものです
 
 其の結果、外国には見られない頻繁な首相の交代劇が起こり、日本の政治が遅れた原因の一つです、
 
 最近の動きとして、派閥政治を脱却して国の将来を考える政治家も増えています、派閥重視では国民から見放されることに気付いた様です
 
 不正な政治資金を集める手法を糾弾され、400日余り投獄された政治屋さんがいました、聞くところに依ると第二の田中角栄を目標にしていたそうです
 

 

Q今の民主党政権以前の、自民党政権の失政

今の民主党政権になる前の、自民党政権の失政(政策の失敗)というと、何をイメージしますか?

・失業率が過去最悪を記録

・一人あたりGDP(国内総生産)順位 1995年→2008年(麻生政権)世界3位→世界24位に転落

・深刻な医師不足、病院で長時間待たされ、救急車のたらい回しが社会問題化

・小泉政権下の5年間で283兆円もの国債を乱発、残高は900兆円に激増
http://ootw-corner.asablo.jp/blog/2009/07/14/4434725

・年金記録問題(07年社会保険庁の年金記録にミスや不備が多いこと等が判明)

・行き過ぎた規制緩和「小泉・竹中改革」による弊害(例、タクシーは規制緩和で台数をやたらと増やされ、運転手の収入はガタ減り)

・教育委員会と学校幹部がぐるになった「いじめ自殺のもみ消し」「学校事故の隠ぺい」の続出にも打つ手なし(田迎南小事件、柳小事件、江部乙小事件など)

※田迎南(たむかえみなみ)小学校事件・・・校長、教頭、教育委員会が児童の死亡事故の回答書を偽造/熊本
http://sooda.jp/qa/332334?sort=older

※柳小学校事件・・・運動会練習で骨折小6 「保身のためうそ主張」。名古屋地裁「学校が報告書に虚偽記載、教頭が別の児童の回答を誘導」、過失賠償命令(確定)
http://sooda.jp/qa/397744

※江部乙(えべおつ)小学校事件・・・女児いじめ自殺、市教委が遺書の「いじめ」記述隠し、文科省に自殺原因を「いじめ」ではなく「その他」と虚偽報告
http://sooda.jp/qa/391002


・異常な高値のガソリン価格

・官僚の「天下り」や「渡り(天下りして再就職した公益法人や民間企業を退職し、さらに別の企業や団体に再々就職する事)」

・安倍、福田両首相の政権投げ出しによる失望感

・1995→2007間のGDPの伸び-20%減(デフレ不況=米独中英仏韓など多くの国は増加、150%増 えた国も)

・北方領土、竹島、尖閣諸島問題を未解決

・麻生首相の国会答弁での漢字の読み間違い(踏襲 = とうしゅうを『ふしゅう』など)や失言

・絶えず繰り返された自民党の汚職事件などの不祥事



【リクルート事件・1989年】
藤波孝生(自民) 受託収賄 有罪確定

【国際航業事件・1990年】
稲村利幸(自民) 所得税法違反(脱税) 有罪確定

【共和汚職事件・1992年】
阿部文男(自民) 受託収賄 有罪確定

【自民党副総裁金丸信氏の巨額脱罪事件・1993年】
金丸信(自民) 所得税法違反(脱税) 公判中に死去

【ゼネコン汚職事件・1994年】
中村喜四郎(自民) あっせん収賄 有罪確定

【防衛庁汚職事件&秘書給与詐取事件・1998年】
中島洋次郎(自民) 受託収賄、詐欺=秘書給与詐取など 上告審中に自殺

【証券取引法違反事件・1999年】
新井将敬(自民) 証券取引法違反 逮捕直前に自殺

【公職選挙法違反事件・2000年】
小野寺五典(自民) 公職選挙法違反(寄付行為の禁止) 有罪確定

【建設省汚職事件・2000年】
中尾栄一(自民) 受託収賄 

【公職選挙法違反事件・2000年】
飯島忠義(自民) 公職選挙法違反(事後買収) 有罪確定

【KSD事件・2001年】
小山孝雄(自民) 受託収賄 控訴審中 ;村上正邦(自民) 受託収賄  

【やまりん事件&島田建設事件・2002年】
鈴木宗男(自民) あっせん収賄、受託収賄 

【政治資金規正法違反事件&詐欺事件・2003年】
坂井隆憲(自民) 政治資金規正法違反、詐欺 

【公職選挙法違反事件・2003年】
近藤浩(自民) 公職選挙法違反(買収など) 

今の民主党政権になる前の、自民党政権の失政(政策の失敗)というと、何をイメージしますか?

・失業率が過去最悪を記録

・一人あたりGDP(国内総生産)順位 1995年→2008年(麻生政権)世界3位→世界24位に転落

・深刻な医師不足、病院で長時間待たされ、救急車のたらい回しが社会問題化

・小泉政権下の5年間で283兆円もの国債を乱発、残高は900兆円に激増
http://ootw-corner.asablo.jp/blog/2009/07/14/4434725

・年金記録問題(07年社会保険庁の年金記録にミスや不備が多いこと等が判明)

・行き過...続きを読む

Aベストアンサー

過去を言えば小泉政権によるものがひどすぎましたね。格差拡大もそうですし、タウンミーティングのようないかがわしい世論誘導「やらせ」「さくら」に多額の税金を使ったこと、製造業の非正規化や障害者自立支援法のようにセーフティネットも作らず、充分なシュミレーションもしないまま施行し、多くの人を苦しめたこと、大儀もでたらめなイラク戦争に参戦し大量殺人の協力を積極的に行なったことなどなど・・何が人生色々だ!国民を馬鹿にするのもいい加減にしろ!!と思い出すたびに頭にきてしまいます。

自民党にも改革を真剣に取り組む人もいるみたいですが、清和(町村派)の力が大きい為、何をしようとしても潰されたり、骨抜きにされたりするようです。霞ヶ関の都合に従うのが町村信孝流のようで、それが嫌で渡辺善美氏は党を出たんですよね!!

改革派の河野太郎氏も総裁選では町村氏に散々嫌がらせをされたらしいのですが、彼もそんな党にいつまでもいないでとっとと出たほうがいいですよね。
自民党では霞ヶ関支配から抜けられるわけありませんから・・・。


ご参考まで・・

Q「派閥」(またはそれに相当するもの)があるのは自民党だけなのでしょうか?

政治には無知なので教えて頂きたいのですが、事ある毎に出てくる「派閥」「旧派閥」という言葉がありますよね。
これは自民党にだけ存在するものなのでしょうか。自民党以外の政党には似たようなものは存在しないのでしょうか。

政界の情勢を見ていく中で、この「派閥」というものは重要な意味を持つものだと思っているのですが、よく分かっていません。

仮に次の総選挙で政権が交代するような事があったとしても、新政権でも同じように「派閥」が重要な意味を持ってくるのであれば、ほとんど何も変わらないような気がしているのですが…。どうなのでしょうか。(一通り政治のニュースは見ているつもりなのですが、質問内容に変なところがあれば、どんどん指摘頂いて構いません)

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

再び No.1 です。

横路でよこみちです。大変失礼しました。

質問者の返答を読んで一つ付け加えたいと思います。

小泉さんは、「独裁者」と反対する議員から非難されています。
「法案の内容」ではなく、その「手法」が批判されています。

また、評論家は小泉流を「大統領型首相」と形容しています。
人事でも旧来の「派閥均衡」ではなく、派閥無視、民間人採用、年功序列無視、
で「大統領型」で行ってきました。アメリカの大統領は、全ての権限を持ち、
ポリティカル・アポイントメントと言って、自由に大臣を指名します。

派閥の長のご意見を聞く、他派閥の長のご意見も聞く、少数派閥にもチョッピリ割り当てる、連合を組んだら他党にも配慮する、と言ったコンセンサスで内閣を構成してきた方法から、アメリカの大統領型の指名を小泉さんは標榜しています。(大統領制と議院内閣制との違いはここでは議論しません)

変人、ヒットラー、独裁者、と言われた小泉さんだから、今回の解散に帰結したと私は考えます。「派閥の意向を尊重」していれば、解散はなかったでしょうし、反対票を投じた議員の除名もなかったでしょう。

今回の選挙で、自民党、公明党、民主党以外の政党は小選挙区で当選できないという予測が出ています。9月11日以降、政界の勢力構造は大きく変わると思いますので、注目していきたいと思います。

再び No.1 です。

横路でよこみちです。大変失礼しました。

質問者の返答を読んで一つ付け加えたいと思います。

小泉さんは、「独裁者」と反対する議員から非難されています。
「法案の内容」ではなく、その「手法」が批判されています。

また、評論家は小泉流を「大統領型首相」と形容しています。
人事でも旧来の「派閥均衡」ではなく、派閥無視、民間人採用、年功序列無視、
で「大統領型」で行ってきました。アメリカの大統領は、全ての権限を持ち、
ポリティカル・アポイントメントと言って...続きを読む

Q自民党政権時や自公政権時に、役人の天下りや裏金作りや横領や贈収賄や血税

自民党政権時や自公政権時に、役人の天下りや裏金作りや横領や贈収賄や血税を私利私欲に使うなどを見逃してきたのは、

自民党国会議員自身が、役人以上に甘い汁を吸ってきた同じ穴のむじなでもあり、政官財の癒着で権力を維持できたから。

ということでよろしいでしょうか。元役人も実態をあばいてましたが。

Aベストアンサー

ソレで大体OKです。
自民党政権の最大の罪悪は『政財官の癒着構造の構築』と言って良いと思いますヨ。

とは言え、日本に限らず政界と財界が結び付くのは当たり前のコトですけど、日本の特色は、官僚がソコに食い入ってるトコです。

政官の癒着は、立法と行政が組むってコトで・・・何でも思い通りに出来ますからね。
ですから極端に言えば「血税を私利私欲に使うなどを見逃してきた」ってのは正確じゃなくて、ソレを合法的にやってきたってコトです。
行政・官僚が法律を好きに出来るんだから、司法が役に立たないワケで、これじゃ三権分立の崩壊ですからね。
従い、政財の癒着に官が入り込むコトは、国民にとっては甚だ不都合であり、本来は「やっちゃいけないコト」です。

その結果、先の衆院選挙で脱・官僚政策を掲げた民主党が大勝し、政権交代が起こったと言って良いでしょうね。

官僚にしてみれば、自民党のセンセイ方の言うコトを聞いておけば老後も安泰でしたが、民主党の脱・官僚政策(官僚への立法への関与など)を進められたら、困ったコトになります。
従い、民主党が諸問題を上手く解決出来ないのは、有る程度は当然です。
モチロン、民主党が官僚の使い方を良く判っていない部分とか、官僚が民主党議員との付き合い方に不慣れとか、そういう部分もありますが、根底は官僚の抵抗・非協力の影響も少なくないでしょう。

一方の民主党にも問題が有って、自治労が民主党の支持団体ですから、官界に対して大ナタを振るうコトは出来ません。
ホンネと建前の使い分けが必要なんです。

政財の癒着は仕方が無いコトですが、ソコに官が加わってるコトが、この国の根本的な問題で、諸悪の根源と言っても良いかもしれません。
国民も当然ソレに気付いているのですが、民主党に政権を託しても、やっぱりダメ。
現在の二大政党(民主党,自民党)は、いずれも本当の官界の改革は出来ないってコトが判っただけ。
民主党が国民の期待を裏切ったこの罪は、非常に重いと思いますし、次の参院選では民主党はしっぺ返しを受けると思いますヨ。

この結果、民主・自民の支持率低下には歯止めがかからない中、元行政改革担当大臣で、この問題と一番真剣に向かい合い、最終的に自民党を離党した渡辺良美さんが立ち上げた「みんなの党」が支持率を上げてるって言う構図じゃないかな?
今の所はどことも癒着してないし、「官僚憎し!」で出来た政党ですからね。
行政改革の最後の砦と言って良いかも知れません。
今朝の番組で浅尾敬一郎議員が「党の方針を丸飲みしてくれるなら、ドコとでも組む」って言われてましたけど、参院選の結果次第では、面白いかも知れません。

舛添要一さんも、自民党に見切りを付け、第三極人気を利用しようとして旗揚げしましたけどね。
でもイマイチ新党の政策が良く判らないし、彼は官僚の言いなりですヨ。
それこそ渡辺さんが行革担当相の際、「わたしのしごと館」の廃止を強く主張したのを、舛添さんは裏切ってますから。

首長連合の「日本創新党」も、財政再建と地方分権が主軸で、ソレを進める上で官僚との対立は避けられないし、地方分権も潮流の一つですから、ソコソコ議席を取るかも知れません。
でも官僚とケンカするんだ!って言うのが第一主張の「みんなの党」よりは、ちょっと判りにくいかな?

「立ち上がれ日本」は・・・自民党の定年退職者の天下り先?って感じです。

ソレで大体OKです。
自民党政権の最大の罪悪は『政財官の癒着構造の構築』と言って良いと思いますヨ。

とは言え、日本に限らず政界と財界が結び付くのは当たり前のコトですけど、日本の特色は、官僚がソコに食い入ってるトコです。

政官の癒着は、立法と行政が組むってコトで・・・何でも思い通りに出来ますからね。
ですから極端に言えば「血税を私利私欲に使うなどを見逃してきた」ってのは正確じゃなくて、ソレを合法的にやってきたってコトです。
行政・官僚が法律を好きに出来るんだから、司法が役に立た...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報