あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

タマネギに含まれている硫化アリルは炒めると抜けてしまうのでしょうか。
タマネギは生で食べるのがベストだと聞きますが、また、炒めている時にとても目が痛く、どんどん空中に硫化アリルが抜けているのかなと思いますが。
例えば、カレーにタマネギを入れる時、結構炒めてから鍋に入れますが、これじゃせっかくの成分が抜けてしまっているのでしょうか。

A 回答 (2件)

加熱すると、プロピルメルカプタンという物質に変わってしまいます。

でも、切った後1時間ほど放置したあとで火にかけると、熱に強い成分に変質するので良いようです。

参考URL:http://www.kaneko-noujou.com/kanekonoujousantama …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考URL拝見させていただきました。
せっかくの有効成分を保つために切った後1時間放置ということを実行したいと思います。

お礼日時:2004/12/01 22:24

水に溶けるようですよ↓



参考URL:http://www.shufu2.jp/dic/hinto/0039.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。さて、成分の硫化アリルは水に溶け易いということでサラダ等を作る時には余り水にさらさない方がいいということは存じておりました。もし、炒めた場合はどうなるかご存知でしたら教えてください。

お礼日時:2004/12/01 19:12
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC)の基礎知識〜原因・症状・治療法

    播種性血管内凝固症候群(DIC)とはどんな病気か  元来、正常な血管内では、血管内皮の抗血栓性や血液中の抗凝固因子のはたらきにより、血液は凝固しないような仕組みをもっています。  播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる予後不良...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング