出産前後の痔にはご注意!

赤で囲んでるところ、なんて読みますか?

「赤で囲んでるところ、なんて読みますか?」の質問画像

A 回答 (1件)

ぜんそく です

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます‼️助かります!!!!!

お礼日時:2019/04/20 21:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Qこの画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでし

この画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでしょうか?

Aベストアンサー

船を擬人化した表現ではないですか。
船自身が自分の意思で進むことを忘れたような、と言いたかったのでは。

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q何と読むのでしょう

誰が描いた絵で何と書いてあるのでしょう。

Aベストアンサー

No.1です。
書いた絵師は「葛飾北斎」ですね。
ボストン美術館に所蔵されてます。

Q読める方いますか?

読める方いますか?

Aベストアンサー

達筆過ぎて読めない。部分的には読める字もあるが、全体を読む自信はない。「芸術・クラフト」の「書道」で質問をしてください。

Q「生姜シロップ」と「黄金あまざけ」の広告文が気持ち悪い

新聞紙面広告で、九州アスリートという会社の「生姜シロップ」と「黄金あまざけ」を見かけます。
商品紹介が、ルポルタージュ風??にしてあるのですが、文章が気持ち悪い。
うまく言えませんが、きっちりした新聞記事(日本語)の間にある広告なので、文章の稚拙さが際立つというか・・・。
よせばいいのに毎回読んでイライラします。
以前は「生姜シロップ」の広告をよく見かけましたが、最近は「黄金あまざけ」に代わりました。安定の気持ち悪い文章です。

この質問を書くにあたって、同製品のウエブサイトも見てきましたが、同じ調子で商品紹介されています。

同様に思われる方いらっしゃいませんか。
このイライラ感、うまく説明してください。

Aベストアンサー

いわゆる健康食品の広告宣伝には、共通して「怪しさ」「如何わしさ」が感じられます。それを「気持ち悪さ」と受け止めたということでしょう。

健康食品はあくまでも食品であって医薬品ではないので、特定の「効能」をうたうことはできません。そこで、違法にならないギリギリの範囲でいかにも優れた効能や効果があるように勘違いさせるような文言や映像を並べます。

片隅に「個人の感想です」「効果には個人差があります」と注記しているのは、そのエクスキューズです。が、「個人の感想です」とあっても、内容によっては薬機法(旧薬事法)・景表法に抵触する場合があります。

毎日継続して食べることを薦める食品でありながら、一般の食品よりもかなり高価です。
お金の使い道に困っている人には継続的効果がある商品といえるでしょう。
怪しい・如何わしい文言に釣られる消費者がいる限り、この手の広告宣伝はなくなりません。

怪しい商品や如何わしい広告は、消費生活センターやJAROに相談するとよいです。人的に気持ち悪いという類でも、多くの消費者が同様に感じるものは指導の対象になると思います。

消費生活センター・国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/

日本広告審査機構(JARO)
http://www.jaro.or.jp/

いわゆる健康食品の広告宣伝には、共通して「怪しさ」「如何わしさ」が感じられます。それを「気持ち悪さ」と受け止めたということでしょう。

健康食品はあくまでも食品であって医薬品ではないので、特定の「効能」をうたうことはできません。そこで、違法にならないギリギリの範囲でいかにも優れた効能や効果があるように勘違いさせるような文言や映像を並べます。

片隅に「個人の感想です」「効果には個人差があります」と注記しているのは、そのエクスキューズです。が、「個人の感想です」とあっても、内容...続きを読む

Qおめこ

「おまんこ」と同じで

女性性器の俗称
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/33025/meaning/m1u/%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%93/
という意味であることは周知の事実と思われます。

ただ、「女子」という熟語に「めこ」という読みがあることは寡聞にして知らなかった。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/217277/meaning/m1u/%E5%A5%B3%E5%AD%90/
そこで質問ですが、
「おめこ」の「めこ」は「女子」の読みからきたものでしょうか?
そうだとした場合も含め、この「お」は尊敬語または美化語のうちどちらでしょうか?
それとも「おめこ」自体が元々ひとつの単語ですか?

Aベストアンサー

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方によっては
「めんちょ」などとも言います
ここでも「め」が使われています

最後の「こ」は
「どさんこ」や「ちびっこ」などのように
これも敬称で
可愛いものの最後に「こ」をつけるのですね

ある意味「女子」でも同じことですから
正解といえば正解ですね

幼女の性器は
ふっくらとしておまんじゅうに似ているところから
昔はまんじゅうとも呼ばれていて
そこに敬称の「お」がつき
最後に可愛いので「◯◯っこ」がつき
「おまんこ」ですね

ですから、大人の女性では
「おまんこ」はふさわしくないかもしれません

詳しくは
上記の本をお読みください

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方に...続きを読む

Q「五月雨ですみません」という日本語について

日本語を勉強中の中国人です。「五月雨ですみません」という日本語についてお伺いいたします。この言葉はビジネスメールでよく使われるのでしょうか。ネットでも調べてみたのですが、正確は「五月雨式ですみません」となっているでしょうか。基本的には目上の方にも使える用語でしょうか。それとも同輩とそれ以下で使われるのでしょうか。

ある件について目上の方に何度もご連絡した場合、メールの冒頭に置くクッションの言葉としては、「五月雨ですみません」、「度々失礼いたします」、「何度もご連絡して申し訳ありません」などどれが好感を持つ言い方でしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(「さみだれ」が少しずつ繰り返し降ることから)継続しないで、繰り返す行動などについていう。「さみだれスト」
 さみだれ(五月雨)が降るかと思えば降らなかったり、降らないと思うと急に降ったり、気まぐれなことを、人間の行動にたとえたものです。見方によっては相手への嫌がらせです。
 結論としては印象の悪いことですから、注意して用いてください。こちらのやり方が相手にとってあまり好ましくないことを、冗談のように表現したものです。

Q新元号 ルーツはやはり中国 ?

令和

万葉集の

[ 初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香 ]

が基であり、はじめて国書から引用したものだと政府もメディアも盛んに喧伝しています。
しかし、それ自体が、実は中国の詩文集である『文選』からの引用らしい。
張衡(78-139)が著した「帰田賦」という書物の、

[ 於是仲春令月 時和気清 ]

という一節。
https://setsuhaji.com/post-5993/
所詮、漢字自体が中国から来たものなのですから、漢字を使う以上、日本の伝統とか自慢げに強調しないほうが良さそうですね。
そこで質問です。

このように、「裏をかいたつもりで、結局は絡めとられている」的な状況を表わす諺や熟語ってありませんでしたっけ。

Aベストアンサー

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だから「文選」から拝借してお茶を濁したのです。
751年「懐風藻(かいふうそう)」
814年「凌雲(りょううん)集
818年「文華秀麗集」
827年「経国(けいこく)集」
810年「文鏡秘府論」空海/漢詩・漢文論
などの「漢詩文集」に目をやることはできなかったのか。私は不思議に思う。日本の書物を「出典」にしたい、そういう気持ちが先走ったのでしょう。「万葉集」は如何にも日本的です。しかし、そこにあるのは「万葉仮名」(あくまでも「仮名」です)で書かれた和歌です。わずかに目についた漢文に目が行ったのですが、それが「文選」由来であった。一体「有識者」は何を考えていたのか。
 回答になっていませんが、私の気持ちを述べました。

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング