はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

高齢法の経過措置と老齢厚生年金との
関係(カラクリ)が、分かりません。どのように構築したのか?。学者等わかる方いましたらご教示下さい。(無理かな(涙)・・・)。

高齢法の経過措置
・平
成25年4/1~ 平成28年3/31 までは61歳上
は条件付きの再雇用。
【生年月日はS27年4/1~ S30年3/31生まれ】

・平成28年4/1~ 平成31年3/31までは62歳以上
【S29年4/1~ S32年3/31生まれ】

・平成31年4/1~ 平成34年3/31までは63歳以上
【S31年4/1~ S34年3/31生まれ】

・平成34年4/1~ 平成37年3/31までは64歳以上
【S33年4/1~ S36年3/31生まれ】

これに対して

60歳大台前半の特別支給の老齢厚生年金の 報酬比例の支給はと言うと

【S27年4/1~ S28年4/1生まれ】60歳から支給

【S28年4/2~ S30年4/1生まれ】61歳

【S30年4/2~ S32年4/1生まれ】62歳

【S32年4/2~ S34年4/1生まれ】63歳

【S34年4/2~ S36年4/1生まれ】64歳

上記に5歳遅れの生年月日の女性の方も勘案しなければいけないですし、法律上の生年月日月日は前日も加味すると、✋ ✋

機構の方にTELしたら、分からないとのことでした。

A 回答 (2件)

改正高年齢者雇用安定法(2013年4月1日施行)では、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分の支給が開始される年齢が段階的に引き上げられることを勘案し、経過措置を設けました。


2025年3月31日までの12年間に限り、「継続雇用制度の対象者の限定」を「当該支給開始年齢以上の者」について認めています。
なお、2013年3月31日までに当該限定基準を定めていた事業主のみが、経過措置を適用できます。

当該限定基準(経過措置)の対象者は、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢以上の者に限られます。
年金の支給開始年齢は男女で異なりますが(女性は5年遅れ)、経過措置の対象年齢は、実は男女同一です。
これは、男女雇用機会均等法によって、女性に対する「男性とは異なる取扱い」が禁止されているためです。
    • good
    • 3

2013年4月1日から2025年3月31日までの12年間の経過措置は、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢が61歳・62歳・63歳・64歳‥‥と4区分に亘って段階的に引き上げられることから、12÷4=3で、3年毎に分けられています。


61歳~64歳で支給開始年齢を迎えるのは、昭和28年(1953年)4月2日~昭和36年(1961年)4月1日生まれの人(男女同一)。
すなわち、平成26年(2014年)4月1日に61歳到達日(年齢計算に関する法律により、生まれた日の前日が到達日)を迎える人~令和7年(2025年)3月31日までに64歳を迎える人が、経過措置の対象です。

経過措置の制度設計上、支給開始年齢が引き上げとなる年齢の範囲と、経過措置の対象となる年齢の範囲とは一致しています。
支給開始年齢のほうは2年刻みとなっていますが、経過措置のほうは3年刻みにしているわけですから、ずれは生じます。カラクリでも何でもなく、当然のことです。
しかし、制度設計上の対象年齢範囲を一致させているので問題なく、「支給開始年齢の引き上げに対応する」という経過措置の目的はきちんと果たされています。
したがって、あまりむずかしく考えないことが大事だと思います(はっきり言って、どうでも良いこと)。

このような考え方で改正法が構築されました。
構築時の考え方に関しては、厚生労働省のホームページ上に、法定の審議会などにおける多数の資料として掲載されていますが、非常に大量ですので、ご面倒でもご自分でお探しになって下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

気が楽になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/04/22 15:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本が積み立て式の年金制度にはもう戻せないのでしょうか?

少子高齢化や生産性のない人間の大増加など
国や納税者の負担は年々増加。

シンガポールみたいに出生率は低くても高齢者が少なく、
国全体に占める生産性人口は7割以上(日本はちょうど5割ほど)、フルタイム共働き率は97%(スウェーデンが98%、日本はわずか68%)
だから安い税金で年金制度もあちらは安泰。

これでは日本の今の保険制度と同じで払わされれば払わされるほどそんなシステムになってきそうですね。

専門家がいうには今の50代までは70代後半以降までいきていれば年金はプラスになる。よって男性でも平均寿命までいきていれば納付した分以上のお金がもらえる(しかし日本の場合は掛け捨てですから、もらう前までに死亡すればほとんど損失)
しかし40代や30代ですとだいたい男の場合は納付した額と貰う額が平均寿命までいきて同じぐらいで、20代や10代は損だそうです。

まぁ人生100年時代とかいってるので、本当にそんなにいきてるようになったら
特するでしょうが、人生100年時代になったら今でも世界6番目に多い3800万の高齢者がいるのに100歳までいきてたら、高齢者が5000万~6000万になるわけですけどね。
もっともそこまでのびたら高齢者の定義が75歳ぐらいからになると思うけど。
そうなると年金開始もそれ以降になるでしょうけど。

少子高齢化や生産性のない人間の大増加など
国や納税者の負担は年々増加。

シンガポールみたいに出生率は低くても高齢者が少なく、
国全体に占める生産性人口は7割以上(日本はちょうど5割ほど)、フルタイム共働き率は97%(スウェーデンが98%、日本はわずか68%)
だから安い税金で年金制度もあちらは安泰。

これでは日本の今の保険制度と同じで払わされれば払わされるほどそんなシステムになってきそうですね。

専門家がいうには今の50代までは70代後半以降までいきていれば年金はプ...続きを読む

Aベストアンサー

スウェーデンの有名な児童作家が、働けば働くほど税金で持って行かれる国、という小説を書きました、当時スウェーデンでは収入の97%が税金で持って行かれたのです。もちろん病院はただ。だが美味しいものは一切食べられない。

Q年金の同月得喪の場合、例えば同月に国年保険料と厚生年保険料を支払った場合には、国年の年金額と厚生年の

年金の同月得喪の場合、例えば同月に国年保険料と厚生年保険料を支払った場合には、国年の年金額と厚生年の年金額(計算)に反映されるのでしょうか?

Aベストアンサー

平成27年(2015年)の10月以降、添付画像のとおりの取扱いとなっています。
それ以前は、同月得喪があった場合、「厚生年金保険料と国民年金保険料をともに負担する必要があり、その月は再就職しないかぎり、年金額の計算上、厚生年金保険の被保険者期間とはされずに国民年金のみの被保険者期間とされる」との取扱いになっていました。

平成27年10月以降の同月得喪では、その月は、国民年金保険料だけを納めれば良いことになっています。
年金額の計算上は、その月に再就職しないかぎり、国民年金のみの被保険者期間とされます。

したがって、退職までに、もし厚生年金保険料をも納めてしまっていた場合には、還付されます。
還付がなされるときには、後日、年金事務所から還付に係る通知書が郵送されてくるため、それに添付された還付請求書に記入・返戻することで還付を受けられます。
事業主負担分も含めて退職時の事業所(会社)に還付されることになっているため、本人負担分の還付は会社経由になります(健康保険の同月得喪に関しては変更がないため、還付もありません。)。
ただし、実務的には、退職時にいったん厚生年金保険料の本人負担分を徴収し、事業主負担分+本人負担分としての還付があったときに本人負担分を会社が返金する、という運用がなされています。

平成27年(2015年)の10月以降、添付画像のとおりの取扱いとなっています。
それ以前は、同月得喪があった場合、「厚生年金保険料と国民年金保険料をともに負担する必要があり、その月は再就職しないかぎり、年金額の計算上、厚生年金保険の被保険者期間とはされずに国民年金のみの被保険者期間とされる」との取扱いになっていました。

平成27年10月以降の同月得喪では、その月は、国民年金保険料だけを納めれば良いことになっています。
年金額の計算上は、その月に再就職しないかぎり、国民年金のみの被保険者...続きを読む

Qねんきん定期便で基礎年金番号はわかりますか?

ねんきん定期便のハガキが手元にありますが、
基礎年金番号は書いていない場合と書いてある場合
があると思うのですが、どうしてでしょうか?

書いてない場合は照会番号と書かれているみたいです。
書いてない場合、調べる方法はありますでしょうか?

教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基礎年金番号は、以下の書類でご確認ください。
なお、個人情報を保護するために、メールや電話ではお答えすることができません。
1.青色の年金手帳(青色以外の年金手帳をお持ちの方は、以下の書類でご確認ください。)
2.基礎年金番号通知書
3.国民年金保険料の口座振替額通知書
4.国民年金保険料の納付書、領収書
5.年金証書
6.各種通知書等(年金額改定通知書、年金振込通知書等)
7.平成28年度「ねんきん定期便」(平成28年4月から平成29年3月送付分)
上記の書類で確認できない場合は、
会社員の方などは、お勤め先の総務関係の部署にお尋ねください。
「ねんきん定期便」をお手元にご用意のうえ、「ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号」にお電話ください。後日、基礎年金番号が記載された書類を郵送します。
お近くの年金事務所の窓口でご相談ください。
https://www.nenkin.go.jp/faq/n_net/goriyou/moshikomi/20150519.html

Q元教員だった父の年金について教えて下さい

父が亡くなり、父の年金を銀行口座で調べていて、とても不思議に思ったことがあるので教えて下さい。
父は昭和12年生まれで、22歳で大学卒業後、60歳定年までの38年間、公立小学校の教員として勤務していました。それ以外の職歴はありません。

その父の年金額は、通帳に記載された額を見ると、基礎年金が年間約50万円弱、公立学校共済組合から振り込まれる年金が年間約200万円となっていました(つまり合計で年間250万円くらいです。)

そこで2点の質問です。

(質問1)
基礎年金と公立学校共済組合からの年金の合計額=年間約250万円という金額は「まぁ、そんなもんかな」と思います。
ただ、私の認識では、基礎年金=国民年金であり、それは年間80万円弱という理解です。また、2階部分(共済年金部分=報酬比例部分)は、その人の現役時代の収入にもよりますが、父の場合170万円くらいの年金額なのではないかと推測します。
しかし、なぜ父の場合、1階部分の基礎年金が年50万弱で、2階部分の共済組合からの年金が200万円なのでしょうか?

(質問2)
基礎年金部分の2か月ごとの支給額が、微妙に異なっているのが不思議です。
平成30年度の支給額を見ると、2月分=83,185円、4月分82,983円、6月分=83,183円、8月分=83,1831円、10月分=83,393円、12月分=83,783円でした。
なぜ支給月によってこんなにもバラツキがあるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

父が亡くなり、父の年金を銀行口座で調べていて、とても不思議に思ったことがあるので教えて下さい。
父は昭和12年生まれで、22歳で大学卒業後、60歳定年までの38年間、公立小学校の教員として勤務していました。それ以外の職歴はありません。

その父の年金額は、通帳に記載された額を見ると、基礎年金が年間約50万円弱、公立学校共済組合から振り込まれる年金が年間約200万円となっていました(つまり合計で年間250万円くらいです。)

そこで2点の質問です。

(質問1)
基礎年金と公立学校共済組合か...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは、通帳の振込額を確認されたのですね。
正確なところは、父上宛てに届いているはずの年金額の決定通知書で確認されるのが確実だと思います。年金額が改定されるたびに届いていたはずです。

まず、基礎年金額ですが、父上の過去の就労状況からすると、確かに満額の約78万円程度になるはずです。
手取りと言うことですので、おそらく税金と後期高齢者医療保険・介護保険料などが、この基礎年金から特別徴収されていたと思われます。その差額が通帳の額ではないでしょうか。30万円弱の特別徴収ということは、あり得る額だと思われます。年金からの源泉徴収票が送られてきていますので、確認されてみてください。

次に、月ごとの支給額の違いですが、可能性として以下のような要因が考えられます。(思いつくものだけあげさせてもらいました)

・2月分は年間支給額の端数調整分が含まれています。2月以外は年額を6か月で割った額の1円未満を切り捨てて支給されますが、最後の2月分で切り捨てた分も含めて調整を行います。したがって、2月分はそれ以外の月と比べて、数円だけ多くなる場合があります。

・税金や保険料の特別徴収額は、4~8月分については、まだその年度の額が確定していないため、前年度の額をもとに仮徴収しますが、10~2月分で本徴収され、それまでの仮徴収分を含めて精算されます。

・毎年、被扶養者控除等申告書を提出しますが、特に30年分(29年中に提出)は様式が変わったため、正しく提出されなかったり、提出時期が遅れたりした可能性が考えられます。そのため、例えば4月分で想定以上の税金が引かれていたりする例があるようです。正しく提出された後、どこかの月で精算が行われたかもしれません。

・30年度は、基礎年金額は据え置きだったと思いますから、それが理由の改定はなかったはずです。

なお、共済年金の場合は、3階部分(職域加算など)もありますから、通常の厚生年金の額以上の年金が出ているはずです。

質問者さんは、通帳の振込額を確認されたのですね。
正確なところは、父上宛てに届いているはずの年金額の決定通知書で確認されるのが確実だと思います。年金額が改定されるたびに届いていたはずです。

まず、基礎年金額ですが、父上の過去の就労状況からすると、確かに満額の約78万円程度になるはずです。
手取りと言うことですので、おそらく税金と後期高齢者医療保険・介護保険料などが、この基礎年金から特別徴収されていたと思われます。その差額が通帳の額ではないでしょうか。30万円弱の特別徴収というこ...続きを読む

Q厚生年金の見込み額が7%程度下がった理由

平成30年のねんきん定期便に記載された老齢年金見込み額(一般厚生年金)が、平成29年のものより、7%くらい下がっています。再評価率やマクロ経済調整では説明できない大きさと思いますが、どのような理由でしょうか。

当方、54歳、加入期間29年、かなり前から標準報酬月額は一定です。

Aベストアンサー

すみません。
一部、ご提示いただく内容に
訂正があります。
      【追加↓】
①標準報酬月額、標準賞与額
②国民年金保険料の累計額
③厚生年金保険料の累計額
④老齢基礎年金額
⑤老齢厚生年金額
をご提示下さい。

いかがでしょうか?

Q年金受給額について

先日父が亡くなりました。
通帳を確認したところ
厚生年金と企業年金合わせて
月に48万円でした。
テレビやネットを見ても
月15万ほどが平均と聞いたり
みたりしていたのでものすごくびっくりしました。
公務員や銀行員の方は年金が多いと聞きます。
父はIT系?のエンジニア?か
何かよくわからないのですが
パソコン関係の技術職でした。
そして小さい頃から貧乏ではなかったですが
特別お金持ちだった記憶もありません。
企業年金は
収入に対しての支払いなのでしょうか?
それとも自分で決めれるもの?
年収がいくらであれば
この額の年金になるのでしょうか?
とても不思議だったので
どなたか教えて下さると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No8です。

もらってる方もたくさんいらっしゃるんですよね?そこが知りたかったのです。
⇒企業年金を含めて月50万円の年金は、大学卒業新卒で大企業に入社し、定年まで勤めた人の大半はそれぐらいの年金になります。
(但し、企業年金の全額又は、一部を一時金で受取った人は、そんなにならない)

貴方は、現在の自分の家庭の年収400万円からして、現役より年金生活者の方が多い事が信じられないのでしょう

尚、厚生年金は比較的若い頃(自分の場合は35歳位)から、標準報酬月額の上限(最高)になってしまいますので、ほぼ皆同じになってしまいます。
厚生年金額受給額からして現役時代の年収推定出来ません。

ただ、ネット・TVは平均を言っているので低いのです(平均のトリックです)

現在40才台以下の人達は、残念乍ら企業年金も相当少なくなっていることでしょう

何度も申し上げる様に、保証期間の無い又は保証期間が5年程度と極めて短い期間の終身年金等考えられませんが?
(他の方も、残りの一時金と言っているのがそれです)

Qすみません以前は年金の事で質問させて頂きましたが今回は国民保険料金についてお聞きしたいです。 こちら

すみません以前は年金の事で質問させて頂きましたが今回は国民保険料金についてお聞きしたいです。
こちらは大阪の堺で未婚シングルで小学生の子供が居て年収125万から130万です。
130万として教えて頂けたら幸いです。この場合国民保険ですとかなり高くなりますか?私は40才過ぎてますから介護のお金もかかります。
また非課税にはなりませんよね?
年金はギリギリ全額免除になる感じでしょうか?
以前は120万でお願いしました。どうも120万を越えて来そうなので質問して見ました。
宜しくお願い致します。

またあまりにも国民保険が高い年金が免除にならない場合はもっと働いて社会保険にした方が良いのか迷ってます。宜しくお願い致します

Aベストアンサー

>未婚シングルでも大丈夫ですか?
大丈夫です。

回答をまとめておきますかね。

130万以下の給与収入で、
お子さん1人を扶養しており、
母子家庭2人きりの世帯なら、
①国民健康保険料は年間10万
②国民年金の全額免除
③住民税の所得割は非課税
※住民税の均等割年5300円は課税。

逆に②③の給与収入の上限は
②年金全額免除の所得上限は、
 35万×2人+22万=92万
 給与収入換算で157万まで

③住民税所得割非課税の所得上限は、
 35万×2人+32万=102万
 給与収入換算で167万まで

となり、
●年間給与収入157万までなら、
●年金も住民税(所得割)もかからない
ってことです。
>未婚シングルでも大丈夫ですか?
この条件は、未婚シングルマザーでも
クリアできる条件です。
お勤め先で、
『扶養控除等申告書』の
『○住民税に関する事項』の
『16歳未満の扶養親族』に
お子さんの氏名、マイナンバー等を
記入するのが重要なポイントです。
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm


次に、
勤め先で社会保険に加入して働く場合。
社会保険料は給与収入の16%程度天引
されることになり、
▲130万なら、20万程度
▲200万なら、31万程度
引かれることになります。

但し、年金は厚生年金に加入する
ことになりますから、
国民年金の全額免除に比べ、
●基礎年金は満額受給
●厚生年金がさらに加算
となり、
●老後の年金額は有利になります。

また、児童扶養手当は、
●給与収入160万までなら、
●全額支給となり、
●月42,910円となります。
これは、社会保険に加入するしない
に関わらず、給与収入額で決まります。

200万の給与収入だと、
児童扶養手当は、
月36,710円に減額されます。

ということで、ポイントとしては、
給与収入157万以内で
年金全額免除か?
社会保険に加入して、
もっと収入を得るか?
といった感じでしょう。

あなたの昨年の所得状況等が見えない
のと、未婚シングルマザーの優遇制度
全般が見えないのもあるので、
堺市役所の福祉課で相談されることを
お奨めします。

>未婚シングルでも大丈夫ですか?
大丈夫です。

回答をまとめておきますかね。

130万以下の給与収入で、
お子さん1人を扶養しており、
母子家庭2人きりの世帯なら、
①国民健康保険料は年間10万
②国民年金の全額免除
③住民税の所得割は非課税
※住民税の均等割年5300円は課税。

逆に②③の給与収入の上限は
②年金全額免除の所得上限は、
 35万×2人+22万=92万
 給与収入換算で157万まで

③住民税所得割非課税の所得上限は、
 35万×2人+32万=102万
 給与収入換算で167万まで

となり、
●年間給与収入157万までな...続きを読む

Q娘が就職しました。会社で健康保険証を貰ってきたのですが私の会社の健康保険証のままではダメなのでしょう

娘が就職しました。会社で健康保険証を貰ってきたのですが私の会社の健康保険証のままではダメなのでしょうか?私の会社の健康保険証でよければ娘も少しは助かるのかと思うのですがテント・・。これって扶養から外れたってことなのでしょうか?

Aベストアンサー

娘さんも収入が見込める。
もう扶養じゃないから、
貴女の会社の保険
利用出来ません。
会社に返却して下さい。

うちは皆
保険バラバラですよ。
誰も扶養いません。
勿体無い気しますが、
仕方ないですよね…笑

Q総支給賃金と実際に受け取る手取りの差が26%ある。 自分の給料だと税金は20%のはず。 6%はなぜ多

総支給賃金と実際に受け取る手取りの差が26%ある。

自分の給料だと税金は20%のはず。

6%はなぜ多く引かれているのでしょう?

Aベストアンサー

税金は支給総額の何%と単純に決まるわけではないので、単純に20%ということはありません。

給与から差し引かれるものとしては、所得税のほか住民税、社会保険料があります。
それらを天引きされるときは給与明細の交付が義務つけられていますので、それを確認してください。

一般的には26%程度天引きされるのは普通です。

Q年金ははやく公平なアメリカやシンガポールのような積み立て式に戻すべきですよね?

ついに株式の年金運用でも、
2018年下半期は過去最大の15兆の赤字

健康保険制度と同じくあまりに不公平な制度

働かない者(納付額が少ない者)が長生きし長い期間受取続け
たくさん納めてきた人が早死にしてほぼ掛け捨て状態になったり

たくさん保険を納付させられほとんど恩恵のないものもたくさんいる反面
成人してまで扶養で健康保険料もろくに納付せず
医者に通いまくる奴もたくさんいる。

特に日本の女性は先進国の労働力で韓国についで2番目に低いのに
医者の通院数はその韓国の女についで世界で2番目に多い。OECDの平均値の約2倍。


今の時代、こういう不公平な制度は時代に合わないでしょう。

やっぱりシンガポール型の

給与に対し20%の積み立て強制及び雇用主が給与額に対し10%の積み立て
これできっちり定年の60代前半まできちんとフルタイムで労働すれば
5000万以上の貯蓄になり

株価が下がろうと、少子高齢化だろうと社会補償にはなに一つ影響ないのにね。
高齢者が増えすぎた、子供が減った、だから何?特にデメリットないんだけどなんですけどね。

ついに株式の年金運用でも、
2018年下半期は過去最大の15兆の赤字

健康保険制度と同じくあまりに不公平な制度

働かない者(納付額が少ない者)が長生きし長い期間受取続け
たくさん納めてきた人が早死にしてほぼ掛け捨て状態になったり

たくさん保険を納付させられほとんど恩恵のないものもたくさんいる反面
成人してまで扶養で健康保険料もろくに納付せず
医者に通いまくる奴もたくさんいる。

特に日本の女性は先進国の労働力で韓国についで2番目に低いのに
医者の通院数はその韓国の女...続きを読む

Aベストアンサー

現行の制度を自分が納めた年金を自分がもらう方式に切り替える場合に
直ぐに切り替えるということは出来ません。

移行期間が必要になります。

そして移行に伴い一番問題となることは無駄使いをして原資を減らしている為、
本来あるべき額がない状態でありそれが、確定することです。

そうすると現在の支給方式では支給額を維持できません。

そこで、私が、一番やらなければならない改革として、

国民年金制度を「貧乏掛け捨て保険」と位置づけ、

保険料は徴収されるが一定以下の所得水準にならなければこの年金は支給されない
という風に変更するべきだと思います。

この変更により最初は混乱するかもしれませんが、

がん保険や死亡保険のようにがんになったから保険がもらえた、死んだからお金がもらえた。
ラッキーとはならず、

病気にならなくてよかった死なないで良かったという考えになるように

貧乏にならなくてよかった、貧乏にならなかったから掛け捨ての貧乏保険はもらえなかったラッキーと
なるはずです。

この改革が成功すれば現行の支給額を維持したまま、
年金の制度も変更でき、

貧乏になった場合のセーフティーネットも整備されると考えます。

この制度変更はぜひ行うべきだと思います。

以上、参考になれば幸いです。

現行の制度を自分が納めた年金を自分がもらう方式に切り替える場合に
直ぐに切り替えるということは出来ません。

移行期間が必要になります。

そして移行に伴い一番問題となることは無駄使いをして原資を減らしている為、
本来あるべき額がない状態でありそれが、確定することです。

そうすると現在の支給方式では支給額を維持できません。

そこで、私が、一番やらなければならない改革として、

国民年金制度を「貧乏掛け捨て保険」と位置づけ、

保険料は徴収されるが一定以下の所得水準にならなければこの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング