人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

介錯というのは切腹した人の首を切り落とす行為であり、現代だとモロに殺人罪にあたります。

しかしながら、歴史上、介錯人が悪人とされたことはほとんどなく、苦しまずに自殺するための温情ある行為とされてきたことが多いです。

介錯は明治維新後にも行われており、西南戦争に敗北した西郷隆盛も介錯されているところですが、それでは、日本で最後に行われた介錯はいつ、どこであったものでしょうか?

日露戦争あたりまではあったのでしょうか。
それとも、第二次世界大戦の頃にも介錯があったりしたのでしょうか。
自殺者は今も多いですが、さすがに戦後日本で介錯は行われていないように思いますが、どうでしょう。

質問者からの補足コメント

  • 戦後にもあったことは驚きです。
    だとすると、大戦中も敗残兵による介錯が何回も行われていたことが想像できますね。

      補足日時:2019/04/21 16:55
  • 刑法202条の同意殺人でしょうか。
    これも殺人罪といえばそうですが。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/04/22 07:31

A 回答 (8件)

大戦中はむしろかなりの数が行われています。


例えば沖縄戦では牛島満と長勇が6月23日に
剣道5段の次級副官に介錯してもらっています。
逆に、特攻の生みの親と言われた大西瀧治郎や
終戦時の陸軍大臣である阿南惟幾は
自刃するときに介錯を断っています。
    • good
    • 1

一応突っ込んでおくと, 介錯を「モロに殺人罪にあたります」とするのは早計に過ぎるんじゃないかな.



少なくとも刑法199条の適用はしにくい.
この回答への補足あり
    • good
    • 0

No.5です。



戦地では、負傷して苦しむ「同期の桜」を、

見過ごすことが出来なくて、介錯して楽にしてあげたのでは

ないかと思います。

その時に、「日本に帰れたら、家族に渡して欲しい」と

遺品を託されたのではないでしょうか?

生き残った兵が、託された遺品を渡すために、

残った家族を探し求める、、という映画を観たことがあります。
    • good
    • 1

昭和45年、市ヶ谷駐屯地のバルコニーにて、



「憲法改正」の決起をうながし、自分の命をかけて憲法改正を訴え

切腹した三島由紀夫ですね。



憲法は改正になっていません。
    • good
    • 0

三島事件の時に、三島由紀夫と三島を介錯した森田必勝が


各々割腹自殺した後に介錯されています。
    • good
    • 1

記録に残るものではおそらく自衛隊市ヶ谷駐屯地の三島由紀夫ではないかと思います


1970年11月だったと記憶しています
    • good
    • 0

ブー!戦後から25年経った1970年に起こった三島事件かな?


詳しくは「三島由紀夫」「三島事件」でネットを検索してちょ。
    • good
    • 0

1970年11月25日、東京都市ヶ谷。

古賀浩靖
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q赤穂浪士・赤穂事件について教えてください。 馬鹿な人間にも理解できるように、できるだけわかりやすくお

赤穂浪士・赤穂事件について教えてください。

馬鹿な人間にも理解できるように、できるだけわかりやすくお願いします!

Aベストアンサー

播磨赤穂藩の藩主(浅野内匠頭)がキチガイになって江戸城で吉良上野介に切りかかる。将軍は激怒し、藩主は切腹。(おそわれた吉良には何もなし。この度は不運だったな、とか言われたんじゃないでしょうか)
藩主の家臣たちも2/3は去っていったが、大石内蔵助ら47人は、理由はともかく仕えてた君主が殺されたので、敵討ちしなければと、数年かけて罪のない吉良上野介を殺害。志を貫いたと皆が切腹して終わり。

江戸時代において、敵討ちは”やるべきこと”という認識のものではあったが、実際に出来たものは極少数であったらしく、そんな中で敵討ちをやりとげた赤穂浪士たちを英雄と見なすようになる。
当時はキチガイなど知られていないので、切りかかられた吉良上野介を色々ウソ話でイヤなやつに仕上げて襲われてもしかたないと思わせ、正当な判断で去っていった家臣の2/3を裏切り者にし、逆恨みというか自分たちの独善で吉良を殺した無法者のようなやつらを、正義の味方のように仕上げた物語を作ると、これが大好評で今に至る。

Q豊臣秀吉は朝鮮半島南部くらいなら支配できたのではないですか?

豊臣秀吉の朝鮮出兵ですが、朝鮮の首都(漢城)はすぐに陥落し、次に明軍との戦争になり、明・朝鮮連合軍との戦争になって最終的に撤退することになります。

でも、いくら秀吉軍が強いといっても、さすがに明を征服できる力があったようには思えません。

明との衝突を避け、目的を朝鮮半島南部の支配に限定すれば、目的が達成できた可能性が高いと思いますが、どうでしょうか。
そして、毛利や島津、徳川といった、後で逆らってきそうな大大名を朝鮮南部に配置すれば、邪魔者を追い出せますし、一挙両得のように思います。

Aベストアンサー

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っています。
ちなみに、文禄の役の時に碧蹄館の戦いで大損害を出した明は、
以後は朝鮮の意向を無視して講和に方針転換しています。
さらに慶長の役が終わった後、明史では

  (前略)喪師數十萬,糜餉數百萬,
  中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息
 (明史 朝鮮伝(320巻)26年11月)

  10万の兵を失い、100万の糧食を浪費したけど
  中朝(中国)と属国(朝鮮)には勝算が無かった。
  関白(秀吉)が死んだから終わってくれた。

と書かれていたくらいです。
このように、明とはそれなりの勝負はできているので、
本格的に準備をすればいい勝負はしたと思います。

余談ですが、南原城の戦いで見ても判るように
明は朝鮮南部まで軍を進めています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8E%9F%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
講和がうまくいった場合など、状況にもよりますが、
朝鮮南部だから明が来ないというわけではありません。


日本が勝てなかった理由は兵站が続かなかったから。
(慶長の役を含めるなら秀吉が死んだから)
当時、兵糧はある程度を現地調達するのが常でしたが、
朝鮮はそもそも春窮という言葉があるくらい貧しく、
耕作に適する土地が少ないので収穫は期待できません。
戦時には日本・朝鮮・明がそれぞれ徴発したから
ますます何もなくなりました。
たとえ朝鮮南部に限定して支配しても、
長大な国境線を長期にわたって維持するのは
(明側が意図しなくても)焦土戦術となって
かなりの負担で益は無いと思われます。


ちなみに、今の韓国の歴史認識に惑わされて
朝鮮人は果敢に抵抗した事を憂慮する方が多いようです。
確かに住民の反乱はそれなりにてこずりましたが、
日本が漢城に到着した時、国王は逃走し、町は既に焼かれていて
王子二名を捕虜にしたのは朝鮮人の働きなのは有名な話。
碧蹄館の戦いに先立つ第三次平壌城の戦いで
「日本側の戦死者を調べるとほとんど朝鮮人でした」
というオチが朝鮮王朝実録に書いてあるくらい。
  是日天兵當陣斬獲一千二百八十五級、生擒二名、
  竝擄浙江人張大膳、奪馬二千九百八十五匹、
  救出本國被擄男婦一千二百二十五名。
  (中略)
  李如松 平壤之役、所斬首級、半皆朝鮮之民、
  焚溺萬餘、盡皆朝鮮之民
政策さえ誤らなければ統治できなくはないと思います。

文禄慶長の役は征明嚮導とか仮道入明と言われたように、
朝鮮は通り道で秀吉は朝鮮を支配する意志がほぼ無いので
秀吉が朝鮮南部だけ統治するということはまずありません。
ただし、思考実験としての可能性を述べてみます。



文禄・慶長の役で、日本が明の参戦で苦戦に陥って
不利になったのは事実と言えなくはないですが、
文禄の役では碧蹄館の戦いをはじめ、第一次・二次平壌城の戦い
慶長の役では第二次蔚山城の戦い、泗川の戦い、順天の戦い等々
ほとんどの戦いで明(と朝鮮連合軍)には戦術的に勝っていま...続きを読む

Q清の康熙帝・雍正帝・乾隆帝が日本侵略を考えなかったのはなぜですか?

清の最盛期は長く、康熙・雍正・乾隆帝の全盛期は130年以上に及び、モンゴル帝国に次ぐ広大な領土を支配しました。
日本ではちょうど江戸時代にあたりますが、その当時の日本が清を恐れていたような記録はなく、清も日本を侵攻しようとは考えなかったようです。

意図していたわけではないと思いますが、相互不可侵の紳士協定が結ばれていたような感じです。
あれだけ領土拡大意欲の強かった清が、日本に対しては一切手を出さず、朝貢を求めるような素振りもなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

小規模な貿易は行われていたようですが、秀吉や倭寇影響か、あまり良い国交関係とは言い難かったようですね。

前王朝の時、倭寇対策が大変だった。
江戸時代になって、おとなしくなったので、あえてちょっかいを出す必要はなかったのでは?

さらに言うと、そのためもあって、清王朝でも海上交通に制限をかけていた。
そして朝貢貿易以外、むしろ鎖国に近い政策だったことも要因の一つではないでしょうか。

Q徳川家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのですか?

魏忠賢などの悪臣の専横によって乱れきった明朝の末期は徳川家康・秀忠が将軍だった頃であり、鎖国も行っていませんでした。
結果的に明は女真族という辺境の弱小民族によって征服されてしまうわけですが、徳川幕府がその気になれば明を征服するのは容易だったはずなのに、家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのでしょうか?

秀吉の朝鮮出兵の頃は、明もまだ弱体化が進んでいない頃でしたが、その頃とは比較にならないほど弱体化が進んでいたので。

Aベストアンサー

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います。
そういえば、そんなバカが過去にもいました。それは、日出る国の聖徳太子です。この時に現地で中国側と交渉した人物は秀吉の時と全く同じことをしています。現地で先進的な大国の実状を知って、日本側のトップの顔をつぶさないようにして、二枚舌で収拾するという方法です。

徳川家康は、豊臣秀吉の朝鮮侵略の失敗を教訓として300年続く日本の平和な時代の仕組みを作ります。限られた領土で平和を維持するために、大名の取り潰しや、参勤交代などの仕組みをつくりますが、政治的なシステム以外に庶民が作り上げたシステムもあります。それは、徳川300年の間に人口が全く増加していない事実から導かれます。

家康と秀忠は秀吉と同時代に生きていたので、二度とアホなことはしませんでしたが、その教訓を忘れてしまった平和ボケの人々は、明治に入って中国侵略を開始しますが、秀吉の朝鮮侵略から得られた軍事的な反省をなにひとつしていなかったため、最後は悲惨な結果になっています。
日清日露戦争は短期間の戦争であり、当時の日本は、欧米の先進的な兵器に関する各種技術を導入していたため、時代遅れの兵器相手に勝てるのは当然ですが、先進的な欧米諸国ではすでに確立していた兵站システムが全く構築されていなかったことが、日本の決定的な弱点と言うか特性なのだろうと思います。

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います...続きを読む

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q武士の給料「お米」ってどういう風に支払われたのですか?

江戸時代は武士の給料は「10石扶持」とかお米で支払われていたそうですが、具体的にどうやって支払われていたんでしょうか?

1:誰がどこから米を持ってくるのか?・・・藩御用達の米商人が大八車に俵を乗せて武家を1軒1軒回って配るのか?武家側が藩指定の米屋まで取りに行くのか?
2:いつ支払われるのか?・・・毎月決められた日に12等分のされた米が支払われるのか?年に1度だけか?正月?秋の収穫期?
3:お米はどういう状態なのか?・・・白米のままでは長期保存できないですし、俵に入った玄米や殻付きの米を持ってきて、その後武家側が精米してたのでしょうか?

以上3点の疑問について、分かる人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>年3回支給だとそれぞれいつ頃になるか分かりますか?
普通は春,夏に各1/4、冬に1/2だったそうです
>武家が魚が欲しい場合、魚屋さんに米の入った袋を持って行って交換するのでしょうか?それとも米を買い取る商人を屋敷に呼んで、一度現金と交換してから魚を買いに行くんでしょうか?
買い物は現金でないと出来ませんので、自分たちで食べる分だけ残して他は米問屋で換金していたそうです
ただし、武士への俸禄は米だけではなく、味噌、醤油、調理用の薪なども支給されていたので、そういう物は買う必要が無かったそうです

ちなみに凶作の年など、例年の数分の一しか米が取れなかった時は物理的に支給できませんので
そういう年は、支給できなかった分は来年以降支給するという手形が渡されたそうです
ただし凶作が何年も続いて手形が溜まる一方というような場合は、古い方から順番に無効、つまり反故にされることもあったそうです

Q教えてください!韓国人や在日もお願いします。

学校の部活動で歴史を勉強しています。

大韓民国が建国されたのは、1948年。それ以前は日本統治時代の他にも連合国軍統治時代、アメリカやロシアの統治もありました。

それより以前は中国に朝貢し庇護を受けるなどをしていました。モンゴルに占領されたこともあります。

しかし、大韓民国や北朝鮮は日本ばかりを口汚く罵ります。日本統治時代のことも勉強しましたが、モンゴルや中国の間接的な統治よりも、日本統治時代の方が韓国人も朝鮮人も優遇されていたと思います。

徴用工や慰安婦だって、自身から応募してきたり、朝鮮人(大韓民国は当時なかったので)でも、警察官や憲兵になれました。さらに、朝鮮国籍ではなく日本代表ですが、オリンピックに参加した朝鮮人もいます。
さらに、日本の衆議院議員になった朝鮮人もいるくらいです。
逆に日本統治時代、朝鮮からの密航者が絶えないと言う文献もあり、朝鮮人の無礼はいま始まったことではないんだなと思いました。

文大統領は朝鮮人は偉大とか言っていますが、確かに悪い意味では偉大ですね。気違い民族(本音が出ちゃった)

にも関わらず、反日をする韓国人は(現在の北朝鮮に住む朝鮮人は自由ではないので)やはり教育のせいで、あんなになっているのでしょうか?
歴史なんて新たな発見などで変化するのが普通ですが、韓国人は勉強し直すとか考えないのでしょうか?

韓国人が可哀想です。今後、文大統領の統治下で自由がドンドン規制されるかも知れません。韓国人がみな、被害妄想にしか感じません。

最近では、人造人間16号までが日本を批難していますが、自国の統治もできないボンボンデブに言われたくないですよね!

私は、北朝鮮が何か言っても別にどーでも良いやって思えるのですが、韓国人が言うと何かイライラするんですよね…大嫌いなのは、反日韓国人であって、日本を好きな人や旅行に来てくれる人には、人種や民族関係なく、親切にしたいので…

金委員長より、文大統領を先に暗殺したいくらい(笑)

話が逸れましたが、なぜ朝鮮人には日本統治時代のみに反発する輩が多いのでしょうか?

日本が言葉だけの対抗措置しかしないからかなぁとも思っていますが…

よろしくお願いします。

学校の部活動で歴史を勉強しています。

大韓民国が建国されたのは、1948年。それ以前は日本統治時代の他にも連合国軍統治時代、アメリカやロシアの統治もありました。

それより以前は中国に朝貢し庇護を受けるなどをしていました。モンゴルに占領されたこともあります。

しかし、大韓民国や北朝鮮は日本ばかりを口汚く罵ります。日本統治時代のことも勉強しましたが、モンゴルや中国の間接的な統治よりも、日本統治時代の方が韓国人も朝鮮人も優遇されていたと思います。

徴用工や慰安婦だって、自身...続きを読む

Aベストアンサー

しかし、大韓民国や北朝鮮は日本ばかりを口汚く罵ります。
 ↑
あそこは、中国に千回も侵略されていますが
中国には何も言いません。
教科書にも、内政干渉があった、としかありません。
それに対し、日本統治時代は、類を見ないほど悪辣な、
のオンパレードです。



日本統治時代のことも勉強しましたが、モンゴルや中国の間接的な統治よりも、
日本統治時代の方が韓国人も朝鮮人も優遇されていたと思います。
  ↑
優遇? ずいぶんと控えめな表現ですね。

・半島の人口が2倍に増えて24歳だった平均寿命が30年以上伸びた。
・40しか無かった学校を4271校以上の小学校がつくられ、
 師範学校や高等学校が合計1000
 以上つくられ、239万人が就学して
 識字率が4%から61%に上がった。
・100㎞しかなかった半島に6000キロもの鉄道が引かれ、
 港が造られ、電気が引かれ、
 会社が作られるようになって物々交換から貨幣経済に転換出来た。

台湾にも同じようなことをやりましたが、台湾は
素直に評価しています。



徴用工や慰安婦だって、自身から応募してきたり、朝鮮人(大韓民国は当時なかったので)でも、警察官や憲兵になれました。さらに、朝鮮国籍ではなく
日本代表ですが、オリンピックに参加した朝鮮人もいます。
 ↑
韓国を発展させた朴正熙大統領は
日本士官学校をトップで卒業です。



文大統領は朝鮮人は偉大とか言っていますが、確かに悪い意味では偉大ですね。
気違い民族(本音が出ちゃった)
  ↑
朴正熙大統領は次のように言っています。
「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
「(韓国社会は)姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な
 封建社会の一つの縮図に過ぎない」
「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」



にも関わらず、反日をする韓国人は(現在の北朝鮮に住む朝鮮人は自由ではないので)
やはり教育のせいで、あんなになっているのでしょうか?
 ↑
教育のせいなのですが、どうしてそういう
教育をするのか、といえば小中華思想だと言われています。
つまり、父たる中国がいて、長男韓国、次男日本。
格下の日本が韓国を凌駕しているのが許せない。
日本人には理解出来ませんが、朱子学で凝り固まっている
韓国人はこのように考えるのだそうです。
韓国のお札の肖像画のほとんどは朱子学の学者です。
朱子学は序列を重視するのです。



歴史なんて新たな発見などで変化するのが普通ですが、
韓国人は勉強し直すとか考えないのでしょうか?
 ↑
韓国の歴史は科学ではありません。
プラグマティズムといいます。
「真実が何の役に立つのか。
 たとえ嘘でも、それが役に立つので
 あれば、それで良いのではないか」




話が逸れましたが、なぜ朝鮮人には日本統治時代のみに反発する輩が多いのでしょうか?
  ↑
小中華思想の説明はしましたが、
日本統治時代のみに反発している訳ではありません。
秀吉の朝鮮出兵にも未だに反発しています。
千回も侵略した中国には何も言わないのにです。

しかも、日韓併合は韓国から依頼されてやったものです。
時の首相「李完用」が、与党一進会の賛同を得て
国会の議決を経て、日本に併合を依頼してきました。
だから、李完用は、韓国では史上最悪の人物と
されています。
つまり、韓国人も併合の経過は知っている訳です。
知っていてクレームをつけているのです。

しかし、大韓民国や北朝鮮は日本ばかりを口汚く罵ります。
 ↑
あそこは、中国に千回も侵略されていますが
中国には何も言いません。
教科書にも、内政干渉があった、としかありません。
それに対し、日本統治時代は、類を見ないほど悪辣な、
のオンパレードです。



日本統治時代のことも勉強しましたが、モンゴルや中国の間接的な統治よりも、
日本統治時代の方が韓国人も朝鮮人も優遇されていたと思います。
  ↑
優遇? ずいぶんと控えめな表現ですね。

・半島の人口が2倍に増えて24歳だった平均寿命が30...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング