海外で、煉瓦造り、白い壁、木枠の窓、屋根裏、天井の高い住宅を経験してから、こんな家に住みたいと思うようになりました。輸入住宅ってやっぱり値段が高いのでしょうか。日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる、と聞いたことがあるのですが、どんなもんでしょうか。将来的に規制が緩和されて安くなったりする見込みがあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

輸入住宅に魅力を感じるかたって多いようですね。


とくに海外経験のあるかたは・・・実は私も海外に行っていたことがあり(今でも家族は向こうにいます)、そして何よりも私の勤めている会社でも輸入住宅を手がけていました。
ところが平成10年ぐらいを最期に撤収したのですが理由は
1)円安になり提供価格が維持できなくなった。
2)部材の安定確保が難しく、アフターが発生した際に部材を取り寄せるのに時間がかかる。
3)我々の使っているCADソフトが使えない。(フィートモジュールに対応できない)
というのが主な理由でした。
最近はジェトロ輸入住宅センターなどの輸入住宅専門の部材をある程度、安定供給してくれるような団体もあるのですが円安だけはどうすることもできません。
で、私が造っていたときに価格(これは原価の話ですけど)
>日本には規制が多いから手直しが必要で経費がかかるためどうしても高くなる
という実感はありませんでした。確かに輸入コストはかかるし、職人が不慣れなため、人工がかさみ、その分高くなるということはありました。しかし、最近では輸入住宅を完全に商品化しているハウスメーカー(例えば東急ホームや住友不動産ホーム)もありますから、その辺のことは十分に考慮されてますし、東急ホームさん辺りの価格を見る限りでは(オプション等でも変わってくるとは思いますが)坪単価で5万~7万程度のアップといったところでしょうか。
ただ、No.1・No.2のかたが言っているように微妙に日本風にアレンジされていることは間違いないし、本当に海外経験者の方にはちょっと物足りないとは思います。ただし、住宅設備機器類は絶対に日本製もしくは日本のメーカーのものをお勧めします。上述してあるとおり、アフターが発生したときに部品がすぐに手にはいるので・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱり高い家となると、価格の問題は大きいんですね。東急ホームや住友不動産ホーム、一度、見に行ってみることにします。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 23:54

いいですよねぇ、輸入住宅・・・私も去年までアメリカにいました。


向こうのような家に住みたいです。
日本に帰ってきてから、輸入住宅のモデルハウスを見に行きました。
まだ買うつもりはなくひやかしでしたが。輸入住宅といっても
微妙に日本的にアレンジされていますよ。例えば、玄関では当然
靴を脱ぎますし、靴箱もありましたし、和室もありますし・・・
そういったことを除いても、何かが微妙に違う感じです。

あと、前の方が「ドアの開閉がきつく、、、扉を削る」と書かれて
いましたが、、、うちの室内のドアもきつくて、削ってもらいました。
ものの5分くらいでした。輸入住宅ではなくて、よくある賃貸物件です。
国産なら良いというわけでもありませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

微妙に違う感じですか。うーん、それでも。私も見に行ってみようかな。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/12 23:52

輸入住宅自体は日本にも入ってきていますよね。

ただ、築4年ほどのモデルハウスを見せていただいたのですが、玄関ドアの開閉がきつくなったり(そうすると調整できないので扉を削るそうです)、引き違いサッシは片側しか開けられなかったり、窓は上下に上げ下げするタイプしかないとか、クローゼットの扉がズレまくっているなど、使い勝手やメンテがけっこうやっかいみたいでしたね。
そういった建具は国産品を使うという手もあるようですが・・・。
僕の感想としては、輸入住宅に見える国産住宅の方があとあといいかな、という感じです。ただ価格はやはり高くなりますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。私もこちらで、雨が漏ったり引出しが壊れるなどがあまりに日常茶飯事なので、ビックリしましたが、大家さんは当たり前の顔をして、ビルダーを呼んでいました。それでも、直したつもりが直っていないこともままあり。日本の住宅は、そういう意味ではメンテのコストがかからないのかもしれませんね。

お礼日時:2001/07/30 06:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の天井の屋根裏に入れる場所

大阪で割りと作りはしっかりした築30年以上の2階建ての1階が部屋数5で2階が3部屋の坪60坪くらいの家に住んでいるのですが1階の天井裏にネズミが走り回って駆除したいのですが、天井裏に入れる所探しましたがわからないもので、どうゆうふうに聞いていいかもわからずこのような聞きかたで、ほとんどわからないと思いますが、分かる範囲で結構ですのでおしえていただけませんでょうか?後ネズミの駆除の仕方や家の事で気をつけなればならない点など忌憚のないご意見宜しくお願いします。

Aベストアンサー

築30年とすれば比較的近代建築の範疇です。天井への進入口はもうけてあると思います。

No.1さんが提示のように、各部屋の押し入れの天井板を長い棒(物差しやほうき、モップの柄でいいです。)で軽く突き上げ回ってみてください。その間取りですと天井裏自体の延べ面積も広く、口は一カ所ではなく2カ所あってもおかしくはありません。
他に各部屋や廊下の天井板の構造がわかりませんが、小さく区分されたような構想になっているのであれば廊下の突き当たりやトイレの天井などの場合もあり得ます。
片っ端からつつきあげて回ってみてください。

仮に見つけられた場合、そこから懐中電灯持参で可能な限り見回してみてください。ネズミの糞がぱらぱら落ちている通り道と思われる箇所が必ずあるはずです。具体的にその走り回っている音のする位置が特定できるようであればまさにそこが通り道。

そこに市販のネズミピッタンコのような強い粘着系のワナが売っていますので、まずはそれで十分かと思います。可能ならばビスケットなどバター系の匂いがしっかりする食べ物をおびき出しの餌としてそのピッタンコの中央に置いておくのも効果的。
半月もしたら再度そのワナを仕掛けた箇所を確認してみてください。うまくいけば数匹も無惨な姿で張り付いているのを確認できるかと思いますよ?

頑張ってください。

築30年とすれば比較的近代建築の範疇です。天井への進入口はもうけてあると思います。

No.1さんが提示のように、各部屋の押し入れの天井板を長い棒(物差しやほうき、モップの柄でいいです。)で軽く突き上げ回ってみてください。その間取りですと天井裏自体の延べ面積も広く、口は一カ所ではなく2カ所あってもおかしくはありません。
他に各部屋や廊下の天井板の構造がわかりませんが、小さく区分されたような構想になっているのであれば廊下の突き当たりやトイレの天井などの場合もあり得ます。
片っ端か...続きを読む

Q屋根裏に家電は?(屋根裏には何を置ける?)

在来工法の家の屋根裏は、夏場かなりの暑さになるそうなんですが、実際のところ何度位まで上がるのでしょうか?

というのも、家ができた後で、どんなものを屋根裏に置こうかと悩んでいます。

当面は、予備布団、読まない書籍、季節毎の服を考えているのですが、その他に、(当面使用しない)TV,オーディオを置こうかと思っていますが、まずいでしょうか?
電気機器はやはり熱に弱いでしょうか?

また、10帖の屋根裏を有効活用するとした場合、エアコンを200Vの12帖用のものを設置して、ミニシアターとして使用するのは無理がありますか?

エアコンを設置するとしても1日中運転しておくわけでなく、使うときだけ運転するつもりなので、やっぱり機器に負担がかかりますか?

ミニシアター利用は多分無理だとは思いますが、一応どうかな?と思いまして・・・

皆さんは、屋根裏は布団、本、服以外にはどんなものを置いていますか?

Aベストアンサー

筑18年木造2階建て、
今の時期でも晴れた日の日中に上がると、汗だくです。
夏場は,健康のため、極力上がらないようにしています。

オーディオは、どうでしょう???
TVはしばらく置いていましたが大丈夫でしたよ。
ミニシアター・・・良いですね。
窓があるのなら、定期的に風を通していれば、大抵の物は大丈夫じゃないでしょうか。

我が家が、何を置いているかと申しますと・・・
我が家の屋根裏は完全に物置仕様なので思いっきり入ってます。
冷暖房器具(夏場・・・ファンヒーター2台、電気ストーブ4台、ガスファンヒーター1台)(冬場・・・扇風機7台)
こいのぼり(庭に立てる大きいサイズ)
釣り道具一式
キャンプ用品一式
壊れたベビーベッド(因みに子どもは、既に中高生)
羽毛布団(姑が舅に内緒でこっそり買ったため下には置けない)
古いスーツケース
ギター
クラシックレコード大全集(舅が20年前に、定年後に聞こうと思い購入したらしい・・・私が胎教に聞いただけで、その後はそのまま屋根裏へ・・・)
車のハンドル、ミラー、
カラオケセット(懐かしの8トラ、金のマイクつき)
節句人形
結納用品

はっきり入って、あらゆるものの墓場と化してます。
そろそろ、息子にアルバイト料を払って、下に下ろして大型ゴミに出そうかと言ってますが、いつになるやら・・・

役に立たないコメントでごめんなさい

筑18年木造2階建て、
今の時期でも晴れた日の日中に上がると、汗だくです。
夏場は,健康のため、極力上がらないようにしています。

オーディオは、どうでしょう???
TVはしばらく置いていましたが大丈夫でしたよ。
ミニシアター・・・良いですね。
窓があるのなら、定期的に風を通していれば、大抵の物は大丈夫じゃないでしょうか。

我が家が、何を置いているかと申しますと・・・
我が家の屋根裏は完全に物置仕様なので思いっきり入ってます。
冷暖房器具(夏場・・・ファンヒーター2台、電...続きを読む

Q住宅(造りの違い)について

コーポとハイツ:
 どう違いますか?

木造と鉄筋と鉄骨:
 それぞれどういう特徴があるのでしょうか。
 また、特に木造について、鉄筋や鉄骨と比べて、音が響きやすかったり台風の被害に遭いやすかったりしますか?

Aベストアンサー

>コーポとハイツ: どう違いますか?

特に違いはありません。大家さんや不動産屋が適当につけているだけです。

>木造と鉄筋と鉄骨: それぞれどういう特徴があるのでしょうか。

遮音性については鉄筋コンクリート造が最も優れています。

耐震性や耐風性については施工や設計により変わるので一概にはいえませんが、軽い屋根を採用すると耐風性は悪くなります(屋根が飛ぶ)。

耐火性については鉄筋コンクリートがもっともよく、木造がもっとも悪いです。木造で耐火建築物は造れません。

耐久性(寿命)については、木造は鉄筋コンクリートの半分程度です。

鉄筋コンクリートは柱梁のサイズが大きくなりますので、部屋が狭くなります。

漏水性は施工が悪いと鉄筋コンクリートに発生しやすいです。

気候など温度に対してひびが入りやすいのは鉄筋コンクリートです。

木造はシロアリや腐食します。鉄骨は錆びます。鉄筋コンクリートはカビが生えやすいです。また中性化や塩害・凍害などで劣化します。

施工不良が生じやすいのは鉄筋コンクリートです。施工中の気温や雨の影響がもっとも影響します。

材料の品質がもっとも安定しているのは鉄骨で、鉄筋コンクリートは品質の安定度は低いです。

自由な形状を造れるのは鉄筋コンクリートです。

結露は鉄筋コンクリートに発生しやすいです。

以上書き並べてきましたが、いずれの形式でも良い設計(建築士)、正しい施工(建設会社・工務店)、適切なメンテナンス(持ち主)の3つが揃わなければ、よい住宅はできません。

>コーポとハイツ: どう違いますか?

特に違いはありません。大家さんや不動産屋が適当につけているだけです。

>木造と鉄筋と鉄骨: それぞれどういう特徴があるのでしょうか。

遮音性については鉄筋コンクリート造が最も優れています。

耐震性や耐風性については施工や設計により変わるので一概にはいえませんが、軽い屋根を採用すると耐風性は悪くなります(屋根が飛ぶ)。

耐火性については鉄筋コンクリートがもっともよく、木造がもっとも悪いです。木造で耐火建築物は造れません。

耐...続きを読む

Q煉瓦が白く粉を吹く

今年10月に新築建売住宅に入居したのですが、ポーチの所の煉瓦が乾くと白く粉を吹いたような状態になり、とても見栄えが悪いです。水をかけながらデッキブラシでこすっても、乾くと又、白く粉を吹きます。対処法があれば、お教え願います。

Aベストアンサー

参考にしてみてください。

参考URL:http://www.mediaforest.com/habitat/q_a/qa_219.htm

Q高気密・高断熱住宅の性能維持について

1年以内に住宅の購入を考えています。
木造系の工法で「高気密・高断熱住宅」と唄っているメーカーはいろいろありますが、20年、30年後にその性能はどの程度維持されるものなのでしょうか?性能が落ちる原因としては、断熱材(グラスウール)の劣化、木の伸縮による気密性能の劣化などが考えられると思いますが、いろいろな工法によって違いは有るのでしょうか?性能が落ちることによって新築当初と比較して冷暖房のききが悪くなり、高熱費が高くなったり、エアコンなどの買い替えが必要になるなどの影響がでないか心配です。
このような事情に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

>断熱材(グラスウール)の劣化、
これは施工が悪い場合のみであり、適切な施工であれば心配は要らないでしょう。

>木の伸縮による気密性能の劣化などが考えられると思いますが
これはあります。故に集成材とかエンジニアリングウッドなどの狂いの少ないものを使う、EPDMゴムなどによる気密施工、あるいは気密シートの適切な施工などにより劣化を抑えます。
しかし、未来永劫完全なものはないかもしれません。

>いろいろな工法によって違いは有るのでしょうか?
工法よりも具体的な細かな施工の気配りが影響しそうですね。

>冷暖房のききが悪くなり、高熱費が高くなったり、
それほど極端なものは施工に問題があるかと思います。

>エアコンなどの買い替えが必要
エアコンの寿命より普通は家の方が長いです。10年以上経過したエアコンは性能自体の劣化もあるし、そのときの新製品の方が効率は高いでしょう。つまり家の性能ダウンよりも機器の性能ダウンや陳腐化の方が早いです。

もちろん施工がまずい場合には当初数年で性能低下ということもありえますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報