出産前後の痔にはご注意!

自営と云うほどではないけど、時々セミナー講師や講演会を依頼されてやっています。
謝礼金や講師料は依頼元が処理して源泉徴収票を発行してくれるので良いのですが、確定申告する時に、税務署に「経費はありませんか?」と聞かれます。
今まで経費は何も申告して無かったのですが、講師をするためにパソコンで資料を作ったりしているため、多少なりとも印刷やちょっとしたもので費用はかかっています。
パソコンも5年使ったWindows7なので、サポート切れになる前に買い替えないといけないと考えているところです。
パソコンもプリンターもインターネットも無いと仕事ができないですが、これらも経費として計上して良いものかどうかご教示いただきたくお願いします。
パソコンやインクなどは仕事にしか使わない訳ではなけ、日常的に趣味にも使う訳で、その区分はどうするのかなー?などとも考えます。
仕事用のものを趣味にも兼用しているのか、趣味のもので仕事にも使っているのか?

A 回答 (1件)

それらは当然経費です。


> 日常的に趣味にも使う訳で
「按分」します。
仕事での比率はどれくらいか?です。
   
講演会場へ行く交通費も経費ですよ。車で行くならガソリン代も。
車を買えばこれも按分で減価償却がで来ます。
   
これは「証拠を出せ」とは間違ってもいわれないため、按分比率を多少多めに申告しても特に何も言われません。
ってか、E-taxで申告すれば税務署へ行く必要もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。

比率ですか?
元々パソコンは持っていた訳で、講師を引き受ける時に丸々3ヶ月ほどかけてテキストやPowerPopintなど作ったので、5年間の内の3ヶ月、つまり、3ヶ月/60ヶ月=5%くらいとゆうことでしょうか?
それ以後は実施する度に少し修正する程度です。
交通費+講演料でもらってるので、自費で出した交通費分は相殺されているため申請できないと思っています。
確かに、いくらと申請しても、違うとゆう証拠も無いので厳密でなくて良いような気がします。

確定申告は、去年まで書類一式を持って税務署に出向いてやっていましたが、今年からはe-Taxではマイナンバーカードも不要になり、IDとパスワードだけでできるため、自宅でやりました。
来年から経費が申告できるならしようと思って質問しました。

お礼日時:2019/04/24 15:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアパート経営をしています。 母の名前で確定申告をしていますが、子供の私が引き継い経営確定申告をするに

アパート経営をしています。
母の名前で確定申告をしていますが、子供の私が引き継い経営確定申告をするには、どのような手続きが必要でしょうか?また税金は、どれくらい払う事になりますか?母は、生きています。知っている方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>子供の私が引き継い経営確定申告をするには…

まずは法務局へ行き、登記簿を母名義からあなた名義に書き替えることが絶対条件です。
不動産所得は不動産の持ち主に帰属するからです。

名義変更の事由としては、
・売買
・贈与
・相続
のいずれかです。

母が旅立ったわけではなければ「相続」は選択肢外です。

「売買」を事由とするには、不動産屋の相場並みに現金を用意する必要があります。
その上で、売った側には「譲渡所得」として確定申告の義務が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3202.htm

親子だからといって相場より極端に安い値段で売り買いすれば、相場より安い分が税法上の「贈与」となります。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4423.htm

「贈与」を事由とするのは、その名のとおりただであげる、もらうわけですが、もらった側に贈与税の申告と納付義務が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4429.htm

ただ、親が60歳以上、子が20歳以上になっているなら、「相続時精算課税」を申告することで現時点での贈与税支払いを全額または一部猶予してもらうこともできます。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4103.htm

以上、登記簿書換が済んだら母は「廃業届」、あなたが「開業届」を出すことで、晴れて経営者が移管されます。
廃業届と開業届は同じ用紙です。
PDF を印刷して税務署へ郵送するだけで良いです。
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

>また税金は、どれくらい払う事になり…

なんの税金が?

所得税なら、基本的に母がこれまで払ってきたのと同等ですが、「総合課税」であるため、他の所得があるかないかで税率が変わってきます。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2220.htm
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>子供の私が引き継い経営確定申告をするには…

まずは法務局へ行き、登記簿を母名義からあなた名義に書き替えることが絶対条件です。
不動産所得は不動産の持ち主に帰属するからです。

名義変更の事由としては、
・売買
・贈与
・相続
のいずれかです。

母が旅立ったわけではなければ「相続」は選択肢外です。

「売買」を事由とするには、不動産屋の相場並みに現金を用意する必要があります。
その上で、売った側には「譲渡所得」として確定申告の義務が発生します。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/ta...続きを読む

Q私が障害者で非課税世帯です 息子のアルバイトの金額が103万超えるとどうなりますか

私が精神障害者2級で、今、障害年金をもらって生活している非課税世帯です。
大学生の息子がいるのですが、今年度の収入が103万を超えてしまいそうです。
そうなった場合、非課税世帯でも税金がかかってきますでしょうか。
私が息子の扶養に入ったほうがいいのでしょうか。
ちなみに私は障害年金のみしか収入がありません。
人より言葉の理解度が2.5倍悪いので、申し訳ありませんが、解りやすくご回答をいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

1 障がい年金は非課税ですから、受け取ってる方が家族を扶養親族にできるかどうかは、考える必要性がありません。

2 息子さんが大学生でアルバイトで年間103万円以上の給与収入があると、息子さんは給与所得者として課税対象となってきます。
 しかし、息子さんが大学生なら勤労学生控除が受けられるので、年間給与が130万円までは所得税発生しません。また未成年ならば住民税の均等割りも発生しません。

3 税負担を考えると息子さんが父を控除対象扶養親族とすると、上記の勤労学生控除以外に扶養控除が受けられます。

4 父が息子の扶養親族に入る、というよりも「息子が父を扶養親族にする」という言い方になります。

5 具体的には「息子の給与収入が130万円以上」というのでは、給与が131万円かもしれませんし、170万円かもしれませんので、確答は難しいところです(つまり息子さんの稼ぎ額がはっきりしてないので、はっきり回答できないということです)。

Q確定申告書のダウンロード

実家が自営業なのですが、確定申告をするのに
用紙をネットでダウンロードしてほしいと頼まれました
白色と言っていたような気がするのですが、どのようなものをダウンロードすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/yoshiki.htm

申告書B様式です。

自営業なら、青色申告してないんですか?
所得税の確定申告の他に消費税の申告も必要になる場合もありますよ、小売業とかなら

青色申告なら決算書なども必要ですし

その辺、もう一度正しく確認しておいたほうがいいですよ

あと、データだけダウンロードして、自宅で印刷できますか?

プリンターが無いとかだったら、セブンイレブンのネットプリントにデータを登録して、それをコンビニで印刷してください
https://www.printing.ne.jp/index_p.html

Q退職金に税金はかかりますか? 残業代未払いで会社に残業代を請求していますが認めて残業代を受け取った場

退職金に税金はかかりますか?

残業代未払いで会社に残業代を請求していますが認めて残業代を受け取った場合
別で税金を納めなければならないですか?

Aベストアンサー

>退職金に税金は…

原則として課税対象です。

とはいえ退職金は給与などとは別に計算する分離課税です。
「退職匿所得控除」というものがあり、さらにそれを引いた残りの 1/2 が課税対象になるだけですので、少額なら税額は発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

会社へ「退職所得の受給に関する申告書」を出してあったのなら、それで納税は完結していますので確定申告の必要はありません。

そんな申告書を出した覚えがないなら、来年に分離課税の確定申告をする必要があります。

>認めて残業代を受け取った場合別で税金を納めなければ…

これは退職所得
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2725.htm
ではなく、あくまでも給与所得です。

その未払いが今年になってからの話なら、今年の年末調整 (再就職した場合)、または来年の確定申告の対象になります。

去年分の未払いなら去年分の給与ですので、もらったら去年分の確定申告が必要になります。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2509_qa.htm#q1

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>退職金に税金は…

原則として課税対象です。

とはいえ退職金は給与などとは別に計算する分離課税です。
「退職匿所得控除」というものがあり、さらにそれを引いた残りの 1/2 が課税対象になるだけですので、少額なら税額は発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

会社へ「退職所得の受給に関する申告書」を出してあったのなら、それで納税は完結していますので確定申告の必要はありません。

そんな申告書を出した覚えがないなら、来年に分離課税の確定申告をする必...続きを読む

Q土地に価値がなく固定資産税の税金だけ払い続けることになるので、土地を除却した。 帳簿上は土地を所有し

土地に価値がなく固定資産税の税金だけ払い続けることになるので、土地を除却した。

帳簿上は土地を所有していないことになるので、固定資産税は払わなくて良くなるのですか?


除去していた土地をまた価値が出てきたら復活させて自分の所有にできる?

Aベストアンサー

先の質問でお分かりになってなかったようですね…。

「除却」とは減価償却を行っている事業用資産を処分した場合に、その資産の持つ価値(=未償却残高)を帳簿上除却損として計上するということです。

ですので、帳簿に載っているかということと固定資産税を払わなくていいということは全く関係ありません。固定資産税は帳簿価格ではなく、お役所による固定資産評価額に基づいて登記上の所有者に課せられるものですので、実際に売却して自己の所有から外さない限り固定資産税を払う義務を負います。

Q旅行券をもらった時の所得税と申告

自営にて会社を経営しているのですが、現在使用している業者にて新しくリース契約をしようと思っています。高額なリース契約のためいつもサービスをして頂いているのですが、今回契約をすると旅行券をプレゼントして頂けるそうなのですがその場合旅行券に対しての所得税はかかるのでしょうか?

旅行券は20万円分です。頂いた旅行券を足しにして結婚3年目ですが未だに行っていない新婚旅行に行けたらと考えています。

他のサイトでは金券だから課税と書いてあったり、頂いた商品券で旅行に行くなら物と扱われて非課税と書いてありました。ただどちらも頂いた先が自分の会社の永年勤続などの表彰の奨励となっていたので会社からの所得的なものなので、今回の私の業者からのプレゼントとは違う例なので混乱してしまっています。

よろしければ詳しい方ご返答をお願いいたします。

質問内容が不足していましたらご指摘もお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 その「旅行券」が「収入」に当たるかどうか、ということで整理すればよいと思います。

 「収入」は対価性のない無償の経済的利益を含む概念ですから、今回の「商品券」は「収入」に当たると思われます。
 「収入」ですから、所得税の対象になります。

【国税庁 経済的利益】
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/shotoku/05/02.htm

--------------------
(参考)

【所得税法】

(収入金額)
第三十六条 その年分の各種所得の金額の計算上収入金額とすべき金額又は総収入金額に算入すべき金額は、別段の定めがあるものを除き、その年において収入すべき金額(金銭以外の物又は権利その他経済的な利益をもつて収入する場合には、その金銭以外の物又は権利その他経済的な利益の価額)とする。
2 前項の金銭以外の物又は権利その他経済的な利益の価額は、当該物若しくは権利を取得し、又は当該利益を享受する時における価額とする。
 〈以下略〉

Q扶養してないのに扶養控除は脱税?

初めて質問します。宜しくお願します!
14年前に私が事業に失敗して、妹に扶養をお願いしました。
豪邸に住む妹夫婦は、2人で年収2000万以上あり家族全員でローン無く、新車ベンツに乗ってます。
すぐに手続きして、母の口座に5万入金があり、
母から私に生活費で毎月払うから一緒にいようという事になりましたが
その後は何も無しで年末には医療費の明細を取りに来る。

先日、住宅ローンも払えず任意売却して現在破産手続きしてるから、父をお願いしました。
母は数年前に他界したので、旅行に行く時は父を呼び犬の面倒をみさせるのに、援助も面倒もみないと言われました。私も限界突破してケンカして縁切りしました。
それで今回、今までの間の扶養控除脱税や多分会社からは家族手当、医療費の返金等いくつか
ありますが、全部告発してやりたくなりました。
どこに行けば良いでしょうか?
会社か、税務署は住んでいる地域の県税事務所でしょうか?
後、年収2000万以上で別居両親(母は数年身体障害でした)に10年以上扶養控除を受けると、いくらぐらい減税になるのでしょうか?

下手な文章で申し訳ありません。宜しくお願いします!

初めて質問します。宜しくお願します!
14年前に私が事業に失敗して、妹に扶養をお願いしました。
豪邸に住む妹夫婦は、2人で年収2000万以上あり家族全員でローン無く、新車ベンツに乗ってます。
すぐに手続きして、母の口座に5万入金があり、
母から私に生活費で毎月払うから一緒にいようという事になりましたが
その後は何も無しで年末には医療費の明細を取りに来る。

先日、住宅ローンも払えず任意売却して現在破産手続きしてるから、父をお願いしました。
母は数年前に他界したので、旅行に行く時は...続きを読む

Aベストアンサー

>妹の給与所得、手取りで900万くらい…

それなら所得税の税率はたぶん 20% でしょう。
先の回答を修正すると、

[これで所得税の減税額は、障害者控除は 27万のほうとして]
[(48 + 27) 万 × 20% = 150,000円]

これの 5年分に、利息分としての「延滞税」やペナルティとしての「過少申告加算税」が加わりますので、1.5倍ぐらいにはなるかもしれません。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2026.htm

住民税の税率は全員一律なので変わりません。

ああそれから、

>税務署は住んでいる地域の県税事務所でしょうか…

税務署と県税事務所とは別組織です。
商売しているわけでなければ、県税事務所は自動車税ぐらいしか縁がありません。
扶養控除の違反申告を摘発するなら、妹の住所地を管轄する税務署です。

税務署が脱税と判断すれば、税務署が市役所に連絡しますので、自動的に住民税も更正通知が妹に届きます。

Q競馬での儲けた金額はいくらから 確定申告の対象になるんですか?

競馬での儲けた金額はいくらから
確定申告の対象になるんですか?

Aベストアンサー

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必要はありません。

50万超えたら、どうかと言うと、

①給与所得者であれば、
 給与以外で『所得20万以下』なら、
 確定申告は不要です。
 所得20万以下とは、一時所得で
 言うと、所得から逆算して
 20万×2+50万=90万となり、
 競馬の当たりが、
●年間90万までは、申告の必要が
●ありません。
 但し住民税の申告は必要です。

②年間、無職、無収入の人の場合、
 基礎控除38万が最低でもあり、
 所得38万以下なら所得税は、
 非課税で、確定申告は不要です。
 逆算すると、
 38万×2+50万=126万となり、
●126万までは所得税は非課税で、
●確定申告は必要ありません。

しかし、この場合も住民税の申告は
必要です。
住民税も非課税とするには、
地域により違いますが、
最低で所得28万以下が非課税なので
28万×2+50万=106万となり、
●106万までは住民税も、どの地域
●でも非課税となります。

これは、あくまで、
競馬の当たり(払戻金)といった
一時所得のみの場合です。

ご留意下さい。

まともな回答がないので回答します。

質問は、
>確定申告の対象になるんですか?
ですよね?

下記をご覧下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

競馬の払戻金は一時所得となります。
計算の仕方は、
総収入金額
-収入を得るために支出した金額
-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
さらに、
一時所得の金額÷2=合計所得
この合計所得が、課税対象
となります。

一時所得には、上記の
●『特別控除』が50万あり、
●年間の『払戻金』が50万以下なら、
確実に申告する必...続きを読む

Q国保の有効活用

こんにちは。
普段はあまり見ないのですが区からの通知を何気なく開いて見ると、
えっ?70万と少し、昨年度の国保納付済み金額であります。(60歳・妻有・子無)
電話しました、保険料には所得比による分と均等割りの分があって、
でそれぞれに、医療費?介護保険負担、あと何か(この辺りうろ覚えですが)
これらの分けを合算した結果だそうです、事前通知もしてたそうです。
(いやでも世帯当りこれだけ徴収して国中合わせたら物凄いマネー)
(自分が高所得者であるとの自覚は無いです、昨年700万弱でした)

私の直接医療費(こう言う用語は無いでしょうけど我々が直接に医療機関に払う分)
昨年ですと歯科医に2回ほど通院、合わせても1万行かないぐらいのものです。
この1万弱には保険料が充当されていると言う理解はあります、
あと将来自分が介護を受ける場合にも活かされるのでしょう、
それでもまだ大半の残りが私にとって何に還元されているのか、今後還元されるのか?

やたら検査受けなさいって通知来るけどこう言うものにも廻されている理解もあるけど、
でももう今時健康管理なんか個人でいくらでも出来るのだからおせっかい悪く言うと押売り、
年寄分を負担するのはかまわないけど若くて元気なのにやたら医療費掛けてる人もいそう、
そう言う人の分は負担したくない、じゃあ自分もどこも悪くないのに病院でも行くか、ってなる。

自分の払った保険料は自分の為に還元したい。(もちろん弱者救済負担は有るべきです)
その為に病気になるのは本末転倒だからそうすると予防活動でしょうか?
でも普通そんな時間避けないですよね、行けませんよね中々、痛かったら病院行くけど、
何とも無けりゃ行かないですよね、だからやはりここは保険料が高過ぎと考えざるを得ない。
要らぬおせっかいで高くしていると言わざるを得ない。
押売り、悪く言うと保険料の無駄遣い、もっと言うと保険料の横流し。

医療要らずの私が何か国保をもっと有効に活用する術はありませんでしょうか?
それとも私が何か大きな勘違いをしている所はありませんか?
家内と二人で70万少しは高いと思いませんか?皆さんはいくら払っていますか?

では宜しくお願い致します。

こんにちは。
普段はあまり見ないのですが区からの通知を何気なく開いて見ると、
えっ?70万と少し、昨年度の国保納付済み金額であります。(60歳・妻有・子無)
電話しました、保険料には所得比による分と均等割りの分があって、
でそれぞれに、医療費?介護保険負担、あと何か(この辺りうろ覚えですが)
これらの分けを合算した結果だそうです、事前通知もしてたそうです。
(いやでも世帯当りこれだけ徴収して国中合わせたら物凄いマネー)
(自分が高所得者であるとの自覚は無いです、昨年700万弱でし...続きを読む

Aベストアンサー

>メニューとかを見直そうと言う考え
>は無いのでしょうかね?
いろいろやっていますよ。
医療費の個人負担は1割から3割に
増えました。
最近でも後期高齢者医療制度でも
1割から『現役並み』の所得のある
人には3割負担になります。

あれ?あなたも将来医療負担は
3割となってしまうでしょう。
踏んだり蹴ったりかもしれません。A^^;)

また税制でもセルフメディケーション
税制というのが、新設されました。
保険負担のある処方薬を使わないで
薬局での市販品を使っても税制優遇
する制度です。
この制度はイマイチですね。

『薬漬医療』が医療費の保険負担を
圧迫しているのは一つの課題です。
それは医者と薬屋が儲けるための
手段となっているわけです。
医療を受ける側にとっても、市販薬
より安く買えてしまうのです。

売る方、買う方のWIN-WINの関係を
断切るには、セルフメディケーション
税制は、あまりにも弱いわけです。

また、生活習慣病に対する『特定健診』、
いわゆる『メタボ健診』は無料で実施
されています。
これで将来起きるであろう生活習慣病
を予防して、老後の医療費を減らそう
としています。


私も今の所、健康保険のお世話には、
あまりなっていませんが、
健康保険に加入するなら、
健康保険組合等に加入するのが
一番得だと思います。

国民健康保険にはない、
『傷病手当金』
『出産手当金』
といった制度もあるし、
社会保険に加入できるギリギリの
短時間勤務のアルバイト、パート
をすれば、保険料は月5,000円程度
で済みます。

しかし、社会保険の制度は、
年寄りになったら『稼がない』
のが一番なのです。

老後用に貯めた資金で食いつなぐ
のが、一番得な制度になっている
のです。

高齢の母親は、遺族年金と投資で
生計が成り立っていますが、
非課税世帯となっており、
後期高齢者医療保険料は、
年間4300円なのには驚きました。
あなたの160分の1です。
しかも医療費の個人負担は1割
です。

私が確定申告と住民税申告をする
ことで、配当、譲渡所得の所得税は
全て還付され、住民税では申告不要
制度を使って非課税世帯となります。

国の政策に乗っかると、こうするのが
お得。という正解があるのです。

とりとめなくなってしまいました。
いかがでしょう?

>メニューとかを見直そうと言う考え
>は無いのでしょうかね?
いろいろやっていますよ。
医療費の個人負担は1割から3割に
増えました。
最近でも後期高齢者医療制度でも
1割から『現役並み』の所得のある
人には3割負担になります。

あれ?あなたも将来医療負担は
3割となってしまうでしょう。
踏んだり蹴ったりかもしれません。A^^;)

また税制でもセルフメディケーション
税制というのが、新設されました。
保険負担のある処方薬を使わないで
薬局での市販品を使っても税制優遇
する制度です。
この制度はイ...続きを読む

Q確定申告についてなんですが、弟が計2ヶ所で働いているのですが、両方とも年末調整はしてもらっていないら

確定申告についてなんですが、弟が計2ヶ所で働いているのですが、両方とも年末調整はしてもらっていないらしく、年間合わせてちょうど100万だったみたいです。でも確定申告はしないと言っています、大丈夫なんでしょうか?

Aベストアンサー

>弟が計2ヶ所で働いている
アルバイトとか、給与収入をもらって
いるということですかね?
それならば、
★確定申告の必要はありません。
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃本業、副業とも給与収入で┃
┃全部で150万以下なら、┃
┃確定申告は不要です。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

但し、源泉徴収された所得税は多めに
徴収されているので、それは、
確定申告しない限り、返ってきません。

また、給与収入だけなら、
住民税の申告も特に必要ありません。
各勤め先から、給与支払報告書
(内容は源泉徴収票)が、役所に提出
されているため、それで住民税の
計算はされてしまいます。

所得税の還付して欲しいなら、
税務署へ行って確定申告して下さい。
3/15までにする必要もないです。


確定申告は難しくありません。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl
上記URLから入って、
自宅等で、画面から、

両方の源泉徴収票から
両方の支払金額、源泉徴収税額、
学生であれば、勤労学生控除、
国民年金も納付しているならば、
社会保険料控除として、
申告しておくとよいでしょう。
加えて、
氏名、住所、マイナンバー等の入力
して、申告表を作成し、印刷、押印
します。

それに、
⑪両方の源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証、学生証等)
 のコピー
⑭あれば、保険料控除証明書
を添付して、税務署に、
★郵送、あるいは持参してチェック
してもらい、提出するのが楽です。

自分ではできないと思うなら、
お住まいの管轄の税務署へ行って
相談しながら申告書を作成して下さい。

持って行くものは、
上述⑪~⑭に加え、
⑮印鑑、通帳などです。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm#map

所得税の還付金があれば、後日指定の
銀行口座に振り込まれます。

以上、いかがでしょうか?

>弟が計2ヶ所で働いている
アルバイトとか、給与収入をもらって
いるということですかね?
それならば、
★確定申告の必要はありません。
┏━━━━━━━━━━━━┓
┃本業、副業とも給与収入で┃
┃全部で150万以下なら、┃
┃確定申告は不要です。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

但し、源泉徴収された所得税は多めに
徴収されているので、それは、
確定申告しない限り、返ってきません。

また、給与収入だけなら、
住民税の申告も特に必要ありません。
各勤め先か...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング