電子以外のシュレディンガー方程式、例えば水素原子におけるシュレディンガー方程式の解法を教えて下さい。
それとは別に固有関数の求め方も分かる方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

水素原子は唯一、電子の波動関数を厳密に求められる原子ですね。

(それ以外の物はなんらかの近似をして解くことになります)
固有関数は「それとは別に」求めるものでなくSchroedinger方程式を解くことと表裏一体です。

水素原子の波動関数の解法は量子力学の初歩の教科書に大抵出ています。まずそのような本を探して下さい。
以下に大筋だけ示します。

(1)中心の陽子がつくり出すポテンシャルV(x,y,z)は
V(x,y,z)=-e^2/(4π・ε0・r)
です。ここにr=√(x^2+y^2+z^2)
これをSchroedinger方程式に代入します。

(2)座標系は直交座標でなく極座標に変換します。
x=r sinθcosφ
y=r sinθsinφ
z=r cosφ
このときラプラシアンは
∇^2=(1/r^2)(∂/∂r)(r^2・∂/∂r)+(1/r^2 sinθ)(∂/∂θ)(sinθ・∂/∂θ)+(1/r^2 sin^2(θ))(∂^2/∂φ^2)
と変換されます。

(3)通常は変数分離型の解を求めます。
波動関数ψ(r, θ, φ)をR(r) Θ(θ) Φ(φ)の変数分離形にして、Schroedinger方程式に代入します。
するとrだけを変数に含む項、θ/φのみを変数に含む項に分けられます。
その式が恒等的に成り立つということは、それぞれの項が=0でなくてはなりません。
これらからR(r), Θ(θ), Φ(φ)それぞれのみの方程式に直すことができます。

(4)R(r), Θ(θ), Φ(φ)を解きます。
いずれも数学的に厳密に解けますが、解の形はかなり複雑です。(角度部分の解はLegendreの陪関数、動径部分の解はLaguerreの陪多項式をを含んだ形で表示されます)
ここに書き下そうとしましたがあまりに複雑なので断念しました。
詳細は参考書を見て下さい。それらの関数の何たるかと具体的な解の例について必ず載っているはずです。

参考URLは水素原子の波動関数のグラフィックです。本題とは外れますが、波動関数のイメージを掴む上で参考になると思います。

参考URL:http://www2.neweb.ne.jp/wc/morikawa/kyu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく解法を書いていただきありがとうございます。
教えてもらった通りに一度自分でやってみます。
また何かお勧めの参考文献等あれば教えてくださいね。

お礼日時:2001/07/29 16:22

 


化学屋の rei00 と申します。

 専門家の siegmund さんをはじめ,Umada さん,brogie さんと詳しい方々の回答がある所にお恥ずかしいのですが。

 水素原子のシュレ-ディンガ-方程式は化学(量子化学)でも出てきます。「量子力学や原子物理学はかなり不得意なもんで」という事でしたら,こちらの方がわかりやすいかも知れません。

 私の手元にあるのは「量子化学」(アトキンス 著,土方克法 訳,みすず書房)です。この本の第2章が「シュレ-ディンガ-方程式」で22ペ-ジ,第3章が「厳密な解」で55ペ-ジあります。

 水素原子は第3章に,箱の中の粒子,調和振動子,回転運動,円環上の粒子,球面上の粒子に続いて出てきます。
 
    • good
    • 0

siegmundさん、初めまして。


丁寧なフォローありがとうございます。また極座標のタイプミスについてはご指摘の通りです。お恥ずかしいです。

さて私の回答ですが、一番大変な(4)のところを端折っているので(自分で言うのもなんですが)相当手抜きです。この部分は量子力学を離れて単純な数学の話になるですが、とにかく前準備なしにいきなり挑んではチンプンカンプンになると思います。(mujunさんはその辺りの知識はきっとお持ちなのでしょうが、山があまりに高い、とお考えください)
ですからsiegmundさんのご指摘のように、mujunさんが「教えてもらった通りに一度自分でやってみます。」と書かれておいでなのを見て、「え、この手抜き回答だけを手がかりにトライするのは相当難しいはず、なんだか却って申し訳ない回答をしたかな」と思ったほどです。

その意味でbrogieさん、siegmundさんの回答にありますように、最初は素直にテキストを参考に解かれる/テキストの解答をトレースすることをお勧めします。もちろん自力でチャレンジするというのは大事なことですが、初歩とは言え難易度の高い問題であることは間違いありませんので。
テキストはbrogieさん、siegmundさんからご推薦がありましたのでそれらが見つかればベストですが、それ以外のものでも量子力学の教科書なら、水素原子の波動関数については多かれ少なかれ載っています。何冊か手にとって、解法の説明が親切なものならとりあえずは使えるでしょう。
    • good
    • 0

siegmund です.



> 一応物理学を専攻してるんですが、量子力学や原子物理学はかなり不得意なもんで

ありゃ~,困っちゃったな.
量子力学は物理の根幹ですので,十分マスターしてください.
直接量子力学が顔を出すことも多いですし,背景になっていることもあります.

> どのテキストも一つの自由粒子としてといているんですが、

それは,自由粒子(ポテンシャルが空間的に一定)の場合が一番簡単だから
どの本でも実際に Schroedinger 方程式を解いて見せる話の最初に出ているのです.
時間の入らない Schroedinger 方程式は
(1)  {-[(h/2π)^2 / 2m]Δ + V}ψ = Eψ
の形ですね.Δ=∇^2 はラプラシアンです.
一番簡単なのは,V が空間の場所によらない場合で,これが自由粒子です.
V が定数なら, Vψ を右辺に移項して E-V を新たに E と思ってやれば,
V=0 にできますね.
無限空間に広がっていると,ちょっとややこしくなる事情があるので,
箱の中に閉じこめられているようにしているのが普通です.

テキストを見れば,必ず1次元調和振動子が出ているはずです.
変数を簡単に1次元にして,V(x) = (1/2)kx^2 としたのが1次元調和振動子.
このように,ポテンシャルの V の関数形が変われば,話が違ってきます.
ポテンシャルを Umada さんの書かれたようなクーロンポテンシャルに
したのが本質的に水素原子の話です.

Umada さんへのお礼に
> 詳しく解法を書いていただきありがとうございます。
> 教えてもらった通りに一度自分でやってみます。

と書かれていますが,自分で最終解まで到達するのはまず無理です.
意欲は大変買いますが...
いや,mujin さんをけなしているわけじゃありませんし,
Umada さんの回答が不十分というわけでもありません.
一応専門家で量子力学の授業を何度も担当していて,
解法のアウトラインは頭に入っている私でも,
何も見ずに最終解まで到達するのはかなりの時間と苦労が必要です.
最低エネルギーの状態でしたらすぐできますが,
一般解は大変です.
前の回答でも書きましたように,例えばテキストで40ページくらいの
内容になります.
brogie さんも書かれているように
> 自分で、この本の式と式の空白を計算していくとノート一冊では足りないでしょう
ということです.

ここは,やはりテキストに頼るべきでしょう.
> 「量子力学序論および化学への応用」は学校の図書館にないみたいです。
は残念ですね.
今はちょっと他に適当なテキストが手元にないのですが,
図書館でいろいろ探して見られることをおすすめします.
    • good
    • 0

どういう立場からのご質問かよくわからないのですが...



通俗科学書のような立場ですと,
水素原子におけるシュレディンガー方程式の解法はちょっと無理と思います.
前提となる物理的知識,数学的知識がかなり必要で,
それなりの訓練を必要とします.

大学で物理あるいは化学関係の授業のような立場でしたら,
Umada さんの言われるように量子力学のテキストを探してください.

Umada さんはかなり丁寧に回答を書かれて,
具体的な解の形のところで断念されましたが,ここで全部記すのは無理ですよね.
解の形を書くだけでもかなり大変.
どうしてそうなるかまで書いていたら,とても書き切れません.
私の量子力学の授業だと,水素原子の Schroedinger 方程式の解は講義2回分に
なっちゃいます.
詳しく書けば,テキストで何十ページかになります.
今手元にあるテキストで一番入門者向きなのは
「量子力学序論および化学への応用」(ポーリング&ウィルソン)
(非常に有名なテキスト)
ですが,このテキストだと水素原子に40ページを割いています.

Umada さんも書かれているように,
Schroedinger 方程式は固有関数に対する偏微分方程式ですから
(Schroedinger 方程式の解が固有関数と言ってもよい),
これを解くこと自体が固有関数を求めるということです.

「電子以外の Schroedinger 方程式」は何か誤解されているのではないでしょうか?
例えば,箱の中の粒子の話だけが電子の話と思っているとか?
水素原子は陽子-電子系の話だというなら,それはそうですけどね.
相対座標と換算質量で電子(をすこし modify したもの)の
一体問題に帰着できるわけです.

後半の誤解(?)の話も含めて,量子力学のテキストを読まれるように
おすすめします.

なお,Umada さんの極座標の
z=r cosφ

z=r cosθ
のミスタイプですね
揚げ足取りみたいで恐縮です(私もよくミスタイプします).

しかし,まあ,式は書くのも読むのも大変ですな.
なんとかならんかね~.

今回答をアップしようとしたら,brogie さんも同じ本をあげておられますね.
白水社のページ見たらこの本が見あたらないんですが,
絶版になったのかな~?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文章がおかしかったみたいですいません。一応物理学を専攻してるんですが、量子力学や原子物理学はかなり不得意なもんで。ってこの質問は量子力学や原子物理学になるのかな?お答えと質問の訂正ありがとうございました。あと、持っている量子力学のテキストと見てみたんですが、どのテキストも一つの自由粒子としてといているんですが、何かこれはいいって参考文献があればまた教えて下さい。ちなみに「量子力学序論および化学への応用」は学校の図書館にないみたいです。

お礼日時:2001/07/29 18:46

水素原子のSchroedinger方程式を詳しく解いてある書籍がありますから紹介しておきます。

何しろ、4,50年前の本ですから、書名など記憶違いしているところがあるかも知れません。そのときは御免なさい!

ポーリング・ウィルソン著 「量子力学序論(または序説かも?) 白水社出版

随分昔の本ですが、大学の図書館にはあるでしょう。 約70ページに渡って書かれていた記憶があります。これほど詳しい本はありません。

自分で、この本の式と式の空白を計算していくとノート一冊では足りないでしょう。
参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えて頂いてありがとうございました。明日学校の図書館で探して見ます。

お礼日時:2001/07/29 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「A地点とB地点にいる二人が同時に出発して接近した」この問題の解き方を教えてください

「A地点とB地点にいる二人が同時に出発して接近した」この問題の解き方を教えてください

問題
A地点にいるA君と、B地点にいるB君が同時に出発して接近した。
A君は時速4キロ、B君は時速8キロで移動した
A地点とB地点は10キロ離れている
さて二人が接触する地点の位置はどこで、出発時刻から何分後か?
道中は平坦な直線であり途中に坂や障害などはないとする

さてこの問題の解き方を教えてください

小学校算数での解き方、
中学校数学での解き方、
高校数学での解き方、
それぞれ教えてください

Aベストアンサー

A君は時速4キロ、B君は時速8キロで近づいているので、
合わせて時速12キロで近付いています。
2人が接触するのは10/12=50/60時間=50分です。

t分後に接触したとして、
A君は時速4キロで、4*t/60キロ移動しています。
B君は時速8キロで、8*t/60キロ移動しています。
二人は合計で10キロ移動したので、
4*t/60+8*t/60=10
12t=600
t=50分後です。

A君は時速4キロでxキロ、
B君は時速8キロでyキロ、
走った時に接触したとして、
x+y=10
x/4=y/8
なので、
x=2y
3y=10
y=10/3
10/3÷4=10/12時間=50分後です。

Q水素原子のシュレディンガー方程式

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%8E%9F%E5%AD%90%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F%E3%81%AE%E8%A7%A3
ここに求め方が載っていますが、いくつか質問があります。

1、ラゲール陪多項式のところで(6.1)式をρが十分小さいところと大きいところに分けていますが、どのような意味があるのでしょうか?分けるだけでときやすくしているだけなのでしょうか?

2、(6.5)式でα>0では発散するのは分かりますが、それだけで不適切だからと考えなくていいのがちょっと引っかかりますが、そんなもんなのでしょうか?

3、(6.13)式はラゲール陪多項式だと思うのですが、同じwikiに載っている形と少し違います。どこら辺をいじると同じ形になるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%8E%9F%E5%AD%90%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F%E3%81%AE%E8%A7%A3
ここに求め方が載っていますが、いくつか質問があります。

1、ラゲール陪多項式のところで(6.1)式をρが十分小さいところと大きいところに分けていますが、どのような意味があるのでしょうか?分けるだけでときやすくしているだけなのでしょうか?

2、(6.5)...続きを読む

Aベストアンサー

1. (6.7)の形に解を仮定することを正当化するのに使っている。

2. 束縛状態なので、無限遠での存在確率は当然0にならないといけない。これは井戸型ポテンシャルによる束縛状態でも同じ。

3. 比較対象がわかりません。

Q問題の解き方をHPにのせるときの著作権について

はじめまして。
HPに学習ページをつくろうと思っています。
教科書の章末問題などでは、問題と答えだけしかのってないものがありますよね。
自分流に問題をといて、解き方をHP上にのせるのは
著作権の侵害になるのでしょうか?
「~~という本のP32の問1の解き方」とか書いたら侵害になるのでしょうか?
こういうタイトルをかかないで、問題と解き方だけを書いたほうがいいのでしょか?

Aベストアンサー

> 自分流に問題をといて、解き方をHP上にのせるのは
著作権の侵害になるのでしょうか?

なりません。

> 「~~という本のP32の問1の解き方」とか書いたら侵害になるのでしょうか?

もし、このURLに書いてみる内容と合致すれば、
問題ないのかも。
http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan6_qa.html

私も法律家ではないので詳しくはないですが、
こちらを参考にされてみてはいかが?
http://www.cric.or.jp/

Qシュレディンガー方程式の近似解法

シュレディンガー方程式の近似解法である、分子軌道法とハイトラー・ロンドン法において、ハイトラー・ロンドン法の方が良好な結果を与える理由が知りたいです。
分子軌道法では波動方程式にイオン構造を50%含んで考えているため、これがイオン構造の過大評価に繋がっているからではないかと考えたのですが、、どうでしょうか??
回答よろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

対象とする分子は水素分子ではないかと思いますが(それ以上の複雑な分子はハイトラー・ロンドン法で解くのは困難)、ご指摘の通りで良いと思います。水素分子の全体の波動関数はハイトラー・ロンドン法(VB法)では
 Ψ(1,2)=c1χa(1)χb(2)+c2χa(2)χb(1)
分子軌道法(MO法)では
 ψ(1,2)=φ(1)φ(2)=N^2{χa(1)+χb(1)}{χa(2)+χb(2)}
    =N^2[{χa(1)χb(2)+χa(2)χb(1)}+{χa(1)χa(2)+χb(1)χb(2)}]
となります。ここでc1,c2,Nは規格化定数、φは分子軌道、χは原子軌道でサフィックスのa,bは水素分子の2つの原子核を意味します。括弧の数字は2つの電子のラベルです。そこでVBとMOの波動関数を比較するとMOの第2項は2個の電子が核aに属する状態と核bに属する状態に対応したものを意味しますね。つまり質問者が指摘されているイオン構造です。ところで水素分子は等核2原子分子で、2つの核の間に電荷の偏りはありません。つまり共有結合と同じ重さでイオン構造をカウントするのはカウントしすぎ(笑い)ということになります。この辺の議論は参考URLが参考になると思いますので、一度覗かれればよいでしょう。

参考URL:http://www.ztv.ne.jp/satlaser/ganbaru/ganbaru-j.html

対象とする分子は水素分子ではないかと思いますが(それ以上の複雑な分子はハイトラー・ロンドン法で解くのは困難)、ご指摘の通りで良いと思います。水素分子の全体の波動関数はハイトラー・ロンドン法(VB法)では
 Ψ(1,2)=c1χa(1)χb(2)+c2χa(2)χb(1)
分子軌道法(MO法)では
 ψ(1,2)=φ(1)φ(2)=N^2{χa(1)+χb(1)}{χa(2)+χb(2)}
    =N^2[{χa(1)χb(2)+χa(2)χb(1)}+{χa(1)χa(2)+χb(1)χb(2)}]
となります。ここでc1,c2,Nは規格化定数、φは分子軌道、χは原子軌道でサフィックスのa,bは水素分子の2つの原子核を...続きを読む

Q指数関数の解き方

a2x=3の時

  a3x-a-x
-----  この解き方が解らないので
   ax+a-x
         解き方のヒント教えて

Aベストアンサー

分子と分母に a^x をかけましょう。

分子は a^{4x}-1 = (a^{2x})^2-1 = 3^2 - 1
分母は a^{2x}+1 = 3 + 1

となります。

Q水素のシュレディンガー方程式について

水素のシュレディンガー方程式を求めていく過程で、
d^2Φ/dΦ^2=-m^2Φ(Φ)の解は、
Φ(Φ)=Aexp(±imΦ)とすぐに出せるとあるのですが、
これは何か公式や法則があるからすぐ解が出せる、ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

2階微分方程式で、計算もそんなに複雑ではないです。
(d/dΦ-im)(d/dΦ+im)Ψ=0より
(d/dΦ-im)Ψ=0 or (d/dΦ+im)Ψ=0

物理の式としてみれば、単振動の運動方程式と同じ形をしています。
ということは、解も振動の形になります。
このようなアナロジーは物理ではよく使われます。

Q因数分解の解き方について

因数分解の解き方について
質問です。

3x2 -7x+2

たすき掛けをつかわない
因数分解の解き方を
教えてください。

たしか、海外の学生の解き方で、
まず数字をかけるやり方だったと思います。

分数などにはせず、
最後は見事に解答が出る方法です。

思い出せず、モヤモヤしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>>たしか、海外の学生の解き方で、まず数字をかけるやり方だったと思います。

ありましたね。

>>>思い出せず、モヤモヤしています。

私もサイトをお気に入りに入れていなかったので、もやもやしています。^^

たぶん、x^2 につく係数を整数の2乗にするんじゃなかったかと思います。

これでうまくいっているのかわかりませんが、3をかけて
9x^2 - 3×7x + 6 = (3x+a)(3x+b)
 = 9x^2 + 3(a+b)x + ab
としてみると、
a+b = -7
ab = 6
なので、
a=-1、b=-6

わりと楽に行きました。
最後の仕上げに、3で割って元に戻しましょう。

ただし、これが思い出せないやり方と同じなのかわかりませんが・・・

Q水素原子の固有状態

2pz軌道が水素原子の固有状態であるとき、どうして2pxと2pyは水素原子の固有状態ではないんでしょうか?

Aベストアンサー

2px, 2py, 2pz軌道は全てエネルギー固有状態です。また同時に、角運動量の大きさ(の2乗)L^2の固有状態でもあります。
2pzは「角運動量のz方向成分」の固有状態でもありますが、2px,2pyはそうではありません。
同様に2pxは角運動量のx方向成分の、2pyは角運動量のy方向成分の固有状態です。

よく教科書にある順序で解いたときにz軸方向の固有状態だけでてきてz軸方向が特別視されているかのように見えるのは、単純に極座標の取り方による問題です。

Q不等式の解き方教えてください!

不等式の解き方教えてください!
(100+z)-(100+z)×0.2≧100
↑↑の解き方を教えてください!

Aベストアンサー

(100+z)-(100+z)×0.2≧100

わかりやすく、ばらばらにしましょう。

100+Z-0.2×100-0.2×z≧100

つぎにまとめましょう。

(1-0.2)×z+(1-0.2)×100 ≧100

けいさんをすすめましょう

0.8×z+0.8×100≧100

さらにすすめましょう

0.8×z+80≧100

つぎに、りょうほうのしきから80をひいてみましょう

0.8×z+80-80 ≧100-80

ぱずるといっしょですね。

0.8×z ≧20

こんどはりょうほうのしきを0.8でわってみましょう

0.8÷0.8×z ≧20÷0.8

z≧20÷0.8=200÷8=100÷4=50÷2=25

だから・・・

z≧25

となりますね

Q水素原子のディラック方程式

またまた質問させてください。
わからないところは何箇所かあったけど、とりあえず飛ばして、今は中心的静電場におけるディラックの方程式の解を求めようとしております。
そこで、J^2、Jz、K=γ0(Σ・L+1)の同時固有関数であるψの角度とスピンに依存する部分を取り出して、
Φjmk
とすると、これを球面調和関数Yであらわせる。
とありますが意味わかりません。
Yであらわせると書いて、いきなりごちゃごちゃした式が出てくるし、これを証明する方法を教えてほしいです。
もしくは、証明が詳しく乗ってる教科書を紹介してもらえませんか?
できればディラック方程式の解き方などを、詳しく乗ってる参考書かURLを紹介してほしいです。
私が今使ってる教科書は西島さんの「相対論的量子力学」です。

Aベストアンサー

KENZOUです。ご質問の点の回答を簡単に書いておきます。

>この式の解釈として、ψ(j、m)をψ(l、ml)とψ(ms)の合成関数として考えて出したって思って良いのですか?

合成関数という意味がよく分からないですが、ψ(j,m)は2成分の波動関数ですね。この2成分はそれぞれ正・負のエネルギー解を与える波動関数(2成分スピノ-ル)なのです。

>また、p55の一番上の式の出し方がわかりませんでした(式番号はありません)。

これはp52の最下段の関係式とp53の最下段の関係式を使えばでてくると思いますが、、、。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報