あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

小学生の頃に読んだ児童書のタイトルが思い出せないので、ピンときた方は教えていただけますでしょうか?

小学生くらいの女の子がオリエンテーションをしている最中に地図に鉛筆で開けた穴があって、そこにいくと本当に穴があって、落ちたらグリム童話の世界に入ってしまうお話で。
7ひきの子やぎとかも途中にあって、ちょっと怖い話だったと思うのですが。

黒っぽい表紙の裏に地図が書いてあって表紙の裏がオリエンテーションマップで、裏表紙の裏がグリム世界のマップになってたりして凝ってる装丁だったんです。
それをなぞりながら、今ここだみたいにして本を読んでいくと面白かった記憶があります。

20年くらい前の記憶なのですがどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

「えんそくこわいぞあぶないぞ」かもしれません。


↓こんな表紙だったでしょうか?
https://www.amazon.co.jp/dp/403517310X
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーーーー!!!これです!!!ありがとうございます!!!
また読み直したいと思います。助かりました。

お礼日時:2019/04/26 11:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q思い出せない小説のタイトルを教えてください。

思い出せない本のタイトルがあります。ぼんやりと覚えている内容は以下の通りです。教えて頂けますでしょうか。

本の内容
主人公は男子高校生。野球部のピッチャー。祖父と2人暮らしで、病院に寝たきりの母親がいる。父親は亡くなっている。祖父と喧嘩(?)して飛び出して走った先にあったトンネル(?)にある、タイムスリップする電車乗る事になり、父親が高校生の時まで遡る。タイムスリップした時、祖父は主人公を父親だと思い込む(主人公の顔は父親そっくり)。仕方なく主人公はその時代で父親として野球の試合に出たりと、父親のように振舞っていたが、父親の妻、すなわち主人公の母親には見破られる。
続く。

クライマックス忘れました。たしか現代に戻ってきて病院にいる母親と会ったような気がします。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが…上杉那郎さんの「おもひで屋」を調べてみてください。
http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=3636
http://peperoni.seesaa.net/article/129884075.html

Q本のタイトルを教えてください

題名も作者も思い出せない本を探しています。
おそらく児童書なのですが、内容もよく覚えておりません。
雨の日、主人公の家の中に“ミドリ”という女の人が現れるお話です。ミドリはお母さんには見えず、主人公にしか見えなかったと思います。
本はハードカバーで、表紙は細い葉っぱのようなものが絵の具でたくさん描かれていたと思います。
うろ覚えなので記憶違いもあると思いますが、思い当たる本があれば是非教えて欲しいです。

Aベストアンサー

「雨ふりマウス」?
…違ったらごめんなさい。
https://www.ehonnavi.net/ehon/107553/%E9%9B%A8%E3%81%B5%E3%82%8A%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9/
https://bookmeter.com/books/59685

Qこの漢字何て読むんですか?

添付写真の、黄色い〇の部分に書かれてる漢字って、何て読むんですか?(字が汚くてすみません)
また、意味も教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

「ちょうしゅう」です。講演や音楽を聴きに集まった人々のことです。

Q昔好きだった小説を探しています。 しかし、作品名も作者さんも忘れて困っています。 以下は薄っすら覚え

昔好きだった小説を探しています。

しかし、作品名も作者さんも忘れて困っています。
以下は薄っすら覚えている内容になります。
(昔すぎてうろ覚えな所があるので間違ってる可能性もあります。)

まず、作品自体はラブストーリーだったと思います。
しかし、女性の方が聴覚障害を患っていて、耳に補聴器?の様なものをつけているらしく、
それにコンプレックス?を抱えて髪の毛をショートした事がなかったそうです。
男性はしばらくその事は知らなかったと思います。
だんだん話が進むにつれ男性が女性のコンプレックスを少しづつ解いていくような小説だったと思います。

そして最後あたりの文は、
女性は髪の毛をショートにしてきて耳をかきあげる

この程度しか覚えてないのですが、本気で探してます。
お願いします!

Aベストアンサー

聴覚障害を扱った小説・最後にショートにして髪をかき上げる描写で、有川浩の「レインツリーの国」が最初に思い浮かびました。
インターネットを通じて出会った二人が直接会う事になり、聴覚障害を隠して普通のデートをしようとした女性とそれを知らない男性、結局隠し通す事が出来ず女性が男性に別れを告げてしまいますが、男性が諦めきれずにメールを送り続けて…みたいなストーリーです。
ラストは書かれているように、男性が髪を切るのを提案して、実際に女性が髪を切って…ハッピーエンド。

Q故人の作品や出演者のいる映画の最後にありがとう

故人の映画監督や、俳優などの作品の最後にありがとう乗せる風習に違和感を覚えます。

私の記憶が正しければ、昔は冥福をお祈りします。と言った違う言い回しだったように思います

これなら分かるのですが、死んだ人の名前を出してありがとうと言われても、

そこまで熱心なファンでもないと、
痛いファンの陶酔を押し付けられたような違和感を覚えます

距離感がおかしいとおもうのですが、
これは、考えすぎでしょうか?

Aベストアンサー

珍しいですよね。ルパン三世だから少し変わったことをしたのかな?冥福か献げるか、違う言葉が一般的ですが。コナンたのしみにしてたので、少し悲しかったです。せめてコナンとルパンの劇場版にして欲しかった。ルパンファンなら喜んだかも知れませんね。

Q犬神家の一族が好きなのでドラマ化される度に必ずみています。 鮮やかな殺人、トリック、人間関係どれも魅

犬神家の一族が好きなのでドラマ化される度に必ずみています。

鮮やかな殺人、トリック、人間関係どれも魅力的で結末犯人までわかっていても何度見ても面白いです。

私に表現力がないのでどこが、何がいいかもっと詳しく言いたいのですがうまく言えません。

犬神家の一族が好きな方に私の代わりに思うままにこの作品の魅力を言って欲しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原作読まれましたか?
原作と過去に映像化された作品で一番違う点が一箇所あるのですが。
どうしても1975年の市川版「犬神家の一族」がオリジナルで、それを模倣しているように思えます。もっとも2006年の映画は同じ監督で同じ脚本だから仕方がないですが。

Q小学校の頃に読んだ本のタイトルが思い出せません…! 外国の本だった事は覚えています。 内容は、悪さば

小学校の頃に読んだ本のタイトルが思い出せません…!
外国の本だった事は覚えています。
内容は、悪さばかりする10人くらいの子どもがいる夫妻の家に、家政婦としておばさんがやってくるお話でした。
そのおばさんは実は魔法が使えて、子どもたちがいい子にたるたびに美人になっていくストーリーだったと記憶しています。
表紙は黒っぽかった気が…
知っている方がいれば教えてください!

Aベストアンサー

「マチルダばあやといたずらきょうだい」(ふしぎなマチルダばあや)を調べてみてください。
お行儀の悪いブラウン家の子供たちのところへやってきた、マチルダばあやの話です。
http://kawaiiehon.com/?pid=126444269

Q19世紀イギリスにあった道具

何かの本で読んだのですが、ネットで検索しても一向に出てこず、こちらでご教授させていただこうと思った所存です。
知りたいのは個人が所有している馬車ではなく、ハンサムキャブのことです。
タクシーのように人を乗せていたこの馬車を呼び止める道具があったと思うのですが、懐中時計同じような、笛のようなものだったと記憶しています。
名前がアルバート公からちなんでアルバートという名前だったはずですが、検索しても引っかかりませんでした。
どなたか、これがどんなものだったか知っている方いらっしゃいませんでしょうか。
読んでいた本はフクロウとかそんな名前が付いていたと思います。

Aベストアンサー

ひょっとすると、読まれていたのはこの本のことではありませんか。

谷田博幸
『図説 ヴィクトリア朝百貨事典』
(河出書房新社・ふくろうの本)
アマゾンなどでも扱いはあるようです。

うろ覚えですが、アルバート?のことも出ていたはずです。アルバートに関する直接の情報ではなくて申し訳ないです。

Q閲覧いただきありがとうございます。 過去に読んだ話のタイトルが思い出せません… カテゴリ分からず、こ

閲覧いただきありがとうございます。
過去に読んだ話のタイトルが思い出せません…
カテゴリ分からず、こちらで失礼します。

話の内容は、
5〜6人の男女が閉鎖空間に閉じ込められる。
部屋の中には試練があり、それをクリアすると部屋のドアが開く。
ドアを開けて進んでいくとまた同じような部屋があり、そこにも試練があって…という感じです。
脱出ゲームのような感じでした。

試練の内容で覚えているのは(うろ覚えですが)、
・電流が流れる
・爆発か何かから逃れる穴?壁?があるが狭くて人数分入れない
…等々他にもありました。
1つの試練をクリアするのに1人が死ぬので途中から皆自分が生き残るために周りを犠牲にすることを厭わない。


最後の試練が、
「この容器に血液を○ℓ入れてください。制限時間○○分」※数字は失念しました…
残りは主人公ともう一人いたような…
ただ指定された血液の量が致死量で入れると死んでしまうのでできない。

★じつはすべての試練は最初から皆で協力すれば全員生きて脱出することができた…というもので、
最後の試練も、最初の人数いれば皆が少しずつ血液を入れれば助かる…というものでした。
ですがみんな死んでしまったし、残りの人数では無理…というオチ。


似たような話が多くあり、検索してもイマイチ引っかかりません。
ネットのどなたかの創作だったか、何か小説や映画のあらすじだったかも覚えておらず…
最後の試練の内容だけ覚えてます。

なんとなくもう一度読みたいなぁと思ったので、
知っている方いらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか??
長文乱文ですいません。よろしくお願いします。

閲覧いただきありがとうございます。
過去に読んだ話のタイトルが思い出せません…
カテゴリ分からず、こちらで失礼します。

話の内容は、
5〜6人の男女が閉鎖空間に閉じ込められる。
部屋の中には試練があり、それをクリアすると部屋のドアが開く。
ドアを開けて進んでいくとまた同じような部屋があり、そこにも試練があって…という感じです。
脱出ゲームのような感じでした。

試練の内容で覚えているのは(うろ覚えですが)、
・電流が流れる
・爆発か何かから逃れる穴?壁?があるが狭くて人数分入れない
…等々...続きを読む

Aベストアンサー

『ソウ5』だと思います。

Qこの映画のタイトルを教えてください

この映画です↓
  https://www.youtube.com/watch?v=-FPORizsd9I

Aベストアンサー

出演している俳優は竹脇無我と香山美子ですね。
この歌は都はるみの「好きになった人」
おそらく1965年の映画「アンコ椿は恋の花」ではないでしょうか。
これも都はるみの歌が題名になっていますがその流れでこの映画が使われたのではないでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング