人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

藩邸とはなんですか?
京都の街を歩いていると、長州藩邸跡とか土佐藩邸跡とか見かけるのですが藩邸とは何をする場所だったのですか??
またなぜそれらが京都にあったのですか??

A 回答 (4件)

外交官事務所です。

参勤交代があるので江戸には必ずありましたが、京都には幕府の所司代もあり大きな藩は藩邸を構えていました。情報収集や密謀にも当っていたので、幕末には京都藩邸は討幕派の拠点でした。
    • good
    • 0

出張所です


御所警備です
    • good
    • 0

藩邸とはなんですか?


 ↑
大使館みたいなものです。

江戸時代は数百の国が集まっていたような
もので、それぞれの国は、外国みたいな
面がありました。

藩邸で、徳川幕府や他藩との折衝などを
やっていたわけです。

そのためには莫大な費用がかかり、そのため
本国で消費するよりも、藩邸での消費の方が
多くなることもありました。




京都の街を歩いていると、長州藩邸跡とか土佐藩邸跡とか見かけるのですが
藩邸とは何をする場所だったのですか??
 ↑
1,まず、外交があります。
 他藩との付き合い、京都なら公家との折衝など
 が主な仕事になります。
2,生き残る為の情報収集。
 徳川幕府から課される賦役などを逃れるための
 工作なんかも重要でした。


またなぜそれらが京都にあったのですか??
  ↑
天皇を初めとする公家があったからです。
    • good
    • 1

藩邸、



文字通り、力の有る藩が京や江戸に構えた藩公のお屋敷の事です、
江戸に在るのは参勤交代で江戸に詰める時期(一年ほど)の藩公の生活拠点、謂わば宿舎、家老職を筆頭に沢山の藩士も居ました、
当然側妾の女性も、

他方、京に在る藩邸は、帝のおわす場所ですから各藩に与えられた警護職などを賄える様に藩士を住まわせる為に用意された物、
藩公が宮中へ参内される必要が出れば当然宿舎に、
他にも公家や有力な僧侶などに睨みを効かせたり親睦や情報収集の場としての機能も、

こんな形で設置された物です、
当然莫大な経費が掛かります、

平たく言えばこの様な物です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q清の康熙帝・雍正帝・乾隆帝が日本侵略を考えなかったのはなぜですか?

清の最盛期は長く、康熙・雍正・乾隆帝の全盛期は130年以上に及び、モンゴル帝国に次ぐ広大な領土を支配しました。
日本ではちょうど江戸時代にあたりますが、その当時の日本が清を恐れていたような記録はなく、清も日本を侵攻しようとは考えなかったようです。

意図していたわけではないと思いますが、相互不可侵の紳士協定が結ばれていたような感じです。
あれだけ領土拡大意欲の強かった清が、日本に対しては一切手を出さず、朝貢を求めるような素振りもなかったのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

小規模な貿易は行われていたようですが、秀吉や倭寇影響か、あまり良い国交関係とは言い難かったようですね。

前王朝の時、倭寇対策が大変だった。
江戸時代になって、おとなしくなったので、あえてちょっかいを出す必要はなかったのでは?

さらに言うと、そのためもあって、清王朝でも海上交通に制限をかけていた。
そして朝貢貿易以外、むしろ鎖国に近い政策だったことも要因の一つではないでしょうか。

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校

新5000円札の津田梅子は津田塾大学の設立者だそうですが今も津田塾大学という大学はあるのですか?廃校した?

Aベストアンサー

質問者さんは日本人? 女子大の人気が落ちたとはいえ、津田塾はかつては女の東大と言われたほどの名門女子大で、当然今でもあるけれど、釣りの質問かな?

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q総価学会の人に、もらった選挙のチラシ返したほうがよいですか?すみません。

総価学会の人に、もらった選挙のチラシ返したほうがよいですか?すみません。

Aベストアンサー

ゴミとして捨てて良いです。
利用価値はありません。

Q日本史上、最後の「介錯」はいつでしょうか。

介錯というのは切腹した人の首を切り落とす行為であり、現代だとモロに殺人罪にあたります。

しかしながら、歴史上、介錯人が悪人とされたことはほとんどなく、苦しまずに自殺するための温情ある行為とされてきたことが多いです。

介錯は明治維新後にも行われており、西南戦争に敗北した西郷隆盛も介錯されているところですが、それでは、日本で最後に行われた介錯はいつ、どこであったものでしょうか?

日露戦争あたりまではあったのでしょうか。
それとも、第二次世界大戦の頃にも介錯があったりしたのでしょうか。
自殺者は今も多いですが、さすがに戦後日本で介錯は行われていないように思いますが、どうでしょう。

Aベストアンサー

大戦中はむしろかなりの数が行われています。
例えば沖縄戦では牛島満と長勇が6月23日に
剣道5段の次級副官に介錯してもらっています。
逆に、特攻の生みの親と言われた大西瀧治郎や
終戦時の陸軍大臣である阿南惟幾は
自刃するときに介錯を断っています。

Q明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

今上天皇は軍装(軍服をまとう)をしませんでしたが、先代の明治・大正・昭和天皇は軍装をしましたね。
天皇家の草創期では、天皇は武人であるから、軍装したのはずですね。
ところで、明治天皇以前に軍装をした最後の天皇は、どなたでしょうか?

Aベストアンサー

太平記によると、南北朝時代の後村上天皇は鎧を着てました。
北朝の軍から逃れるときに鎧姿で馬に乗っていたそうです。

Q「1945年」←これのこと、なんて言いますか?西暦ではなく。

語呂合わせで「年」を覚えるのを、「年号を覚える」という表現をしているものが多々あるのですが、
「年号」は「平成」とかのことで年そのもののことではないですよね?
「1945」を「年号」とは言いませんよね?
言いますか?
「1945」のことはなんと言えばいいのでしょうか?
「年数」ですか?
1945を語呂合わせで覚えるとしたら
「語呂合わせで”年数”を覚える」であって
「語呂合わせで”年号”を覚える」ではないと思うのですが、
どうでしょうか?
ネット上で「語呂合わせで年号を覚える」って表現が多くて困惑しています。
といって「年数」というのも、なんだか「歴史上重要な出来事があった年」を表現する言葉として
弱い気がします。
「紀年数」というのもあるにはありましたが…なじみがなくてぴんときません。
「1945」や「645」のような、重要な出来事があった年のことを
なんと言うのが適切でしょうか。
ご教示いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

>「年号」は「平成」とかのことで年そのもののことではないですよね?
それ年号ではなく、元号(げんごう)ですけど

>「1945」のことはなんと言えばいいのでしょうか?
年号ですけど

どうしてもと言うなら、暦年でも使ったら?

Q豊臣秀吉が人身売買を許せないとしたことについて

織田信長はキリスト教の布教を認め日本各地にキリスト教が広まりました。その後を継いだ豊臣秀吉は、キリスト教布教に対し見せしめのためにバテレンを始め幼いキリスト教信者まで死罪にするなど強い弾圧を行いました。その理由のひとつに、秀吉は婦女の人身売買に宣教師が関わっていたことを知りキリスト教に怒りを持ったという説を何かで知りました。
この説は真実なのでしょうか。

Aベストアンサー

真実です。ほとんどの人が知りませんが、戦国時代には日本人の考える「人身売買」と西洋の「人身売買」は全く異なるものだったからです。

西洋の人身売買、奴隷制度、というものは「人間の形をした家畜」「元々死んでいてもいいものを拾って使う」というところから来ています。
 それは古代の民族戦争で勝った方が「勝者の権利」で、負けた民族を皆殺しにしていたところを、奴隷商人などがお金で買い取って「人間の姿をした家畜」として方々に売ったところから始まっているからです。古代では「民族が違い、宗教がちがうなら人間ではない」のが普通だったからです。

日本も大和朝廷が成立する以前の「生口」などは同じ考えでした。豪族ごとに「自分のたちのコミュニティ」があり、それ以外の人は「同じ人間ではない」状態だったからです。これを変えたのが大和朝廷の成立でこれにより「朝廷に参加する豪族とその身内はすべて同じ人間」になったのです。

そのため奈良から平安期にかけて、人間を家畜として扱う奴隷制度は消えて行きました。鎌倉時代や室町時代など大きな騒乱があると奴隷制が復活するのですが、幕府は何度もそれを違法として取り締まっていきます。残ったのは「年季奉公」という概念だけ、つまり「人生の20年ぐらいを買い、その分の働きをしたら解放される」というものだけだったのです。(実際には女郎屋などは、化粧代や部屋代などを取って、なかなか年季が明けないようにしていました)

ですから、当時の日本人としては「家畜のように人が売買されて、一生奴隷として暮らす」と言うこと自体に拒否感があり、非常に野蛮なことだと考えられていたのです。当然、秀吉にもそういう感覚はあったでしょう。

宣教師は日本に来て非常に喜んだのは「日本では他の国の相場の1/3で奴隷が買える」ということです。当たり前でしょう。日本は20年(人生の1/3ぐらい)分の報酬で人身売買されていて、奴隷は一生なのですから値段が同じなわけないのです。

そのため宣教師は多数の日本人を口入屋から買い入れて外国に連れて行っていました。ところが何年経っても年季が明けず「お前は一生奴隷として買い入れた」と知った日本人が「騙された」と思って逃げてきたのを秀吉が知ったので激怒したのです。
 
 ちょうどその頃秀吉は関白職になり、関白は「天皇に変わって日本の運営に責任を持つ」役割だったため「大和民族が融和して奴隷制を廃止したのになんて野蛮なことをするのか!」と怒ったわけです。

結局それが原因になって、宣教師と軍事力の関係性などがだんだん明るみになり、南蛮の侵略方法が明らかになったので、のちの鎖国につながっていく、ということになるわけです。

真実です。ほとんどの人が知りませんが、戦国時代には日本人の考える「人身売買」と西洋の「人身売買」は全く異なるものだったからです。

西洋の人身売買、奴隷制度、というものは「人間の形をした家畜」「元々死んでいてもいいものを拾って使う」というところから来ています。
 それは古代の民族戦争で勝った方が「勝者の権利」で、負けた民族を皆殺しにしていたところを、奴隷商人などがお金で買い取って「人間の姿をした家畜」として方々に売ったところから始まっているからです。古代では「民族が違い、宗教...続きを読む

Qなぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか? 江戸がなぜ候補に上がって決定された?

なぜ徳川家康は江戸に幕府を開いたのですか?

江戸がなぜ候補に上がって決定された?

Aベストアンサー

皆さん書いていらっしゃる通り、秀吉に命じられたようです。
  
正月に「家康江戸を建てる」というドラマがありました。それを見て思ったこと。
当時は一面湿地のような、飲み水にも事欠く土地をあそこまで整備した家康という人物は(ブレーンの助言もあったとは思いますが)単に戦に強い武将だけではない、優れた政治力の持ち主だったと改めて感心しました。
彼だったからこそ、徳川300年の礎を築くことが出来たのだと思いました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング