「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

電話などで、最後に名前を確認するとき、
「失礼ですが・・・」と言われることがあります。
これは、日本語として正しい表現なのでしょうか?

私としては、「失礼ですが」と名前を聞かれることがとても不快です。

礼儀作法として正しいのであれば、この考え方を改めないといけないと思っていますが
自分としては不快な表現なので使わないようにしています。

日本語として(礼儀として)正しい表現なのか、
また、「失礼ですが・・・」に隠されている本当の意味を教えてください。

A 回答 (9件)

質問者に同意したいような、したくないような気分です。

(はっきりせずすみません。)

「失礼ですが」と切り出すのは、自分がまだ相手の名前を知らないこと=相手がとるに足らない存在であるという意味になり、結果的に相手をおとしめるのを避ける気持ちだと思います。

「失礼ですが」と切り出すことによって、「あなたの名前を知らないのは私の落ち度なのですが」と断る意味になり、相手を高める意味になります。

ちょっと極端な説明になりましたが、日本はウチ・ソトの区別に敏感で、名前を知らないということは、すなわち相手を「よそ者」扱いすることにつながりかねないという事情がある(あった)わけです。

礼儀としては、意味のない表現ではないと思いますが、「今時そういう言い方は……」と抵抗を感じるのも事実です。

ただ、質問者は、ビジネスの関係にしろ、そのほかの場合にしろ、相手の名前を尋ねるのにどのような表現をされるのでしょうか? 補足をお願いします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「失礼ですが・・・。」には
「あなたの名前を知らないのは私の落ち度なのですが」という意味が隠されていたのですね。
これで、不快にならずにこの言葉が聴けそうな気がします。

私は、名前を尋ねるときは
「(恐れ入りますが)お名前(頂戴して)よろしいですか?」と尋ねています。
カッコ内は状況に応じてつけたりつけなかったりしています。
自分の質問と皆様の回答を確認すると「よろしいですか?」という表現も間違っているような気がしてきました。
もう一度考え直してみます。

お礼日時:2004/12/03 00:57

 失礼なのは人の名前をたずねることではありません。

人の名前を知るという行為自体が失礼なのです。
 世界中の大半の民族にある習慣のようですが、名前というのは聖性を帯びるものであるために、軽々しく人に教えたり、また他人が呼んだりしてはいけない、と古代においてはされていたようです。万葉集などに見られる風俗ですが、「名を訊く」ということがそのまま求婚の意で用いられたこともあります。名前を教えあうような親しい仲というのは夫婦のような間柄でしかありえない、ということなのでしょう。今でも「のろいをかけられてしまうから」という理由で名前を教えるのを嫌う民族はたくさんありますし、日本でも「人を(苗字でなく)名前で呼ぶのは失礼(子供や親しい人、目下の人にのみゆるされる)」という風習にかたちをかえて残っています。
 「失礼ですが名前を教えてください」というのは、そういう民族的な伝統の残滓のひとつです。今では「名前を教えるという手間をあなたにかけさせて申しわけない、失礼ですが」というふうに解釈されていますが、民俗学的に言えば「親しい仲でもないのにあなたの名前を知ってしまうというわたしの行為を許してください」の意味ではないでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「失礼ですが」という言葉を、回答者様のような意味で使っている方は実際いるのでしょうか?
古典の中での言い回しなら、このような回答になるかもしれませんが、
あまり現代的な解釈ではない気がします。

お礼日時:2004/12/04 23:58

> 「失礼ですが・・・。

」という言葉、省略されているので不快に感じるのですね。

私はおっしゃるとおり、省略されているから不快に感じるのだと思います。
暗に「察しろよ!」と言われているようで…。
ぼかして言う→相手は察する-というのが日本人の「美徳」らしいですから(笑)

私は、#4さんのご意見の

> これを使うのは大抵、ビジネスでの電話などでしょう。とすると、普通は最初にお互いに名乗りますね。
だから、聞いたはずだけど、(それを忘れてしまったので)聞きにくいけどもう一度お聞きするそんなところからの表現かな、と思っています。

という場合を想定しました。

一度お聞きしたことを忘れてしまうという「大変失礼なことをしてしまった。」という意味で使うのだと思いました。
ですが、私自身は「失礼ですが…。」で”誤魔化さない”ようにしています。
「大変失礼ですが、もう一度お名前をお願いできますか(orもう一度お名前をうかがえますか)?」と言いますね。

参考までに、私の勤務先では「電話応対マニュアル」というものがあり、その中では、「すみません」、「恐れ入ります」は使ってはいけない言葉になっています。
「ありがとうございます」、「申し訳ありません」、「失礼いたしました」はO.K.
「すみません」、「恐れ入ります」は、感謝の意味にも、謝罪の意味にも使えるから不可なんだそうです。

あと、「お名前を頂戴できますか?」は、人によってはコレを不快に思う方もいらっしゃると聞いたので(名前は”モノ”ではないから、尋ねるものであって、貰う(頂戴する)ものではないから-という理由だそうです)、私は使わないようにしています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「すみません」「恐れ入ります」はNGだったのですね。勉強になりました。
「頂戴できますか?」という言葉は最初不自然に感じていたのですが、
周りが使っているのを聞くうちに、だんだん使うようになってしまったと反省しました。
いろいろ考え直す機会になり、質問してよかったと思いました。

お礼日時:2004/12/04 23:51

六件のご回答と質問者さんの言い方を拝見して、



私の言っている、

「失礼ですが、どちら/何方(どなた)様でしょうか。」

は間違いかもしれないと自身が無くなって来ましたが、

この表現は如何でしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「失礼ですが」だけで名前を聞く態度が不快に感じるので、
省略せずに聞かれるのは、私は不快には感じません。

この質問をする前に、ビジネスマナー電話編を確認したのですが、
「どちら様でしょうか?」と聞くのが一般的のようで、どのHPの例にも入っていました。
だから、大丈夫だと思いますよ。

お礼日時:2004/12/04 23:46

全く同感です。


私もこの中途半端な表現には非常に不快に思っています。
 相手の言い分は「失礼ですが・・」と明らかに質問途中で、「。」で終わっていないですからね。
その先は「察してちょうだいよ。」というずうずうしさを感じます。
横から返事するのもマナー違反なので、いつかあえて「はい?」と合図地をうって反応をみてやろうか。とも思うくらいです。

はっきりモノを言わない(言えない)日本人が好んで使っているのでしょうね。
「失礼」といった言葉を初めにつけて謝った、へりくだったニュアンスをかもし出しておいて、語尾をにごす。
「自分の失礼を承知でお伺いさせて頂きますが、お名前はなんとおっしゃるのでしょうか。」
というような、自分の状況と希望をはっきり相手に言えない気の小さい人が好んでいる。と思っていいと思います。

某電話会社のオペーレータで働く友人に聞いたところ、まさにこう言った、「その会話尻を相手(お客)に察しさせる」言い回しは使用しないよう指導されたそうです。

私は、電話の世界で「名を名乗ること」は常識だと思っていますので、名乗らない相手に対し、その名前を聞くことを「失礼な行為」と思っていません。
「お名前お願いします。」とニッコリはっきりさらりと聞いています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「察してちょうだいよ」というずうずうしさが、不快に感じるのかもしれません。
失礼だと思ってるなら、言うな!って思ってしまう私はひねくれ者ですね ^_^;

「失礼ですが」と言われるより、「お名前お願いします」とはっきり言われたほうが、すっきり気持ちよく名乗れますね。

お礼日時:2004/12/03 00:33

名前を聞くとき、「失礼ですが・・・」は非常によく使われる表現です。


失礼ですが、のあとに名前を聞く言葉が省略されている、と考えるのが適当かな? と思っています。

これを使うのは大抵、ビジネスでの電話などでしょう。とすると、普通は最初にお互いに名乗りますね。
だから、聞いたはずだけど、(それを忘れてしまったので)聞きにくいけどもう一度お聞きするそんなところからの表現かな、と思っています。
あるいは、最初に名乗らないのは失礼だと思うが、というところからきているのかも?

私自身、あまり適切ではない、と思います。でも、便利な表現なので、使ってしまうことも有りますね。
そして、「失礼ですが・・・」と聞かれてその状況で名前を確認しようとしている、と思えば素直に(?)名前を言います。

ただ、これを好ましくない、と思っている人は少ないかもしれませんが、やはりいます。私の周囲にも何人かいますね。ですから、使わない、という判断は間違ってはいないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

一度聞いたはずなのに、もう一度聞くので「失礼ですが・・」
かなり納得できました。

やはり好ましくないと思われている方はいらっしゃるのですね。
確かに便利っぽい言葉ですが、これからも使わないようにします。

お礼日時:2004/12/03 00:28

「失礼ですが、お名前をお聞かせ願えますか」


といった言葉が省略されています。

私も「失礼ですが」で終わらせる言葉を不快に感じます。
「私、○○と申します。 失礼ですが?」と丁寧に言う人もいますが、いずれにせよ省略しているので不快に感じますね。

「私は○○と申します。 失礼ですがお名前をお聞かせ願えますか」
もしくは
「恐れ入りますがお名前を頂戴できますか」
と言うようにしています。

そこまで丁寧にしなかったとしても
「すみません、お名前をよろしいでしょうか」
でも、省略するよりましだと思っていますがどうでしょうか。


省略ですので正しい表現ではないと思いますが、一般的に普及したものは認められるようになってしまうのでいかんともしがたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「失礼ですが・・・。」という言葉、省略されているので不快に感じるのですね。

「恐れ入りますが」とか「すみませんが」がと言われるより、「失礼ですが・・・」と言われたほうが不快に感じるのですが、
聞きなれていないせいでしょうか?

お礼日時:2004/12/03 00:25

「こんばんは」


これは「今晩は綺麗な月夜ですね」などという、
会話文章が省略されて、
挨拶へと変化したものです。
 
このような日本語の特性を考えれば、
「失礼ですがお名前を教えていただけませんでしょうか?」
という言葉が省略されて、
「失礼ですが」
となるのも不思議ではありません。
しかし、まだこれは一般的にはなっておらず、
日常的に使うには問題があるでしょうね。
       
ちなみに日本人の美徳として、
「自分に厳しく他人に甘く」というものがあります。
このような微妙な言葉に関しては、
私は、その方針でいこうと思っています。
            
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「失礼ですが・・・」と名前を聞かれる状況は主に会社の電話です。

「自分に厳しく 他人に甘く」
自分が不快だと感じることを人には行わないようにします。

お礼日時:2004/12/03 00:17

間違えたままの言葉が正しい言葉と変わっていくことがあります。


たとえば、<早急>「さっきゅう」が正しいのに「そうきゅう」でもいいとか・・。
それと同じで、みんなが使えばそれが正しい言葉になるのではないでしょうか?。

私は「失礼ですが・・」とは使いません。
隠されている意味は説明できませんが、以下のような言葉を使います。

「教えていただけますか?」の代りになる言葉があるのかもしれませんが
「恐れ入りますが、お名前を教えていただけますか?」または「差し支えなければお名前を教えていただけますか?」を使ってます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

みんなが使えばそれが正しい言葉になる・・。

会社の先輩が使っているのを聞いていると、それが正しい応対方法なのだと思って使ってしまうのかもしれませんね。

お礼日時:2004/12/03 00:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名前を聞くときの敬語

名前を聞く時の敬語は「お名前頂戴してもよろしいでしょうか?」だと思ったのですが、これは相手にイエス、ノーの選択肢を与えてしまいますよね。
ノーと言われると仕事上困るので、直に名前を聞く敬語を考えていたのですが思いつきません。教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<「お名前頂戴してもよろしいでしょうか?」>

以下の点で正しい敬語法にはなっていません。

1.既に回答にあるとおり、「名前を頂戴する」とは言いません。

2.お名前の後に対象につける格助詞「を」が省略されています。正しくは「お名前を」と助詞を明記するのがきれいな語法です。助詞の省略は通俗的な使い方になります。
例:
「それ下さい」(X)→「それを下さい」(O)


ご質問2:
<ノーと言われると仕事上困るので、直に名前を聞く敬語>

1.「~してもよろしいでしょうか?」という問いかけがイエス、ノ-の選択肢を与えてしまいます。これは相手の「許可」を求める語法だからです。

2.通常は「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」が、一般に広く使われている語法ですが、これも許可を求める語尾になっていますから、直接尋ねる表現とは言いがたいです。

3.直接尋ねるのであれば「~していただけますか?」と相手に対する「依頼」表現が要を得ています。

4.以上を踏まえて直接尋ねる依頼文の敬語表現は以下のようになります。
例:
「お名前を教えていただけますか?」
「お名前をお教えいただけますか?」
「お名前をご提示いただけますか?」

5.ただし、敬意の程度は、相手の許可を求める言い方「~してもよろしいでしょうか」の方が高くなります。理由は、相手の許可を求めるという態度自体が、既に「へりくだった」=「謙譲的」姿勢になっているからです。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<「お名前頂戴してもよろしいでしょうか?」>

以下の点で正しい敬語法にはなっていません。

1.既に回答にあるとおり、「名前を頂戴する」とは言いません。

2.お名前の後に対象につける格助詞「を」が省略されています。正しくは「お名前を」と助詞を明記するのがきれいな語法です。助詞の省略は通俗的な使い方になります。
例:
「それ下さい」(X)→「それを下さい」(O)


ご質問2:
<ノーと言われると仕事上困るので、直に名前を聞く敬語>

1.「...続きを読む

Q相手のフルネームを聞く時に失礼の無い良い聞き方を教えて下さい。

よく相手の名前を聞く時に、
お名前は?
○○です。
すいません、下のお名前も教えて頂けますか?
ってやり取りが有ると思いますが、私は『下のお名前は?』と聞く
聞き方が、相手に対してとても失礼な気がしてなりません。

『フルネームでお名前を教えて下さい』と最初に言えば、分かり易いと思うのですが、
ただ、ご年配の方だと、『フルネームって?』って感じで意味が分からないと思います。
何か良い聞き方はないでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1 です。
最初に「苗字とお名前は?」と聞けばいいと思います。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q電話応対で、聞き取れなかったときの確認の仕方を教えてください

会社での電話の取次ぎで
相手の会社名が聞き取れなかったときはどういうふうに聞き直せばよいのでしょうか?
名前なら、「お名前をもう一度確認させていただいてよろしいでしょうか?」のように聞けますが、会社名は「会社名をもう一度・・」と言ってもいいのでしょうか?

また、
取次ぎ相手が不在で、
相手に
折り返しお電話をいただけますか?
と言われたとき、
かしこまりました。
のあとはどういえばいいのでしょうか?
教えてください
お願いします。

Aベストアンサー

私も電話応対業務をやっているのですが、
相手の名前を聞き返すのは大変失礼な行為ですからね、
気を使いますよね。解ります。
-------------------------------------------------

聞き返す時は間を空けず、直ぐに聞き返す方が相手に
苛立ちを感じさせないと学びました。

最初に「あー●●と申しますが~!」と相手が言ってきた瞬間、
「●●様ですね?」と直ぐに言い返すっか、

「申し訳ありません、少々電話が遠いようです。もう一度お名前を
 お願いできますか?」
-------------------------------------------------
最終手段は、

「大変申し訳ありません、私の方でお名前を聞き取る事ができませんでした。お手数ですがもう一度お名前をおっしゃっていただけますか?」
と正直に言う。これで怒る人はあんまり居ません。
最初っから怒っていなければ↑


あたりが無難です。

-------------------------------------------------
相手が「違うよ!●●だ!」と怒っちゃったら、

「●●様ですか。かしこまりました、大変失礼しました。ありがとうございます。」

っと最後にお礼の言葉を言えば相手も何か満足します。
謝罪の言葉だけだと、怒っちゃったまんまの事が多いです。
クレーム対応の時も結構使ってます。
礼を言われると人間「まぁ、いいよ」って気になるもんなのかな・・。

-------------------------------------------------
相手が名前を言いたくない人っぽかったら、

「私、●●と申しますが、お客様のお名前は?」

と先手必勝で自分の名前を明かすと相手もすんなり言う場合が多いです。
急いでいるっぽい人相手でもこの方法だと直ぐに名前言ってくれます。

-------------------------------------------------

折り返しを頼まれた時。


「かしこまりました。
 では●●へ●●様に折り返し電話するよう私から申し伝えます。
 失礼ですが、念のため、●●様のお電話番号をおっしゃって
 頂けますか?」





「かしこまりました。では、●●が戻り次第、お電話するよう申し上げます。私、●●と申します。よろしくお願いいたいます。」

※自分の名前言うと相手が安心します。



以上が私が使っている言葉まわしです。

私も電話応対業務をやっているのですが、
相手の名前を聞き返すのは大変失礼な行為ですからね、
気を使いますよね。解ります。
-------------------------------------------------

聞き返す時は間を空けず、直ぐに聞き返す方が相手に
苛立ちを感じさせないと学びました。

最初に「あー●●と申しますが~!」と相手が言ってきた瞬間、
「●●様ですね?」と直ぐに言い返すっか、

「申し訳ありません、少々電話が遠いようです。もう一度お名前を
 お願いできますか?」
----------------------------...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q電話対応で相手の会社名が聞き取れなかった場合

電話対応を最近頻度にするのですが、
毎回相手の会社名が聞き取れず、戸惑ってしまいます。

相手「株式会社AJTの山田と申します」
私「え・・A・・・???」
相手「A、J、Tです」
私「A。。。J・・・・? え、あ?」
相手「A、J、T です」
私「大変失礼致しました。AJTの山田様でいらっしゃいますね。」

とこんなやり取りを毎回しています。
会社名が聞き取れなかった場合、スマートな対応はどうすればよろしいでしょうか?

「失礼ですが、ご会社名をもう一度お聞かせ願えませんでしょうか?」

と聞くべきなのでしょうか?そもそもご会社名?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、kyanasakiさん。

よくある疑問点ですよね!

自分の場合は、
・相手の会社名
・相手の名前
・こちらの会社の誰宛か⇒(MUST項目)
を1回目で聞き取れる範囲で聞き取ります。
聞き取れない項目がある場合、「恐れ入りますが・・・」
ともう一度伺う。そこで聞き取れなかった場合は、
こちらの会社の担当者に「会社名が聞き取れなかったのですが・・・」
と引き継ぎます。たいていの場合、電話の担当者が変わった段階で
再度名乗ると思われるので、聞き返しは1回ぐらいがスマートかなと思います。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q「~していただきまして、ありがとうございました」

日頃お礼状などを書く際に「~して頂きまして、ありがとうございました」と書いていたのですが、
正しい日本語でしょうか?「~して頂き、ありがとうございました」の方が適切でしょうか?
またその際、「いただき」「頂き」と、ひらがな漢字のどちらにするかいつも悩みます。


少し気になったので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
================引用開始
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
・・・ていく(負担が増えていく。)
・・・ていただく(報告していただく。)
・・・ておく(通知しておく。)
・・・てください(問題点を話してください。)
・・・てくる(寒くなってくる。)
・・・てしまう(書いてしまう。)
・・・てみる(見てみる。)
・・・てよい(連絡してよい。)
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
・・・について(これについて考慮する。)
================引用終了

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「...続きを読む

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング