人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

論語にこんな話しが在ります。ある県の長官が孔子に「私の村には正直者の躬と言われる男がおります。その男、どんなに正直かと言えば、父親が他人の羊を盗んだ時、躬は自分の父親の罪を証言したのです」と自慢しました。

それに対し孔子は、「私の村の正直者は違います。父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。直、其の中に在り」と応えました。

これはどちらが正しいと思いますか。孔子でしょうか? 長官でしょうか?  あなたの意見を聞かせてください。

質問者からの補足コメント

  • 上記問題に対して私の考えは・・・

    社会が一番うまくいく方法は「私より公を優先すること」である。そうであれば長官のように親を訴えた子供を正しいとするのは公の為なのだろうか? 家族の誰かが盗みをすれば、身内であってもすぐに警察に知らせることが正しいとなれば、多くの家庭で人間関係がぎくしゃくして社会に大きなひずみが出来、やがて密告が正義となり社会が冷たい関係になりうまく回らなくなるでしょう。ゆえに長官は正しいとは言えないでしょう。しかしもし父親が人を殺しているのを見たら、身内でさえすぐ警察に知らせないといけないでしょう。

      補足日時:2019/05/04 06:44
  • それでは父親の盗みを見た時、息子はどうすればいいのだろうか。善は私欲を抑え公の為とみんなで考えることである。息子は自分一人でこれが正しいと決めて行動しないで、まず母親や家族に打ち明けてとみんなで考える。そして母は自分の子供が盗みの現場を見たと言うよりは「見知らぬ誰かが父親が羊を盗んだのを見たと言ってきた」と言う話をして、父親を説得して羊を返しに行くのがいいでしょう。あくまで息子は父の盗みは知らないとした方がいいでしょう。子供が父親の犯罪を見たと分かれば一生、父と息子との関係はよそよそしくなりぎくしゃくすることでしょう。

    結局、社会が一番うまくいく方法は常に「公の為」が正しい答えなのである。何か問題が起きれば、何が最も優れた方法なのか、公の為になるのかとみんなで考えることが一番良いのである。家族のことも社会のことも含めて考え一番公の為になるのはどんな方法なのかと考えることが正しいのです。

      補足日時:2019/05/04 06:47

A 回答 (35件中1~10件)

皆さんは論点がズレていると思います。



まず、孔子は、「直は其の中に在り」といっただけで、「父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。」ことは、一言も正しいことだとはいってません。それどころか「郷原は徳の賊だ」とも言ってます。

先天の生まれつき備わった直は孔子の直で、後天の社会的に身につけた直は長官の直であるというだけです。

どちらが正しいとか正しくないとかはありません。しかし、長官など地位のある職種につくと、見失いがちになる先天の直も大切にしていきたいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「父は子の為に隠し、子は父の為に隠す。」ことは、一言も正しいことだとはいってません。<

いや長官は間違っている、俺が正しいと言っていると思いますよ。「郷原は徳の賊だ」は長官の事でしょう。

お礼日時:2019/05/09 21:11

論語物語



下村湖人  
https://www.aozora.gr.jp/cards/001097/files/4292 …

孔子と葉公

一部抜粋


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ふと彼は、数ヵ月前、役人から受けた報告の中に、非常に感ずべき事件のあったことを思い出した。
(そうだ、あれは全く珍らしい事件だった。あれなら誰が聞いても、人民に遵法の精神が横溢している結果だと思えるだろう。何しろ、親子の関係をすら超越して、国法を守ろうとしたのだから。)
 彼は夜があけると、係りの役人を呼んで、もう一度、事件の内容を委しく書類によって調べさした。書類には次のようなことが書いてあった。
「某それがしは、隣家から迷いこんで来た羊を、そ知らぬ顔をして自分のものにしてしまった。しかし、その羊が隣家のものであるということを説明する材料は、何一つなかった。そこで、この事件は、隣家の者の云いがかりだということに決定するより仕方がなくなっていた。ところが、某の息子が、わざわざ役所にやって来て、国法は曲げられません、私は正直を愛しますと、云って、羊が迷いこんで来た当時の事情を委しく申立てた。役所では、法律に従って厳重に横領者を罰すると共に、息子には規定通りの賞金を与えることにした。」
 葉公は、息子のいった、「国法は曲げられません、私は正直を愛します。」という言葉を、特に印象深く聞いた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もしかして、この質問、息子が賞金欲しさに父親の盗みを申立てたという前提に立ってる?

だとしたら、OUT!

息子に規定通りの賞金を与えることにした。←息子がその賞金を手にできたと思う?

な、わけないじゃん。役人に掠め取られるのが関の山。

じゃあ何で、息子はわざわざ役所にやって来て証言したのか?

役人に脅されて、出向かざる(偽証せざる)を得ない状況だったと考えるのが妥当。

家族が人質に捕られてる(十分あり得る)

この時代、民は人であって人でないように扱われ

権力を持つ者のおもうがままに弄ばれてたんだよね。

「国法は曲げられません、私は正直を愛します。」⇒「 国法は曲げられません / 私は正直を愛します。」

国法は曲げられません←権力者には逆らえない

私は正直(父)を愛します。←(偽証への悲痛な訴え) 

父は子の為に隠し、子は父の為に隠す

直きこと、其の中に在り



過ちては則ち改むるに憚ること勿れ

子曰ク、「君子重カラザレバ則チ威アラズ。学ベバ則チ固ナラズ。忠信ヲ主トシ、己ニ如カザル者ヲ友トスルコト無カレ。過チテハ則チ改ムルニ憚ルコト勿レ」ト。(『論語』学而)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>役人に脅されて、出向かざる(偽証せざる)を得ない状況だったと考えるのが妥当。<

そんなにひねくれて取られてもこまりますw

>私は正直(父)を愛します。←(偽証への悲痛な訴え) <

面白い意見ですけどたぶん違います。

お礼日時:2019/05/09 20:58

孔子の名言の中には明らかに間違いだと感じる内容が多いと思いますが、これについてはポイントになる部分、「なんのために羊を盗んだのか?」という部分が不明のため、どちらが正しいか判断できない、というのが正しい答えだと思います。



 孔子は、本能に縛られる感情の部分と理性的な大義の部分をしばしば混同してしまうため、人生訓としては危険な部分が多いような気がします。日本の刑事訴訟法では身内の罪をかばえるようになっていますが、現実世界では本人のために罪を暴き罪の償いをさせないと、隠ぺいしたことにより後あと大きな禍根を残すことも多いと思います。

孔子の名言の中で、明らかな間違いだと断言できるのは、「少年老い易く学成り難し」だと思います。私は「年寄りは年取らんのか?時間は全ての人間に平等だろうがよ、バカかお前!俺は若いころ大嫌いだった歴史に30歳過ぎてから興味を覚え学ぶようになったぞ!」と食ってかかりたくなります。

 そういえば、「40にして惑わず」というのも非常に危険で、私に言わせれば40歳代の若造が最も危険だと思います。40歳ごろに正しいと思ったことの半分は、60歳になるともっと深い意味があることを知り、残りの半分は全くの誤りもいいとこです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>孔子の名言の中で、明らかな間違いだと断言できるのは、「少年老い易く学成り難し」だと思います。<

何の間違いもありません、あなたが間違っているのですよ。

>そういえば、「40にして惑わず」というのも非常に危険で、<

孔子とあなたでは相当違いますから仕方がありませんよ。世界の三大聖人ですよ。

お礼日時:2019/05/09 20:56

親が人として普通に子供を育んでいたのならば、子供が通報することはありえません。


人は優しさに接して正義を知るのです。
普通ができなければ子供は惑います。
これ以上は、人には理解できない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

しかし中国では普通に子供を育てたのに文化大革命で密告などやあんなに残虐こともやりましたからね。

お礼日時:2019/05/09 20:53

欲を捨てたら何も残りませんね。

公の為に考える原動力も失う。
自由は奪われたくない。私欲だね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>欲を捨てたら何も残りませんね。公の為に考える原動力も失う。自由は奪われたくない。私欲だね。<

じゃ、一度欲を捨ててみたら。欲を捨てずにそう言われてもね~。自由を奪われたくない?自由の意味は何だい? あんたの言う自由は自由気ままってことだろう。それでは本当の自由って何だい。自由は奪えるものなのかい。

お礼日時:2019/05/05 19:51

#28です。



>子供が父親の犯罪を見たと分かれば一生、父と息子との関係はよそよそしくなりぎくしゃくすることでしょう。

見てない振りをすれば息子の心にわだかまりが残る、とはお考えにならないのでしょうか。

公の為には嘘をついても良い、ということですね。
絶対善は嘘を許容するのだ、と。
孔子と同じでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>見てない振りをすれば息子の心にわだかまりが残る、とはお考えにならないのでしょうか。<

息子が親父の万引きを見た、という問題で最もいいのはどうすればいいのか。「私欲を抑えて公の為」と考える。
公の為とは親父さんや自分の家族の為という事。息子のわだかまりを優先するのか親父のプライドを優先した方がいいのか。どちらが家族の為になるのかと考えて答えを出せばよい。

お礼日時:2019/05/05 06:46

孔子が正しいなら 今スッカリ廃れそうな孔子の教えを啓蒙しなければなりません。



しかし皆さんもう諦めてある様で。孔子、イエス、ゴータマ・シッダルタ、ソクラテスの教えを

上手くブレンドして子供たちに教えないと ろくな社会に成りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>孔子、イエス、ゴータマ・シッダルタ、ソクラテスの教えを上手くブレンドして子供たちに教えないと ろくな社会に成りません。<

彼等のすべての教えの本質が絶対善「私より公を優先すること」だから、これをしっかり教えればそれで済む話。私欲を抑えよ、そして公の為とリーダーの立場に立って責任をもって考え行えよ、ってね。

お礼日時:2019/05/05 19:50

#24です。



>しかしあなたの目指す所はどこですか? あなたには見えていますか?

あなたの表現をお借りするなら、「私」に無理の生じない範囲で「公の為」の範囲を広げていくことですかね。
補足も拝見しました。
この場合の私見は以下のとおり。

・家族全員が餓死寸前であった。
・且つ、そうした状況を救済すべき他の手段が存在していないような社会であった。
といったシチュエーションを前提とすれば、孔子説を支持します。
そして、後々、私的の状況が改善してから借りを返す。
しかし、そうした切羽詰まった状況でなければ、長官説を支持すると思う。
これまた食肉業界の話になってしまうのですが、以前、ミートホープという会社が牛肉と偽って他の肉を混ぜたりしていた事件がありました。
詳細は不明ですが、たしか身内からの内部告発だったと思います。
記者会見では、社長に対して長男が、すべて正直に話すべきだ、と諭していたのが印象に残っている。
即座に会社はつぶれましたが、致し方ないかと。
しかし、おそらくですが、彼らは現在、生活に困っているわけではないはず。
要するに「適度な善」を基本としつつ、「適度」の度合いをあげていくしかないのではないか、ということです。
民度と言っても良いし、国民のレベルと言っても良いかもしれないが、個々の自覚に委ねるしかない。
個人でできることがあるとすれば、少なくとも詭弁や不合理な論理を安穏と見過ごすことをしない、ということかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>孔子説を支持します。<

私は孔子を支持していませんよ。盗んだことはちゃんと責任を取らせなければなりません。母親が父親を説得して謝罪に行かねばならないでしょう。勿論相手が承諾しなければ裁判になるでしょう。しかしそうなれば家族が壊れるかもしれません、それは公の為にならないと言うことです。みんなで社会にとって一番いいような、公の為になる答えを出せばいいのです。

>牛肉と偽って他の肉を混ぜたりしていた事件がありました。<

それは公の為ですか?適度の善で妥協することは本当に公の為ですか?そんなことのない社会にしなければなりません。くそ官僚の天下りなどがなくならない限り良い社会は作れません。本来公務員は公の為にやらねばなりません、しかし現在の官僚は私欲優先です。ですから私が言うように絶対善「私欲を抑えて公の為」を広めなければならないのです。私の言うことに何の矛盾があるだろうか。

お礼日時:2019/05/04 20:03

補足欄を見ての問題点:



1. 理念から演繹してひとつの規範を決めようとしている。

① その倫理規範をただひとつの判断の基準にしようとしている。
② 判断は 対立する二項の中からどれかひとつをえらぶ形を採り 
そのように白か黒か 善か悪かの選択でしかないと閉じた形でまと
めてしまっている。


2. ひとつの規範による二者択一のかたちだが つねにフィード
バックをして考えを積み重ねていると反論されるだろうが そのと
きにも やはりつねに善悪の一刀両断になる。



3. ★(補足欄) 子供が父親の犯罪を見たと分かれば一生、父
と息子との関係はよそよそしくなりぎくしゃくすることでしょう。
☆ ひとの心をも 対立する二項によってのみ捉えようとしている。

人間関係をも 良し悪しのどちらか一方として持たれるしかないの
だと決めつけている。

一生 相手を・つまり互いが互いを 引き受けるという行き方を身
につけることが 大事だ。

一生悩み苦しみ汗を掻くのである。

スイカをつねに一刀両断していないと 落ち着かない様子に見えて
しまう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の言う絶対善は絶対的に正しい方法でありこれ以上の物はない。これで考えることこそ最も正しい答えに辿り着けるのである。勿論、知恵のない者たちが話し合って決めても良い結果は出せないかもしれない、しかしそれでも問題を考えるにおいて絶対善である「私欲を抑えて公の為と考えること」以上に正しい方法はない。未来永劫、絶対善で考えることが絶対的に正しい方法である。これ以上に正しい方法があるなら答えてほしい。絶対にないだろう。
絶対的に正しい方法を使わない選択などあろうはずはない。何故、最高の方法を使うことを拒否するのか?

お礼日時:2019/05/04 20:02

父親が人を殺しているのを見たら>窃盗と殺人の間には明快な区別はない。

例えば飢えた者から食物を奪えば時間をかけた殺人に他ならない。つまりあなたの議論には何の意味も無いことになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

万引きと殺人ではレベルが違う。物事は限度を知ることが大事である。限度を超えればもう我々の手には負えない。万引きぐらいなら我々庶民の間で解決できる問題であり、それが公の為であろう。しかし殺人を我々庶民だけで解決することは公の為ではなく悪である。

お礼日時:2019/05/04 20:01
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玉ねぎの哲学

玉ねぎはふしぎな野菜。どこにでもころがっているありふれた野菜だが、切ろうとして包丁を入れると、泣けてくる。それはもう、パブロフの犬みたいに。

だから、みじん切りにするときは、冷蔵庫で思いっきり冷やしてやる。すると、幾分おとなしくなる。

ときどき、根を自分の中に張り巡らそうとしている玉ねぎを発見することがある。
外部に養分を求めるべきなのに、これは自己矛盾といえる。
自分をむさぼることで生存を図ろうとする。ようにも思える。

ともあれ、玉ねぎは万能野菜。料理の味をまとめてくれるすぐれものでもある。
皆さんは、どんな玉ねぎ料理が好きですか?

Aベストアンサー

飽和水蒸気爆弾(edible onion)を食べたいです

Qこれまで数千人の命を救ってきた天才外科医1人の命となんの取り柄もないニート50人の命。どっちが大事で

これまで数千人の命を救ってきた天才外科医1人の命となんの取り柄もないニート50人の命。どっちが大事ですか?

Aベストアンサー

政治や経済、そして社会の利益から考えれば、天才外科医1人の命のほうが大事です。

でも、人道的にはどちらも大事、と云うしかありません。

宗教的には、ニート50人の命のほうが大事です。
本質的には、数は関係ありませんが、あえて選択するならと云う事です。
なぜかと云えば、天才はニートよりは理性という点において、数段神に近いという立場を確保しているからです。

だから神は、神にとっての遠い存在である“弱者”への想いが強いのです。

Q生まれた時にもらったのは、いつか訪れる死である?

私達が生まれた時に貰ったのは
いつか死ぬということ

ソクラテスは

死は
人間の持っているすべての恵みの中でも
最高のものである

と言いました

それは
死がなければ
生きることが生きることではなくなるからでしょうか?


ソクラテスの言葉をどう解釈されますか?

Aベストアンサー

ソクラテスの言葉、

「死は
人間の持っているすべての恵みの中でも
最高のものである」

に付いて、わたし流の気付きが有りました。

もしかするとソクラテスは、釈尊が云うところの「生とは苦である」と見ていたのではないかと。釈尊は人の楽しむ姿さえも、苦であると観た様ですが、ソクラテスがそこまで見たかどうかは分かりません。

No.6さんの意見と同じ、でしょうか。
グッド!は別の人に付けましたが。

ただ、文章の脈絡が明らかになれば違った解釈になるかも知れません。

Q長幼の序とグローバリズム

私は日本のシステムの長幼の序というのは社会を安定するという面では
いいシステムだと思っています。人生経験がある年寄が若い人を
諭すのはいい面もあると思います
しかし、これだけ、世界が狭くなっている今、もちろん昔に比べて長幼の序はなくなってき
ていますが、平成の世の中がグローバリズムのせいで格差社会になった所を見ると、
若い人の自由は認めながらも、大きな社会システムとしてもう一度、日本人全体が
長幼の序や思いやりといったシステムを考えていく必要があると思います。みんなどう
思いますか?

Aベストアンサー

あたしゃ高校の山岳部出身で30Kg以上もある荷物背負って歩いたけど、高校2年生と1年生じゃあその能力に雲泥の差があったね。いわゆる新米っていうやつだ。だから、その差を身を以て経験した私にゃあ、山歩きに関して山岳部の高校2年生が高校1年生に向けて上から目線でモノ言うことに疑問を感じたことがなかったどころか、そんなの当たり前だと思っていた。

でも、1年も経つとあら不思議、自分も先輩並の歩き方ができるようになってきた。一方3年生になると受験に忙しくて山歩きをやってる暇がなくなって、荷物背負った山歩きでじゃあ、2年生も3年生も大した差がなくなってた。だからって、後輩のあたしが先輩と対等になったと思ったことがなかった。そこに来るまで、先輩は献身的にあたしを育ててくれたんで、それに関する感謝の念を持っていたからだ。

あたしの基本的な考えは、あたしのような並の人間でも運よく献身的な先輩に巡り逢え、さらに本人が努力し続けられさえすれば、どんな道でもその分野でいっぱしの人間として評価されるところまでは成長できると考えている。それが実際に世間で認められようが認められまいがだ。そして、そこまで成長できた人間は後輩の指導に必ず役に立つ人間になっていることも間違い無いと思う。これが並なあたしが経験から得られたことだ。

このことは、世の中の大多数の人に当てはまっていると思っている。そして、長幼の序を是とする社会は、このような経験則を認識できる社会なんだと思う。別な言い方をすると、若者に対して、並な人間でも石の上にも三年いれば一端の人間になれることを身をもって示して、長幼の間で信頼関係ができていることが、長幼の序の必要条件なのだと思う。

若者が未熟なのは当たり前だ。だって未経験なんだもの。若者があんたの分野に夢を持って入ってきたときに、その若者に向かって謙って

「あたしゃあんた並の初心者だ」

なんてこと言ったら、未経験な若者は混乱して若者の夢を潰してしまいうかもしれない。一日の長があるあんたが、その若者と同じ初心者であるはずがないんだから。そんなことしたら、倍倍倍と成長していつかあんたを超えて行くかもしれない若者を潰してしまいかねない。

長幼の序とは、年長者が自分の過去を省みて自分の成長を認識し、若者に対して自信を持って接することのできる状況で生まれてくるもんだ。その成長を認識できない年長者が長幼の序と言ったところで、若者を説得できないと思うよ。

あたしゃ高校の山岳部出身で30Kg以上もある荷物背負って歩いたけど、高校2年生と1年生じゃあその能力に雲泥の差があったね。いわゆる新米っていうやつだ。だから、その差を身を以て経験した私にゃあ、山歩きに関して山岳部の高校2年生が高校1年生に向けて上から目線でモノ言うことに疑問を感じたことがなかったどころか、そんなの当たり前だと思っていた。

でも、1年も経つとあら不思議、自分も先輩並の歩き方ができるようになってきた。一方3年生になると受験に忙しくて山歩きをやってる暇がなくなって...続きを読む

Q「とうもろこし」にまつわる世界観

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしから作られる添加物は何百種類に及ぶといわれます。
ドライミルと呼ばれる製粉所に対して、ウェットミル(湿式工場)があります。
ここは複雑なパイプや機械部品からなる怪獣みたいなもので、毎日大量のとうもろこしを飲み込み、反対側についている蛇口から、さまざまな製品、糖類、デンプン、アルコールや酸、乳化剤や安定剤を流し出す。そのほとんどが食品添加物として、シリアルやスナック菓子、調味料やドレッシング、チキンナゲットや冷凍食品、ありとあらゆるものに使われています。

この中で「ブドウ糖果糖液糖」これは1960年代に日本で開発されたとうもろこしを原料とする甘味料で、安価で甘味が強いので、砂糖に変わるものとして、清涼飲料水、調味料、菓子類、加工食品全般に大量に使われていて、血糖値が上昇しやすくなるという危険性があります。
また、最近よく耳にする「難消化性デキストリン」
これは消化されないデンプン。食べても消化されないので、胃も腸も通り抜けてしまう。つまりカロリーのない究極のダイエット食品。「栄養にはなりません」なんて宣伝したら逆効果ではないか、と考える人もいましたが、昨今のダイエットブームが追い風になりました。これでカロリーを考えずに安心して食べられる。ダイエットに救世主とも言える存在になったのです。いわば、栄養もなくただ人の中を通りすぎるだけという、一見役に立たないことで勢力をさらに拡大しようとしています。

人間の食料だけでなく、牛、豚、鶏の飼料として加工されます。ほとんどがアメリカ産牛肉一億頭分の飼料。
ここで思い出すのが、ケーキを作っていたときのこと。使用していた卵は海藻、青菜、木酢、かき殻、米ぬか、オリゴ糖、パプリカ、にんにくなど20種類以上を配合したえさを食べている鶏で、濃厚で味わいのある卵だったのですが、あるとき、飼料のベースを輸入とうもろこしに変えるということになって受け入れざるを得ませんでしたが、結果はやはりケーキの食味が変わり、業者を替えることになりました。

人間と同じように、食べ物にも個性があって、どんなに栄養のある良いものでも、一種類の食べ物だけを食べて生きる事はできません。主食副食バランスよく食べてはじめて、健康が支えられるように人間はできていると思います。
皆さんはどのように思われますか?

「とうもろこし」と聞くと、焼きとうもろこしやコーンスープを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、今やアメリカでは、45000種類の食品のうち1/4以上の食品にとうもろこしが使われていることをご存知でしょうか。日本も例外ではありません。

コーンスターチ(トウモロコシの澱粉)コーンフラワー(とうもろこし粉)に加工され、コーン油も搾油されていますが、食品の原材料表示の中の、ブドウ糖果糖液糖、加工デンプン、デキストリン、キサンタンガム、アスコルビン酸、カラメル色素など。とうもろこしか...続きを読む

Aベストアンサー

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源となり、酪農製品も摂らず、ピーナッツバターやアーモンドバターを、全粉のパンに塗り、お茶も、ビーツや生姜の薄切りを煮だしたものを飲んでいます。

何が体にいいのかよくわからないのですが、キノアやケールやビーツなど、あまりおいしくない食材も、出すと喜ばれるので、頑張って調理しています。あとは、季節の野菜を、組み合わせを考えて、蒸したり、茹でたり、いためたりして、”味付けをしないで”、そのまま食卓に出しています。サラダには、ライムジュースを振りかけるだけです。

基本的に、出来合いのものを使わず、食料品店で、丸のままの食材を買ってきて、それを調理する、というやり方です。体には良いのかもしれませんが、手がかかるし、そして、食費も普通の倍以上はかかります。

これが、行き過ぎた健康志向、アメリカの意識高い系の食事の実態です。もはや、バランスが取れればよい、などという問題ではないところに来ています。

一方、80パーセント以上のアメリカ人は、現在でも、漂白された白いパンを食べ、チーズバーガーをほおばり、ビールにバーベキュー、タコスに山のようなチーズ、トウモロコシだらけのシリアルを毎日食べているような状況です。

私も、食事はバランスさえ取れていて、おいしければ、それが、ベストだろうと考えていましたが、私の家族を見る限り、何が何だか、判らなくなっている現状です。私事で恐縮ですが、お知らせまで。

米国在住です。

十五年ほど前、ご質問にある、米国人のトウモロコシの食べ過ぎの件について、長女が高校で習ってきまして、それ以来、彼女はトウモロコシを食べることを拒否しています。理由としては、取り立てて料理をして食べなくても、”箱入りの食べ物”には、必ずトウモロコシが使われていて、私達の体内は、トウモロコシだらけだからだということででした。

その後、私の家族の”食事セオリー”はどんどんと発展を続け、現在では、肉食をやめ、一週間に二度のオリーブオイルで調理した鮭・マスがたんぱく源と...続きを読む

Q人間は、食糧の奴隷か?

人間は、食糧の奴隷か?

Aベストアンサー

食料でなくて、力を持った人間の肥大化した欲望の奴隷でしょう。

Q哲学とは何か?

哲学とは何か?この第一歩から考えてみたくなりました。

野矢茂樹氏の「ラジオ深夜便」出演の話はどなたかが紹介していましたが、
私も一度聞いたことがありました。
改めて聞いてみると、嬉しくなるほど分かりやすいと思いました。なんだか
分からない話を随分聞いてきたせいでしょうか?

どんな分野でも、言っていることが明快な人は、その中身をよく理解してい
る人で、逆に言っていることが何だかよくわからない人は、結局分かってい
ないのだという世間一般の定説は正しいものでしょう。

哲学とは何かということについて、野矢氏は、次のように述べています。

ごく簡単に哲学史を述べれば、アリストテレスは哲学を学問として捉えていた。
トマス・アクィナスにとっては、哲学は宗教であった。
デカルトは、哲学は学問の基礎であると考えていた。
現代においては、哲学者の数だけ定義が存在すると言って過言ではない。

私(野矢氏)にとって哲学とは、人間の言葉を使った複雑な思考の中の問題として
1.思考の全体を見通せていない、2.思考を支えている多くの暗黙のものを自覚し
ていない、3.全体の曖昧さ、矛盾を分からないでいる、これらの問題を解決する
ことである、と。

確かに、哲学というものの定義は、様々であることは実感していました。だから、
「さあ統一しましょう」といったところで、そううまくはゆかない。せめて、各々
の定義を理解し合えたら、もう少し意義のある対話ができるかも知れません。

さて、あなたの「哲学の定義」はというと、どういうことになりますでしょうか?

哲学とは何か?この第一歩から考えてみたくなりました。

野矢茂樹氏の「ラジオ深夜便」出演の話はどなたかが紹介していましたが、
私も一度聞いたことがありました。
改めて聞いてみると、嬉しくなるほど分かりやすいと思いました。なんだか
分からない話を随分聞いてきたせいでしょうか?

どんな分野でも、言っていることが明快な人は、その中身をよく理解してい
る人で、逆に言っていることが何だかよくわからない人は、結局分かってい
ないのだという世間一般の定説は正しいものでしょう。

哲学...続きを読む

Aベストアンサー

キリスト教が発達してからの西洋哲学は、キリスト教を隠れ蓑にしていた人間のインモラルな部分に、風を通して、本来の人間性を取り戻そう、という、初々しいものではなかったですか。

ルネサンス美術と同じで、西洋の精神世界の理想である、ギリシアの昔のように、キリスト教を離れて、自由に思考をしたかった。もう一度、自分の頭で考えてみたかった。

ギリシアで発達した哲学は、言葉遊びのきらいもありますが、(多分に、貴族の暇つぶしだったでしょう)、発想は、もっと自由で、はつらつとしたものでした。人間の尊厳の確認であったかのような印象があります。

その旗頭であるソクラテスが牢獄に繋がれ、毒をあおって死ななければならなかったため、何か、陰惨な印象を持っていましたが、何年か前、彼の牢獄であったと伝えられている岩屋を訪れる機会があり、その場所が、アクロポリスを見渡せる、風光明媚な場所であったため、何だか、足元のはしごを外された気分、というか、牢獄でさえ、知的でした。

おっしゃる通り、哲学は、対話によって、曖昧なものや無意識に受け入れていた事柄を、明確にしてゆく役割を担っているのだと思います。中世以降のヨーロッパでは、キリスト教が邪魔になりましたが、現代の日本では、いかがでしょうか。

キリスト教が発達してからの西洋哲学は、キリスト教を隠れ蓑にしていた人間のインモラルな部分に、風を通して、本来の人間性を取り戻そう、という、初々しいものではなかったですか。

ルネサンス美術と同じで、西洋の精神世界の理想である、ギリシアの昔のように、キリスト教を離れて、自由に思考をしたかった。もう一度、自分の頭で考えてみたかった。

ギリシアで発達した哲学は、言葉遊びのきらいもありますが、(多分に、貴族の暇つぶしだったでしょう)、発想は、もっと自由で、はつらつとしたものでした。人...続きを読む

Q生産性も向上し みんな頑張ってるのに 世の中がなかなか上手く行かないのは何故でしょうか?

どうしてこうも上手く行かないのでしょうか?

資本主義や共産主義が悪いのでしょうか。それを乗り越える事が出来ないのが行けないのでしょうか?

男尊女卑とか人種差別でしょうか?白人が偉いのでしょうか??

いじめは無くならないのでしょうか?

Aベストアンサー

どうしてこうも上手く行かないのでしょうか?
 ↑
日本はかなり上手く行っている国ですよ。

ワタシには中国人の知人が多いのですが、
彼らが来日、在日すると異口同音に驚きます。
「日本は天国だ!」
犯罪は少ないし、戦争もない。
人は皆親切で優しい。
選ばなければ仕事はいくらでもある。
頑張れば将来は開けている。
官憲の紳士的態度には感動すら覚える。
日本人に生まれたことは、宝くじに当たった
ようなものだ。
本当にうらやましい。
ああ、どうして俺は中国人なんだよ。

日本人は、生まれながらに天国に住まいしている
ので、その有難味が実感出来ないのです。




資本主義や共産主義が悪いのでしょうか。
それを乗り越える事が出来ないのが行けないのでしょうか?
  ↑
ここ十年でアジアの貧困は5億減っています。
武器の発達にもかかわらず、戦争で死ぬ割合も
減少しています。
長い目でみれば、世界は確実に良くなっています。



男尊女卑とか人種差別でしょうか?白人が偉いのでしょうか??
 ↑
焦ってはいけません。
男女平等とか人種平等なんてのが
強調されるようになったのは第二次大戦
直後からです。
戦争で、女性や黒人の貢献度が増し、発言力が
増したのが原因です。
まだ半世紀しか経っていません。



いじめは無くならないのでしょうか?
 ↑
現代のような、集団的いじめは昔は
在りませんでした。
つまり、方法によっては無くなる、ということです。

どうしてこうも上手く行かないのでしょうか?
 ↑
日本はかなり上手く行っている国ですよ。

ワタシには中国人の知人が多いのですが、
彼らが来日、在日すると異口同音に驚きます。
「日本は天国だ!」
犯罪は少ないし、戦争もない。
人は皆親切で優しい。
選ばなければ仕事はいくらでもある。
頑張れば将来は開けている。
官憲の紳士的態度には感動すら覚える。
日本人に生まれたことは、宝くじに当たった
ようなものだ。
本当にうらやましい。
ああ、どうして俺は中国人なんだよ。

日本人は、生まれながらに天...続きを読む

Q地球と人間はどちらが大切なのでしょうか?

愛は地球を救うと言う夏のチャリティ番組もありますが

人間が救われないと 地球を救っても何かおかしい様な?

確かに地球環境を守るか改善しないと人間も生きて行けなくなるかもしれませんが

人間が滅びてもまた進化した知的生命体が生まれるでしょう。

しかし僕らは人間だから人間が滅びたら何になるんだろうか?

この悲惨な世界で人間が大事か 地球が大事か?

Aベストアンサー

こういう問題は、極論すると
わかりやすくなると思います。

科学技術が発達して、人間が宇宙に住めるように
なった場合を想定してください。

地球が無くなっても、人間は宇宙で生き続ける
ことが出来ます。

つまり、人間にとって、地球の存在は必須では
ないのです。

人間の方が大切です。

Q言葉について

言葉とは人間そのもの、人間と表裏一体だということ、理解できました。

そうすると、人工知能AIの使う言葉は、どのように捉えられるでしょう。プログラミングされた言葉が人を感動させることはあるのか。いわゆる言霊というのは失われてしまうと思うのですが。

それともそういうことがあるのだとすれば、それはプログラミングした人間自身の言葉の反映なのか。
それともAIは自身で言葉を獲得して、詩や短歌、俳句の領域に至るまで凌駕していくのか。

どのように思われますか?

Aベストアンサー

ことばを《ロゴス》として広く捉えた場合 次のように分類できるのではないか
と考えます。

☆☆ ひどっち=ぶらじゅろんぬの定理 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
【Q:ヒラメキとは 人に起きるいかなる現象か】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10598115.html

〇 ヒラメキの成り立ち (ひどっち=ぶらじゅろんぬの定理)
(または ロゴスの階層 
つまり 《非思考の庭》と《思考の緑野》とのあいだに何が起きるのか) 


 [非思考の庭]
  スピリトゥス=ロゴス(α):クレド(非経験のナゾなる非思考の庭):神
                   ↓
 ----【天使(α’):ロゴス(α)の使い】--------------
                   ↓
 [思考の緑野]            ↓
  インスピレーション=ロゴス(β):異言
       :中身がまだ混沌たるヒラメキ(直感):イメージ
                   ↓
  インスピレーション=ロゴス(γ):預言
       :本質を見抜くようなヒラメキ=直観⇒人間による言葉化
       :概念? 象徴(シンボル)? 世界観じたい?
                   ↓
  ラチオ=ロゴス(δ):コギト=思考〔の緑野〕
       :経験合理性にもとづこうとする論理


   *(註) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ・ロゴス:ことば

   ・スピリトゥス:霊。聖霊

   ・クレド( credo = I believe. 我れは信じる)

   ・異言(シャリバリ):意味の分からないことば

   ・預言:解釈。経験思考で分かるように表現する。

    〔もともとは 予言= pro-phetia(予‐言)として成ったことば〕

   ・ラチオ( ratio ):理性

    〔 = reason 。《 re-or =思う・考える・数える》から〕

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ ロボットや人工知能は インスピレーション=ロゴスつまり ヒラメキとし
ての言葉を受け取ることがあるのか? といったことが気に成ります。

ことばを《ロゴス》として広く捉えた場合 次のように分類できるのではないか
と考えます。

☆☆ ひどっち=ぶらじゅろんぬの定理 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
【Q:ヒラメキとは 人に起きるいかなる現象か】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10598115.html

〇 ヒラメキの成り立ち (ひどっち=ぶらじゅろんぬの定理)
(または ロゴスの階層 
つまり 《非思考の庭》と《思考の緑野》とのあいだに何が起きるのか) 


 [非思考の庭]
  スピリトゥス=ロゴス(α):クレド(非経験のナゾなる非思考...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング