はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

文章を書くのが上手くなりたいです。
何かの感想文を書いたりすると、文末が「〜と思いました。」ばっかりになってしまいます。
感想文じゃなくても、文章を書いていて自分でもピンと来ないし、読んでみても面白くないし、全然頭に入ってきません。

どうしたら文章を書くのが上手くなりますか。これから先、大学に進学したら、論文等 これまで以上に文章力が求められるような気がして不安です。
通信講座を受けるとか、なにか文章を採点して貰えるようなことをした方がいいんでしょうか?

A 回答 (7件)

同じような悩みを感じることはありますよ。


一旦書いてから修正することも多々ある。
みなさんおっしゃるように、読書量を増やして文のニュアンスを感得なさるのが一番ですし、身にもつきます。

その上で申し上げるなら、基本として、
「ます・です=現在形」
「ました・でした=過去形」
とは限らないということを再度ご確認なさると良いでしょう。
また、「です・ます体」と「である体」の混在が必ずしも不自然になるわけではなく、逆に自然になる場合も多いです。
今回のご質問文は上手に書けていますが、前段を敢えて以下のように変えることもできる。
ただ、これだけの文章を書けるのですから、あまり神経質にならないほうがよろしいでしょう。
慣れです。

文章を書くのが上手くなりたい。
何かの感想文を書いたりすると、文末が「〜と思いました。」ばっかりになってしまいます。
感想文じゃなくても、文章を書いていて自分でもピンと来ないし、読んでみても面白くないし、全然頭に入ってきません。

文章を書くのが上手くなりたいです。
何かの感想文を書いたりすると、文末が「〜と思いました。」ばっかりになってしまう。
感想文じゃなくても、文章を書いていて自分でもピンと来ないし、読んでみても面白くないし、全然頭に入ってきません。

文章を書くのが上手くなりたいです。
何かの感想文を書いたりすると、文末が「〜と思いました。」ばっかりになってしまいます。
感想文じゃなくても、文章を書いていて自分でもピンと来ないし、読んでみても面白くないし、全然頭に入ってこないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
です・ます と である を混ぜてはいけないと思っていました…!
書き換えてくださったのを読むと、すごく自然ですね。
とても勉強になりました!

お礼日時:2019/05/05 15:58

この質問文には「思いました」は見当たりません。

文末は「なりたいです」「して不安です」などに置き替えられたり「思いました」が省略されていたりします。
また、主題の提示、提示意図の説明、質問本文、補足的質問、段落構成も出来ているように見えます。上手いと思いますよ。この質問文の方向で文末を工夫するなどしてみてはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
上手いなんて言われたことないのですごく嬉しいです!
文末のバリエーションが少ないので、もっと増やしていけるようにしたいと思います。

お礼日時:2019/05/05 16:00

文章の型をたくさん身に着けることかな。


要するに引き出しを多くすること。

それにはやはり読書。
「この文いいな」「真似したいな」
そういう文章に触れること。
100の文章を読んだだけではそういう文章には1しか出会えないが、
10000の文章を読めば100の良い文章に出会える。

その一段上に「その引き出しを自由自在に開け閉めできるか」という技術論が待ち構えているが、
それにしても引き出し自体がないことには技術論の進めようがない。

というわけで、とにかく文に触れることをお勧めする。
ラノベでも童話でも流行雑誌でもなんでもよい。
なんならマンガのセリフも役に立つ。
この目的に限れば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
読書はなかなかできていないんですが、マンガでも役立つときがあるんですね。
日常で文に触れる機会って沢山ありますし、見逃さないようにしたいです!

お礼日時:2019/05/05 15:55

コラムみたいな物や書いて、添削してもらうのが1番いいですね。


数をこなすことですね。
私は、技術職ですが、試験成果等を文書にする機会が多いのですが、20代の5年くらいは上司から添削をかなりしていただきました。
ようは、主語と述語がしっかりしているか、等の文法がしっかりしてくれば、大丈夫です。
今は、地域のコラム的な文章も書きますけど、他人の文章を添削できるようになりました。
って偉そうなことを言って、この回答は、ぐだぐだですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
全然ぐだぐだじゃないです、ありがとうございます。
主語述語は大事ですよね、きちんとできてない時があるので気をつけます!

お礼日時:2019/05/05 15:53

論文は感想文ではないので四季報などの文献ん読むか、ありきたりですが新聞を読むことです。

新聞記者はプロです。ヘタな本より、書き方の参考になります。
ただ、TPOがありますので、論文は~であるからして、○○である。と持論です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
他の方も仰られていましたが、やはり新聞が良さそうですね。
文末も気をつけようと思います!

お礼日時:2019/05/05 15:50

「文章」と言っても色々なジャンルがありますよね。



その中でも特に「感想文」が難しくて苦手という人が多いように思います。

単に「文章」の上達を狙うなら新聞のコラムを書き写す学習法を皆さんよくやられてますね。
5W1Hを使って事実を伝える技法は、一般的には新聞記事から学びます。
堅苦しいコラムに抵抗があれば、コラムではなく新聞のマンガを文章で書くトレーニングというのも面白いですよ。
書かなくても家族か誰かに4コマ漫画を口頭で伝えるトレーニングでも良いと思います。

「感想文」というのは、やはりハードルが高いものです。
日常生活において「細やかに気が付く自分」であればあるほど、何を見ても自分なりの意見が出てくるものです。
「細やかに気が付く自分」ではあまりにも漠然としすぎていますが、例えば簡単なのは日常生活で何事に対しても当たり前とは思わない、何を見ても恵まれていると捉えれるようになると感謝の念が湧いてきて、自然に何を見ても自分なりの意見が出てくるようになります。
まずは出来そうな事からやってみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
書き写す学習法なんてあるんですね!
確かに考え方次第で自分の意見も変わってきそうです。

お礼日時:2019/05/05 15:48

読書をしてみては ?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
本はなかなか読めていないのでこの機会にたくさん読もうと思います。

お礼日時:2019/05/05 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング