以前から疑問に思っていて・・・しばらく忘れていたんですが

あの 野球専門用語?の内野ゴロなどの「ゴロ」っていったい何語なんでしょう?
まぁ 日本語でありましょうが・・・

まさかボールがフィールドを文字通りゴロゴロ転がるところからきたのではあるまいな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに語源はgrounderでしょうが,「ゴロ」という略語?が定着したのは,音の響きが「フライと違ってゴロゴロ転がる」という光景を連想させるものがあったからではないでしょうか。

(実際にはゴロゴロというよりポンポンという場合も多いでしょうが。)
そういう意味では,英語生まれ日本語育ち,ともいえるかもしれません。

和製英語で有名なのは他に「ナイター」がありますね。最近は「デーゲーム」という言い方が普及したためか,それと対になる「ナイトゲーム」(これが本来の英語)という場合も増えました。
    • good
    • 0

"grounder"の訛りでOKです。

ゴロゴロ転がるから・・・ではありません。

そのほか訛っている、あるいは和製英語の野球用語には
ダウンスイング(downward swing)
デッドボール(hit by pitch)
フォアボール(base on balls)
ランニングホームラン(inside the park homerun)
などがあります。
    • good
    • 0

 確か英語の「grounder(グラウンダー)」がなまってゴロだったはずです。



 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内野ゴロ、ダブルプレーについて

 よく見られる内野ゴロで、セカンドかショートがトスを受けて二塁ホースアウト、ファースト転送でダブルプレー成立。

 この時の二塁でトスを受ける野手の足がベースに着いていない場合が非常に多いですが、これは当たり前なんでしょうか?

 一塁走者がダブルプレーを防ぐ為に、二塁でトスを受ける野手の足元にスライディングする場面を見るとベースから20センチや30センチは離れているように見えます、リプレイを見ると勿論そうだし、あくまでもリアル場面の判定で良いのですが。(ビデオ導入云々は質問の趣旨ではありません)

 私自身ガキの頃から野球はよく見たり実際プレイもしました(今もおっさん野球です)また友人、知人との酒席で「塁審はどう見ても二塁ホースアウトの場合そこまでシビアに確認していない、しなくていい」という根拠のない話でジ・エンドです。愚息が所属しているチームの監督やコーチの方に聞いても「わかりません」

 ルールに詳しい方、その他情報お持ちの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律やルールはいついかなる時でも厳密に運用するものではありません。
文面から推測させていただくと恐らく王さんの現役時代をご存知かと思い
ますが、王さんは一塁手でしたが簡単な内野ゴロの場合で送球も逸れなけ
れば王さんは捕球よりも先に足が一塁ベースを離れていました。しか
し、判定が足を離れたからとセーフになることはありませんでした。そし
て、送球が少し逸れたら体を伸ばし足が捕球より先に離れることはありま
せんでした。王さんの場合に限らず他にも状況によって審判の判定が左右
されることなどしょっちゅうです。ストライクとボールどちらでもよいよ
うなきわどい球のときはツーナッシングならボール、ノースリーならスト
ライクになります。アウト、セーフでもたとえば内野ゴロで少しハンブル
したりジャッグルしたら見た目同時でもセーフになり、逆にファインプ
レーがあったら同じタイミングでもアウトになります。審判は杓子定規に
判定することだけが能ではなく流れも考えているのです。サッカーなどで
は野球よりゲームの流れを重視しますのでたとえば退場者が出て11人対
10人になった場合は11人の有利なほうが通常イエローカード程度の反
則でも一発退場になることがあり他にもアドバンテージを見たり審判のさ
じ加減で進めらることがあります。ただ、サッカーにしろ野球にしろ、審
判は杜撰な判定をしようというのではなく大勢に影響がなければ目をつぶ
りゲームの進行を優先しようとするもので、ご質問の二塁でのプレーでも
少しでも送球が逸れようものならセーフの判定になりますのでプロは弁え
てベースの扱いをしています。

法律やルールはいついかなる時でも厳密に運用するものではありません。
文面から推測させていただくと恐らく王さんの現役時代をご存知かと思い
ますが、王さんは一塁手でしたが簡単な内野ゴロの場合で送球も逸れなけ
れば王さんは捕球よりも先に足が一塁ベースを離れていました。しか
し、判定が足を離れたからとセーフになることはありませんでした。そし
て、送球が少し逸れたら体を伸ばし足が捕球より先に離れることはありま
せんでした。王さんの場合に限らず他にも状況によって審判の判定が左右
され...続きを読む

Q内野ゴロアウトが記録はヒット

参考資料が見つからないので、ウロ覚えなのですが。
何年か前のソフトバンク(ダイエー?)VSロッテの9回裏、ホークスは
一死3塁サヨナラの場面でバッター松中。松中の打球は高いバウンドの
ファーストゴロ。ロッテ1塁手福浦はジャンプしてキャッチ、着地と共に
1塁を踏んで松中をアウトにし、バックホーム。しかし3塁ランナーの
足が早くサヨナラゲーム。この松中のファーストゴロアウトは記録上
ヒットになるのだそうです。サヨナラの場面では本塁を1塁とみなし
3塁ランナーが生還すれば打者にヒットが記録されるそうで。
では3塁ランナーが挟まれてランダンプレーの末の生還なら
松中の記録はどうなりますか。勿論野手のエラーや走塁妨害もなく
一瞬のスキを突いて、という事になりますが。

Aベストアンサー

no.3です
初耳でした。
が、リンク先のケースだと公認野球規則から外れている
旧規定に基づいて安打が記録されたということになります。

となると削除された規定が生きているということになり
ルール改正の意味がないことになります。

このケースでいえば、野手選択にすべきだという解釈に
変更されたわけですから、その野手選択も削除されたルール
になりますよね?
そうなれば記録員の都合のいいように
記録出来ることになってしまいます。

私としては旧規定を知っている公式記録員の判断ミスと理解するのが妥当であろうと考えますし、
千葉氏のコメントも旧ルールでは安打であると言ってるだけで、
現ルールに則った解説ではありませんし、
ルールにないものをルールだというのは理解できません。


もし、安打だとしても
狭殺プレイになったら単に一塁ゴロだと思います。

Qプロ野球内野ゴロ ベースタッチについて

プロ野球内野ゴロ ベースタッチについて

プロ野球を見ていると、内野ゴロで一塁に送球した時、一塁手がボールをキャッチする前に足がベースから離れているように見えます。タイミングはアウト。
また、内野ゲッツーの際の2塁ベースでも同じように見える時があります。

やはり早すぎてこのように見えるのでしょうか。

それともタイミングが完全にアウトであれば、少々早く足が離れてもOKという暗黙の了解があるのでしょうか。

Aベストアンサー

本当はそういうのはセーフなんでしょうが,
双方のけが防止のため,
タイミング的にアウトなら
アウトとして黙認されているようです。

Q満塁のときは内野ゴロ。6安打で0点は不可能?

原則として打球が走者に当たった場合、守備妨害で王者はアウト、打者には安打が記録されますね。
ところが、スコア付けの勉強でいろいろなサイトを見ていたところ「満塁でこのようなケースが発生した場合、「満塁でヒットが出たのに点が入らないのはおかしい」という考えから、最近は打者はヒットでなく内野ゴロとして処理するようになった。」
という記載がありました。

これだと、いわゆる6安打で0点が不可能になりますね。上記のお話の真偽のほどはどうなのでしょうか?高野連とかNPBなどで出された正式見解なのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。

その後、色々な知り合いに聞いてみましたが、少年軟式,中学軟式,リトル,シニア
高校野球では知っていると言う人とはいませんでした。
(記録上の事と言うことも有り、関心が無い気もしましたけど)

有るとしても、私設リーグなどでのローカルルール位までで、
高校野球など、大きな組織では無さそうですね。

個人的な見解であれば、その考えを否定をする気はありませんが
高野連やNPB等の公式見解でないことは間違い無さそうです。

そのホームページが見つかったら、また質問されてください。
(個人的にも、少し興味があります)

Q内野ゴロやフライの時に、全力で走るのが普通でしょうか?

こんばんは。

プロ野球では全力で走ってる人が少ない気がするのですが、
プロ野球と「高校野球」「メジャー」の違いは何でしょうか?

プロ野球を見ていて疑問に思ったのですが、「高校野球」「メジャー」ではゴロやフライでも全力疾走です。
「メジャー」と言いましてもイチローしか見ていませんが、とりあえず全力疾走をしている気がします。

私はほとんど野球を見ていませんので、一部のみで判断してしまっているかもしれません。
間違った判断でしたら申し訳ありません。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
イメージは、概ねそのとおりです。

ゴロやフライでも、エラーの可能性がありますから
全力疾走が基本です。
しかし日本のプロ野球では、全力で走らない選手が
少なからずいます。これは、ゴロやフライでアウトにならない(=エラーになる)確率が極めて低いからでしょう。
でも、その極めて低い確率でも全力を尽くすのが、スポーツマンシップかと思いますので、高校生やメジャーの選手が全力なのは正しいですし、普通です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報