白熱電球をじっとみつめていると、
はじめ黄にみえ、次に白(ここからエナメル線が見える)、青、ピンク
と、色が変わって見えるのですが、
これは目の仕組みによるものなのでしょうか?
それとも脳の処理の問題なのでしょうか?
詳しく教えて下さい。

A 回答 (3件)

#1のお礼に対する回答です。



>補色順応というのは同じ所をじっと見ている時でも時間の経過で起こることなのでしょうか?

 補色順応ではなく補色残像ですが・・・。私自身の経験からすると時間経過で徐々に移り変わっていくようですから、恐らく色順応とその次に起こる補色残像が積み重なっているように思えます。

>補色順応で納得できるのが2色の色の移り変わりなのですが、3色変化するのもこれでしょうか?

 原色ではないものは、三原色それぞれの錐体細胞の量的な組み合わせで見えるのでしょうから、変化の色数は色々あって(ダジャレではありません)もよいのではないでしょうか。

>補色順応で、錐体細胞のリセットとありますが、こういったときには、間の色は考えられないのですか?それとも各錐体細胞が何割かずつリセットされるのでしょうか?

上述したことだと私は考えています。

>それと、色順応というものがどういったものなのでしょうか?

 たとえば、蛍光灯と白熱灯では照明色が違うので、両者に照らされた物体をみると違う色に見えるはずです。しかしながら、実際にはそれぞれの照明下では、白色の照明色と判断してものをみるようにできています。hyuugaさんのご質問の場合、直接照明を見ているのでちょっと複雑なのですが、黄→白という変化のところでもしかしたらこの色順応が起こっているのかなと考えた訳です。
    • good
    • 0

白熱球は「エナメル線」でなく「タングステン線」・・というのはさておいて、


白熱電球に限らず、太陽のように強い光を見ると目に悪い、といわれます。それだけ視細胞や視神経を酷使しているわけですから、防御反応として、「見ない」ように制限しているのではないでしょうか。
その中で、それぞれの細胞の制御のバランスで色が見える、ということになります。
    • good
    • 0

 あまり詳しくは説明し切れませんが、おそらく、補色残像と色順応、そして明順応が合わさってそのような色の変化がみられたのでしょう。



 はじめに白熱電球を見つめたときに、明るくてほとんど何も見えませんが、1分程度で明順応(明るさに慣れてくる)します。

 明るさに慣れると次に色が識別できるようになります。色彩に関しては、網膜の錐体細胞がはたらきます。これは、ヤング・ヘルムホルツの三原色(赤・緑・青)に反応する細胞があるのですが、白熱電球の色(完全な白には見えませんよね)に反応して色(hyuugaさんの場合は黄色)がみえたのでしょう。

 で、その色が徐々に変化したのは、補色残像と色順応が合わさったのかもしれません。補色残像とは、ヘリングの反対色説で説明されているのですが、ある特定の色をみつめた後には、その色に対応する錐体細胞がリセットするために、特定の対応色が見えるというものです(黒と白、青と黄、緑と赤)。たとえば赤いものを見つめた後、眼をそらす(白い背景のものをみる)と緑色の残像が見えるというものです。

 強い光を見たときには恐らく、多少の網膜細胞の混乱もあるかもしれませんが、普通にはこれらの反応が網膜内で起こっていると思いますので、色が変わって見えたのもこの三つの機能によるものと考えられます。

 但し、脳による色の主観を排除できていたかどうかの問題もありますので、実際に見えた色については正しいかどうかは解りません。私が使った白熱電球では黄→緑と変化しました(白熱電球の色によるのかも)。

 説明がうまくありませんが、回答になっていましたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
明順応というのは分かりました。
補色順応というのは同じ所をじっと見ている時でも時間の経過で起こることなのでしょうか?補色順応で納得できるのが2色の色の移り変わりなのですが、3色変化するのもこれでしょうか?
補色順応で、錐体細胞のリセットとありますが、こういったときには、
間の色は考えられないのですか?それとも各錐体細胞が何割かずつリセットされるのでしょうか?
それと、色順応というものがどういったものなのでしょうか?

お礼日時:2001/07/30 19:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q補色について詳しく知っている方

a. (   )は、明度差の最も大きい補色。
b. (   )は、寒暖対比の最も強い補色。
c. (   )は、補色であると同時に、その純色は、いずれも明度が等しい。

1.レッドグリーン 2.レッドオレンジとブルー 3.イエローとバイオレット 

a.b.c.の( )に1.2.3.をそれぞれ当てはめたいのですが、わかる方いらっしゃいますか。
恥ずかしいのですが、調べてもわからなくて困っております。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

♯2の方の回答が正解です。

補色は、ある色をしばらく見つめた後、白い紙に目を移すと浮き上がる色の事です。つまり、残像として現れる色です。
また、補色を組み合わせると一番目立つ色の組み合わせになります。補色を同量混色すると褐色になります。

色相環。向かい合った色同士が補色です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hana-jun/color/shikisoukan.html
http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thz1609/web-iro.htm

色立体。上⇔下が明度の明⇔暗、外⇔内が彩度(色の鮮度、鮮やかさ)の高⇔低を表します。
http://www.kawachigazai.co.jp/item/P004.htm
http://www.icoffice.co.jp/zukan/c_munsell.htm

a. イエローは白の次に明度が高い。バイオレットはかなり明度が低い。

b. レッドオレンジは暖色(赤みは温かみを感じる)、ブルーは寒色(青みは冷たさを感じる)。

c. 色立体より、レッドもグリーンも同じ高さにある。つまり明度が同じ。

参考までに^^

♯2の方の回答が正解です。

補色は、ある色をしばらく見つめた後、白い紙に目を移すと浮き上がる色の事です。つまり、残像として現れる色です。
また、補色を組み合わせると一番目立つ色の組み合わせになります。補色を同量混色すると褐色になります。

色相環。向かい合った色同士が補色です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hana-jun/color/shikisoukan.html
http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thz1609/web-iro.htm

色立体。上⇔下が明度の明⇔暗、外⇔内が彩度(色の鮮度、鮮やかさ)の高⇔低を表します...続きを読む

Q弱い白熱電球の点滅を見続けるのは危険でしょうか?

変な質問なのですが、
ちょっと訳があって白熱電球の点滅を見続けたいのですが、
30~50Wくらいの弱い白熱電球の点滅を30分~1時間くらいを週1回か2回 もしくは、ほぼ毎日見るのは危険ですか?
目に負担がかかるのは十分承知してますが、
テレビ、パソコン、真っ暗な劇場で見る映画も目に負担がかかってます。
どのくらい負担かが分からないのですが許容範囲であれば実行したいです。

部屋は真っ暗な部屋で行おうと思ってますが、危険でしょうか?
もし危険であれば明るい部屋でも構いません。

素人判断でも目に負担がかかることは想像できますので、
きちんと知識のある方、答えにくい質問だとは思いますが
許容範囲の目の負担なのか?それとも絶対にやめるべきかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

失明するかどうかはW数で決まるものではありません。発光している部分の温度です。原理的には、レンズで最大限に集光すると焦点がその温度まで上昇するのです。
ですから、透明な電球だと高温のフィラメントが直接見えるので、より危ないということです。スリガラスの電球だと焦点がぼけますから、比較的安全になります。しかし裸眼で見続けることはお勧めしません。

また、そのエネルギーは距離の2乗に反比例しますから、1m離れて見る1000Wの電球と10cm離れて見る10Wの電球の目への影響は同じくらいになります。


疑問に思われるなら、試しに暗闇で10Wくらいの裸電球を1時間ほど見て、視力の低下具合を確かめて見られてはどうでしょうか。ただし、視力が戻らなくても責任は負いかねますので、あくまでも自己責任でお願いします。

Q写真のネガはなぜオレンジ色?

長年疑問に思っていることがあります。
カラー写真のネガはなぜオレンジ色をしているのでしょうか?
いろいろ調べているのですが、その理由がわかりません。

ベースがオレンジ色をしていると、その補色にあたる色は黒と区別できないのではないでしょうか?

あと、カラーネガはプリント時に色を調節できるというのも理由がわかりません。ネガでできるならポジのダイレクトプリントでも色を調節できるのではないでしょうか?

どなたかお教えください。

Aベストアンサー

下記URLを参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.phoenix-c.or.jp/~e-ichi/qa/qa1.html

Qみえないものがみえる、、、という人

たんなる好奇心からきた疑問です。おひまな方、お付き合いお願いします。

普通には見えないものが見える人っていますね。胡散臭い人ももちろんいますが、本当に見えている人もいるように私は思います。

先日、何かのテレビをみていて、どこかの洞窟に探検にいったリサーチチームがみつけた小動物がいました。もう何世代にもわたって、その洞窟に閉じ込められていたので、目が退化してなくなってしまった、とナレーションがはいっていました。

たとえば今、光がなくなったとします。真っ暗闇で最初は混乱があるものの、それに適応した生活をするようになりますね。そして何世代もたつうちに目が退化してくる。そこで光がもどったとします。そうすると、ほとんどの人は目が退化していて視力というもの自体がなく、光がもどってきたことも気付かない。でもその中に、たまたま目が退化していなくて見える人もでてくるのではないでしょうか。あと三歩先に大きな石があるよ、とかいうと、視力のない人たちはびっくりする。

生物学的にいって、こういう仮説っていうのはありえるのでしょうか?つまり、現在、見えないものが見える人っていうのが、上のようなプロセスで退化していない能力をたまたまもっていて見えるのだ、と。

たんなる好奇心からきた疑問です。おひまな方、お付き合いお願いします。

普通には見えないものが見える人っていますね。胡散臭い人ももちろんいますが、本当に見えている人もいるように私は思います。

先日、何かのテレビをみていて、どこかの洞窟に探検にいったリサーチチームがみつけた小動物がいました。もう何世代にもわたって、その洞窟に閉じ込められていたので、目が退化してなくなってしまった、とナレーションがはいっていました。

たとえば今、光がなくなったとします。真っ暗闇で最初は混乱...続きを読む

Aベストアンサー

 進化の過程において、それに近い生物で思い当たるのは、イルカとか、クジラなどではないでしょうか?(間違っていたら、ごめんなさい。)
 彼らは、陸地に生息していたが、環境の変化などにより、また、海に戻って行ったとも言われています。
 質問者様が言われているような事象は、過去に起こったクジラなどの例を見ても、あり得る、と言えるのではないでしょうか?

 地球上に住む全生物(人類も含む)は、種の保存の為にありとあらゆる変態(形態という意味で)を生み出し、次の世代へと繋げようとするのです。

Q補色について

こんばんは。

先日職場の同僚と「黄色の補色は青か紫か」で議論しました。
発端は黄みがかった日本人の白髪を補色関係にある紫で染める事で綺麗な白髪になるという話題からでした。
マンセルの色相環に拠ると黄色の補色は青です。
そして紫の補色は黄緑様の色となっています。

実際に補色を利用した黄味の補正には紫が利用される例が多い(上記の様な)様ですが、これは何故でしょうか?

くだらない質問ですみません;

Aベストアンサー

私もこれは美術、デザイン、印刷、写真のカテゴリーだと思います。

業界の慣習では「紫」という事になっています。
RGBで言えばBと同じ色なんですがそれを紫と呼んでいます。

青ではシアンなのかコバルトなのかわかりにくいからでしょう。
もうひとつはスペクトルどおり並べていって紫外線の手前の紫だからです。
日本の伝統色、紫の根で作る紫は確かにもっと赤っぽい色ではあります。
紫から思う赤紫、茄子紺の色はスペクトル表にはありません。

http://www.mitaka-murasaki.com/2edomuasaki/index.html
http://www.holbein-works.co.jp/0402_color_07.html
http://mustang.c-mash.co.jp/wamurasaki.htm

髪染に使うとのことですがもしコバルトのような色を使って濃すぎたらとんでもないことになるからではないでしょうか。
あと植物染料などのつごうで赤っぽい色なのかもしれないですね。

Q碧眼の人は世界が黄色っぽく見える?

金箔を通して光を見ると、青みがかった光が見えるそうです。
金が黄色だけを反射するからだとか。
そこで思ったのですが、
青い瞳を持つ人は、瞳が青の光を反射しているわけだから、
日本人のような黒(茶)色の瞳を持つ人と比べて、
青みが少ない、つまり黄色みがかった世界を見ているのでしょうか?

Aベストアンサー

「瞳の色」と言いますが、
色付いてるは瞳でなく虹彩の部分です、
その人が見る風景の色には関係ありません。
http://www.kanacli.net/topics/eye_color.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AE%E8%99%B9%E5%BD%A9%E3%81%AE%E8%89%B2

Q補色の何がいけないのか

先輩に服の色の組み合わせについて色相環の隣同士の色を使えと言われました。

私は補色の2色を使うことが好きなのですが
それぞれ打ち消しあってしまうす難しいからやめろと言われます。

でもネットなどではよく、ウェブサイトの作り方で
補色は目立たせあう色で有効と書いてありますよね。

先輩のいう補色の何が難しいのでしょうか?
補色を使って失敗している有名なものってなんかありますか?
画家のフェルメールとかも補色の対比がきれいですよね。

何がいけないのか意味がわからないので、もし補色の失敗例があるなら見たいです。
もしかしたら正確な補色になっていない場合に変になるとかそういうことなんじゃないか?と思うのですが。どうなんでしょうか?違いますでしょうか?

すみません。補色の失敗とはどういうことなのか、おわかりのかた、どうぞ教えてください。

(もしかして
補色が悪いのではなく、私の顔やスタイルが悪いから目立つようなファッションはやめとけという意味で言っているというのだとしたら、まあ納得なのですが)

Aベストアンサー

補色の特徴は、お互いの色を引き立てあってしまうので、ファッションにおいては難しく難易度の高いカラーコーディネートです。


目がチカチカしたり、落ち着かない組み合わせだなあ、と見た人に感じさせる組み合わせの様です。

ある色を見ていると、それと補色関係にある色がチラチラ見える現象があり、補色同士の組み合わせは相手を強調しすぎるからだと思います。

添付画像、赤と青がしっくりしない、と、感じません?

病院の手術着が青色もその理由は、補色関係にある色がチラチラ見える為、手元が狂わない様に配慮したもの。
当初は手術着は白色でしたが、手術の血の赤を見ていると、補色の青色がチラチラ見えてしまって難儀したそうです。
それで、青色チラチラを感じないよう、手術着は青色に統一されています。

Qチョウに紫外線を当てたら太陽光では見えなかった模様が見えるって聞いたんですけどどんな模様が見えるのか

チョウに紫外線を当てたら太陽光では見えなかった模様が見えるって聞いたんですけどどんな模様が見えるのか教えてください。

画像が見て見たいです。

画像検索したらタトゥーしか出てこなくて検索ワードが分かりませんでした。

Aベストアンサー

モンシロチョウの光り方
http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/blacklight/pieris.php

Q物理補色について

物理補色とは、加法混色で混色して白色光になる2色、また減法混色で混色して黒または灰色になる2色という定義だったかと思います。
であれば、減法混色の例えばフィルタリングで混色すると黒になる赤と青はなぜ補色と言わないのでしょうか?減法混色で光の3原色の内2色を混色するとどの組み合わせも黒になりますよね。物理補色の定義が上記の内容のみであれば赤と青・青と緑・赤と緑も補色対になってしまう気がするのですが、そのほかに条件があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ん?
つい最近お会いしたような・・・?
(笑)


減法混色で赤と青を混ぜるということは、
赤は、減法混色の三原色のうち、マゼンタとイエローの和です。(M+Y)
青は、減法混色の三原色のうち、シアンとマゼンタの和です。(C+M)

全部足せば
赤+青
=(M+Y)+(C+M)
=M+Y+C+M
=(C+M+Y)+M
=黒+M
です。

ところが、「減法」混色は、混ぜれば混ぜるほど暗くなっていくのですから、黒には何を足しても黒です。

すなわち
赤+青 = 黒+M = 黒
ということになるわけです。

このように、計算(?)の最後のところで「黒+?=黒」となるような2色の組み合わせは、ご質問文の「赤と青・青と緑・赤と緑」だけに限らず、無限通り存在します。
これらのペアを、全て「補色」とする定義も、ある意味可能なのかもしれませんが、実用上も、話の簡便性からも、混色して黒になる最低限の組み合わせ(=黒に更に色を足さない)しか意味がありません。
言い換えますと、その、「黒に更に足さない」が、あなたのおっしゃる「条件」になります。



以下は蛇足ですが、(論理的には自信ないですけど・・・)

加法混色では、白にさらにRを加えれば、薄い赤になります。
これを減法混色では何に相当するか?
赤と青の絵の具を水に薄く混ぜると紫になりますよね?
それをどんどん濃くしていった極限をイメージしますと、黒っぽい紫のまま無限に暗くなっていって、最後に黒になります。
ですから、いわば、赤と青の濃度を無限にした極限値が黒であって、途中まで紫というイメージでいいと思います。

ん?
つい最近お会いしたような・・・?
(笑)


減法混色で赤と青を混ぜるということは、
赤は、減法混色の三原色のうち、マゼンタとイエローの和です。(M+Y)
青は、減法混色の三原色のうち、シアンとマゼンタの和です。(C+M)

全部足せば
赤+青
=(M+Y)+(C+M)
=M+Y+C+M
=(C+M+Y)+M
=黒+M
です。

ところが、「減法」混色は、混ぜれば混ぜるほど暗くなっていくのですから、黒には何を足しても黒です。

すなわち
赤+青 = 黒+M = 黒
...続きを読む

Q黄色ブドウ球菌について

黄色ブドウ球菌を使って、研究をしているのですが、「超音波をかけると菌が死ぬ」ということを聞きました。これは、本当のことなんでしょうか?超音波を使って房を取ろうと考えています。本当なのだとしたら、出力を弱くしてもダメなのでしょうか?
いろいろ調べてみたのですが、わかりませんでした。知っている方がいましたら教えてください。
あと、菌の比重も知りたいのですがわかりませんでした。教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

答えられる範囲で回答させて頂きます。

超音波の程度にもよりますが、大概は破壊されてしまうと思います。
しかしながらソニケーターにもいろいろなメーカーが様々な出力の機器をだしていますから。
器具洗浄用のソニケーターから試してみたらいかがでしょうか(これでも一部は死ぬでしょう)。
バイオラプター(コスモバイオの製品)やホモジナイザーを使用した場合はまずダメでしょう。
もっとマイルドな条件でしょうね。
経験則ですが、バイオラプター使用で大腸菌が完全に全滅しましたのでこのアプリにはお勧めしません。
DNAすらも切断するらしいので超強力ですからね。

比重に関しましては他の方にお譲り致します(分かりませんので)。


人気Q&Aランキング