時代は情報化社会を迎える過渡期にあると考えているものです。

小中学校の授業でパソコンを習うようになり、その子供たちが大人になったところで、ある程度情報化社会への移行が終わると考えています。
その頃には生活習慣も変わっている事でしょう。
その時代において企業が求める人材とはどういう人物だと考えますか?
また、どういう職種が伸びていると思いますか?

皆さんの具体的な考えを理由と併せて聞かせて下さい。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

第1にクリエイティブな能力。

芸術家とか、作家とか。
それ以外のところはコンピュータが正確に作ってくれますもんね。

第2にリーダーシップ。政治家や宗教家などに必要ですね。
人の心をつかむ力は、目標が不明瞭になっていくこれからの時代に必要だと思います。リーダーがコンピュータってのは嫌ですしね。

第3に調整力や指導力。医者やカウンセラーや教師のような。
リーダーとは違って、迷った人間を導いていける能力ですかね。長距離ランナー的な集団の支えになる能力。

企業で言えば第1は商品企画のできる人、第2・第3はチームのリーダーとサブリーダーですかね。

抽象的かもしれませんが…。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
情報化社会が終わればなぜそういった能力が問われるのでしょうか?
その辺りを詳しく教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

補足日時:2001/08/02 22:02
    • good
    • 0

結局、人間の持つ理性と感性のうち、理性のメカニズムについては科学的な解明も進んで、かなりの部分を機械が代替できるようになったわけですよね。


となると、やはり今後はいかに感性の割合を高めていくかということになるのかと思うんです。ただ、どのようにバランスを取っていくのか定まっていないために社会的に混乱しているのかなと。
「感性」って非常に漠とした表現なんですけど、感性豊な人材ってどういう感じなんだろう。やはり他人と違う経験・生き方をしてきた人かなあ。結局日本の会社員て海外からは「マシーン」って言われているわけじゃないですか。その対局にある存在と考えればいいのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~なるほど!
とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/09 01:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高度情報化社会と情報化社会の違い。

高度情報化社会と情報化社会とでは何か違いがあるのでしょうか?単に情報化社会が高度に進んでいることを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

戦後は、今が(常に)高度情報化社会で、少し前が情報化社会です。
 ※今から20年後には、2008年は情報化社会であっても高度情報化社会と定義
  できないと思われます。

2008年時点では、高度情報化社会だと思っていることでも、後の世から見たら
ただ単に情報があるだけじゃん。と言われるだけです。

電話機が発明されたとき、その文明の利器を使えば高度情報化社会が実現でき
ても不思議ではないと当時の人達は考えました(高度情報化社会と言う言葉は
ありませんが)。
でも、2008年の情報化社会から見ると、情報化社会元年程度です。

何をもって”高度”と定義するかは極めて困難ですから、今が高度であって、
以前は高度でなかったと理解するのが一番簡単です。

Qサラリーマンは江戸時代の小作農と同じか? 派遣社員は江戸時代のエタヒニ

サラリーマンは江戸時代の小作農と同じか? 派遣社員は江戸時代のエタヒニンと同じか?

知り合いの人と、社会の仕組みについて話をしていたときに
「サラリーマンなんてのは所詮、江戸時代の小作農と同じだ。
 自らは生産手段(田畑)をもてず、地主(使用者)に好きなだけ搾取されている。
 徳川家康は
 百姓は生かさぬように、殺さぬように
 と言ったらしいが、あきれるほど感心する名言だ。
 300年後のわれわれも
 サラリーマンは生かさぬように、殺さぬように
 存在させられている。
 300年前にそれを実践していたのだから、会社経営者が家康の本(歴史小説など)をこぞって読む理由がわかる。
 小泉首相の【派遣社員規制の緩和】によって作られた大量の非正規社員は現代におけるエタ・非人だ。士農工商の”農工商”の連中に
 上見て暮らすな、下見て暮らせ
 と、一種の優越感と一種の恐怖心を持たせるために作られた新階級と同じ役割をさせられているのだ」
といっていました。

 私は
「なんとなく言いたいことはわかるが、江戸時代と現代日本では人権のあり方も違うし、職業選択の自由もある。そこまで同一視することはないのでは?」
と思う一方、彼の意見にも一理あるような気がします。


彼の意見は正しいのでしょうか?

サラリーマンは江戸時代の小作農と同じか? 派遣社員は江戸時代のエタヒニンと同じか?

知り合いの人と、社会の仕組みについて話をしていたときに
「サラリーマンなんてのは所詮、江戸時代の小作農と同じだ。
 自らは生産手段(田畑)をもてず、地主(使用者)に好きなだけ搾取されている。
 徳川家康は
 百姓は生かさぬように、殺さぬように
 と言ったらしいが、あきれるほど感心する名言だ。
 300年後のわれわれも
 サラリーマンは生かさぬように、殺さぬように
 存在させられている。
 300年前にそれ...続きを読む

Aベストアンサー

間違っていると思います。歴史的な認識からして違うと思います。
サラリーマンが小作農なら
派遣社員は人足寄場で職を得る人で、
契約社員は用心棒の先生でしょうね。

でも、サラリーマンは転職をする自由があるし、
人によっては仕事をやめて親元に転がり込むこともできますから、
小作農というよりもお店の奉公人という方があっていると思います。
ここで優秀であると認められたら暖簾分けをして自分のお店を出すこともできますし、
中でも優秀な人は跡取りになれます。
ちなみに、江戸時代の大店には世襲制はないようです。
寄り合いに認められない子供は勘当されるか座敷牢らしいですね。
逆に、使えないと思われた人はある一定の年限が経ったところで実家に帰されます。

まぁ、日本が年功序列だったのは昔からのようですが、
終身雇用になったのは戦後の高度成長期からですから、
またそこに戻ったということでしょうね。

全員そこそこ給料が上昇していって、終身雇用も確保できるのは
国力が向上しているときだけなので、人口減少社会になり、
国力が低下し始めた今ではそれは無理な相談ですよ。
公共団体や各人は分度を決めて支出を抑え、
能力を磨いていくことなしには明るい未来はないのではないでしょうか。

間違っていると思います。歴史的な認識からして違うと思います。
サラリーマンが小作農なら
派遣社員は人足寄場で職を得る人で、
契約社員は用心棒の先生でしょうね。

でも、サラリーマンは転職をする自由があるし、
人によっては仕事をやめて親元に転がり込むこともできますから、
小作農というよりもお店の奉公人という方があっていると思います。
ここで優秀であると認められたら暖簾分けをして自分のお店を出すこともできますし、
中でも優秀な人は跡取りになれます。
ちなみに、江戸時代の大店には世襲制は...続きを読む

Q情報化社会について。

今倫理の授業で情報化社会のレポートをかいています。
情報化社会について良いURLなどコメントがありましたら教えて下さい。
私が知りたいのは、
・情報化社会とは何か?
・現在の日本の情報化はどのようにすすんでいるか(世界ではどうか等)
・オンラインシステムによる情報伝達の良い点、悪い点
・情報化社会の課題、問題点
・最近あった情報化社会が原因によるニュース、事件
・これからのマルチメディアはどうなるか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。私は今、大学で情報教育を主に学んでいます。
私自身が学んだことなので、いい情報とは言い切れませんが、私なりの回答をさせていただきます。

>情報化社会とは何か?
 いきなり、パッと言われても難しい問題ですね。あなたは「情報化」と聞いて、どんなことをイメージしますか?インターネットやパソコンのことでしょうか?情報化社会というのはパソコンを使って行なうことだけではありません。私が思うに、情報化社会では、あらゆる人があらゆる情報の中から、自分自身の必要な情報を選択・破棄などができ、また、あらゆる人自身が情報の発信・受信者になり得る社会のことではないでしょうか。

>現在の日本の情報化はどのようにすすんでいるか(世界ではどうか等)
 日本の現在のパソコン普及率は約52%です。先述したように、パソコンが情報化社会のすべてではありませんが、情報発信・受信はパソコン、それもインターネットで行なうことが中心になっていると考えると、パソコンの普及率は考えてもいい問題ですね。日本では、確実に情報化は進んでいます。いい例として、高校の教科に新しく「情報」という科目が登場したり、学校にパソコンを設置したりして、情報化社会に対応できる人材を育成しようと国や自治体もいろいろな対策を行なっていますよね。日常生活の中にいつのまにか溶け込んでいるように思えます。
 一方、世界ではどうかというと、日本のような先進国では同じような状況が起きていると言えるでしょう。中国でもすさまじい勢いで情報化が進んでいるといいます。しかし、発展途上国と呼ばれている国々を見てください。それらの国々の多くは、インターネットの接続どころか、電話の普及もままなりません。今日をどう生き延びるかということしか考えられない国もあるでしょう。世界で情報化が進んでいると言われている一方で、そのような国々があることも忘れてはいけません。

>・オンラインシステムによる情報伝達の良い点、悪い点
・情報化社会の課題、問題点
 情報化社会はあらゆる人が情報の発信・受信をできる社会だといいました。また、自分自身で情報を選択・破棄しなくてはいけません。つまり、自分自身で情報を見極める力をやしなっていかなければ、生き残れないということです。
 
>最近あった情報化社会が原因によるニュース、事件
 よく聞くのは、携帯へ送られる迷惑メールですね。それらの多くは出会い系サイトですので、未成年者の売春などが心配されることでしょうか。
 私は他に思いつかないのですが、新聞社のサイトを覗いて、サイト内検索をかけてみてはいかかでしょう。過去10年分ほどのニュースはピックアップできますよ。

>これからのマルチメディアはどうなるか?
 マルチメディアはどうなるのか・・・漠然とした質問ですね。まずあなたが「マルチメディア」をどういったものととらえるかです。漠然としているので、あなた自身でよく考えてみてはいかかでしょう。

 私もまだまだ勉強中の身でありますので、これが必ずしも正しい答えだとは限りません。また、私の意見だけでなく多くの人の意見も取り入れて、あなたなりの「情報化社会」を見つけてください。

 たいした回答ができなくて、すみません。
 がんばってください。
 下記のサイトも覗いてみてください。

参考URL:http://www.glocom.ac.jp

こんばんは。私は今、大学で情報教育を主に学んでいます。
私自身が学んだことなので、いい情報とは言い切れませんが、私なりの回答をさせていただきます。

>情報化社会とは何か?
 いきなり、パッと言われても難しい問題ですね。あなたは「情報化」と聞いて、どんなことをイメージしますか?インターネットやパソコンのことでしょうか?情報化社会というのはパソコンを使って行なうことだけではありません。私が思うに、情報化社会では、あらゆる人があらゆる情報の中から、自分自身の必要な情報を選択・...続きを読む

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Q生きてるのが辛いです。 ぬいぐるみが心の支えです。 会社も家も居場所がありません。 生きづらさをなく

生きてるのが辛いです。
ぬいぐるみが心の支えです。
会社も家も居場所がありません。
生きづらさをなくすにはどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

人とのコミュニケーションが苦手なんですか?
私もそうでした。今でも多少はそうですが。
ひとは、あなたが思っているほど、他人に関心持ってないんだよね。よっぽどおかしな奴でもなければ。
少しずつ自分を出していけばいいよ。その為にも自分を愛してあげること、ほめてあげること。少しずつでいいよ。
焦らずに自分を卑下しないで!
毎日鏡に向かって、ニッコリ笑い、愛してるといってあげる。
腹式呼吸法をマスターして、1日に何度か心をおちつかせる。
実践してみて。

Q【人口減少時代と増税時代は相関関係がないって証明してください】 少子化と増税は関係がないのならなぜ増

【人口減少時代と増税時代は相関関係がないって証明してください】

少子化と増税は関係がないのならなぜ増税ばかりになってるんですか?

おかしくないですか?

双方に相関関係があるから増税になってるんですよね?

関係がなかったらなぜ増税思考になってるのか説明出来ますか?

財務省の陰謀説なしでお願いします。

Aベストアンサー

少子化というより、昭和22年生まれの数年間の異常高水準状態の出産の団魂時代が、高齢者年齢に突入、この異常に多い爺・婆の面倒を放棄しないために金が必要になってくるのです。10~15年もたてば、数も減り、適正人口になるので、今の出生率でいくと十分にうまくやっていけるので、この10~15年の間が、日本の試練時です。

戦後の金なし、楽しみなしの時代に、若い者ができる唯一のできる楽しみは、夜の営み。それで大量出産。しっかりと夜の営みもされた方は、昼間はどうにか日本をよくしようと懸命に働き、よくしたお方なので、高齢になり、十分な年金も医療制度も受ける権利あり。でも、そのガキどもは、そこまでやらずに年寄りに突入なので、生きていける程度の年金で、高額治療などの権利などなしですが、政府は、そのような言葉は発せられないので、何とかしてやろうと思えば、増税です。

70歳(昭和22年生まれ)の爺いで、年金は15万もあれば多すぎる(最高給付額は12万にさげろ)、60歳以上の高額治療大反対の考えです。

Q情報社会と情報化社会

『情報社会』と『情報化社会』の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

 社会の先生の話ですが、「情報社会」はすでにその技術などが一般的に普及している状態で、「情報化社会」は、いま普及に向かって進んでいる、という状況です。

 ・・・情報社会だと説明がやりにくいので、「高齢社会」と「高齢化社会」で説明します。
 高齢社会は、高齢者の人口が、すでにかなりの人数になっている状況で、高齢化社会は、今、だんだん高齢者人口が増えている状況。
 
 結論。「化」のつかないものは、もうすでにその状況になっている状況で、付くものは、だんだんその状況になってきている状況です。

Q日本の知識・情報のデフレ化の先に何が待ってる?

googleやyahooなどの検索サイト、Wikipedia、SNS、ここOK Waveや知恵袋、ここ10~20年位のITの発展に伴って、我々日本人は、日本語で膨大な量の知識・情報をネットの世界に作り上げました。

これによって、そろそろOK Waveや知恵袋では、わざわざ新しく質問しなくても、検索サイトで自分が知りたい疑問を入力すると、95%以上、それへの回答を見つけられる状態になっています。

とっても便利で素晴らしい事なのですが、副作用として、日本全体で知識・情報をデフレ化させてしまい、かつてよりも自分が学んだり発見した知識・情報によって、金銭的なリターンを得る事が難しくなったように思います。

これを「情報デフレ」あるいは、「知識のデフレ化」と、とりあえず呼びます。

参考記事 : 

(379 情報デフレスパイラル)
http://blogs.yahoo.co.jp/michitenji/11119277.html

(380 解りやすく教える事のデフレ化)
http://blogs.yahoo.co.jp/michitenji/11128324.html

仕事柄、私は英語も使うのですが、言語的な特徴のせいなのか、世界中でここまで情報デフレ、知識のデフレ化が進んでいる国(言語)は、日本(語)の他にはないように思います。表音文字で、人口も多い中国は、本気になれば強力な競争相手だと思いますが、当面は国内の格差問題の解消をどうするかが深刻に見えます。

つまり、先進国という環境、かつ、漢字かな交じり文と言う、世界を見渡すと特殊な言語的特徴により、我々日本人は、海外よりも一歩先に、知識・情報デフレという状況に突入したように思います。

モノや人件費のデフレとは違い、一度ネットに無料で出た情報は半永久的に無料のままなので、これから日本国内では、他の人よりも優れた知識・情報でお金を稼ぐ職業(典型的なのは大学の講師、参入障壁が低い商品を作ってきたメーカーの技術者など)は、ますますそれでお金を稼ぐのが難しくなって行くと思います。専門書や辞書、百科事典、本類なども同様に、無料のネット情報の中で高品質のものが増え続けていくのと並行して、売れ行きはさらに厳しくなると思います。

相対的に肉体労働や、単純労働(牛丼店のアルバイトなど)の賃金は上がる一方で、日本での知識労働の賃金は中長期的にかなり厳しい下押し圧力を受け続ける事になると予想しますが、その先の日本はどうなるでしょうか??

世界を見渡すと、日本(語)ほどには、情報デフレ、知識のデフレ化の進行が速い国・言語は存在しないし、存在しえないように思います。(読むスピード・タイプするスピードが、日本語と日本語脳が特殊で、極端に優れているから。副作用として、平均値として日本人は英語を喋って聞くのが苦手だけど)

個人的に、この日本語ならではの強みを利用して、何か我々日本人だけにしかできないような事がないか、大勢の日本人が皆で協力して、海外に対して付加価値を提供し、お金をいただけるようなアイディアがないか、妄想中です。

かつてはそれが日本のモノづくり(製造業)で、それによって貿易黒字を稼ぎ続けて来たんだと思うんですが、そろそろ厳しくなって来たように思います。

ややっこしい質問で恐縮ですが、ご意見いただければ幸いです。

googleやyahooなどの検索サイト、Wikipedia、SNS、ここOK Waveや知恵袋、ここ10~20年位のITの発展に伴って、我々日本人は、日本語で膨大な量の知識・情報をネットの世界に作り上げました。

これによって、そろそろOK Waveや知恵袋では、わざわざ新しく質問しなくても、検索サイトで自分が知りたい疑問を入力すると、95%以上、それへの回答を見つけられる状態になっています。

とっても便利で素晴らしい事なのですが、副作用として、日本全体で知識・情報をデフレ化させてしまい、かつてよりも自分が学んだり発...続きを読む

Aベストアンサー

日本人だけしか出来ないのなら、日本料理ですね。
例えば、フランス料理といえば、世界各国どこでも一流というイメージが定着しています。
一方、アメリカ、イギリスなどはその国の名を冠した料理、ちょっとないでしょう。ハンバーガーやホットドック、イギリス風の紅茶とパンの組み合わせ、まねしようとすれば簡単です。
日本の場合、懐石、寿司、刺身と、特徴のある料理があり、醤油、味噌というオリジナルの調味料もあります。季節に合わせて、変化に富むメニューというのも、四季がある日本の風土ならではのもの。
海外出店、市場調査などをしっかりすれば、成功率、高いでしょう。

食文化で外貨獲得、どうですか。

Q情報化社会って?

「情報化社会と私」という題で課題が出ました。1500字前後の論文です。

検索していろいろみてみたのですがどうにも難しくて…
少しでもわかりやすく情報化社会とはなにか、どんなものなのか教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

総務省の資料はいかがでしょうか。
http://www.johotsusintokei.soumu.go.jp/whitepaper/ja/h17/index.html
(情報通信白書)

http://www.kids.soumu.go.jp/
(小中学生向き)

http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/s-jyoho.html
(消費者向き)

Q私は中国人ですから、日本の就職の習慣について、質問したいです。日本人は

私は中国人ですから、日本の就職の習慣について、質問したいです。日本人は就職するときに、親類や友達から仕事を紹介してもらう習慣がありますか。ほかの人から会社の仕事を紹介することは普通ですか。もうひとつの質問があります。会社が派遣社員を募集したいときは、何で派遣会社を通じて、募集しますか。自分で臨時の社員を募集するのは簡単ではないですか。常識の質問ですみません。

Aベストアンサー

 ご質問の意図を二つの面に分けて回答します。 
 
 1.あなたが一般的な日本国民の就職習慣について質問されている場合
 (1)日本の企業は一般的に「学校の卒業時期」に合わせて新入社員を募集します。これを「新卒採用」と言います。通常、各学校へ新卒者の募集を広報し、学校から卒業予定者に公報されます。日本の大学は3月が卒業時期ですが、学生の就職活動は前年の夏頃か、あるいはそれ以前から始まります。新入社員数はこの時に採用されるのが圧倒的です。
 (2)その他に、不定期に企業の事情で社員を募集することもあります。これを「途中採用」と言います。これは個々の企業の事情で行われるものですから、人数も、要求される人の質もまちまちですし、人数も極く僅かです。ただし、最近は人材確保の観点から「途中採用」を行う会社も増えてきてはいるようです。
 (3)企業に採用されるルートとしては、下のようなルートがあります。
   ? 学校へ直接広報された情報によって応募する。上の(1)の場合です。
   ? 公的な就職情報機関である「職業安定所」によって情報を得る。上の(2)の場合です。
   ? 新聞広告、あるいはチラシ(任意に配布される印刷物)などで知る。上の(2)のばあいです。
   ? ヘッドハント(いわゆる「引き抜き」)によって、斡旋される。
   ? 知人、友人等によって紹介してもらう。ただし、これは例外的なルートになります。

 2.あなたが、来日中国人として、至急就職したいばあい
 この場合一番問題になるのはあなたが持っているピザ(入国査証)の種類です。ピザの種類によって就業できる範囲が限定されるはずですので、これを確認されることが必要です。そのあとは、「外国人である」事によって具体的にどんな手続きが必要なのか、残念ながらわれわれのような一般人には良く判りません。ご存知と思いますが、日本は厳密な法治国家ですから、外国人が気ままに好きな仕事に就く、と言うことは出来ません。外国人の日本国内に於ける行動は「入国管理法」に拠って厳密に定められていますので、是非「入国管理局」その他によってご確認下さい。
 あなたの質問文から想像しますと、かなり気楽に考えているようですが、日本の文化は中国の文化と異なります。「上に政策あれば、下に対策有り」と言われる中国人の感性で日本の法令を甘く考えているととんでもない事になります。(例えば不法就労などの法令違反で収監や本国へ強制送還など)

 3.最後に、派遣はなぜ派遣会社を通じて募集するのか、と言うことについて。
 派遣就業希望者を自社で募集活動するのは大変労力と金が掛ります。さらに、応募者が募集目的の職種に適しているかのチェックも自社でやらねばなりませんし、各個人毎に採用契約や給与の支払いなどもやらねばなりません。派遣会社を窓口として、あらかじめ或る程度の適職スクリーニングなどもやって登録している人材をまとめて派遣してもらう方が効率的だからです。

 あなたにとって厳しい回答になったと思いますが、これもあなたが日本に於いて、大きな誤解や、認識誤りに拠って不愉快な目に遭ったり、法令違反を犯したり、という目に合われないことを願ってのことです。どうか適切に行動され、おそらく日本に好感を抱かれて来ていただいたのではないかと思いますので、その好印象のまま、そして将来とも日本びいきになっていただきたく、敢えて申し上げました。その意をお酌み取り下さい。
 

 ご質問の意図を二つの面に分けて回答します。 
 
 1.あなたが一般的な日本国民の就職習慣について質問されている場合
 (1)日本の企業は一般的に「学校の卒業時期」に合わせて新入社員を募集します。これを「新卒採用」と言います。通常、各学校へ新卒者の募集を広報し、学校から卒業予定者に公報されます。日本の大学は3月が卒業時期ですが、学生の就職活動は前年の夏頃か、あるいはそれ以前から始まります。新入社員数はこの時に採用されるのが圧倒的です。
 (2)その他に、不定期に企業の事情...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報