gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

新幹線の千鳥足停車が実現すると各駅停車列車の速度向上につながると思うがいかがでしょうか? 例えば東京ー仙台で、東京ー上野ー大宮ー新白河ー郡山ー福島ー白石蔵王ー仙台と東京ー大宮ー小山ー宇都宮ー那須塩原ー郡山ー仙台にすると速達便の待避が減っていいと思います。又、日中のはやぶさ号の増便もできると思いますがいかがでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    東京ー大宮ー小山ー宇都宮ー那須塩原ー郡山ー仙台は時間帯によって那須塩原または、郡山止りもいいと思います。

      補足日時:2019/05/07 01:29
  • どう思う?

    千鳥足停車を提案したのは、新幹線の場合は、東京や大宮と地方相互の需要が圧倒的に大きく、それ以外の各駅相互の需要は小さいからです。ちなみに東北新幹線は高速列車と鈍足列車の接続が一部出来ていません。

      補足日時:2019/05/07 12:56
  • うれしい

    あと郡山にはJRの工場があります。福島空港、
    会津若松、喜多方、三春、磐梯山、磐梯熱海温泉のげんかんぐちです。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/05/08 02:22

A 回答 (8件)

千鳥足停車は「そこまで頻繁に停車させる必要のない駅が近接」していて「優等列車の本数自体も少ない」場合には有効だと思います。


一方の東北新幹線は「輸送量が逼迫していて増発も保線も限界な東北本線の救済」のために国鉄時代に盛岡まで開通させているのでそもそも優等列車しかない路線ですし、千鳥足させる路線でもないです。

東北新幹線が東海道新幹線のように増発できないのは東京駅のホーム数の問題ですし、上野駅が品川駅と違って車両基地より東京駅側にあるので回送も考えると大宮駅折返ししか選択肢がないのが要因です。
また、やまびこ号とつばさ号との併結の関係から福島駅の配線がダイヤを構成する上でのボトルネックにもなっていて、かつつばさ号を単独で走らせる余裕もないので東北新幹線はスジを見る限り今の状況がいっぱいいっぱいです。千鳥足以前の問題です。
東北新幹線を増発したいのであれば、
・大宮駅発着便の設定、・福島駅の改良(山形新幹線の奥羽新幹線化を含む)、・事実上凍結状態の上越新幹線未成区間(新宿~大宮間)の再検討
が必要かと思います。後ろ2つはまぁ難しいですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2019/05/13 03:29

> 郡山が抜けていますが(^_^)



郡山って停車するほどの何かありましたっけ?

のぞみ見て御覧なさいよ。静岡すっとばすんですよ。
それくらいするのが新幹線ってもんだと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

郡山市は福島市と同じくらい人口があります。駅前は郡山はデパートも専門店ビルもヨドバシカメラカメラがあります。 イオンとイトーヨーカドーはどちらもあります。しかしThe mall は郡山にしかありません。福島銘菓でかつて新幹線の車内販売のおみやげの定番だった柏屋の薄皮まんじゅうや三万石のままどおる、幸楽苑、ゼビオ、ヨークベニマルなど東北の有力企業の本社があるのは郡山です。山形新幹線の併合がなければ速達便は福島ではなく郡山に停車するのが普通ではないでしょうか?福島は仙台に近いのでみんな仙台に行くので福島市は、県庁、県立福島医大、飯坂温泉程度です。駅前はすかすかで大部分のデパート、スーパーは撤退しました。新幹線口のイトーヨーカドー福島店も撤退のうわさがあったくらいです。要するに九州の福岡と博多の関係に似ています。

お礼日時:2019/05/08 02:06

>各駅停車列車の速度向上


千鳥足停車した時点で「各駅停車」ではなくなりますが。
続行で2本走らせるの?そんなに需要あるの?
>はやぶさ号の増便
千鳥足停車で2種類の各駅停車チックな列車増やしたら
逆にはやぶさ減便にならない?

まず、そこまでしてまで本数増やす必要があるのか、甚だ疑問だし、
ネックは上越、北陸新幹線とかぶる大宮~東京の路線不足でしょ?
そこまで切羽詰ってるくらいなら、まずは大宮折り返し列車を
増発したほうがまだ現実的かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

盛岡やまびことつばさ併合のやまびこと那須塩原または郡山または仙台の3本のやまびこまたはなすのが走っていますが。白紙改正の時にうまくやればいいと思います。

お礼日時:2019/05/07 20:48

速度向上には何の意味もありませんね。


早ければ良いと思うのはお子様的発想です。
各駅の利用機会の低下、駅間の到達時間の増大になるだけですね。

通勤時間帯の通勤電車であれば恒常的に利用する乗客が大部分で頻発運転しているので導入可能ですが東北新幹線のように運転間隔が長い恒常的では無い利用者の多い路線では意味がありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど

お礼日時:2019/05/07 20:50

過去の実例では、阪神電鉄の緩行列車における千鳥運転があります。


駅間が短いので、加速減速性能の良い車両(ズームカー)を投入。

千鳥運転により、駅飛ばしと退避回数が減る分、緩行列車の表定速度は向上しますが、乗り換え回数が増え、旅客にとっての時短にはなりません。

とりわけ、新幹線では、同じホームの対面乗り換えでも、面倒と思う人も多いでしょう。
だから、「つばさ」や「こまち」も直通運転なんです。

つまり、千鳥運転は、鉄道事業者にとって効率運用のメリットはあっても、旅客にとってはデメリット。
東北新幹線が増発できないのは、東京駅の処理能力(2面4線)と大宮までの線路容量が満杯だからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど

お礼日時:2019/05/07 20:50

「各駅停車列車の速度向上」と仰りますが。

で、それは「いいこと」なんでしょうか。

乗客のトータルの移動時間が短くなる、これこそ最終的に目指すべきことです。それに寄与しないなら、速度向上なんて「どうでもいいこと」でしかありません。

たとえば那須塩原から小山に行く客にとっては、書かれているような停車パターンは確かに便利です。しかし、そのような客が人数としてどれだけいるのかが問題です。各駅停車の頻度が下がって不便になる副作用のほうが影響大きそうに思います。No.2の方が仰っているように、各駅停車から優等列車に乗り換えることを前提にしたほうが全体としては利便性高いんじゃないでしょうか。これ以上は実際の流動データに基づいて議論しなければ虚しいだけです。たぶんJR東日本がやらないってことが答えのような気がしますが。

東海道新幹線だと、東名間のひかりは基本的にのぞみ停車駅プラス1駅という運用しています。小田原や静岡や豊橋で乗り降りする人の大部分は対東京の移動だからです。だからひかり停車駅間、たとえば小田原から豊橋行こうとするとこだまの移動になり時間かかってしょうがないですが、少数派より多数派の利便性を優先するのが経営的には正しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。

お礼日時:2019/05/07 20:51

優等列車が千鳥停車(千鳥足ではない)するならまだしも、各駅停車がやったら単なるサービスダウンになるだけです。


各駅停車は優等列車のフィーダーという運用の方がましです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます。

お礼日時:2019/05/07 20:52

新幹線って本来は主要都市だけ停車すれば良いもんだと思うんですよ。


それが国会議員がシャシャリ出てきて、選挙区に1つ新幹線の停車駅を作ろうとするから、おかしな事になります。

東海道だけは、のぞみが本来の運行をしていて、こだまとひかりで面子を立ててる感じですが。
同様に東京、大宮、宇都宮、福島、仙台だけ停車しておけば良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

郡山が抜けていますが(^_^)

お礼日時:2019/05/07 20:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング