群馬県の様子が描写されている小説を探しているのですが、何かありませんか?
たとえば、ドラマで、「眠れる森」ってありましたよね?そのなかに、群馬の中之条という所が描かれていたのですが、このような、ノベライズ化されたものでもよいので、ほかに何かないか、知っている方、教えてください!!

A 回答 (2件)

初めまして☆



 ヤフーで検索したら、このようなものが出てました。

 ・・・ちょっと違うかもしれませんが、参考になさってください。

参考URL:http://mytown.asahi.com/gunma/news02.asp?c=5&kij …

この回答への補足

下のお礼文で、ne-sanさんの、「さん」が抜けてしまいました・・・。ごめんなさい☆

補足日時:2001/07/30 10:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ne-san、どうもありがとうございました!!すぐに、参考にさせてもらいます。実は、レポートの提出に必要で・・・。本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 10:33

少しでもお役に立てて嬉しいです。


 
レポート頑張ってくださいね☆ 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qきちんと暮らしてる様子の描写が大好きです。

例えば村上春樹さんの小説に出てくる主人公が
『紅茶を飲んだ後、カップを洗って食器棚にしまった。』とか
『アイロンを丁寧にあてた。』とか
きちんと暮らしてる様子の描写が異常に大好きです。
春樹さんの小説も本筋そっちのけで、そういう細かい描写を
繰り返し読んでいます。

そんな感じで、他にきちんとした暮らしぶりの主人公が出てくる小説
ご存じないですか?

Aベストアンサー

筒井康隆著「敵」

文庫版解説より
「老人文学の傑作である。何よりもまず老人の日常生活の細部、衣食住のディテイルを、虫眼鏡で観察するように冷静に、微細に観察しているのが面白い。」
「この主人公が、自分の日常をことこまかく読者に語っていくという形をとっている。その描写が驚くほど細かい。(中略)筒井康隆は日常生活の逐一を、これ以上にはないというほど細かく語っていく。」

私はこの作品以上に「主人公がきちんと暮らしている描写」がなされている小説を知りません。
満足していただけると思います。

Q心に残る美しい“庭”の描写がさりげなく描かれている小説や詩集を探してい

心に残る美しい“庭”の描写がさりげなく描かれている小説や詩集を探しています。

庭の本質について述べているようなものが望ましいです。
一冊の中に、ほんの一文の記載があるだけでも結構です。

よければその一文も添えて教えて頂けたらと思います。
ピンポイントな質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう既にご存知かも知れませんが、例えば、ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」はいかがでしょうか。

表現内容の在り方が絵画、芸術的であり、勿論、それを表現している文章は高い文学となっており、かつ「庭」というものを非常に広い観念で捉え、人間の精神的領域との深い関わりまで言及するに至っている著者の人生観がさり気なく感じられる、素晴らしい作品だと自分は感じています。「庭」とはそもそも、植物、そこにいる生きものたち、そして、地球の生命全体を支えている光、風など自然の存在、全てがあるからこそ成り立っているのだ、という考えをこの文豪が無意識のうちに持っているところが何よりも、人間の在り方として、余りに素敵です。

本に散りばめられている水彩画も自然な感じで、しかしその中に個性と気品が感じられ、とても気分がやわらかく、浄化される作品だと思います。かなり奥深い内容なのに、さり気なく、堅苦しくなく、美しい在り方が貫かれている所が素晴らしいです。

ヘッセはこの作品の他、一般的にとても有名な「車輪の下」などの短編小説の中でも、風景描写をこと細かに、しかも柔らかな文章表現で描いています。読み手の脳裏に、美しい風景画が細密に広がるような詳しさです。絵心も持ち合わせていた文豪ならではの持ち味なのでしょう。

今のあなたが求めていらっしゃる、あなたにとっての素敵な作品に出会えることを祈っております。

もう既にご存知かも知れませんが、例えば、ヘルマン・ヘッセの「庭仕事の愉しみ」はいかがでしょうか。

表現内容の在り方が絵画、芸術的であり、勿論、それを表現している文章は高い文学となっており、かつ「庭」というものを非常に広い観念で捉え、人間の精神的領域との深い関わりまで言及するに至っている著者の人生観がさり気なく感じられる、素晴らしい作品だと自分は感じています。「庭」とはそもそも、植物、そこにいる生きものたち、そして、地球の生命全体を支えている光、風など自然の存在、全てがある...続きを読む

Q戦闘シーンの描写がうまい小説

戦闘シーンの描写がうまい小説を教えて下さい。メカなどでも大歓迎です!

Aベストアンサー

チャーリー・フレッチャー
『ストーンハート』
『アイアンハンド』
『シルバータン』

Q戦闘描写のある小説

戦闘描写(個人戦闘)や、肉弾戦だとか、喧嘩だのの描写がある小説を探しています。

国内外、ジャンル等は特に問いません。
何かありましたら、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ
ケンカや格闘なら
夢枕獏さんの”獅子の門””餓狼伝(マンガ化されてます)”

SFで個人戦闘なら菊池秀行さんです。
魔界行シリーズ、魔人シリーズとかの戦闘描写は個人的に好きです。

Qメカ戦闘の描写が巧い小説があれば教えてください。

 ラノベ・非ラノベに関わらず、メカ戦闘の描写が巧い小説が
あればタイトルを教えてください。迫力たっぷりであるとか、
重厚感が出ているとか、色々な種類の「巧い」小説を読みたいのです。
 ここでいう「メカ」とは、ガンダムやコードギアスに出てくるような
兵器としての巨大ロボットのことです。
 ちなみに、フルメタルパニックやランブルフィッシュなどは
知っており既読・またはこれから読むところです。

 どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今野敏「宇宙海兵隊ギガース」現5巻 文庫版現1巻
水月郁見「護樹騎士団物語」現8巻
笹本祐一「ARIEL」全20巻+外伝2巻 新書版現4巻(追加書き下ろし有り)
三雲岳斗「コールド・ゲヘナ」現4巻+外伝1巻(未完)

ロボット以外でのメカでいいなら
浅香晶「ファイヤーボール」全1巻 未来的オートバイでの戦闘シーン


人気Q&Aランキング

おすすめ情報