はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

これまで芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞だと思っていましたが、「20ほど前から直木賞が上になっている」という意見もあります。
本当なのでしょうか?直木賞どまりである作家も最終的には芥川を狙っている(というよりか、それも欲しい)と思いますが…。
もし違っていたらご指摘ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>芥川賞が文学界の中でもっとも権威ある賞



 この認識がすでに間違っています。以下をごらんください。


 芥川賞および直木賞は、「文藝春秋」の創始者菊池寛が友人の芥川龍之介と直木三十五を記念して作った文学賞で対象は新人の小説作品です。当時(昭和初期)はひどい不況時代で新人作家はほとんど衣食の道がなく、また文壇に出てくるには同人誌に小説を発表してそれが批評家の目にとまるのを待つしかないというような時代でした(もっともこのころの同人誌というのは今よりかなり格の高いものもあって、なかば商業誌のように売れるものもありましたが)。アイデアマンだった菊池は、新人賞によって、(1)新しい才能を継続的・定期的に発掘する、(2)原稿料による収入を確保する(賞を受賞すると注文が増える)、(3)雑誌が売れないとされる二、八月に賞を出すことで売上げ増を目指す(芥川賞受賞作は「文春」に、直木賞は系列の「オール読物」に掲載される)、という一石三鳥の効果を狙ったと言われていますが、それはともかくとして、こういういきさつで作られた賞ですから、審査の対象がもともと新人の作品に限定されている。ですから村上春樹とか大江健三郎とかが今年どんなに優れた小説を書いても芥川賞はもらえないわけです。大家や中堅の作家の作品が審査の対象になることはありませんし(実際「○○さんはすでに中堅作家だから」という理由で落選したり、候補に入らなかった候補が何人かいます)、新人賞というのは基本的に新しい才能を見出すのが目的ですから一生に一度が基本です。イチローのように二度もらったりすることはありえない。
 ただし「完全な新人賞」、つまりこれまでまったく無名だった作家を一夜にしてシンデレラ・ガールにするという賞でもないんです。というのは芥川賞は(直木賞については後述)新人賞としてもっとも格の高いものという扱いですので、所謂文学誌に定期的に作品を出しているような作家、あるいは文学界新人賞や文藝新人賞のような新人賞をすでに受賞している作家、作品も対象になります。要するに新人としての総仕上げの賞というのが正確な把握なのではないでしょうか。これをさらに徹底しているのが直木賞の選考基準で、今では芥川賞と直木賞ならば直木賞のほうが受賞がむつかしいというのが現状です。直木賞はご存じのように大衆小説が対象ですから、選考委員にも受賞者にも「筆で喰っていく」という意識がつよいんですね。したがって「新人としての総仕上げ」というのも芥川賞よりややレベルが高く、原稿料と印税だけで食べてゆける(直木賞系統は芥川賞系統より原稿料がかなり安いので、定期的に大量の原稿を書いてゆかなければならない)だけの技術と実績、そして雑誌からの注文が保障されていることが必要になります。受賞者一覧をご覧になればわかるかと思いますが、芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが、直木賞にはそれがほとんどありません。作品主体の選考ではなくて作家主体の選考が傾向としてつよいので所謂一発屋という人が出ないんです。その代り、一時期、芥川賞には「もう遅い」が連発され(目の利かない選考委員のときに新人だった作家が中堅になってしまっているので今さら芥川賞が出しにくい)、直木賞には「まだ早い」が決り文句になっていた時代がありますが、直木賞のどちらかといえば慎重主義的な態度はどうしても受賞者の年齢を押しあげます。今さらこの人? というような受賞者が最近連続しているのはこのためです(まあ、直木賞は探偵もの、時代小説、SF、現代もの、風俗小説、とジャンルが広くて候補者が多くなるせいもあるのでしょうが)。
 まあ、今のところの印象としては、芥川賞は「新人の総仕上げ」、直木賞は「中堅の入口」というのが正直なところでしょうかね。個人的には直木賞は人数を増やしてもいいからもう少し基準をゆるくしてもいいんじゃないかと思うなあ。
 ちなみに、どうして「日本でいちばんすごい文学賞」という誤解があるのか? これは簡単です。芥川賞と直木賞は「日本でいちばんメディアが注目している文学賞」だから。要するに今の社会はメディアがすべてなんですね。内容よりも視線が大事な時代。もともと文学関係者だけが注目していた地味な賞だったのが、いつからこれほどメディアの視線を集めるようになったのは石原慎太郎の『太陽の季節』による最年少受賞がきっかけなのですが……、まったくこの人、政治どころか文
    • good
    • 21
この回答へのお礼

とても詳しく書いていただいて、大変勉強になりました(ただ、改行をもう少し増やしていただければ助かりました(笑))。

>芥川賞は「この人は今……」という人がけっこういるのですが

ああ確かにいますね!キャンペーンに使われた後、自分の作品を映画化の際、一度自らが監督しただけでどこかに行ってしまった女流作家さんもいましたね。
芥川が純文学=権威ある、と勝手に思い込んでいたようです。その思い込みがあるから確かに今まで、なぜこんな権威ある人が芥川賞をとってないのだろう?と思いました。また直木賞も探偵小説家の作品がよく取っているのを聞くにおよんで、探偵小説という「大衆文学」も賞を取ることもあるのだという思い込み、それも純文学が賞に値する、という思い込みのせいでした。
つまり芥川賞は「才能への期待で賞」、直木賞は「職人芸で賞」という性格でしょうか。

また芥川賞と直木賞は、毎年新聞やテレビなどで報道されます。そのたびにずいぶん年齢層が下がっているなあと感じるのですが。また「海を感じるとき」という作品は卒論として提出したもので、結局群像新人賞を取ったようですね。
確かに太宰治賞や平林たい子賞など賞はたくさんあります。権威というとそのふたつ、と思い込むのはメディアの力のせいでもあるかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:46

>太宰がほしがった時代の「権威」は



 ちなみにいいますと、太宰が佐藤春夫に芥川賞を懇望した時期においては、芥川賞にはなんの権威もありません。太宰の『逆行』『道化の華』が候補になったのは第一回芥川賞。まだ賞自体が海のものとも山のものともつかない時期です。
 太宰が芥川賞にあそこまでこだわったのは、当時の彼が非常に貧乏で賞金がほしかったこと(一時的に原稿の以来が増えることも見越されるため)と、作品の質ではなく生活態度を理由としてほぼ当確と信じていた賞を逃してしまったことがその大きな理由です。
 どんなに権威のある賞でも、それは初回からそうであったわけではありません(ノーベル賞のように賞金が巨額である場合は別ですが)。伝統を重ね、いい作品を発掘してゆくことで、賞自体の権威が育てられるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
なるほど、確かに賞というものは、積み重ねて権威ができるものですよね。最初はどのような事情で、○○賞ができたとしても、その質を決めるのは賞に選ばれし作品でしょう。でも最近の文学は、あくまでも私個人の感想ですが、あきらかに純文学と呼ばれるものはなく、行間の多い、テーマ性に欠けたものが簡単に賞をとれるような気がします。しかしそれを選考したのも過去の受賞者たち、なんですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:12

太宰がほしがった時代の「権威」は


今の両賞にはないですよ。

昔は、受賞作が、世相を変えるくらいの「権威」がありましたが、、、。

文春が本を売りたいがために選考している感じですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。

芥川や太宰、三島などの古き良き時代の日本文学を愛する者のひとりとして、最近の○○賞と旗を傍に立てて平積みされている小説に対する貢献はしておりません(笑)。行間の多い文学はまず読む気もしません。今の文学界は音楽界にも似ていると思います。つまり売れればよいという一点張りで、アイドルさえよい歌を提供されていた80年代や、そのまた昔のフォークやニューミュージックに見られたような良さがない。つまり使い捨てです。これはもう資源のムダでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:22

もともと文芸春秋社長の菊池寛が、友人の芥川龍之介と直木三十五を偲んで設立した賞なので、どちらが権威的に上ということはありません。


芥川が純文学、直木が歴史ものなど一般向けの作品で活躍したことが、それぞれの賞にも反映されています。
どちらかを受賞した場合、もう一つを受賞する事は出来ません。また規定に定められた一部の賞を受賞した作家も、作品が候補に挙がらなくなります。
ただしかつては北川荘平「水の壁」のように、一つの作品で同時に両賞の候補になった例もあります。(1958年、第33回下半期)したがって当時は両賞同時受賞の可能性もあったのかもしれません。もっともどちらかを受賞した時点で、もう一方は候補からはずされるルールだったかもしれませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。

どちらか一方を取れると他のものは取れないというのは、歌手の新人賞のようなものでしょうね。つまり一度きりのものでしょう。しかし純文学と大衆文学という違いがはっきりしているのですから、それもおかしいというか面白いというか…。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:18

芥川賞と直木賞を同じ土俵に乗せて比較するのが間違いです



それぞれのターゲットが違います
みかんの品評会にリンゴを出展するようなものです

違う物をどちらが上か下かを論じることすら無意味です

オリンピックのマラソン勝者と水泳勝者のどちらが上と言っているのと
同じです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
みかんとリンゴのたとえでイメージがつきました。
そうですね、私も相手も勘違いしていたようです。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:16

ちなみに、芥川賞・直木賞両方の賞を受賞することはできません。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:15

純文学と大衆小説という違いのほか、芥川賞は新人作家の売り出し、直木賞はある程度の実績のある作家に与えると言う性格があるようです。


従って、直木賞を受けた人がその後芥川賞ということはまずないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
直木賞が受けた人がその後芥川賞もとれる可能性があるというのは誤解のようでしたね。
純文学と大衆小説という違いとともに、またそのような別の性格があったとはこれまた勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:14

そもそも賞の対象(純文学と大衆文学)が違うのでどっちが上とかないと思います。


それに「興行」としての話題作りの方向性が強いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
「興行」といえば、最近の文学は話題作りのために賞を与えすぎるような気がします。20年ほど前にもキャンペーンのために使われて撃沈した女流作家がいましたよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:08

芥川賞は「純文学」、直木賞は「大衆向け娯楽小説」と、選考基準が違うからどっちが上ということもないのでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
確かにそのような分け方があったことを思い出しました。ということは…私も同意見です。ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/11 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川賞と直木賞を両方受賞した人っていませんでしたか?

文学がお好きな方にお訊ねしたいのですが、芥川賞と直木賞の両方を受賞した作家って、いなかったでしょうか?
私の記憶では、直木賞はもらったけど芥川賞がほしかった、これでやっと胸を張って作家と言える、と喜んでいた作家がいたと思うのですが。
検索しても見つからず、あれは私の妄想か、直木賞じゃなくてほかの賞だったか、自信がありません。
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 芥川賞、直木賞のどちらかを受賞すると、以後は両賞ともその人を候補から外しますので、両方を受賞するという事は不可能です。現在までに一人もいません。
 ただし、かつてはこの二つの賞は別々の日に選考していたため、直木賞候補として上げられた松本清張の「或る『小倉日記』伝」が、これはむしろ芥川賞だろうということでそちらに回されて、見事そのまま受賞してしまったというケースがあります。

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Q日蓮宗と創価学会の関係

先日初めて日蓮宗の葬儀に参列しました。
日蓮宗にあまり馴染みがなかったので、「教えて!goo」で日蓮宗を
検索したところ、「創価学会」とつながりがあることがわかりました。
具体的にどういう関係なのか教えてください。

あと、日蓮宗って仏教ですよね(違っていたらごめんなさい)
なぜ、仏壇の中に仏様がいらっしゃらないのでしょうか?

Aベストアンサー

仏教には大きく浄土系と法華経系があります。
簡単に説明すると(ちゃんと信心がある人には怒られそうですが)
浄土系というのは「南無阿弥陀仏」さえ唱えていれば救われるというものです。
法華経系にはさらに密教系、禅宗系、日蓮系があります。
この中でも、古参、新興ともに団体が多いのが日蓮系でなんですね。
浄土系に対抗して「妙法蓮華経」さえ唱えていれば救われるという
日蓮大聖人の教えに反しているんじゃないかと思われるものから
儒教と迎合したものまで種々雑多なんですね。

創価学会なんですが、最初は創価教育学会といいまして、
宗教団体ではありませんでした。それが、道徳教育には宗教が必要だという考えもあって
日蓮正宗へ参加します。でもって袂を分かつんですが、日蓮正宗方の言い分は
邪流に走ったから破門なんですが、創価学会方の思いは「散々、貢がせておいて
いらなくなったらポイっかい」というものです。
なので、創価学会は寺院も坊さんもおらず、葬式も友人葬として学会員で行います。
日蓮正宗が学会を池田教といえば創価学会は正宗を日顕宗と呼んだりしています。
悪く言えば、しいたげられても尽くしてきたのに、必要がなくなったら
あっさりとフラれたときの逆恨みとでもいいましょうか、
聖教新聞なんかを見るとあからさまな攻撃記事がありますね。
共通点と言えば、双方とも何か言えば必ず反論してくるところです。

仏壇に仏像がない理由ですが
現在の仏像というのは仏教を広めるために他の宗教の神様が仏に帰依したという
考えのもとできあがったもので、本来、釈迦が説いたものには偶像という概念が
ありませんでした。日蓮大聖人もまた釈迦が説いた仏法への回帰を目指していたため
正統な日蓮系には偶像崇拝はないんですね。

仏教には大きく浄土系と法華経系があります。
簡単に説明すると(ちゃんと信心がある人には怒られそうですが)
浄土系というのは「南無阿弥陀仏」さえ唱えていれば救われるというものです。
法華経系にはさらに密教系、禅宗系、日蓮系があります。
この中でも、古参、新興ともに団体が多いのが日蓮系でなんですね。
浄土系に対抗して「妙法蓮華経」さえ唱えていれば救われるという
日蓮大聖人の教えに反しているんじゃないかと思われるものから
儒教と迎合したものまで種々雑多なんですね。

創価学会な...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qアスペルガーなんですけど・・・本を書く仕事をしたいです。

アスペルガー症候群と診断されたものです。
私は作家か漫画家になりたいんです。
でも、学校の先生はニキリンコさん(アスペルガー症候群だが、高い知能指数を持っていて自伝を書いたり翻訳家として活躍している人)達のようになろうとしてはいけないと言います。
「それは私がニキさんのように高い知能指数を持っていないからですか」と聞くと、「それに近い。ニキさんのように成功している人は一握り。それに一口にアスペルガーや高機能自閉症といっても症状はさまざまなんだから同じようになろうとしてはいけない。ニキさんのようになろうとしても成功する可能性は低い」と言われてしまいました。
私のなりたいものとニキリンコさんたちのやっていることは違うかもしれませんが、本を出したいというので一緒です。
漫画家・小説家になりたいというのは先生にはまだ言っていません。正確には前に言ったことがあるんですが、「(私の絵を見て)このキャラは可愛いけど、あなたの書いたものをお金を出して欲しがる人はいないと思う」と言われてしまい、それ以降人には言っていません。
絵の練習や読書はしていて、その時より上達したと思いますが、まだとうてい売り物になるレベルじゃないと思いますので。
親もそういう仕事をするのに賛成していないので自分でお金を稼げるようになったら絵を習いに行ったり投稿してみようと考えていたのですが、本を描く人には健常者以上になるのが難しいのでしょうか?
私は知的障害はないですが、知能指数は平均より少し下みたいです。
あきらめた方が懸命なのでしょうか?


アスペルガーやADHD、高機能自閉症の人で、何かプロになって活躍している人はニキさん達の他にいますか?

お願いします。

アスペルガー症候群と診断されたものです。
私は作家か漫画家になりたいんです。
でも、学校の先生はニキリンコさん(アスペルガー症候群だが、高い知能指数を持っていて自伝を書いたり翻訳家として活躍している人)達のようになろうとしてはいけないと言います。
「それは私がニキさんのように高い知能指数を持っていないからですか」と聞くと、「それに近い。ニキさんのように成功している人は一握り。それに一口にアスペルガーや高機能自閉症といっても症状はさまざまなんだから同じようになろうとしてはい...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか、その先生のように正直に言ってくれる人は少ないと思います。

私の意見で申し訳ないんですが、あなたに障害があろうがなかろうが、
知能が高かろうが低かろうが、本を書くには関係ないと思います。

あなたの本当に書きたいことはなんですか?

漫画家や小説家になりたいとのことですが、漫画や小説は「手段」であって、
目的にしてはいけないと思います。

あなたに本当に書きたいものがあれば、
時間はかかっても、かならず成功できるはずです。
なにも書きたいものがなければ、あきらめたほうが賢明でしょう。

漫画や小説は、技術うんぬんよりも、「じぶん自身が表現されているか」だと思います。

先生はおそらく、そんなことを言いたかったんじゃないでしょうか。

Q紳士服店:AOKI、青山、コナカそれぞれの特徴を教えてください

お世話になります。
急遽、夫の夏物礼服を購入しなくてはならなくなってしまいました。
そこで明日、紳士服チェーン店に行って来ようと思うのですが、その手の店でスーツを買ったことがなく(スーツ着用の職業じゃないものですから…)どこに買いに行けばよいか迷っています。
家の近所には『AOKI』『青山』『コナカ』があります。
この3店のそれぞれの特徴を知りたいのです。普段購入されている方の主観でけっこうですので、例えば、
・より若者向けはココ
・センスがいいものが揃っているのはココ
・サイズ展開が豊富なのはココ
・コストパフォーマンスが良いのはココ
などなど、そのほか何でもいいので教えてください。
漠然とした質問ですみませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

紳士服業界のシェア順で言うと、青山、AOKI、コナカの順ですね。

3社とも幅広い年齢層に合った商品を豊富に用意されていますし、
価格についても2着目1,000円や半額割引など、
各社積極的な価格競争を行われていますので
価格の面ではそこまで差が無いように思います。
チラシやDMのクーポンも結局は店頭価格とあまり変わらず、
持っていってもあまり意味が無かったという事が多かったりします。

主観となりますが、3社の特色の違いについてですが、

・青山は、安価品だけではなく団塊世代向けの上級品に力を入れており、
実際にデザインや素材の品質にこだわられている印象があります。

・AOKIは、プライベートブランドを各ジャンル豊富に用意し、
それぞれの人の体型/スタイルにあったスーツを選択させようという
姿勢が見られます。

・コナカは、クールビズやシャワーで洗えるスーツなど、
機能性を持たせた新素材のスーツに力を入れているように思います。

品揃えは店舗面積にもよりますので、
なるべく大きな店構えの店舗を選ばれてはいかがでしょうか。

紳士服業界のシェア順で言うと、青山、AOKI、コナカの順ですね。

3社とも幅広い年齢層に合った商品を豊富に用意されていますし、
価格についても2着目1,000円や半額割引など、
各社積極的な価格競争を行われていますので
価格の面ではそこまで差が無いように思います。
チラシやDMのクーポンも結局は店頭価格とあまり変わらず、
持っていってもあまり意味が無かったという事が多かったりします。

主観となりますが、3社の特色の違いについてですが、

・青山は、安価品だけではなく団塊世代向けの...続きを読む

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Q糖尿病が一生治らないという理由を、素人にわかるようにお教えください。

糖尿病が一生治らないという理由を、素人にわかるようにお教えください。

別の病気の治療のために、血液検査をしたら、食後90分の血糖値が、320ありました。
一週間後、紹介状を持って、糖尿病外来(都立大塚病院)のもとで再検査しました。(その一週間は、徹底的に節制しました。)
同じ条件の血糖値が、160、HbA1cは、7.0でした。口乾が酷いという症状もあり、I型糖尿病は間違いないそうです。診断には納得しておりますし、医師も信頼しています。合併症はありません。薬も出ていません。
今は、節制しながら、三回目の検査を待っています。

…そこでわからないのが、一度、糖尿病になると一生治らないという理屈です。
コントロールすればいい、ということは、暴飲暴食せずに運動をすれば、一般人と同じだということだと思いますが。わかりやすく教えていただければ幸いです。
もちろん、食生活の節制や運動は、一生続けます。
今までは、朝チキンカツ 昼カツ丼 夜ビールジョッキ5杯につまみ沢山、〆に角煮入り豚骨ラーメンを汁まで飲み干すといった生活でした。とってもストレスがたまる仕事についていますが、仕事を辞めることは不可能です。ストレスはどうにもならないですが、幸い、油っぽいものが欲しくなくなりつつあります。

糖尿病が一生治らないという理由を、素人にわかるようにお教えください。

別の病気の治療のために、血液検査をしたら、食後90分の血糖値が、320ありました。
一週間後、紹介状を持って、糖尿病外来(都立大塚病院)のもとで再検査しました。(その一週間は、徹底的に節制しました。)
同じ条件の血糖値が、160、HbA1cは、7.0でした。口乾が酷いという症状もあり、I型糖尿病は間違いないそうです。診断には納得しておりますし、医師も信頼しています。合併症はありません。薬も出ていません。
今...続きを読む

Aベストアンサー

患者です。2型という前提で書きます。
糖尿病に至る原因はさまざまですが、結果としてインスリンを分泌するすい臓のベータ細胞が死んで行きます。無論、再生や新生によってバランスをとる機能は備わっていますが、糖尿病患者の場合は機能が失われるスピードの方が速く、何の対策も打たなければインスリンを分泌できなくなります。
現時点で、死んだベータ細胞は蘇らないため、一生治らないということになります。

ただし、すい臓の機能が残存しているのであれば、食事管理や運動、投薬によって血糖を健康人と同じレベルにコントロールできるため、一般人とほぼ同じ生活を送ることもできます。また、すい臓の機能が十分でない場合でも、現在はいろいろな効き方の可能なインスリン製剤もあるため、管理がしやすくなっています。合併症が起きると非常に厄介なので、早くコントロールできるようになりましょう。

もし肥満しているなら内臓脂肪を早く取り除きましょう(インスリンの効き目を妨害しています)
ご飯やパン、麺類といった炭水化物の摂取量を管理しましょう(取りすぎると血糖値が上昇し、脂肪も増えます。適切な量にとどめることが大切です)

最近は、ベータ細胞の再生を手助けする効果が期待できる治療薬が登場してきたり、ES細胞やIPS細胞を利用したベータ細胞の再生治療の研究も進んできているので、こうした治療が実用化されれば、「治る」病気として扱われる時代もそう遠くはないと思います。

そんな時代が来ても、合併症を起こして目や腎臓や足が駄目になっていては台無しなので、積極的に勉強して治療に取り組んでください。

参考URL:http://www.somos.co.jp/patient/index.html

患者です。2型という前提で書きます。
糖尿病に至る原因はさまざまですが、結果としてインスリンを分泌するすい臓のベータ細胞が死んで行きます。無論、再生や新生によってバランスをとる機能は備わっていますが、糖尿病患者の場合は機能が失われるスピードの方が速く、何の対策も打たなければインスリンを分泌できなくなります。
現時点で、死んだベータ細胞は蘇らないため、一生治らないということになります。

ただし、すい臓の機能が残存しているのであれば、食事管理や運動、投薬によって血糖を健康人と同...続きを読む

Q熱もない、単なる風邪なのにカロナールを一日3回?

16才の子どもが風邪をひきました。体重は55キロあります。
熱はなく、喉の痛みと咳と鼻水です。

喉の炎症がひどかったという事で抗生物質とカロナールを処方されました。

カロナールは1日3回、1回の量は200mg×2です。
解熱鎮痛剤をそんなにたくさん飲むの?
熱も無いのに?と思い、薬剤師に尋ねたら
「喉の炎症や痛みのために出された薬で、この分量で大丈夫」と言われました。

喉の痛みや炎症を抑えるために解熱鎮痛剤って普通処方されるものでしょうか?

Aベストアンサー

カロナールは頓服薬なので「痛みがある時、1日3回【まで】」です。
ウチの子も同じ年頃ですが、1回の量は200mg×2錠で処方されています。
痛みを訴えるとよく出されますが、比較的マイルドな薬なので心配ないと思います。


人気Q&Aランキング