あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

大変遺憾である。これは、申し訳ありませんでした。ごめんなさい。と謝るのとは違うのですか? 因みに、英語で同じ意味の言葉はありますか?

A 回答 (3件)

はい、違います。


「遺憾である」というのは、思い通りに事が運ばなくて残念だ、期待通りにいかず心残りがあるという意味です。
そこには個人、または団体として自分に非があるのを認める意味はまったくありません。

英語だと
It is very regrettable that 〇〇
〇〇であることは誠に遺憾です。
とか
It is extremely regrettable something like 〇〇
〇〇のようなことは極めて遺憾です。
という言い方をします。

ちなみに英語で自分に非があるのを認めるときは日常ではsorry、ビジネスや正式な場ではapologizeを使います。
たとえばFacebookのザッカーバーグ氏はFacebookの個人情報流出を受けて、謝罪をあきらかにしていますが、その中で
I apologize for any harm done (途中省略) how quickly the site would spread and its consequences thereafter
「サイトが急速に広がり、その後の影響をきちんと考慮しなかったことで迷惑をかけたことを謝罪します」
という風に、述べています。これは明確に責任が自分にあることを示した謝罪です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/11 07:19

「大変遺憾である」には謝罪の意志は含みません。


自分の意志とは違う事が起こった場合などに政治家が用いますが、一般人は使う場面が少ないでしょうね。
https://mayonez.jp/topic/1043756
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/11 07:19

it is very regrettableとか。


思ってたのと違っちゃって、あーあ残念、としか言っていないので謝罪では無いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/11 07:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング