『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

最近日産は高々と再建をアピールしています。
でも本当に売れてますか?キューブやマーチは
街中でも結構見ます。しかしプレサージュや
セレナなどはあまり見ないような気もします。
本当に日産は売れているのですか?それとも
少ない販売台数で確実に儲ける企業にシフト
したのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 最近はトヨタも販売成績が伸び悩んでおりますし、キューブやマーチを見かけるのは日本経済全体が落ち込んでいる故の状況と思われます(消費者がシビアになっていますし、ビッツやフィットもよく見かけますよね)


 
 企業シフトの傾向としてはどの国産自動車会社も薄利多売の方向と多利少買の双方向に移行するのではないでしょうか?(中間層がなくなる傾向) そこで得た利益を次世代車の研究開発に投資し、生き残りを賭けています。次世代車の開発が成功しなければ生き残れないのは必至のようで、個人的には日産に頑張って欲しいと思っています。
    • good
    • 0

 日産が再建したのは事実だと思いますが、それは車が売れたからというよりも、大胆なリストラができたことの方が大きな理由でないでしょうか。


 座間や村山工場を閉鎖するなど、今までの経営者ができなっかったことを大胆にできたからだと思います。
 以前日産のディーラーに行ったときの印象ですが、年寄りで、営業成績の悪そうな営業マンがたくさんいました。そんな給料泥棒をリストラしただけでも業績がよくなるんじゃないかと、個人的には思ってました。
 余計な人、モノ(工場)がなくなったので、「少ない販売台数で儲ける企業にシフトした」といえるかもしれません。
 あとは、アメリカでの売れ行きで支えられてるんではないでしょうか。
 余談ですが、アメリカで売ってるインフィニティFX35、45はすごくいいです。同カテゴリーのムラーノが好調みたいですが、これが長続きするとは思えません。インフィニティFXを出したら、ハリアー以上に売れてトヨタをビビらせることができると思うのですが残念です。
    • good
    • 0

一概に再建=販売台数には結びつきません。


台数が売れても、キューブやマーチのような小型車は利益率は低く、フーガのような高級車は利益率が当然高いです。ゴーンさんのような経営者にとっては、経営が第一ですから。

日産の再建とは販売台数の増加もそうですが、経営としての再建のことを言っています。再建は徐々にされているでしょう。株価も一時期は500円を切っていたのが今では1100円オーバー。
売れている売れていないは、感覚的なものもあると思います。もちろん数字上で出てきますが、トップテン圏外にもそこそこ名を連ねています。確かに日産はモデルチェンジ時期なので、モデル末期の車種もあります。セレナなんかはそうですね。

鋼材の話ですが、今日の朝刊に載っているように、ある一定の車種が売れたからではなく、「鉄」自体が少ないからです。この先日産もスズキも生産休止することはわかっていますから。

参考URL:http://www.nissan-global.com/JP/STORY/0,1299,SI9 …
    • good
    • 0

それなりに売れているのでしょう。


実際に、フーガともう一車種が予測以上に売れて、鋼材が間に合わなくなって、生産を一時休止していたようです。
(5日間生産ラインが停止したそうです)

一部は、売れているが、他については売れていないのかもしれないです。
    • good
    • 0

今年前半の売り上げ台数 


 日本での上期販売台数は、軽自動車を含み36万8千台となり前年同期比で4.9%減少した。
 米国での上期販売台数は前年同期比16.6%増の48万9千台となった。
 欧州での上期販売台数は6.6%増の28万5千台となった。一般海外市場での販売台数は、前年同期比15.2%増の45万4千台となり、
 そのうち中国での販売台数は8万4千台である

やっぱりアメリカで売れているのです
国内はモデルチェンジの端境期で減少してますね

アメリカだのみの 日産です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング