これからの季節に親子でハイキング! >>

すみません、

ちょっと病院の運営・管理について無知なので聞かせてください、
「電子カルテの導入などや夜間の守衛さんを外部の人間を雇う」などってのはかなり「大きい県立や都立?等の大きいお金の有る病院」で無いと出来ない・不可能な事ですか?

ちょっと「民間の小さい病院?」等は「電子カルテや外部の夜間の守衛を雇う」等は到底出来ないのですか?

ちょっと病院の運営・管理について知りたいので何方かこちらをお願いします。

A 回答 (3件)

>民間の小さい病院


病院の定義は病床数20床以上の入院施設を持つものを指す(医療法第1条の5前段)です。それ以下は診療所扱いになります。

>電子カルテ
新規に開業したり、新しい患者に対する情報を入力するのはそれほど難しくないものですが、以前の記録を読み込ませたり、レントゲンなどの画像を電子記録媒体へ移すなどの作業、恐ろしく手間と時間と労働力、記録される媒体などが要求されることがあります。完全に切り替えなどをするにも、カルテの記録方法や方式を変更するとなると費用がかさむもの、それを負担できる能力や余裕がある施設でないとあきらめることも多いとは思います。

ただ、古い記録もある程度の保管義務があるので、それを保管する費用や場所などを考えると、数年から10年も維持することで電子カルテ化することで費用節約になることもあるものですので、今後はどんどん電子化されることになるとは思います。しかし、早期導入の病院ほど、設備更新などでカルテ形式の記録様式が変わったりすると自動で記録更新できないことも多いですし、専門業者にデーター移行業務を発注することになる、こちらは規模次第でしょうが、億単位の費用が発生する病院もあるものです。

>外部の夜間の守衛を雇う
今まで委託していない病院やそもそも守衛などいない夜間はロックして応対しない病院では費用が多額に発生することになりますし、その人の待機場所の冷暖房費や休憩場所も別に用意したりすることになりかねない、専用の小屋を屋外に用意などすることになれば、負担増になるものです。医療費が削減の方向になるとすると、早期退院させて患者さんの回転をよくして長期入院する利益の少ない患者さんを置かないなどの方針に変わるようになるでしょうし、退院後の受け入れ施設では保険を利用できないとか、要介護の認定がないと受け入れしないなどの不便になるリスクも増えそうです。

救急外来などを受け付けることを拒否することで夜間の受け入れのための守衛などを用意しないで済むなどの対応する病院も増えることが予想できますし、中小の病院ほど負担するのが厳しいので無理して電子カルテ化したり夜間の守衛などを置かない、夜勤のナースや宿直医に任せることで経営を軽量化しているのではないでしょうか。

病院ごとに経営状況が違う、薬局も院内処方しないで外部へすべて委託するなどの大きな制度の変更のたびに対応しているのが医療施設なのですが、保険の範囲で経営を維持することができるうちは新しい制度にも対応できる、赤字経営になったりすると、そもそも、新規に何かを投資することなどは難しくなるものです。

レセプトもオンライン化してすべてパソコンで処理すると簡単なのかというと間違いで、入力する人も必要、慣れていなければ教育訓練してもらったり、停電や故障で使えないときには手書きで対応できない場合にはどうするなどの周辺環境が整わない状態では仕事量が増えるだけのこともある、小規模病院には負担が増えるだけのこともあるものです。

いろいろな事情があるものみたいですので、一概に記述できないものですが、していないことを新規に追加するというのは費用も人件費も増えるということ、その分、報酬が減ることを病院で働く人などの給料を減らして我慢してもらうなどはできないものですので、費用や手間が減ったり、メリットがどんどん増えてデメリットが無視できるレベルにならないと完全にオンライン処理の電子化などはできないと思います。災害時にまったく使えない、大事な記録を読みだせない、そういうリスクは実際に災害が発生すると理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました!!!ありがとうございます。

お礼日時:2019/05/15 01:56

そんなことはないですよ。


カルテの導入は自力でできないところは外部を雇うしかないです。
まあ、ある程度以上小さい病院でしたら、事務当直のみでやりくりできるかもしれませんが、
夜間の守衛などが必要な場合は、派遣などを雇わないと、過剰人員を抱える理由になってしまいます。
    • good
    • 0

小さくても電子カルテ導入はされてきています。

出来ないのではなく、検討していたり導入する環境が整っていなかったりしているだけかと思います。

あなたが単に興味本位なのでしたら、これは医療内部のことになるので詳細を知る余地はありませんが、内部の人間であれば、企業に問い合わせれば規模やサービス内容などによって契約と維持費の概算がわかると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング