出産前後の痔にはご注意!

個人の士業事務所に勤めています。業界的にまだまだ正社員でも社保厚生年金なし、国保国民年金が多いです。

そこで質問ですがこういった方は老後の年金が普通の会社勤めの方より少ないですよね。
何か対策ってされていますか?

ちなみに事務職だから先生と違い月のお給料も高くないです。

A 回答 (4件)

特に有利な対策はありません。



老後が心配なら厚生年金ある会社に再就職、女性なら良い伴侶を見つけるのが一番でしょう。
    • good
    • 0

こういった方は老後の年金が普通の会社


勤めの方より少ないですよね。
 ↑
少ないですね。
会社員なら厚生年金があります。
ちゃんとした会社なら、それに加え
企業年金があります。
全部合わせて、月50万以上の年金、という
人も沢山おります。




何か対策ってされていますか?
 ↑
ワタシは厚生年金に入っていますので、
こういった方ではありませんが、
そもそも年金など当てにしていません。

あんなの信用していたら、とんでもないことになります。

だから、自分でせっせと貯蓄に励んでいます。
学生時代から株などの投資をやっています。
    • good
    • 0

ひとつは付加年金ですね。

月400円のプラスになりますが、これを納めておくと「将来もらえる付加年金額=200円×付加年金保険料納付済みの月数」というかたちで通常の年金額にプラスされます。
この付加年金は国民年金基金との併用はできないので、基金と付加年金はどちらか択一です。また、付加年金は社会保険控除の対象にもなりますし、納め方は国民年金と同じです。
付加年金と国民年金基金はどちらがメリットかというと難しいところです。iDeCoを行っているのであれば付加年金でいいかと思いますが、iDeCoをやらないのなら国民年金基金のほうがいいでしょう。
    • good
    • 0

国民年金基金があります。

以下、ご参照、
https://www.npfa.or.jp/system/about.html

個人年金もあります。生保会社にご相談ください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング