『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

問1 以下の文章で誤っているものを一つ選択しなさい。


①1924年に中国国民党第一回全国大会が開催され、国共合作が正式に決定され、「連ソ・容共・扶助農工」の三大政策が採択され、中国国民革命が開始された。
②ワシントン体制は、大戦中の日本の大陸進出を牽制することを主な目的とした米・英・日の国際協調システムである。
③1928年12月に張学良の支配する東北地方にも国民党の旗が掲げられ、中国国民政府による中国統一が完成した。
④1930年代初頭、北京を首都とした中国国民政府と瑞金を中央根拠地とした中華ソヴィエト共和国臨時政府は内戦状態にあった。

問2 以下の文章で誤っているものを一つ選択しなさい。


①中国国民政府は南京が陥落すると首都を重慶に移し、米・英・ソ連の援助を受けて持久戦に入った。
②日中全面戦争の契機となった盧溝橋事件が起こると、日本政府は現地解決・不拡大方針をとった。
③日中全面戦争が起こると第二次国共合作が成立し、共産党軍も人民解放軍として抗日戦争を戦った。
④満洲事変は1933年5月の塘沽協定によって終結したが、日本側はその後も華北分離工作を継続した。

問3 以下の文章で誤っているものを一つ選択しなさい。


①1931年9月18日の柳条湖事件は、関東軍高級参謀の謀略により引き起こされた。
②満洲事変が発生すると、中国国民政府は日本軍への抗戦方針をとりながら国際連盟にも提訴した。
③1932年3月1日に「満洲国」が成立するが、清朝最後の皇帝溥儀が執政の位に就いた。
④1936年末に発生した西安事件によって「内戦停止、一致抗日」が実現し、その事件は中国現代史の転換点となった。

A 回答 (1件)

問1



(第一次)大戦後の軍縮方向に沿って
ワシントン会議で
海軍軍縮条約
四カ国条約
九カ国条約
が締結された
ので
「大戦中」や
「米・英・日」の三カ国だけもおかしい。

「日本の大陸進出を牽制することを主な目的」
は、
九カ国条約の目的。

問2

誤→「人民解放軍」として
正→「八路軍(はちろぐん)・新四軍(しんしぐん)として」

紅軍[共産党軍]が国民政府軍に編入し、
八路軍(華北方面の軍)
新四軍(華南もしくは華中方面の軍)

問3

誤→「抗戦方針をとりながら」

「抗戦を回避して」ぐらいでいいと思います。
なぜなら
このとき、中国国民政府にとって真の敵は中国共産党であると考えていたから、です。
だから、日本との戦いは避けたかった。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング