オール電化住宅は,省エネ住宅とか,地球環境にやさしいと聞きます。ガスや灯油等を活用するより,カロリーベース,原油換算ベースでも省エネ住宅になるのでしょうか?
ランニングコストや絶対量の比較だけでなく。発電所の熱効率や電気の深夜利用,ガスの精製や運搬など,生産から流通含めて,省エネとなるのでしょうか?クッキングヒーターがガスコンロに比べて熱効率が2倍となるとは聞いたのですが,それだけで省エネとは言えないと思いますし,暖房に電気を利用するというのは本当に省エネなのでしょうか?どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご質問には2つの要素が含まれています。


つまり以下の二つですね。
 1.オール電化は省エネなのか?
 2.オール電化による省エネは環境にやさしいのか?

まず、「オール電化は省エネなのか?」について考え
ます。

1.空調に関してはCOPという数値で比較します。
  これは消費電力1kW当たりの冷房・暖房能力kWを表
  したものですが、それで見ると、冷房に関してはガス
  や灯油より若干電気が有利、暖房に関してはその
  逆で、年間平均でいうならどちらも似たものです。
2.ただし、ガスや灯油のファンヒータはピンポイントで
  の暖房が可能ですから、使い方によっては電気より
  省エネが可能でしょう。
3.クッキングヒータの内、現在主流となっているIH方式
  の場合は、廃熱が少ないこと(効率が高いから)
  およびガスを燃やさないので換気の必要が小さいこと
  を考慮すると、夏場は換気による冷房の損失が少ない
  でしょうから省エネになります。
  また、冬でも油物などを料理する場合は換気が必要
  になるでしょうから、多少省エネに反します。

というように、非常に微妙な比較になりますから、一概に
「必ず省エネ!!」にはならない可能性があります。
(ただし、光熱費は大抵安くなりますね。)


次に「省エネ=環境に優しい?」で考えます。
この場合、「地球温暖化の原因となる炭酸ガス」だけを
評価指標として見ますと、電気の方が必ず有利になり
ます。(これは、電気の一部が炭酸ガスを直接的に排出
しない原子力や水力で供給されているからです)

ところが、原子力や水力が地球環境に優しいか?となると
これは他の方が云われるように価値観によって疑問符が
付く場合もありますね。

で、私が考える現時点での最も「炭酸ガスの排出が少なく光熱費も少ない」家庭です。

 1.昼間の電気は太陽光発電。
    これにしますと発電所のピークがさがりますので
    総合的な電気の効率があがります。
    つまり、一家庭だけでなく日本中を考えた省エネ
    ですね。
 2.風呂などは夜間電力を用いた電気温水器
    深夜電力を使うことで安くなりますし、これまた
    総合的な電気の効率があがります。
 3.冬の暖房はガスファンヒータと床暖房
    部屋中を暖めるのではなく、人間が接する
    床だけを暖め、足りない部分はファンヒータで
    補います。(床暖房はガスでも電気でも可)
 4.換気扇は熱交換式
    お部屋の熱や冷気を逃がさず換気できるタイプ
    の換気扇です。(台所には不適ですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なコメントありがとうございました。うーーんなかなか難しいのですね。でもやはり電気を使うほうが省エネになるようですね。暖房では家の作りにも影響されるのでしょうが。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 18:09

 皆さんの回答で、大体網羅されていると思いますが、一つだけ補足します。

深夜電力温水器の利用が省エネや環境性向上につながるというのは間違っています。
 確かに深夜には原子力発電の比率が上がるのは正しいし、原子力発電は石油、天然ガス、石炭などの化石燃料をインプットとした場合の発電効率が高く、CO2発生量もゼロです(本当は運搬や使用済み燃料の廃棄施設も含めたライフサイクルで考えると怪しくなりますが)。
 しかし現在の夜間電力需要量は、深夜電力温水器を使わなくても日本の原子力発電量を上回っているため、深夜電力温水器を使った場合の電力は、やはり火力発電で賄われているのです。ただし夜は効率の悪い発電所を休ませているので、昼間電気で湯を沸かすよりはマシと言えますが。原子力発電所をどんどん建てて、夜は原子力だけで賄えるようになれば省エネですが、既に国側も原子力拡大政策は完全にトーンダウンしており当面その見込みはありません。深夜電力利用の氷蓄熱式冷房も同様のことが言えますが、この場合はもっと効率が悪くなります。通常のエアコンで冷房するよりも、氷を作る方が効率が悪いからです。蓄熱槽からの放熱ロスもあります。
 化石燃料から発電所で作った高質なエネルギーである電気は、電気でしかできないこと(例えばテレビを見たり、コンピュータを使うこと)に利用すべきで、決して熱利用(コンロや湯沸かし)に使うべきではありません。まだまだコストが高いヒートポンプ温水器だけが例外です。やはり太陽光発電、および熱と電気のバランスが良いサイトで使うコージェネレーションが理想的です。ただしコージェネレーションは発電所のような大規模なところでは熱の使い道がなく、また熱は電気に比べて搬送ロスが非常に大きいので適用できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。深夜電力は原子力だけでは足りないのですかー。電気は発電ロスを伴って作ってますからね。火力で電気を作ってその電気で火力を作る。単純に考えるとロスがあるように思えるのですが,クッキングヒーターの熱効率を考えるとどっちが省エネなのか・・・・。しかし,利便性や,安全性,住宅環境を考えるとやはりクッキングヒーターなのでしょうか????
大変深いお話が伺えまして本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/22 18:17

まず省エネ=環境に優しいの定義が難しいですね。


その前に、基礎的な話をば。


日本国中の発電所の効率をバクッっと表しますと
火力発電所で約40%、水力で90%後半、原子力は
詳細には測定不可能ですが、おおよそ30%半ばです。

 ※1:原子力が測定不可能なのは、「出力/入力」
    で効率を表すと、入力がキチッとでないから
    です。 つまり、原子燃料の総エネルギーを
    キチッと測定することが出来ないからでして
    簡易式としてタービンの出力/入力で表す
    と30%半ば~前半になります。
 ※2:火力は未だに非コンバインドが主流です。
    コンバインドとは、ガスタービンと従来形の
    ボイラを組み合わせた高効率が期待できる
    発電システムで、期待値として60%弱の
    効率が期待されます。
    コ・ジェネレーションとは違うことに注意が
    必要です。
    コ・ジェネレーションとは発電と熱供給を同時
    に行うことで総合効率を上げる方式でして、発
    電所の効率が上がったというほど導入されてい
    る例は日本では現在までにありませんし、これ
    からも期待できないでしょう。


次に、発電所から家庭に届く間の損失を「送電ロス」と
呼びまして、これはおおよそ2%前後と考えていいで
しょう。 つまり、発電効率40%なら、お手元に届く
時には38%に落ちまして、他のエネルギーに比較して
運搬時コスト・エネルギーはそれほど差はありません。
(特にコストについてはガスと比較するとよく解るで
 しょう。 土中に埋めているガス管の保守設置費用と
 架空線である電線のコスト比較ですからね。)

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

長くなりましたので、続きは次文で。
    • good
    • 0

gabpapaさんこんにちは


問題は電気の作り方にありそうです。
クッキングヒーターがガスコンロに比べて熱効率が2程度というのは確からしいのですが、例えば、電気がすべて火力発電所で作られていれば、火力発電所の発電効率(30%~40%程度)というものを念頭に置く必要があるわけで、消費する燃料をベースに置くとガスコンロにはかないません。しかし、発電所では余った熱エネルギーをなるべく効率よく消費するためにコージェネレーション化が進んでいますので、家庭のガスコンロで余った熱が大気に放出されることを考えると、エネルギー効率の観点では、やはり電力を利用した方が省エネと思われます。
 また、発電量の約30%は原子力がまかなっていて、特に、需要の少ない深夜ほど原発の供給率は上昇します(水力や火力が運転を止めることにより相対的に上昇)。よって、昼間電力でお湯を沸かすより深夜電力で沸かした方が二酸化炭素の排出量は減ります。ただ、原発自体がクリーンか否かという論議はありますが・・・。

参考URL:http://www.nedo.go.jp/intro/shinnene/cogene/
    • good
    • 0

どうでしょうね。


実際の所を言うと、光熱費は確かに安くなるのですが・・・省エネかといえば・・・???なのですよね。
まあ、本当に省エネなのは、なるべく使わないように工夫した住宅で無駄がないか、ソーラーパネルでもつけた住宅ですよ。
ほんとのところ電気は、伝送の欠損も多いですし、生成や運搬時のコストや運送にかかるエネルギーなどを考えると?です。
国の原子力発電や研究に対する補助も・・・はっきりと数字が分からないし・・・均等に使った方が効率的かもしれませんよ。それに電化住宅は停電すれば全て使えなくなるからどうなんでしょうね?
はっきり言って深夜電力使えば経済的ですけど、省エネには繋がらないのも事実ですし・・・
オール電化にするなら、ソーラー発電登載の住宅以外は省エネとは必ずしも言えないのではないかな?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエヴァ シンジの楽しいこととは?

「楽しいこと見つけたんだ…、楽しいこと見つけて、そればっかりやってて、何が悪いんだよ !」

というセリフがアニメ版にありますが、
シンジ君にとっての楽しいことってなんですか?

エヴァに乗ることでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親父に褒めてもらうこと、かな。

Q高効率変圧器の省エネ効果

名称容量高圧油入自冷TR 容量200KVA インピーダンス(%)3.13
製造 日立 型式SOU-CR 製造年月1985 相数1 電圧(V)6600/210
電流952(A) 油量(L)120 総重量(kg)528

上の単相変圧器三台をデルタ結線で動力にて使用しています。

年間約104日ほど休日の為無負荷になります。
通常は各相とも約850A一日17時間ほどの使用になります。

変圧器1台にして効率を上げて電気料金を下げたいのですが高効率になればなるほど高いですがどのあたりの変圧器がベストなのか
分からないで困っています。
お勧めの変圧器で年間このくらい電気料金が安くなると言う計算方法と変圧器があればご指導願いたいのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お使いの変圧器の効率は調べれば分かる筈ですが、大体97%くらいと仮定して見ます。負荷電流から想定して、鉄損と銅損もほぼ同じくらいなので、それぞれ1.5%ということにしましょう。
損失量は、稼働日:3%→16kW  休日:1.5%→8kW
休日が多いので、鉄損の少ないアモルファス鉄心式が適しています。
(銅損が1/2、鉄損が1/6となる) その場合の損失量は、
稼働日:1.75%→9.3kW  休日:0.25%→1.3kW
一年間の省電力量は
261×24×(16-9.3)+104×24×(8-1.3)=58692[kWh]
後は電力単価と工事費から検討できます。
以上は仮定の数値を元にした計算例ですから、鵜呑みにしないようにご注意願います。

Qされて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわ

されて嬉しかったことが今までにありません。なので人にも優しくしようと思わないし、何を求めているのかわかろうともしません。このような人間は皆から嫌われますよね。私は何様だと思います。
最近は世間からも嫌われている気がします。出歩くこともできなさそうです。
生きる気力がわきません。

Aベストアンサー

逆です。
自分からの「人にも優しくしよう」が先です。
そして、これに対価を求めてもいけません。

Q高効率変圧器の省エネ効果

高効率変圧器の省エネ試算をしたいのですが、どのような計算方法か
御教授願います。
例 
油入3φ500KVAをトップランナータイプの同容量に更新した場合の
年間の電力削減量です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の追記
>●トランスの年間稼働時間:24h×365day 平均負荷40%として200KVA
>●既存トランスの容量:油入3Φ500KVA 銅損:6000W 鉄損:2270W
>●新トランスの容量:油入3Φ500KVA 銅損、鉄損は不明なのでトップランナー基準エネルギー消費効率500KVAでE=23.8S^0.653

●平均負荷は40%とあるが、銅損は負荷の自乗に比例する事と負荷がバラツク事を考慮し、銅損計算は負荷50%で計算します。
●500KVAでE=23.8S^0.653 は鉄損230W(下記URL 3Pより)と全負荷銅損4700Wと推定します

● 既存トランスの損失 2270W+6000W*0.5^2=3.77kw
● 新トランスの損失  220W+4700W*0.5^2=1.39kw
● 更新での削減電力 (3.77-1.39)=2.38kw
● 年間省エネ (365*24)*(3.77-1.39)=20,800kwh

● 電力料金は契約で異なるが、単価は10円/kwhと仮定、最大電力の削減を含め効果は 25万円/年程度です。
注意事項
#2さんの説明にもありますが
1)変圧器の損失は銅損が負荷の自乗に関係し、単純平均では大きな誤差が出ます、負荷率毎の時間分布を求め計算ください
2)トランスは単なる更新では投資回収できません
 更新の必要性、負荷の統合、容量の適正化を含め検討が必要です。
3)ピーク負荷が大きく、トランスの容量が大きいのであれば、デマンド制御などでピークの削減で契約電力を低減の可能性?、トランスも小型化が可能で投資も少なくてすみます。
4)貴社の契約での単価で計算ください

まとめ トランスの更新のみで省エネの投資回収は難しく、総合的に検討が必要です。頑張ってください。

参考URL:http://www.metglas.jp/jpn/images/new/Transformer.pdf#search='蝓コ貅悶お繝阪Ν繧ョ繝シ豸郁イサ蜉ケ邇・繝医Λ繝ウ繧ケ'

#1の追記
>●トランスの年間稼働時間:24h×365day 平均負荷40%として200KVA
>●既存トランスの容量:油入3Φ500KVA 銅損:6000W 鉄損:2270W
>●新トランスの容量:油入3Φ500KVA 銅損、鉄損は不明なのでトップランナー基準エネルギー消費効率500KVAでE=23.8S^0.653

●平均負荷は40%とあるが、銅損は負荷の自乗に比例する事と負荷がバラツク事を考慮し、銅損計算は負荷50%で計算します。
●500KVAでE=23.8S^0.653 は鉄損230W(下記URL 3Pより)と全負荷銅損4700Wと推定します

● 既...続きを読む

Q大学(院)生以外の「学生」も成績見られることはありますか?

学校に入っている学生が就職活動をするなら「成績証明書も持ってきてください」と言われることはありますか?あれは大学(院)だけであることですか?

Aベストアンサー

あります。
なぜならどんな学生か
真剣に探す会社なら
参考にできるからです。

もし成績が悪い場合は不利です。
でも成績だけがすべてではないということが
わかっている経営者もいます。
「学歴不問」
そういった会社がありますから。

Q高効率モータの省エネ効果について

既存のモータ2.2kw、9A、効率80%
高効率モータ2.2kw、10A、効率90%
である場合、高効率モータに交換した場合、電流値が高いので
高効率モータの方が電気代が高いのかな?と思っていましたが
高効率モータは効率がいいから電気代は安いと聞きました。
可変モータであれば負荷に合わせて、電流値が変化するので
既存のモータより電気代が安くなる場合もあると思いますが
可変できないモータの場合でも電気代は安くなるのでしょうか?
(可変できないため単純に電流値が上がると電気代も上がる?)
効率の計算等をして○○○円安くなりますという計算式調べたのですが
具体的に高効率モータだとなぜ電気代が安くなるかわかりません。
(効率や力率が関係???)
どなたかわかる方いませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3相交流モーターは以下の通り
消費電力(W)=電圧×電流×√3
モーター出力=消費電力×効率=電圧×電流×√3×効率

従って消費電力=モーター出力÷効率である。
  1)2.2kW÷0.8=2.75KW  (100%負荷の場合)
  2)2.2kW÷0.9=2.44kW  (100%負荷の場合)

以上より高効率モーターの方が電気代は安くなります、出力と効率が解っていれば電流は関係有りません
(高効率モーターの方が無効電流が多いのですね、力率改善のコンデンサーを入れれば改善できます)

Q2通りの指値を注文することは可能でしょうか??

こんばんは。
株素人です。教えてください。

株を売るときに、指値を”利食い用”と”ロスカット用”に指定しておいて、先に株価がその金額になった方に約定させ、もう一方は失効させることは可能でしょうか??
おかしいですか??(素人考えです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券会社によって違いますが、もちろんできます。

主に逆指値というシステムですが、カブコムやマネックス、楽天などで使用することができます。

Qガス、原油採掘のこと

シェールオイル採取、日本で初成功 秋田のガス田で石油資源開発(産経新聞) - 石油もガスも今回のシェールガスも地下の岩盤隙間にあると言われるが、全部吸い取ると地下の中で地盤が崩壊し、地上に影響は出ないのですか。中東では原油、海底では天然ガスと、人間はエネルギーを求めているのですが(原発も同じ)、地球に埋まっているのですから、地下1800mを掘り出したら、何十年後に崩壊とかの事故がおきませんか。掘ったあとは埋め戻しているとも聞きますが、方法があるのですか。原油は膨大な量です。埋め戻しなど可能でしょうか。

Aベストアンサー

シェールオイルの貯留層に水を圧入しても意味がありません。

通常の油田で水を圧入する理由は...
生産井の周りの圧力が低くなってしまったときには,貯留層と坑井の圧力差が小さいために,坑井に油が流れこみにくくなります。このとき,圧入井の周りの圧力を高め,圧入井から生産井に向かって圧力勾配ができるようにすると,圧入性からの水が油を後ろから押してくれるわけです。
ここで,浸透性がよすぎると水が油を追い越してしまい,生産の増大にはあまり寄与しません。上手に押すように圧入量をコントロールし,また圧入井の位置も考えるわけです。

で,シェールオイルの場合には貯留層(岩石マトリクス)の浸透性は非常に悪くなっています。そこで亀裂を作って,その亀裂だけは浸透性をよくしてそこに油が流れ込むようにしているのです。そうすれば生産井までは浸透性の良い亀裂を伝って流れてきます。
ここで水を圧入井から圧入しようとすると,
1)貯留層の浸透性が悪いため圧入できない。->意味がない。
2)圧入圧力を高めて無理やり入れるようにする。->亀裂ができて,その亀裂が生産井につながる。->水が亀裂を伝って生産井にどんどん流れ込み油の回収にの役に立たない。
どちらにせよ,うまくいかないのです。

「採掘が進み枯れかかっているシェールオイル田」というのはありませんが,坑井毎に見れば生産量の激減している坑井は数多くあります。これらの坑井は圧力が足らないのではなく,単純に油が岩石マトリクスから亀裂に流れ込む速度が遅いために亀裂に油がなくなっているためか,亀裂が閉じてしまっているのです。岩石マトリクスには圧力は十分にあります。

シェールオイルの貯留層に水を圧入しても意味がありません。

通常の油田で水を圧入する理由は...
生産井の周りの圧力が低くなってしまったときには,貯留層と坑井の圧力差が小さいために,坑井に油が流れこみにくくなります。このとき,圧入井の周りの圧力を高め,圧入井から生産井に向かって圧力勾配ができるようにすると,圧入性からの水が油を後ろから押してくれるわけです。
ここで,浸透性がよすぎると水が油を追い越してしまい,生産の増大にはあまり寄与しません。上手に押すように圧入量をコントロールし...続きを読む

Q言っていることが逆の意味を指す四字熟語

さっき言っていたことと、今言ったことが逆。
ということを指す、四字熟語はありませんか?

お力添え、お願いいたします。

Aベストアンサー

朝令暮改(チョウレイボカイ)

朝出した命令を夕方にはもう改めるというように、法律や命令が頻繁に変えられて、一定しないこと。
かな?

Q最近、熱い日が続いていますが、今年の夏は太陽の熱と核爆発の熱とで、一段と熱い夏に成るでしょうか?

最近、熱い日が続いていますが、今年の夏は太陽の熱と核爆発の熱とで、一段と熱い夏に成るでしょうか?

Aベストアンサー

無事に過ごせることを祈るばかりです


人気Q&Aランキング