「うちの夫婦・家族っていいな」と思った瞬間大賞 キャンペーン

何度も出ている質問かと思いましたが、検索してもみつけられませんでした。
アメリカで生活を始めたばかりなのですが、今まできちんとした英語の教育を受けたことがありません。
どうしても英語の聞き取りは頭の中でひらがなの50音に置き換えて聞いてしまいます。
そこで質問なのですが、Rをどんなに注意して聞いても、何度も口や舌の動きを教えてもらっても、どうしても私の発音はLなのだそうです。
ここで文章で説明していただけるようなコツはありますか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アメリカに36年住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

ご自分で問題点をはっきりかかれていますよ。 「頭の中でひらがなの50音に置き換えて」と言っていますね。 聞き取りは、と一応条件をつけているように聞こえはしますが、しゃべるときもこれを無意識にこの「自分の音」を作り上げてしまっているのです。

つまり、lightであろうとrightであろうと「ラ」だと思ってしまっているのだと思います。 correctであろうとcollectであろうと「レ」だと思っているのではないかと思います。 頭では分かっているつもりでも、いざ発音する時にはそうなってしまっているのではないかと推測します。

ローマ字で「ラリルレロ」を書くとra-ri-ru-re-ruになりますよね。

ではアドバイスに入ります。

まず、Lの発音の事は気にしないこと。 日本人には全く問題のないとも言える子音だと私は思います。 普通の日本人がlightのLを日本語式に発音するとちゃんとLに聞こえるのです。 たしかにちょっと違いはあります。 しかし、ネイティブの耳で聞くとRには決して聞こえなく、Lに近い、Lを言っているんだろう、とも聞こえる発音をしているのです。 ですから、これを上達させるのは後からでもかまわない、と言うことです。

しかし、Rの場合は違います。 LとRの発音は全く違う物です。 ネイティブからしたら、「何でRとLの違いが分からないんだよ、はっきりした違いじゃないか」と思うわけです。 まず、このことを頭に入れてください。 Rはラリルレロとは全く関係のない子音なんだと言い聞かせてください。 このことを無意識に感じない限りいつまでたっても上達しません。

なんで、ラ行とLが似ているのかというと、日本人のほとんどの人がラ行を発音する時に舌の先が上あごのどこかにくっついているのです。 ですから、その状態で発音されたラ行の音はLに聞こえるのです。

では、Rは?というと付いていないのです。 良く「巻き舌にする」という説明がありますが、それはやっていません。 舌の先をただどこにもつけないで発音してください。 (後で分かると思いますが、下の両側が上あごや歯についているのが分かります)

舌先をつけるかつけないかで一瞬にしてネイティブには違いを感じ取る事ができるのです。 まずこのはっきりした違いを伝える事で単語を伝える事ができるのです。

つまり、まずこの小さな舌の動きでこんなにも大きな問題点が解決出来るのです。 発音は一つ一つ問題点を感じ取りそれを解決する事で聞き取りも自然に分かる様になります。 英語の発音は日本語の発音とは全く違う物であり、ローマ字は英語勉強の壁だくらいに持ってください。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうなのですよ、Ganbatteruyoさんっ!!
私は聞き取りどころか発音ももちろん50音ですまそうとしています。←いばっているわけではありませんが。
もうRの発音のときに、日本語のラリルレロは捨てます。
>舌先をつけるかつけないかで一瞬にしてネイティブには違いを感じ取る事ができるのです。
またしても衝撃の新事実です。
わかり易い説明で大変参考になりました。
いつの日か正しい発音ができるようにがんばります。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2004/12/06 20:36

私はアメリカに3年留学していました。



たまに日本に住んでいるアメリカ人に、日本人はRとL出来ないんだよね・・・と言われるけど、私がやるとoh oh ohhhh...You are right!みたいな感じで、驚かれるというかがっかりされます。

UDA式で発音を学びました。下記のリンク参照して下さい。HPで最低限のことは出来ますが、教材(本とCD)を取り寄せる価値はあると思います。特に時間があるなら、しっかり発音やっておけばあとあと時間の節約になりますよ。

何回も繰り返し練習しました。Light Rightと暇な時、何回も口で言う練習しました。あと、私の経験から一気にすべての音をやっても、覚えられないので少しずつやることをおすすめします。特に現在アメリカ在住ということで、学んだことをすぐ実践できるので、上達が早いと思いますよ:)

とりあえずRの発音は、下記のリンク先で「やさしい発音講座」23番で詳しく説明されています。「ル」でもなく「ウ」でもない発音です。

頑張ってくださいね!!

参考URL:http://www.uda30.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそくブックマークしました。RとL以外の発音もここでチェックできます。
oishiiiiさんのおっしゃる通り、少しずつ確実に覚えるようにします。

お礼日時:2004/12/06 20:21

私はイギリスで生活していますが、日本人がLとRの「発音」が下手なことはある程度仕方がないと思っています。

そして、それはそこまで支障の出ることではないように思います(努力は必要ですが)。
 それよりLとRの聞き分けが出来ないほうがもっと困ると思いますよ。

◆口・舌の形は、これまでの回答者さんのが参考になりますね。
 とくにRの発音を矯正したいのであれば、ウをRの前につけるというアイデアが、非常に簡単で実用的です。
 Lはとにかく舌の位置が問題です。またLの場合はそれだけではありません。Lの直前に子音がある場合(※※※のところで後述しますが clear や slightly のような場合)、その子音を発音するときに既に舌を所定の位置に置いておく必要があります。

練習法としては、ふたつ挙げておきます。
◆(1) l と r が両方出てくる場合を練習する:
たとえば
 glory (glorious)「栄光(栄光ある)」
 celery 「セロリ」
 illustrate 「例証する」
 recently 「最近」
 really 「本当に」
 religion 「宗教」
など。(その際、アクセントの位置に注意してください! とくに illustrate と religion の場合……日本人で間違える人が多いので、必ず辞書で確認してくださいね。)

※※※glory の発音練習をするときは、g を「gu」と読まないことが肝要です。
 g の音を出すとき、すでに舌は l の発音ができるように舌先を上の歯の裏につけておくのです。
 これは、gulory とせず、glory と発音するためです。Lの発音を美しくするの第一歩として、不可欠です。(clear などの場合でも同じで、kulear にならないように、予め舌の形を l にあわせて c を発音します)

◆(2) r と l の差によって意味が大きく異なるものをマークし、意識して発音を使い分けられるようにしておく。
たとえば
 free 「自由な
 fully 「十分に」
 flee 「逃げる」
とか、
 light 「光;軽い」
 right 「右;権利;正しい」
 write 「書く」
 rite 「儀式」
とか、
 lily 「百合」
 really 「本当に」
とか、
 election 「選挙」
 erection 「立ちあげ、建設、勃起」
とか、
 correct (形)「正しい」、(動)「訂正する」
 collect (動)「集める、(自分の子どもなど)を迎えに行く」
 correction 「訂正」
 collection 「収集」
など。

◆ふだんから音読の練習を積み、それを続けることが、発音全体をよくするために一番必要なことです。
 音読するときは、自分のレベルから見て少し優しめの英文を選び、それを小さい子に読んで聞かせてあげるようなつもりで、アクセントと意味のまとまりに注意して読みます。多少、日本人風であって構いませんが、上で述べたような点は心がけましょう。
 それから、早くしゃべろうとか、うまくしゃべろうとかを、あまり意識しすぎないことです。英語が下手なら下手なりに、落ち着いて、一語一語大切にして話せばよいのです。

◆耳を慣れさせるほうは、もっと大変ですが、聞いて鍛える以外に方法はあり得ません。
 米国でも大きな書店に行けば、EFL(=English as a foreign language)テキストのコーナー、あるいは英語テキストのうち「発音」(pronunciation)教材のコーナーなどで、発音を訓練するためのCDつきの教材が種々あります。探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなのです。聞き取りもできないのでRだったのかLだったのか、ネイティヴ(と言っても米英語の南部なまりなんですけれど…)に発音してもらって練習しようと思っています。
今はwriteとrightなんてどう違うの?とお手上げ状態です。
「子音を発音するときに既に舌を所定の位置に置いておく」なんて、考えもしませんでした。
まずはShimo-pyさんに挙げていただいた単語をひとつひとつ発音できるようにしていきます。たいへん丁寧なアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2004/12/06 20:17

僕も10年前に留学した時、中国人留学生に指摘されまくりました。

(ネイティブは色んななまり(英語)をそれなりに消化するので何も言わない。)これまでの回答者の方と同様ですが、どちらかと言うと”L”を意識して、”R”は意識してません。フランス、ドイツ、南米のキッツイ”R”を3日くらい使ったら、4日目くらいには、普通に”R”になるんじゃないですか?それより、日本人は SがSHになるので、SixとかSachsとかSoccorとかSitとか 気をつけました。僕は見た目が日本人100%なんで誤解されにくいけど、いづれネイティブ並みに話せるようになると やばいですよ。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにsitはまずいです。特に区別して使っていませんから…。SとSHもこれからの重要課題です。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/06 20:01

短刀直入にいいます


Rは ウをつけて発音します
例えば ROOM なら ウルーム
となるんです
ね!! ワカリヤスイでしょ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいです!
確かに「right」を「うらい、うらい」って言ってます。
あうりがとうございましたっ!

お礼日時:2004/12/06 19:52

十数年前のテレビ番組で、口の中の上あごに、センサーをつけて、RとLの発音をする時に、上あごのどの部分に舌が接触するかを映像化した実験をやっていました。


私はこれを見てなるほどと思いました。

 ●Lの場合
   ・舌が接触する場所は1箇所。
   ・前歯のすぐ後ろに舌の先が接触する。
   ・舌の先以外はどこも接触していない。
 ●Rの場合
   ・舌が接触する場所は2箇所。
   ・上あごの左右の奥歯の内側に、舌の両脇が接触する。
   ・舌の先はどこにも接触しない
   
Lの場合、舌の先を上に向けて丸める。
Rの場合、舌を左右両側から内側に向けて丸める。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんという記憶力でしょうか。十年以上前のテレビの番組なのに、ここまで詳細に書いていただけるとは。
大切に保存して頭の中に全部叩きこんで練習させていただきます。
ありがとうございました。感謝致します。

お礼日時:2004/12/06 19:49

こんにちわ。


わたしもLRの発音がむずかしくてよく、りかいしてもらえませんでした。いまアメリカにきて9年目です。

Lの発音の時は、したを上歯の裏につけて、
Rは、下を口の中の上の部分につかないように、まるめて、発音すると
何とかなるとおもいます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただいま特訓中です。
Rは舌を上につけない、というのが初耳でした。これが正しいRの発音への突破口になるかも?
考えてやるとぎこちなくなってしまいますが、がんばってます。
fullowさん、ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/06 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語を母国語とする人にとって、「LとRの発音は似ている」という意識はあるのですか?

「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人は、
rとlは似たような音に聞こえてしまうのですが、
英語を母国語とする人たちにとってははっきり区別できるはずです。
むしろ、全く違った音のはずです。
そこで疑問なのですが、rとlはアメリカ人にとっても似ている音なのでしょうか?
それとも、rとlは、sとkくらいに別の音なのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>日本語でも「南さん」を「三上さん」と間違えるような事はよくありますが、そのようなものですか?

そういうことですね。 樋口さんと井口さんもそうですね。 この両方の場合発音はまったく違うものであり、日本人の誰で「違う発音である」と断言するでしょう。 それがL-Rなんですね。 

ですから、日本人が持っている日本語の発音の「許容範囲(「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人はと言う部分ですね)」からのL-Rからくる「なぞそう日本人(韓国人も)がLとRの発音で聞き取ることも発音することも難しいときが英語習得の過程に存在する」と言うことになり、日本人や韓国人には「似ている音」と感じるわけです。

また、同時に、その文章で使われているのを聞いてLかRかのつづりかはその単語からも日本人としては区別している・できると思います。

これはもちろん英語の知識・経験から来るわけですが、He wrote the book.と言う文章を聞いたときに、このwroteと言う単語を知っているわけですから、He lote the bookではなくRの発音だと言う知識的判断はすると思います。 

ボクシングリングのリングはと言うと、日本人であればこのつづりを知らないとRの発音は出きりないかもしれませんね。

しかしアメリカ人にとってはBoxing Ring,boxing ring,boxing ring,boxing ringと生まれてから聞きなれているわけです。 ですから、日本人が間違って、Boxing lingと発音してもBoxing ringのことを言っているんだろうと理解して「くれる」わけです。 つまり、Traverと言ってもこの単語を知らない人にとってはTravelのことを言っているのかなとも感じるわけですね。 もっとも、このEの発音が違いますので、単語の最後に来るときのLとRの違いは前にも書いたように「違いの感じ方」と言う表現が書いたことをいっていることになるわけです。(教養とか、知識、経験の深さがものをいうということにもなりますね)

日本語のは行でも、単語の最初であるとHをはっきりと発音しない人がいるので、針ー蟻なんかもその文章からどっちをいっているのかを考えなくてはならないときもありますね。

私の言いたいのは「発音は文字や発音記号だけで断言できるとは言い切れない」言うことで、これらのことと誤解を犯すことがある、と言う知識・経験があれがこれらの違いをはっきり相手に伝えようとすることも言葉と言うものを相手にわかってもらうもの(つまりフィーリングがちゃんと伝わるかどうか、と言うことですね)であると言うことを身にしみて認識すれば、LとR、SとTHなどの発音の区別はちゃんと中学教えるべきものであり(教師がそれをできなくてはならないと言うことです)、アメリカ人だからR-Lの区別は100%できるものではない、と言うことも知っておくべきだと私は言いたいわけです。

違うのは分かっている、と言うレベルから、でも誤解されるときもあるんだよ、と言うレベルへの知識向上と言うことなのです。

最後に、多分今まで何回か聴かれたことがあると思う事を書かせてくださいね。 BとMはまったく違う単語ですね。 その違いを知ると言うことは初歩的な知識のひとつでしょう。 誰も反論しないでしょう。 

では、何故、アメリカ人がHe is a billionaire with B.と言う表現をするのでしょう。 この表現を聴かれたことがあると思います。 これは これを言う人には「言葉として誤解が起こる単語だ」と知っているからそういうわけです。 なぜなら、もしかしたら、相手はHe is a millionaireと理解する可能性が多い、と言うことを知っているからなんですね。 つまり、BとMの発音は違うと知ってはいるけど、発音として誤解されやすいと言うことも知っているから、わざわざbillionaire with Bと言う表現をして、millionaireと言っているんじゃないよ、と言うフィーリングを伝えているわけです。

ですから、My name is Higuchi with Hと言う表現をすることができると言うことは樋口と井口を聞き間違える人が「日本人でも」いると言うことを知っている、多分アメリカ人の多くは、特に今では、Iguchiという名前が野球選手の名前であると言う事に聞きなれてしまっているから多分樋口と言ったら井口と間違われる可能性が高くなっていると言うことを知っている人だと言えるわけです。

英語を使いこなせるようになる、と言うことにむけて、学校英語ではなく「使える英語「フィーリング英語」と言う視点から書かせてもらいました。 

ではまたの機会に、

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>日本語でも「南さん」を「三上さん」と間違えるような事はよくありますが、そのようなものですか?

そういうことですね。 樋口さんと井口さんもそうですね。 この両方の場合発音はまったく違うものであり、日本人の誰で「違う発音である」と断言するでしょう。 それがL-Rなんですね。 

ですから、日本人が持っている日本語の発音の「許容範囲(「らりるれろ」という音しか持たない我々日本人はと言う部分ですね)」からのL-Rからくる「なぞそう日本人(...続きを読む

Q英語のRとLの発音の違いはネイティブではどうなんでしょうか。

英語のRとLの発音の違いはネイティブではどうなんでしょうか。

日本人にとって、特に英語に疎遠な日本人にとって、Rの発音とLの発音は同じです。

例えば、right, write と、light は、ほとんど同じに聞こえます。

カタカナでも「ライト」と同じ表記になることも原因だと思います。

ところで、

英語のネイティブにとっては、どうなんでしょうか。

彼らにとっては、発音だけでなく、文字もRとLで違うわけですから、

まったく別のアルファベットと感じているでしょう。

問題は、これからです。

彼らには、日本人がRとLを区別しにくいことが当然のように受け入れられるのでしょうか。

例えば、ネイティブでも子供の時は混乱したとか、日本以外の外国人でも混乱がみられるとか。

それとも。ネイティブにとっては、具体的な説明をしないと、日本人特有の混乱は理解できないのでしょうか。

ネイティブにとっては、その違いが、DとGなどの他のアルファベットの違いと同様、全く別のものと理解されているのでしょうか。

----

とりとめのない質問になりましたが、上に関することでは何でも結構です。教えてください。

英語のRとLの発音の違いはネイティブではどうなんでしょうか。

日本人にとって、特に英語に疎遠な日本人にとって、Rの発音とLの発音は同じです。

例えば、right, write と、light は、ほとんど同じに聞こえます。

カタカナでも「ライト」と同じ表記になることも原因だと思います。

ところで、

英語のネイティブにとっては、どうなんでしょうか。

彼らにとっては、発音だけでなく、文字もRとLで違うわけですから、

まったく別のアルファベットと感じているでしょう。

問題は、これからです。

彼らに...続きを読む

Aベストアンサー

1。彼らには、日本人がRとLを区別しにくいことが当然のように受け入れられるのでしょうか。

 「当然」の意味が分かりませんが、R と L の区別のある言葉(英語以外にゴマンとあります)のネイティブの人には、区別があり、無いのはすぐわかります。「受け入れられる」のは個人によるでしょう。


2。例えば、ネイティブでも子供の時は混乱したとか、日本以外の外国人でも混乱がみられるとか。

 (前半)身近に英語のネイティブがいますが4歳ぐらいでもう R と L の区別が出来るだけでなく,英語以外の発音には敏感に反応します。僕が日本式の「弾き音」のラ行子音を使うと、「英語の R と違うんだね」と言いました。

 (後半)R と L が一音の言語、例えば、韓国語には、自動的に(母音間は R、語頭はゼロ(南北の差あり)、語尾は L というように) R L を処理する規則があるので、両方あるが区別がありません。区別がないこ
とはハングルに R L に相当する己の様な文字要素が一つしかないのでも分かります。こういう場合には混乱があり得ます。

 また歴史的に,ラテン語の peregrinus 「外国人」から(フランス語経由で)英語の pilgrim「巡礼者」が派生したという下記の様な語源説もありますから R から L に変ったようにも見えます。

しかし、L から R に変る例はなく、lallation とか lamdacism という R を L に変える「発音は音を正確に発音できない言語欠陥の一種」(ランダムハウス英和2版)と見られています。

 http://www.merriam-webster.com/dictionary/pilgrim



3。それとも。ネイティブにとっては、具体的な説明をしないと、日本人特有の混乱は理解できないのでしょうか。

 具体的なことを言わなくても R と L の区別のない発音で少し喋れば分かります。



4。ネイティブにとっては、その違いが、DとGなどの他のアルファベットの違いと同様、全く別のものと理解されているのでしょうか。

 はい。そうです。


 英語で、rock/lock「岩/錠」crutch/clutch「松葉杖/(自動車の)クラッチ」 のように RとLの違いで区別される言葉はそう多くはありません。混同しても通じないことはまずないと思います。

1。彼らには、日本人がRとLを区別しにくいことが当然のように受け入れられるのでしょうか。

 「当然」の意味が分かりませんが、R と L の区別のある言葉(英語以外にゴマンとあります)のネイティブの人には、区別があり、無いのはすぐわかります。「受け入れられる」のは個人によるでしょう。


2。例えば、ネイティブでも子供の時は混乱したとか、日本以外の外国人でも混乱がみられるとか。

 (前半)身近に英語のネイティブがいますが4歳ぐらいでもう R と L の区別が出来るだけでなく,英語以外の発...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

QRの発音 (中~上級)

アメリカに1年ほど住んでいる者です。
いまだにRの発音がきれいにできないのですが、
アドバイスいただけると嬉しいです。



・ LとRの違いはもちろん分かるし、聞き取ることも
  できます。発音も、アメリカ人に理解はしてもらえる
  程度にはできます。

・ でも、口、舌に力を入れて、無理して頑張って動かして
  いるという感じがすごくあります。もっとスムーズに
  話したい。
  
・ 得意な(と自分では思っている)発音は、rock、racket、provide といった
  巻き舌状態を解き放つタイプのR発音です。
  また、power、teacherといった、最後巻き舌で終わるものも比較的楽に
  できます。

・ 苦手なのは、
  1.cardのようにRの後にさらに音が続くもの。巻き舌から次の音に
    スムースに移れない。
  2.river、workerのようにRが複数入っている単語。巻き舌を解放して、
    またすぐ巻き直すというのが難しい。
  3.another、otherのようにtherと続くもの。(でもこれはまだ比較的まし)
  4.一番難しいのが、three。これはthの発音に慣れていないという
    問題もあるかもしれませんが、舌をかんだ状態から、巻き舌にもっていき、
    そこからさらにeeと行くのが難しい。スゥィーという、R音のない、
    なんとも気の抜けた発音になってしまう。
    (その点は、very でも似た問題。ウ"ェウイー のような、R感 のない
     発音になってしまう)
        

とった状況です。

最近は、もしかしたら、巻き舌が、巻きすぎるオーバーアクションに
なっている (だから、Rが最初か最後にある分には問題ないが
途中にあると辛い) のでは、という気もしてきました。



問題点、改善方法などアドバイスいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

アメリカに1年ほど住んでいる者です。
いまだにRの発音がきれいにできないのですが、
アドバイスいただけると嬉しいです。



・ LとRの違いはもちろん分かるし、聞き取ることも
  できます。発音も、アメリカ人に理解はしてもらえる
  程度にはできます。

・ でも、口、舌に力を入れて、無理して頑張って動かして
  いるという感じがすごくあります。もっとスムーズに
  話したい。
  
・ 得意な(と自分では思っている)発音は、rock、racket、provide といった
  巻き舌状態を解き放つタイプの...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。#2さんがいいサイトをご紹介下さってよかったですね。

補足欄でお書きのURL,見てきました。ギョギョッ!です・・・
すべての[r] の発音をいちいちあんなことして出していたら、舌が筋肉疲労で痙攣を起こしてしまいそうですね。ホントにあの人はすべての[r] 音をああやって発音しているのでしょうか。
質問者さんが困っておいでのthreeなどは、あれ式で発音していたら普通の速度で話すのは限りなく不可能に近い気がします。
巻いた舌を奥歯に強く押し当てるなんて話も初耳です(ちなみに英米語科だった学生時代は音声学もとりましたので、専門的なことも一応勉強しました)。

こちらなどもちょっと目を通してみてください。
http://hatsuon.msize.net/sub2.html

以前に回答したQ&Aも参考にご覧になってみて下さい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2959026.html

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Q語尾のlの発音について

school, cool, ruleなどの語尾にあるL (dark L)の発音についていくつか質問です。


1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

2)ネイティブに聞いたら、歯茎の裏につけてもつけなくても口蓋に付かなければLに聞こえるみたいなことを言われたのですが、そうなのでしょうか?

3)舌で歯茎の裏をぐいっと押して離れないようにしながらそれっぽい音を出す発音方法はあっていますか?Lは舌を歯茎から離さないようにと聞いたことがあるので、力を入れてしっかりくっつくようにしているのですが・・・

よろしくお願いします
 

Aベストアンサー

まずはyoutubeを見た方がいいかもです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM
(Lの発音の仕方)

>1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

まず、dark L (わかりやすく大文字とします)自体が"異音"扱いなので、どう発音"しなければいけない"というのはないです
dark Lの一番の要のところは、例えば、cool「クール」の「ー」の部分の響きです
この部分では、舌はどこにもついていません
そして、「ウー」の「ー」とも違います(この場合は、単なる母音の延長なので舌はほとんど動いていない)

「クール」の「ー」は、上の「ウー」の「ー」の最中に舌の根本をノドチンコの方に近づけます(/k/の発音をする一歩手前という感じ)
発音記号は辞書では、/ku:l/となっていると思いますが、dark Lの音は/ku:↑l/という風に↑の部分に上記で説明したdark L「ー」の音が入ってきます

dark Lというのはこの/↑l/の部分の音をさしていると考えていいです

>2)ネイティブに聞いたら、歯茎の裏につけてもつけなくても口蓋に付かなければLに聞こえるみたいなことを言われたのですが、そうなのでしょうか?

ま、ネイティヴが言ってるからそうなんですが
それは/↑l/の/l/を省略した形です
つまり/↑/だけって感じ

上記のビデオでレイチェルさんは、IPA(International Phonetic Alphabet)にdark Lを表記するものはないと言っていますが、dark Lの表記は[ɫ]です(小文字のLり真ん中に波線を入れる)
レイチェルさんはこういうところについては、はっきり言って無知です

>3)舌で歯茎の裏をぐいっと押して離れないようにしながらそれっぽい音を出す発音方法はあっていますか?Lは舌を歯茎から離さないようにと聞いたことがあるので、力を入れてしっかりくっつくようにしているのですが・・・

Lの発音方法の"基本は"これで間違いはないです(ただ、そんな力を入れる必要はないですが・・・) 
Lの発音で一番大事なのは、舌の"脇(側面)"を息が通ることです(こういう発音をlateralといいます 英語ではLだけです)
だから、Lの発音をしている最中は舌は歯茎から離れません(ただ、ほんのちょっとさわる程度でいいです)

さて、一応の回答は終わりましたが、(2)のネイティヴの人が言っている話しに戻ります
私の説明では/ku:↑l/の/↑/だけで終わらせていると説明しました
つまり、最後の/l/を発音するための舌の動きがないんです つまり歯茎にくっつけない
そうすると/ku:↑/という音になるわけですが、この/↑/の音がかなり/ʊ/に近いんです(/ʊ/の例:book/bʊk/)
ネイティヴの多くはdark Lすら飛び越して、bill[bɪʊ]と発音する人はいっぱいいます

実は私も語尾のLはdark Lですが、舌はつけないことが多いです(でも/ʊ/にまではいってません)
ただ、people in the cityのようにpeople inとLの音の後に母音が来る場合は歯茎に舌をつけて、Lと/I/をくっつけて発音しています

このサイトでは「練習してみましょう」とか言ってますが、練習するような発音ではないんですよ
http://eigoriki.net/2007/12/-l-l.html
この発音は何回も何回も練習して、実際使っていると"自然"と習得される発音ですから、意識的に覚えようとしないほうがいいです かえって不自然な発音になります

基本はlight L(もしくはclear L)!
つまりは、学校で教わったであろうLの発音方法です(つまり質問の方の(3)です)
ただし、ネイティヴからすれば、基本的な発音をしていると認識はしても、ネイティヴの音ではないという認識はあると思います(つまり外国の人のLの発音という認識)

でもまずは伝わることが大事ですから、ネイティヴの発音に最初から近づけるのはやめた方がいいです
もともとすごい時間がかかることですし、発音にはもっと大事にしなければいけない要素があるのでこまかいところは考えない方がいいです
急ぐと、結果してへんな発音を習得することになりますよ 避けた方がいいです

ただ、(3)にあるように何としてでも「歯茎に舌をつける」ことを守らなきゃいけないかというと、私の説明においてもほのめかしましたが、L/l/という発音をしていることが相手に伝わりさえすればいいので、"こう舌を使って、こう発音しなければいけない"という認識を捨てることができれば、発音というのは意外と簡単にネイティヴ的な音を出せますよ
ま、あまりこだわらないことです

まずはyoutubeを見た方がいいかもです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM
(Lの発音の仕方)

>1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

まず、dark L (わかりやすく大文字とします)自体が"異音"扱いなので、どう発音"しなければいけない"というのはないです
dark Lの一番の要のところは、例えば、cool「クール」の「ー」の部分の響きです
この部分では、舌はどこにもついていません
そして、「ウー」の「ー」とも違います(この場合は、単なる母音の延長なので舌はほとんど動いていない)

「ク...続きを読む

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報