『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ショーやん(伊勢正三)のファンの方にお尋ねします。

ショーやんファン歴45年になります。
かぐや姫から風、そして現在に至るまでずーっと私の青春と共に歩んできました。

どの曲にもその時の思い出が付随して記憶と曲が一体化してる部分もあるほどです。

言い換えれば私の中ではショーやんは(ギターの技術やメロディで)神様みたいな一人でした。
(因みに太田裕美は私の女神様です❗)


そこで、質問なんですが彼の最新アルバム「re-born」を聴かれたファンの方はどう受け止めていられますか?

題名やご本人も仰ってる通り「新しい挑戦」でありラップなどにも挑戦しています。

もちろん、彼の持ち味のメロディラインや曲の転調など以前の雰囲気は残っていますが私としては、いきなり彼が違うとこへ行ってしまったような寂しさを感じました。

(タイトルは忘れましたが2曲目とエンディングになっている)曲などはまるで演歌のような感じです。

前回の「garden」までが変わらない彼の持ち味のアルバムだったような気がしてなりません。

同じショーやんファンの皆様の感想をお聞かせください。

A 回答 (1件)

風のサードアルバムあたりから方向性がガラッと変化したような気がします。


従来からのファンは、こういった方向転換に一瞬戸惑ったりしますが、
アーティストは常に新しい実験や音楽性を模索し続けています。
そういった変化を受け入れられない人、許容し新たな魅力の一面として受け入れる人と、それぞれファンの反応は様々ですね。

アーティストが変化を試みる時、それは命懸けの作業になります。
ファン離れが起こるかも知れないから。
しかし、恐れずに常に新しい試みを模索してゆく。それがクリエーターの使命であり仕事なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご意見ありがとうございました。

なるほど確かに仰る通り彼はクリエイターでありアーティストですものね。

サードアルバムといえば「ウインドレス・ブルー」になるのでしょうか?

確かにあのアルバムから方向性が変わったと思います。
でも、私の中では十分ショーやんらしい作品で胃までも大好きです❗

「海風」でのイントロにはぶっ飛びましたが(笑)

彼の作品は全て身に染みていますが私の場合、受け入れて行くのに少々時間がかかるようです。

彼も歳で声も出なくなってきてますがやはり、神様であることに違いはありません。

きっと、これからもずーっと私の中では神様であり続けることでしょう❗

お礼日時:2019/05/20 20:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング