最新閲覧日:

昔から疑問だったのですが、なぜ無料でダウンロードできるフリーウェアソフトが存在するのでしょう?
ソフト開発にはお金も時間もかかると思うのですが、それを無料で提供してはビジネスとして成り立たないのでは…けど成り立たないなら行われているはずがない、と疑問に思っています。
広告収入などは考えられるのですが、それだけではないように思います。
回答お聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>無料で提供してはビジネスとして成り立たないのでは…けど成り立たないなら行われているはずがない。



フリーである以上は、ビジネスではない。

a、シェアウエア等の方法で販売も可能で、かつある程度の需要も見込めるが、あくまでも趣味の世界なので、あえてそうしていないソフト。大昔のLHAやFD、長寿命のJW_CADなどはこの典型。

b、次の営業活動の布石のため、大企業がフリー扱いにしている場合がある。例えばadobeやRealなどの閲覧・視聴ソフト。

c、営業活動しても、赤字になることが分かり切っているからバージョンアップをやめた旧アプリケーションのフリー化。リコーのマイツールはこの典型。

d、ソースを公開して、作る側と使う側が多数で協力しつつ育て上げてきたオープンソースの世界のソフトウエアは、「持ちつ持たれつ」が基本。OOoのお世話になっている人も多いはず。
#日本では著作権の放棄ができないことになっているので、PDSという言葉は死語化した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
企業が旧アプリケーションを配布しているのもあるとは知りませんでした。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:33

Q/なぜ無料でダウンロードできるフリーウェアソフトが存在するのでしょう?



A/理由はいろいろです。
フリーはあくまで扱うのが自由であってある目的では、有料になっていることもある。例えば、広告収入はその一つ(Operaなどがそう)ですが、ある程度の個人情報やアクセス情報をその代償として入手していることもあります。Realなどでも使ってます。

ソフトの開発のために使うこともある。
フリーウェアとして発表することで、そのソフトを使って貰い、バグや問題点の情報を入手するということもできます。有料だとどうしても、そういう情報が少なく質の向上に遅れますからね。フリーを作りそれとは別に有料も僅かに機能を増やして提供するという手を使う場合がこれです。AVGなどはこれに近い。

これから、ある分野に進出しようと考えている場合はフリーで投入することもある。ある程度売れる道筋がついたなら有料化するという手もあります。TMPEGencなどはそこから始まったソフト。

他にもオープンソース化して開発費を削減するためという手もある。Linuxが有名です。OpenOfficeもそう。
開発までオープンにすることで、企業の投資はほとんどなしに、利用者が欲しい機能の情報を入手し下地の開発を行ってくれます。後は、それにあまり投資せずに必要な機能を付加すれば安くより良いソフトが出来ます。

まだまだ、あります。
個人で作るソフトなら趣味や人に使って貰う喜び、自分のスキルアップのためにもなる。

会社としてなら、知名度を上げソフトが広告となりこのソフト会社はあのフリーソフトの会社という考えを植え込むことができ親近感を与えるきっかけになることもある。

また、新たなハードウェアの購入などの全く別の需要を掘り起こすこともあります。

要は、それそのものに縛られた利益を追求していないのですよ。そのため、私たちが知らないところでお金が掛かっていることもあるかもしれません。ただ、使う側はそれが分からないから、フリーソフト=無料と思うのです。一般的なフリーソフトとは実際には、フリー=無料のソフトではなく、ライセンスフリーという意味で、ライセンスは自由ですというだけ、その先に不自由がある場合も多々あり、見た目無料で後ろでは会社に利益がということもある。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。
趣味などの一部を除き、そもそも「フリー=無償」と言う考えが思い違いだったのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:30

広く公開こそしていませんが、プログラミングを趣味にしているものです。



簡単に言うと・・・「人はビジネスのみに生きるにあらず」です。
ソフトを作るのはとても楽しい作業なのです。(ハマッテしまった人には)
クッキーを作って、お隣さんにおすそ分けするような気持ちに近いかもしれません。

もちろん企業が配布しているようなものは、「普及させるため」という理由もあると思いますが、個人の場合は上のような考えの人が多いのではないかと思います。
(私も友達に使ってもらったりはしてます。)

また、
・開発ツール自体もフリーソフト->作るコストが低い
・ソフトウェアというのは基本的にコピーが簡単->複製のコストが低い
・インターネットが普及した->流通コストが低い
というのが、フリーソフトが増えた理由にもなっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。
趣味の場合、利益を求めない代わりに制作費を安くする手段もあるのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:27

 こんにちは。



 過去問に、実際に作っている方の話が載っています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1105633

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1105633
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
いつもは過去の質問をチェックしてから書き込むようにしているのですが、今回サボったら…やはり同じ事を考える人がいるのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:22

>なぜ無料で?


企業が配付しているフリーウェアの殆どは、次の商売への布石です。

フリーウェアにはいくつか種類がありますが、企業が作成するものに限定すると、その収入源は以下のように大別できます。

1、クライアントソフトは無料だけどサーバアプリケーションは有料
2、ソフトウェアは無料だけどハードウェアが有料
3、ソフトウェアは無料だけどソリューションが有料
4、ソフトウェアに関するグッズが有料
5、義援金

1の例=Adobe Acrobat Reader
2の例=MacOS X(のコア部分)
3の例=RedHat Linux
4の例=Firefox
5の例=Free Software Foundation

他にも、ソースコードを公開するなら無料だけどそれが出来ないなら金払え、とするライセンス体系(例:リレーショナルデータベースのMySQL)などもあります。
いずれにせよ、フリーウェアそのもので収益を得るわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
企業が配布している物はやはり何かしらの収入を得ているのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:17

フリーソフトを公開して有名になれば、講演をしたりすることで収入を得ることもあるようです。



余談ですが、JAVAやSoraris(UNIX系OS)などは、フリーにすることで広く使ってもらい、技術者に対して講習会を開いたり、サポートを行うことで収益を上げていると聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
この場合は自分の力量を認められて収入に繋がるのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:15

メーカーが提供してる場合は、機能や利用期間の制限があってお試し版的なものです。



全くのフリーソフトは個人で作ってることが多いと思いますが、まず自分が欲しいソフトがなくて作っちゃえということもあるでしょうし、一部のメーカーが独占して暴利を上げているのが許せなくて作ったのも有ります。
ただ単に皆が喜んでくれれば、とつくる人も結構いますし、自分のスキルをアピールしたい人もいるでしょう。「求職」なんていうテキストファイルが入ってるソフトもありました。どこかが目をつけて拾ってくれたら、ということかもしれませんね。

会社で出してる所だとスパイウエアが入ってて、アクセスしたサイトの情報などを送信するようになってるものもあります(OperaやDivXなど)。
なかにはその他に個人情報を抜き取るのもなくはないよううですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
スパイウェア…実は密かにあるのかなとも思っていたのですが、本当にあるのですね。個人情報収集は怖い
ですね。DMが来る位ならいいのですが。他に何をするのやら。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:12

わたしが見た限りではフリーソフトには3つ種類があると思うわ。



1.製作者の趣味で作ったソフト
2.販売用のソフトのお試し版
3.販売用のソフト開発のためのベータ版

1.は趣味の世界だからビジネスなんて関係ないわね。作者の自己満足が満たされればいいわけでしょ?
2.は、使用してみていいなあと思ったらお金を払って製品版を購入してもらえるでしょ?まあ宣伝の一種だわね。
3.は、多くの人に使ってもらって、ただで製品のチェックをしてもらおうっていう魂胆よね。

たいていのフリーソフトはこのどれかに当てはまると思うけど、ちがう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
フリーソフトの内訳、まさにその3つですね。簡潔で解りやすい為になるご意見でした。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:07

ソフト開発にはお金も時間もかかります。


その通りです。
広告収入もあるでしょう。
しかし一番の理由は、転職の準備だったりします。
こういうソフトを自分は作り
これだけの人に使われていると言うことを
アピールでき就職先に依りよい条件で
雇って貰いやすいからだと思っています。

中には、趣味で作っている人も居るようですが、
フリーの場合はベータ番というのもありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。大変為になるご意見でした。予想以上の方々から回答を頂き、ポイントを発行出来なくて申し訳ありません。
転職の準備とは予想もつかないことでした。「自分はこれだけの技術があります」と言う事を示す作品なんですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/05 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報