痔になりやすい生活習慣とは?

大学のレポートについてです。

大学1年生になって初めてのレポート課題が出されました。文章は書き終え、注や参考文献をつけようと思っているのですが、注のつけ方がわかりません。
教授に注と参考文献は必ずつけろとの指示がありました。しかし、注というのは本文の補足説明をするもので、本を読んでのレポートのため補足説明をしないといけないところがよくわかりません。
注には参考にした文献の該当ページをかいて、参考文献には形式通り本の作者、出版年、題名を書くというのは変でしょうか。

A 回答 (2件)

注(脚注)と参考文献の書き方は、専門分野によって少しずつ作法が違います。


たぶん、大学でもレポートの書き方として代表的な書き方を習ったかと思いますが、少なくともどれか一つの作法を(他の作法と混ぜずに)守らなければなりません。
その先生が「注と参考文献」とおっしゃるということは、参考文献を注釈形式で挙げる分野の先生なのではないかと思います。引用箇所の右肩に注番号を付けて、脚注(ページごと、またはレポートの最後にまとめて)として参考文献や補助的な情報を書く、というやり方です。古い文献を扱う、伝統的な人文系の学問分野に多いやり方です。
あなたが想定しているのは、脚注番号を付けずに、「著者名(文献の発行年)」といった書き方で本文に文献を示し、レポートの最後にまとめて参考文献の書誌情報を(注番号を付けずに、著者名順に)挙げていくやり方ではないでしょうか。これは自然科学系の分野でよく使われるやり方かと思います。
きちんと出典が明示されていて、その引用箇所がわかるようになっていれば、どちらのやり方でも構いません。でも、できればその授業ごとに、その授業をやっている先生の専門分野ではどのような書式が一般的なのかをリサーチして、その書式をきっちり使いこなせたら、そのほうが良いでしょうね。その分野でその書式を使っているには、それなりに「そのほうがやりやすい」理由がありますから。

なお、「注というのは本文の補足説明をするもの」という認識では少々理解が足りませんので、補足説明以外の「注」というものがレポートや論文にはある、ということを覚えておきましょう。
    • good
    • 0

注というのは、脚注のことではないかな?



http://www.ritsumei.ac.jp/ir/ir-navi/common/pdf/ …
なんか、こういうの貰っていないの??
論文などをお作法通りに書く練習ですので、一字一句形式通りに書くべきです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング