好きな作家の本を読みつくしてしまい、新しい作家に出会いたいと思う今日この頃です。みなさんの知恵を拝借させて下さい。

私の好きな作家を見て、お勧めの作家を教えて下さい。
その作家の魅力と、一番好きな書籍の名前を書いて下さい。

読書の幅を広げたいと思います。

『花村 萬月・大沢 在昌・馳 星周・樋口 有介』
です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も好きな作家の本を追い求めるタイプです。


未だ読んでいない作家の作品は何かきっかけが欲しいものですね。
私のお薦めは、下記の小説です。
1.奥田 英朗の「最悪」
  この小説は3人の平凡な人間。町工場の社長、パ
  チンコ狂の若者、銀行の女子行員それぞれにちょ
  っとした事件がおこります。始め何の関係もない
  3人が微妙に絡んできます。やがてそれが最悪の
  ・・・・。  
 この作品はそれぞれのエピソードが細やかに描かれ
 決して飽きることなく感情移入して行きます。
 処女作の「邪悪」は大藪春彦賞を受賞しています。
 最近では「空中ブランコ」で直木賞を受賞されてい
 ます。
2.西村 望の「薄化粧」
  妻子を殺したうえに刑務所を脱走した男の逃亡生
  活を描いた犯罪小説。
 西村望の初期の犯罪小説は実際に起きた犯罪をもと
 に徹底した取材、調査を行ったことで知られその犯
 罪行為と息をのむ現場描写には、底知れぬ恐怖心を
 うえつけます。
 はじめて氏の小説を読んだ時の衝撃は凄い作家が現
 われたと思いましたが、最近の安っぽい作品を読む
 にあの才能は何処へ行ったのか、残念です。
  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
西村 望ってちゃんと取材して書くんですね。なんかすごく惹かれました。どんどん新しい作家を教えてもらって読む楽しみが増えてすごく嬉しいです。

お礼日時:2004/12/08 01:10

補足です。


山田風太郎の魅力については、あまたのホームページで語られていますので、それに譲るとして...

>山田風太郎の「忍法帖シリーズ」って少しやらしいヤツですかね?

うーん、少しやらしいというか、う~んとやらしいというか、全然やらしくないというか...馳 星周は中学生の頃、「くノ一」でマスをかいたと言ってますが (-_-;)

例えれば、医学の専門書にとてもリアルな女性の局部のイラストが載っていて、それがあまりにリアルでシュールレアリズムの領域に入ってしまっているのを眺めているみないな...

だんだん読む気がしなくなってきました?

それでは、話題を変えて...あまたある風太郎忍法帖の魅力の一つに、「常人には逆立ちしても思いつかない奇抜なアイディア満載」というのがあります。

たとえば、「くノ一」次のエピソード

春日局選りすぐりの”生娘”の腰元30人を遠くから眺めていた伊賀忍者は、そのうちの1人が妊娠していることを一瞬にして見抜き、春日局に告げる。なぜそれがわかったのかと驚く春日局に、その男は...

あとは読んでのお楽しみ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足ありがとうございます。viento-vientoさんの書き方がすごく上手いので、読む気まんまんです。

「例えれば、医学の専門書にとてもリアルな女性の局部のイラストが載っていて、それがあまりにリアルでシュールレアリズムの領域に入ってしまっているのを眺めているみないな...」

言いたいこと分かりますよ。花村 萬月でもよくSEX描写がでてきますが、やらしいと言えばやらしいが、男と女の求め方が実直で切実なので、自然と受け入れられるみたいなのがありますからね。

でも、なぜ妊娠してるのが一瞬で分かったんだ~!!
(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!! 読みたいぞ~!!

お礼日時:2004/12/09 10:05

馳 星周(読んだことありませんが)も敬愛する、山田風太郎の「忍法帖シリーズ」はいかがですが? たくさん出てますが、「甲賀忍法帖」と「くノ一忍法帖」がお勧めです。

初めてなら、きっとぶっ飛びますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

馳 星周が敬愛する、山田風太郎の「忍法帖シリーズ」って少しやらしいヤツですかね? ぶっ飛んでみたいので、読んでみますね。ありがとです。

お礼日時:2004/12/08 01:12

ちょっとちがうかもしれませんが、五條瑛とか高村薫とかはいかがでしょう? どちらも女性ですが、すごい迫力だとわたしは思っています。



五條さんの場合は、「プラチナ・ビーズ」がいいでしょうか。情報分析官の主人公が、北朝鮮の不穏な動きを探る……というお話なのですが、キャラクターがどれも魅力的で、一気読みしてしまいました。
この人はキャラクターの書き方が素晴らしいと思います。

高村さんの場合は、やはり「マークスの山」でしょうか。文庫版もいいですが、改訂される前の単行本の方もいいです(まったく別物になっている……とわたしは思っているのですが……)。
高村さんの場合は、もうその濃密な空気にわたしはノックアウトされました。ストーリーがどうこうより(もちろんストーリーもいいのですが)、なんだかよくわからないままに話の中にぐいぐい引き込まれました。
泥沼から抜け出せない……みたいな感じで……(^^;


もしよろしければ、お手に取ってみてくださいね。

http://books.rakuten.co.jp/bor/NS/CSfLastGenGood …

http://books.rakuten.co.jp/bor/nikki/index.jsp?p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本的に今まで女性の作家は、なんか感性が違う気がして読んでも満足できませんでしたが、harusoraの書き方がうまいのですごく読みたくなりました。

「プラチナ・ビーズ」、是非読んでみます。
ありがとです。

お礼日時:2004/12/07 07:29

花村とか大沢とか馳だったら、


特に馳が明確な影響を受けた本家本元である
ジェイムズ・エルロイを読むと
いいのではないかと思います。

『ブラック・ダリア』から『ホワイト・ジャズ』
に至るLA四部作がいいですが、
その助走として『血まみれの月』から『自殺の丘』
に至るホプキンズ3部作も読んで損はありません。

個人的には、
文体が極限までとぎすまされた『ホワイト・ジャズ』もいいですが、
情念の伝わってくる『ブラック・ダリア』がおすすめですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。本家本元のジェイムズ・エルロイにかなり興味を惹かれました。

外国の作家はあまり好きではありませんでしたが、ぜひ読んでみたいと思いました。

お礼日時:2004/12/07 07:26

野沢尚とか、新堂冬樹が合うと思います。


個人的には、作家で選ぶよりも、作品ベースで読み進めていった方が当たりが多いと感じています。
シリーズものなら全部読んでもいいですけどね。

乱歩賞受賞作なんかを順番に読んでいくと、趣味に合う作品が多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。乱歩賞受賞作とは寝耳に水でした。教えて頂いた作家もチェックしたいと思います。

お礼日時:2004/12/05 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大沢在昌氏の著書について

大沢在昌氏の本を最近愛読しています。そこで詳しい方にお聞きしたいのですが、登場人物で私立探偵の佐久間公を題材にした本で古い順に教えて欲しいのです。(1)感傷の街角・(2)漂泊の街角・(3)追跡者の血統・(4)雪蛍と読んでいますが、今順番でよいですか?(3)と(4)の間に他の著著がありますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

「大沢オフィス公式ホームページ 大極宮」に著作リストがあります。

 ◎大極宮 大沢オフィス公式ホームページ
  http://www.osawa-office.co.jp/index.html

 「大沢在昌」のページで「◆著作リストを見る」をクリックして下さい。

 「佐久間公シリーズ(短篇集)」が「感傷の街角」(1982),「漂泊の街角」(1985)とあり,「佐久間公シリーズ(長篇)」の「追跡者の血統」(1986)を挟んで,「復活! 佐久間公シリーズ(長篇)」の「雪蛍」(1996),「心では重すぎる」(2000)となっているようです。

 それに加えて,「幻の佐久間公シリーズ」として,1980年に出版され絶版になっていた「標的走路」が2002に復刊されているようです。

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/index.html

Q重松清が好き。好きな作家を発掘したい。

タイトルのとおり重松清の本は好きなものが多いです。
登場人物の温かみ、感情がストレートに表現されてるあたりが特に、です。
逆にあまりに背景描写が多い本は好きではありません。

このような僕にオススメの作家さん、心当たりございましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
重松清、私も好きです。
不器用だけど、優しくて、
うまくいかない事や、人間の弱さに対しても、
見捨てないような優しさが感じられて好きです。

登場人物の心理描写が丁寧な作品が多く、
なおかつ、うまくいかないにしても、
どこかしら「希望」を感じさせる作品が多いような気がします。


・・・なので、
私からは、「浅田次郎」をオススメします。
不器用だけど、あたたかい・・・という作品が、
多い作家です。


1、浅田次郎

●「プリズンホテル」シリーズ
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30829791
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844461
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30870880
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30893539

ヤクザ小説を書く小説家が、その親戚(ヤクザ)が経営するホテルで、
いろいろな客と出会う話。
おもわず、笑ってしまうような軽妙なやりとりもある反面、
ホテルで働く人達、ホテルに訪れる人達、
の歩んできた人生にホロリとさせられる事が度々ありました。
一見嫌な人間に思えても、実は・・・
という人間が多いのも、似ている気がします。



●「民子」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30881738

猫のCMのために書いた、
実話に基づく絵本形式の写真集。
猫と小説家の交流を描いた作品です。


あと、以下の作品も、
個人的に雰囲気が似ているかな・・・という気がします。

2、湯本香樹実

●「ポプラの秋」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19963580

父を亡くした少女と、引越し先の大家さんとの交流を描く作品。
人を大事に思う気持ちが実感できる作品です。

●「夏の庭」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30855644

小学生3人と、近所にすむおじいちゃんの交流を描く作品。
はじめはぎこちないのですが、
徐々に話をしたり、食べ物を食べたり、
仲良くなっていきます。
この作品もあたたかい雰囲気がします。


3、梨木果歩

●「西の魔女が死んだ」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30844535

学校に行く事が怖くなってしまった少女と、その祖母の話。
「オールドファッションかもしれないね。」と話す祖母ですが、
とても魅力的です。
実は人は気づかないながらも、見守られて生きているのかも、
と感じる、とてもあたたかい作品ですよ。


4、瀬尾まいこ

●「図書館の神様」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31311235

スポーツ一筋だった女性が、教師になって、
「文芸部」の顧問になる話。
この作品は、人によって、好き嫌いが出るかもしれません。
私も当初はスポーツ一筋の主人公に違和感がありました(笑)。

でも、人が犯してしまったあやまちを、悔いる行動に対する眼差しが、
とてもあたたかいので、私はいつのまにか引きこまれた作品です。
何かを大事にし過ぎて、他の人や他の事を傷つけてしまう事についても、
考えさせられました。


5、星新一

●「ブランコのむこうで」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31155570

自分にそっくりな少年を追いかけて、違う世界に足を踏み入れてしまう作品。
表に見えているだけが、全てじゃなく、
怖そうに思える人でも・・・
といった、人間に希望を感じる作品です。

星新一は、SFやブラックユーモアで有名ですが、
この作品はとてもあたたかい雰囲気がしますよ。

6、宮部みゆき

●「今夜は眠れない」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30965152

いきなり5億円を遺贈された母を持つ中学生の話。
なぜ母に?という疑問を探っていくうちに・・・。
図書館で借りた文庫本にはパラパラマンガがついていました(笑)。
「家族に対する優しさ」を考えさせられましたが、
どこか清清しさがある作品です。

●「龍は眠る」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31030905

人の本音を知る事ができる、少年と出会った後の、
雑誌記者の話。
「超能力」を扱った作品ですが、胡散臭くならず、
「人と違う事」に葛藤する心理描写が、とてもていねいです。
切ないですが、とてもあたたかい作品です。
宮部作品は、心理描写がとても丁寧が多く、
重松作品が好きなら、
もしかして、この作品がお気に召すかもしれません。



参考になれば幸いです。

こんにちは。
重松清、私も好きです。
不器用だけど、優しくて、
うまくいかない事や、人間の弱さに対しても、
見捨てないような優しさが感じられて好きです。

登場人物の心理描写が丁寧な作品が多く、
なおかつ、うまくいかないにしても、
どこかしら「希望」を感じさせる作品が多いような気がします。


・・・なので、
私からは、「浅田次郎」をオススメします。
不器用だけど、あたたかい・・・という作品が、
多い作家です。


1、浅田次郎

●「プリズンホテル」シリーズ
http://www.7...続きを読む

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q好きな作家

あなたの好きな作家ベスト3をおしえてください。

できれば理由もお願いします。

Aベストアンサー

1.遠藤周作
悲しい静かな強い感動を呼ぶから。
「沈黙」「イエスの生涯」「彼の生きかた」

2.東野圭吾
読みやすく、意表をついた展開が魅力、構成力もある
「手紙」「白夜行」「幻夜」「さまよう刃」「天空の蜂」「時生」「秘密」「容疑者Xの献身」(直木賞受賞)

3.太宰治
「走れメロス」「パンドラの匣」「人間失格」
人の心理や考え方の深いところが学べる。

その他は乃野アサ、宮部みゆき、重松清、村上春樹、ダニエル・スティール、ヘッセなどが好きです。

Q成人男性の好きな作家は?

 臨床心理学の研究の一環として、成人男性(40歳前後)の好きな作家って、どんな人たちなのか知りたいと思っています。そういったアンケートがどこかにあったら教えてください。
 もし知らなくても、御自分が35~50歳ぐらいの男性なら、好きな小説の作家を教えてもらえると助かります。
 ちなみに、わたしの好きな作家は、藤沢周平、東野圭吾などで、古い所だと、岡島二人、石川英輔、小松左京などにも嵌ったことがあります。
 

Aベストアンサー

夫が47歳です。
2日に1冊ペースで読書しています。

現在好んで読んでいるのは、内田康夫・高橋克彦・松岡圭祐・西村京太郎・岡嶋二人・宮部みゆき・中島らもetc・・・です。
20代の頃は、平井和正・半村良・光瀬龍などを読んでいたようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報