『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

X線の診断結果、頸椎の靭帯が緩んでいるとのことです。
一度緩んだ靭帯は元に戻らず 環軸椎がグラグラしているとのこと。

ふわふわしためまいやすごい音耳鳴りが一年絶え間なく、毎日右肩、右胸の筋肉が痛い。そして、頸椎がだるい、顎全体がだるい。これは毎日です。

頸椎がだるくてマメに横にならないと耐えられなくなりました。

先生曰く 頭痛以外はなんの関係もなさそうとのこと。

そこで詳しい方に質問です。
靭帯の緩みと上記の症状はかんけいがありますか?
また、靭帯の緩みはやばいことですか?

30前半です。調べてもなかなか同じ症例がなくて絶望しています。

A 回答 (2件)

お礼を読ませていただきました。



>頸椎の固定手術をすることにより 今の症状の緩和の可能性はございますでしょうか?

これだけは「うまくいけば」というほかありません。
手術では神経を圧迫している物理的要因を取り去り、痛みやしびれを軽減しますが
手術はリスクも伴いますし治り方には個人差があります。
最近の病院では事前にリスクの説明を十分にしてくれると思いますので
内容を理解したうえで手術に臨むのが良いでしょう。

どうぞお大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても丁寧に答えていただき助かりました。

やはりリスクはあるのですね。
怖いですが毎日が生き地獄のため、数年以内には覚悟を決めたいです。

お礼日時:2019/05/24 02:08

何かの原因で頸椎の靱帯がゆるんだり切れたりすると頸椎が不安定となることは御承知のとおりです。


さらに首を前屈させたときに環椎が前方へずれることによって脊柱管が狭くなったりもします。
これで出る主な症状は後頭部が痛んだりしびれたりですが、手足がしびれたり、運動麻痺さらには排尿障害
の出ることもあります。

>靭帯の緩みと上記の症状はかんけいがありますか?

右肩、右胸の筋肉の痛みや頸椎、顎全体がだるいのは直接的なものではないかもしれませんが
頸椎の靱帯がゆるむことによる間接的な影響はあるかもしれません。

>靭帯の緩みはやばいことですか?

頸椎がしっかりと固定されてないということは、頸椎の中を通る多くの神経に悪影響が出ます。
それが今の症状です。

医師から薬品は処方されていますか?
仮に処方されていても劇的な効き目のないのが普通です。
症状を軽減するものにネックカラーとか頸椎カラーと呼ばれる装着具を着用すると、つらさの軽減する場合が
あります。これはよくむち打ち症の方の装着しているものです。
それでもよくならない場合は手術が最終手段です。

今のクリニックで良くならない場合は整形外科でも脊椎専門医の受診をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お詳しいのですね。

医薬品は処方されていません。
筋肉を緩くする薬でエペリゾン?というのを一度処方されましたが 副作用で手に力がはいりにくくなったり脱力感でだるくなりすぐに中止しました。
メリスロンというめまい薬も効果なしです。

お医者様には X線やM R Iで見る限り
脊柱管まで亜脱臼の影響がとどいてないらしく経過観察とのことです。

ですが日常生活がガラッと変わりました。元気なのですが 起きて数時間もしないうちに、頸椎がだるくなり鈍痛がし 横にならないと疲労感で倒れそうなレベルです。顎の筋肉も毎日とてもだるくて。
カラーは最初の半年間したのですが 半年経っても亜脱臼は治ってなく断念いたしました。゚(゚´Д`゚)゚。

なるほど。間接的な原因で今の症状が出ることがあるのですね。

最後に質問です。
頸椎の固定手術をすることにより 今の症状の緩和の可能性はございますでしょうか?

頸椎専門の病院でみてもらってるのですが、あまりないケースみたいで先生はなんでだろうと首を傾げてらっしゃって困惑です。
自分でも名医の方を調べてみます。

お礼日時:2019/05/23 18:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング