『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

カーショップでcvtオイルの交換を勧められたのですが、走行距離3万キロで、5年目の軽自動車です。どのくらいで交換した方が良いでしょうか?また交換費用はどのくらいですか?交換する場合ディーラーで交換した方が良いですか?

A 回答 (12件中1~10件)

オイル関係って、素人が考えている以上にとてもデリケートな品物でもあります。


たとえ高性能オイルでも、オイル自体がエンジンなどになじむまでの間、様々な現象やトラブルを引き起こす可能性がかなりの確率で実は高いです。
特に、中古車。または、新車時から数年経過の社歴になると、それまでのオイルとは別のオイルを入れ替えた場合、割とトラブルが起こりやすいとお伺いしています。
4の方が言われている通り、何かあった時の事を考えると、ディーラーの方が対応と移転で安心できるかと思います。

あまり進められたからと、安易に何も考えずに行動してしまうと、過去の経験からまず失敗します。

パスされることを助言致します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:24

カーショップって?なんですか オートバックスの様なカー用品店の事でしょうか?


カー用品店もガススタも CVTFやATFの交換は、ダメデス。

売りたいがために 何キロ走行でも 交換を推奨してきます。
ディーラーに交換時期を聞くのが一番では?ディーラーの交換サイクルで行い 不具合・不調が出たら クレーム弁償請求できます。

CVTFもメーカーによって規格基準が有ります。油脂メーカーもそのメーカーの規格基準に合させたものを販売していますが 相性が有ります。エンジンオイルよりもとてもシビアです。
特にHONDA車の場合 社外油脂は、合わなことが多いです。
車外品を使用した場合メーカー保証が無効になります。5年経過で メーカー保証歯も有りませんが リコールなどは、5年以降も起こります。その際に 社外油脂を使用していれば リコール対応も受けれないや有償対応にされてしまいます。

CVTFの交換サイクルは、早いに越したことはないのです 汚れすぎない前に交換が最良
しかし 費用が掛かるので そう早くは、替えれません 大体3万km位での交換をしていけば 内部の汚れのこびりつきも少なくて済みます。
7万km以上無孔管ですと 汚れの付着が 落ちなくどんどん蓄積され次第に調子が悪なるでしょう。

カー用品店やガススタは、バイト君の作業で 知識が薄いでしょう。チェンジャーの扱いも良く理化しているか不安です。
不調が出ても 交換が遅かったから汚れが剥がれて内部詰まりとか 言い訳をするでしょう 修理対応などできず 結局ディーラーに修理出しします。

社外品CVTFを使い交換するばあい メーカーとそのCVTミッションの相性・安全性の確認が取れているものを 専門店で交換してもらった方が良いです。
自分の場合 SUBARUですが SUBARU専門のチューニングショップで SUNOCOのオイルを使用しています。ショップが確認テストを繰り返し 安全に使えると確認を取っているからです。2.7万km毎で交換してます。
純正より高いですが 性能調子は、抜群に良いです。

オートバックスで売ってる 飛燕とかいうオイルは、お薦めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:26

どちらでも良いです。


ドレインだけから抜いてもオイルパンに大部分が残ってしまうのでそこまでクリーニングしてもらえるのならやってもよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:26

CVTFは、CVTの潤滑も担っていますので定期的に交換が推奨されています(スズキの最近のものは無交換で良いとされているようですが、個人的にはあやしく感じます)。

CVTは構造がそれぞれ違いますので、同じメーカーでも大きく異なります。私のクルマの場合、前期のタイプは4年交換推奨で、後期は8年交換推奨です。おなじ名前のクルマでもこれだけ違うことがあるのがCVTです。ですので使われるCVTFも、それぞれのCVT毎に違うものであることが多いです。他のものを入れるのは自殺行為に近いと思います。

ステップATのATFの場合は、純粋に動力の伝達のみを担っていることが多いので、基本的に劣化というものがありません(動力が伝わりにくくなる変化=劣化、です)。変にいじって詰まったりするほうが問題ですので交換はしないものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:26

http://shaken.carsensor.net/shakenguide/shaken_k …

交換は、絶対ディーラーです。
オイル交換は、古いオイルを抜いた後に新しいオイルを入れて、
循環させた後にそのオイルも抜く。
 これは、古いオイルを完全に抜くために必要。
そしてまた新しいオイルを入れる。
だから、オイルは2倍必要。

ディーラーなら上記の交換方法を行うが、
カーショップなどでは、1回しかオイルを入れない事が多いので、
古いオイルが完全には抜けない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:27

2.5万キロ毎で自分で交換しています。


CVTオイル(メーカ推奨品)1缶4000円くらいです。
ディーラーで量り売りしてもらうと、もっと安いです。

オイル交換について色々な意見があると思いますが、
自分の意見を書かせてもらいます。

オイルは新しければ新しいほど良い。汚れたら交換という事。
交換には、メーカの交換マニュアルの通りにしなければならない。(これが難しい)
オイルについては、メーカー推奨の同一オイルを使わなければならない。
上記を守っていれば、壊れる事は、まず無い。

上記の事が、正確に守られているか?カーショップでは微妙ですよね?

エンジンオイル交換の10倍くらいメンドクサイのがCVTオイルの交換。
交換と言っても、全量交換ではなく、部分交換。全量を抜けないから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:27

走行距離3万キロならまだまだ大丈夫、交換の必要はありません。



カーショップは少しでも儲けを増やすためにあれこれ言ってきます。
時には人の不安を煽り立てることも平気で言います。
親切心からと思わせて素人に無用なものまで購入、交換をさせるので注意してください。
車の性能維持にかかわることはカーディーラーの聞いたほうが安心確実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ディーラーで聞いてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:28

CVTFのフルードのことだと思いますが、CVTFは市街地のチョイ乗りでも意外と高温に


まで上昇する性質がありますので、2万km毎にディーラーで交換していくのが長く乗る場合
にはお勧めとなります。

ATという、AT5速とかの場合、アクセルを踏むと、2,000回転とかでシフトアップして、
一旦1,500回転とかにエンジンの回転数が落ちて、それがまた2,000回転とかに上昇して
またシフトアップしていきます。 信号機が赤で停止しますと、速度センサーとかで自動で1速
に自動で戻ります。

そのようなATですと、無交換15万km設計と20年前以上にそんな感じでしたので、「俺は新車で
買ったこの車は15万kmで乗りつぶす予定」 みたいな場合は、無交換のまま15万kmを迎える
人も少なくない感じでした。

CVTの場合は、信号機が青になりアクセルを踏むと、自動で1,500回転とかを維持したままギア
を無段階変速で上げて速度をあげていく構造ですので、作動油のフルード、CVTFが高温になる
為にポンピング現象という、低い温度から高温になるというてんぷら油のように何度も使って
いると品質が劣化していきやすいのです。

「俺は新車で買ったこの車は、5万kmとかで次の車に乗り換えるつもり」 という場合は、無交換
のまま乗るという選択肢もありますが、長く乗る場合、定期的に交換していく方がトラブルが起き
ません。

ATFもCVTFも、交換は、メーカー純正品を入れるのが基本となります。

どちらも構造上、エンジン下側にドレンボルトという、廃油の為のボルトがあり、それを外すと
抜けるのですが、構造上半分程度は抜けずに本体に残りますので、違いCVTFとかが混ざると
異常が出るケースがあります。

なぜかといいますと、ATFもCVTFもメーカー側で添加剤とか入れて粘度を調整しているので、規格品
で一致している別メーカーのものでも一見問題なさそうに見えますが、車によっては後で問題が
出るケースがあるのです。

一般的には、ディーラーに「CVTFください」 と18Lペール缶とかあるので、1度に抜ける量が4Lとか
わかっているので、その量を小分けしてもらえるしくみです。

後は、手動式オイルチェンジャーを使って、抜けた分を補充するというのが素人DIYではよくあります。

■参考資料:エンジンオイルやATFは、手動式オイルチェンジャー使ってDIY交換するのがお勧め
https://matome.naver.jp/odai/2144594229850625501

>走行距離3万キロで、5年目の軽自動車です。どのくらいで交換した方が良いでしょうか?

概ね2万km毎の交換がお勧めで、4万kmとか超えて無交換ですと、ディーラーとか整備工場系の多くは
お断りされる傾向にあります。 交換した際にそれまで長く無交換ですと、新油を入れて混ざった時に
スラッジとかが剥がれて詰まりを起こすと、どうしようもなくなることがあるので、あまりやりたがらない。

4Lで3千円くらいだと思いますが、ディーラーで工賃1万円加算される感じあるので、キャンペーンチケット
利用した方がお得です。

■参考資料:福岡トヨタのカープレミアムキャンペーンチケットを利用してエンジンオイル交換してみた
https://matome.naver.jp/odai/2153440014478151701

私の場合は、2年前に福岡トヨタでTバリュー認定中古車で30プリウスを買いました。 よく認定中古車
は割高で損するとかネットでも書いていらっしゃる人がいたりしますが、ディーラーからメンテナンス
のお得になる割引チケットがキャンペーンで送られてきますので、意外と中古車を買って以降メンテンナンス
でお金はかからない感じはあります。

ただ、ディーラーで買っても車検は民間指定工場のスピード車検を受ける人もいらっしゃいます。

そんな場合は、そちらでメンテナンスした方がエンジンオイル交換無償サービスとか付いていたりする
特典などでお得になるケースもあります。

■参考資料:30プリウスでロングラン保証中だけど、民間指定工場のスピード車検に行ってきた
https://matome.naver.jp/odai/2154808234528610701

そんな感じですので、前回車検をお願いした修理工場とか、ジェームスとかで純正品交換をしてもらえば
安くできる可能性はあると思います。

抜いて、抜けた量を入れるだけで簡単といえば簡単なので、工賃は安くしてもらえるケースもありますが、
車の構造によっては、手動式オイルチェンジャーが使えないとか、リフトで持ち上げて下にしかドレン
ボルトがないとかあるといえばあるので、そんな場合は修理工場でサクッとやった方が無難です。

エンジンオイルは、どれを入れても問題が起きない傾向にあるのですが、CVTFは1度トラブル起こると
取り外して分解修理ですので、まず面倒臭すぎるので、基本は中古の載せ替えとかで数十万円かかる
と思うので、純正以外は入れないほうが無難という特徴はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:30

60の自動車整備士です。


CVTはオイルに対して敏感。
変なオイルを使うと、変速点が変わったり、滑りを生じたりする。
よって、取り扱ディーラーの、サービス工場での交換を推奨する。
交換時期は、車の取扱説明書に記して有るので、それに従えば良い。
交換工賃は、メーカーによって様々。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:30

10万キロを超えたらディーラーに相談してください。


基本的には交換不要、と言うか異物混入が怖いですからメーカーに依頼するのが基本です(なので正規ディーラーに依頼するのが基本)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/05/24 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング