ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

たまに興味、奈良のお寺の庭や、道端に石で出来たパゴダを見かけます。これは九重の塔ですが、九重の塔ではない塔もあった気がします。通常の建物の五重塔はブッダを祀る為に、建てられてると思いますが、こういう石の九重の塔は何か意味がありますか?町中にある祠と同じで、その地域を守る為に置かれてるとかでしょうか?

「石の九重の塔について」の質問画像

A 回答 (1件)

あ、猿沢の池ですな。


近くに住んでるもんで、見た瞬間にわかりました(汗)
猿沢の池に限ってはこの石塔よりもこの写真に写っている「采女神社」の方が奥深い由来があるし、
猿沢の池自体、七不思議があって何度でも来たくなる場所ですしね。

地元の人はこの石塔にはあまり興味が無いみたいです。
※というより、奈良ではあまりに多すぎて「普通の墓」との区別があまり無いというのも正直なところです。


ちなみに石塔についてのなるほど~はここ。
https://syukatsulabo.jp/grave/word/1006
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この石塔はあまり意味がないんですね。わかりました。ありがとうございます!お近くにお住まいなんですね。ガイドでしょっちゅう猿沢池の前を通り、奈良町に行くのでもしかしたらすれ違ってるかもですね!(笑)

お礼日時:2019/05/25 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング