これからの季節に親子でハイキング! >>

投資家に投資ってできるんですかね?
もう既にそういうのあるんですかね?

Win-Winの関係になると思うんですけど、そういうのって無いんですかね?

例えば、資産100円の投資家Aが1ヶ月で150円にできるとして、投資家Bから900円の支援を受ければAの資産が一時的に1000円になって、1ヶ月で資産が1500円になり、増える金額が10倍じゃないですか。
AとBが5割ずつで分けるとしたらAは本来50円の利益しかなかったところがBのおかげて250円になりす。そしてBは苦労せずに900円の投資で250円の利益になります。

世界中から支援受けたら、世界中みんな金持ちになりそうなきがするんですけど、そういうのってあるんですかね?
できるんですか?
少額からできますか?

A 回答 (8件)

投資家に投資はファンドなどになると思います。



お金を増やせる人のところにお金が集まるのは投資の本質です。

投資されるお金は投資されたお金を増やせる人のところに集まるようにできているのです。

起業家なども、投資されたお金を実業によって増やせるという見込みのもとに、資本家が投資しているのです。

誰かが何かしらの合法的な手法で年間50%確実に増やせる能力を持っていれば、あっという間にお金は集まってくるでしょう。
    • good
    • 0

ファンド・オブ・ファンズとファミリーファンドって言葉があるくらいですからね


https://www.toushikiso.com/column/fund-of-funds. …
    • good
    • 0

ないんじゃないかな。


競艇予想サイトとかでキナ臭い話あるかもだけど、悪徳だから騙されない様にして下さい。
競艇予想業界がどんだけやばいことしてるかこのサイトに書いてあるから見てみると面白いですよ!
マジで結構やばいです。
https://kyoutei-win.com/
    • good
    • 1

投資信託はそういうもんですよ。

でも、ぶっちゃけそれはwin-winに見えて結局Bだけが損してるだけの話です。確実に儲かるノウハウをAが持ってるならそれを担保に融資してもらえばいいだけの話で、そのノウハウに不確実性が伴う以上結局Bの資本をリスクに乗せてそれでBが損してるだけの話ですからね。そこの本質的な部分に分からない人はカモられるだけです。もちろんノウハウや勝てる仕組みを持ってる人に出資してそれでリターンを期待するという話はありますけど、その話が勝てるなら運用手数料として基本料金をいくらか払って、インセンティブとして儲けの10%も払えば通常はいいビジネスなのでBがノーリスクで儲けの5割もピンハネする代わりに損失がでてもおしまいなんて話は、BがAにカモられてるだけの仕組みですね。

ちなみに○○ファンドというのはそういう趣旨に近い部分で動いていますよ。でも少額でファンドに資産をぶっ込めるケースは基本的にはない(というか詐欺が多い)のと、ぶっちゃけ○○ファンドが運用するようなネタというのは比較的ハイリスクハイリターンの場合が多いので、決して”確実に”なんていう代物ではありませんから、大金持ちが金を余らせてもしょうがない、それなら自分でやってる暇はないからファンドに突っ込んで運用するか、という話と、大金持ちが自分が将来使い切れない金を持ってるのでいろいろな企業の出資者になって当たればその企業の大株主とかになれるのでそういう夢を買ってる=事故承認欲求みたいなところから入ると思います。素人が少額数万ー百万単位でやるなら、下で言うような投資信託とかETFを買うのがいいところでしょうね。FXや先物でいわゆる裏技的なやり方で資本を突っ込んで粗利を稼ぐ方法はありますが、それは大企業やそれを生業とするヘッジファンドなどによって既に独占されてるので無理ですね。

可能性としてあるなら、素人間での金の貸し借りや契約によるものか、社会的説明責任から資本が手を出しにくいパチプロや競馬、競艇とかのギャンブル系の予想とかその手の話になってきます。でも、それって、万一のリスクの時にもめる可能性もあるから決してノーリスクではないし、場合によっては出資法に引っかかる可能性もあります。将来的に仮想通貨などが有価証券で認められて個人にもたくさん開かれるようになれば、その手の出資を個人からマイクロペイメントで受けてやるビジネスが可能になるかもしれませんが、STOトークンとかその辺の法整備が整ってない現状だと、まだないですね。
    • good
    • 0

銀行がみんなから金を募って数パーセント増やしてくれますよ。


最近は厳しいみたいですけど。
一般的には「預貯金」と呼びます。
質問のケースだとBがAを潰すなり買収するなりするでしょうね。
結果、弱者Aは雀の涙ほどのおこぼれを頂く事になると思います。
    • good
    • 0

そういうのはあるけど、一般人が知ってしまうと破綻してしまう。


是川銀蔵、加藤あきら、江副浩正、堀江貴文、村上世彰など
小額といっても0.5億程度
    • good
    • 0

> 資産100円の投資家Aが1ヶ月で150円にできるとして


投資ですから逆もあり得る。
100円あったものが50円にも10円にもなり得る。これが投資の世界です。
従ってあなたの論理「世界中から支援受けたら、世界中みんな金持ちになりそうな」これは「世界中の人が全て貧乏になる」もあり得る。
   
例えば一時有名になった村上世彰氏率いる「村上ファンド」などは投資家からお金を集めて村上氏が運用し配当を出す。
こんな人はいますよ。
但し、多分億単位のお金を動かす事が出来る人しか相手にしてくれない。勿論マイナスが出ても苦情は一切受け付けない。
    • good
    • 0

貴方がやりたい事は通例『投資信託』を使います。


竹川 美奈子『臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話』を読んで下さい。

なお言葉の定義として、投資家は『お金を拠出した人』の事です。
従って投資家に投資、という事は通常ありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング