あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

自転車で走行中に車と事故を起こしました。当方が自転車です。
信号の無い道幅のさほど大きく無い交差点です。
自転車走行側に一旦停止線があり、この道は危ないと認識していましたので、確認してゆっくり走行していましたが、ちょうど交差点の左側に他の車が停まっていた為その影から走って来た車を認識するのが一瞬の事で、危ないと思ってブレーキをかけましたが、間に合わず出会い頭に接触しました。
相手は当初警察を呼ぶ気配がなかったので、こちらから警察を呼んで下さいと言って呼んでもらいました。その時は気も動転していましたし大した怪我もしていなかったので人身事故扱いにせず、警察も双方の保険屋さんで話してくださいと帰られました。
時間が経って足と腰に違和感があり、病院に来ている旨を相手側に連絡したところ、先に連絡も無しで病院に行かれては困ると怒られました。
それから相手の態度が変わり、事故の際、危ないと思い車のブレーキをかけて止まったのに、そこに自転車がぶつかって来たとか、車側が優先道路で自転車側に一旦停止線があったので、過失割合は明らか自転車側の方が大きいとか、車の修理見積を取ったら10万超えてるとか言って来ました。
相手側の方が威圧的なので保険屋さんから連絡して下さいと言ったのですが、保険屋さんからの連絡も無く相手からも連絡がありません。
このような場合、どう対処したら良いでしょうか?
こちらから連絡を取るべきでしょうか?

A 回答 (5件)

自転車に保険をかけていれば良かっただけど、入って無い人が多いのも現実です、そこで、貴方が生命保険又、医療保険に入っていれば、自転車での事故に対応出来る特約保険に入っていれば、対応が出来るかも知れないですね、自動車が相手の事故の場合、相手側の自動車保険が適応されますが、貴方の投稿を見ると貴方の不利な立場がわかります、相手側の保険会社の対応次第で、貴方への車の修理代保険適応分を除いた修理代を請求去れても、不思議はありません❗️



そこで、貴方の生命保険又、医療保険の適応が可能であるか問い合わせをするべきです先ずは、貴方のケガの保障を確保する事が重要です。
    • good
    • 0

・自転車側に一旦停止有り


・先方の自動車が左方=自転車の当方が右方

ならば過失は自転車側が大です。
人身にしても無駄ですよ。
取り敢えず先方様の車の修理代を弁償して下さい。
納得いかないなら裁判でも何でもしてください、瞬殺・完敗しますから好きなだけどうぞ。
今後のために自転車に有効な任意保険に入ってください。
    • good
    • 0

ただちに警察に連絡して「人身事故扱い」に変更してもらってください。



事故を調べた警察に言うのが一番手っ取り早いです。
警察の対応が変わります。

また、相手方から「威圧的な対応で脅された」とも伝えてください。
これは交通事故とは違う話になり「脅迫」とされる可能性があります。
さらに
「相手が威圧的なので直接話したくない」とも伝えてください。
そこから
「相手と会話にならない」とも伝えてください。
(互いに同意の上「人身事故扱い」に変更するわけではない、とするため)


人身事故になると、相手に相応の処罰が下ります。
もちろん、質問者さん側の非が大きいので
質問者さんにも何かしら「おとがめ」はあるでしょうけど
交通事故の責任度合いはクルマのほうが大きいので
相手がそれを嫌って、
威圧的な態度を取って「ごまかそう」とします。
(罰金を取られたり行政処分を受ける事になるので)


ところで、質問者さんと同じ立場側が
誰かに入れ知恵されて
「後になって」身体が痛いだのと言い出す事もあります。

警察もよく見ていますので
おかしな事にならぬよう注意はしてください。


一旦停止が質問者さん側にあるなら、
一時停止して安全確認をして問題ないとわかったら前進可能です。
一時停止もせず徐行で進み、
なおかつ見通し悪くてクルマが来ているのが見えなかった、ならば
悪いのは質問者さんですよ。

優先道路とかいうのは例えばクルマ側の道に中央線が引いてある場合。
この場合、クルマ側に徐行義務はありません。
ただし、おかしな日本の法律ではクルマ側にも相応の責任があるとされますが
自転車もクルマ(軽車両)ですから、対人とはなりません。

昨今、ドライブレコーダなるものが出回っており
もし相手がその画像を持っているならば
話がこじれた際にはそれを武器に持ち出してくるでしょう。
ただし、自分が不利になる時には提示しないのが普通ですけどね。
    • good
    • 0

ケガが有るなら、


病院を受診して診断書を貰い
警察署に提出する。
人身事故に切り変わる。
後日現場検証になる。
加害者への連絡は不要
もちろん許可も不要です。

事故の過失割合は、
互いの保険会社が事故状況から
協議して決めます。
示談交渉は保険会社に任せる。
当事者同士では、
トラブルになるだけです。
連絡は取り合わない。

人身事故に切り替われば、
免停や罰金になる為
先方は頭に来てるんでしょ。

自転車は生身です。
むち打ち症は後から来ます。
しっかり治療した方が良いです。

本来は自身の保険会社が、
交渉するコトですよね。
保険未加入や示談交渉無しなら、
弁護士を依頼する。

弁護士特約加入なら、
自己負担は1円も無いです。

仮に未加入であっても…
交通事故の被害者なら、
相談無料着手金なし
成功報酬が一般的です。
始めに事務手数料として
3万円程度先払しますが、
後に実費精算に成ります。
示談成立で先方から振込される迄
もう負担はありません。

むち打ち協会
ご存知でしょうか?
そちらに相談すれば、
むち打ち治療を得意とする
接骨院や交通事故に強い弁護士
無料で紹介してくれます。

素人には交渉権ありません。
自身では連絡しない。
弁護士費用は先方と、
揉めてから依頼するのも
始めから依頼するのも同じ料金
始めから依頼した方が得です。
面倒なコトは弁護士に任せ
自身は治療に専念する。
その方が賢いですよ。

弁護士は書面のやりとりが基本
仮に地方住まいでも、
東京の弁護士を依頼するのは可能
よかったら、
検索して問い合わせて下さい。
お大事にして下さいね。
    • good
    • 1

直接、連絡をとると揉めそうですから、保険屋さんに丸投げでお願いした方が良いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。当方に事故対応出来る保険が無いのがネックですね。

お礼日時:2019/05/26 07:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング