流動性選好についてです。
この場合、お金みたいな流動性のあるもので
選好することを指すのですか?
 他の本だと出回っている貨幣の量が利息を
決めるという事とかあったりして結構わけが
わかんなくなってきてます。では、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

流動性選好とは、英語のliquidity preferenceの邦訳で、流動性とは「貨幣そのもの」および「いつでも損失なしで貨幣に換えられる資産(銀行預金など)」を指します。



個人や企業は、いろいろな資産(貨幣・有価証券・商品・機械設備・建物・土地など)を持っていますが、流動性の高いものと低いものがあります。「流動性が高い」とは、「(損失なしに)現金化しやすい」という意味です。貨幣は現金そのものですから、流動性が最も高い金融資産です。英語で貨幣(通貨)のことをcurrencyと表現するのもこのためです。

流動性選好とは、個人(これを家計部門と言います)や企業および政府が、流動性(貨幣および貨幣相当物)以外の資産よりも、流動性を手元に持っておこうとする欲求のことです。

流動性選好と金利(利息とは言いません)の関係では、金利水準(利子率)が決まる仕組みを説明する理論のひとつとして、「流動性選好説」があります。これは、流動性選好と通貨当局(日本の場合は日本銀行)による通貨供給量とが均衡する水準で、金利が決まるという説です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
すごく分かりやすかったです。
また、何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/02 14:40

流動性選好説について


参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.tradition-net.co.jp/kouza/kr_kouza/kr …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流動性選好とはなんですか

流動性選好とはなんですか(タイトルのまんまで申し訳ない。)

Aベストアンサー

ここを見てください。

参考URL:http://www.iodata.co.jp/sohot/brush/money/money6_2.htm

Q流動性選好理論について教えてください

経済学を学び始めたものです。

流動性選好理論で
債券利子率下落⇒債券価格上昇⇒債券割高⇒債券需要下落⇒貨幣の資産需要上昇という流れの中で
最初の債券利子率下落⇒債券価格上昇というロジックが分かりません。債券の利子率が下がれば、債券を買うお得感がなくなり、債券価格は下落するのでないんでしょうか?

できるだけ、丁寧に教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

 例を使って考えてみましょうか。

 まず、額面100万円で利率2%の債券があったとしましょう。この債券を持っていれば、年に2万円ずつもらえます。
 ところがその後、世の中の金利が下がって1%になったとします。そうすると、2%の債券は非常に魅力がある利率ですので、皆が買いたいと思って価格が上がります。なぜなら、今100万円で債券を買っても、金利が1%ですので年に1万円しかもらえないからです。
 どこまで上がるかというと、今の金利が1%ですから、[債券価格]×1%=2万円となるように債券価格が決まります(計算してみてください)。

 具体的には、既発債の価格が上昇するということですね。

Q流動性選好理論

経済学を勉強しているのですが、資産市場の流動性選好理論のところでつまづいています。私の持っているテキスト
経済学入門塾1 マクロ編によると

利子率下落 -> 債権価格上昇 -> 債権割高 -> 債権需要下落 -> 貨幣の資産需要上昇

とあるのですが、どうも風が吹くと桶屋が儲かる的な考えでいまいち理解できません。もっと単純に

利子率下落 -> 債権需要上昇 -> 貨幣の資産需要下落

ではないのでしょうか?なぜなら利子率が低い時は現金を持って低利子に甘んじるより、債権の方が高い利回りを期待できると思うのです。逆に利子率が上昇すれば、債券を買うようなリスクを犯さなくても現金を持っていればそれなりに利子をもらえると思います。

くわしいかた、私の考えの間違っている部分を教えてください。的外れな質問だったら申し訳ありません。

Aベストアンサー

なんだか難しい説明が多いので簡単に。

利子率についての勘違いが原因ではないですか?
利子率というのは債券の利子率のことですよ。
つまり教科書の説明は風が吹いたらではなく同じことを別の角度からいっているのです。

>逆に利子率が上昇すれば、債券を買うようなリスクを犯さなくても現金を持っていればそれなりに利子をもらえると思います。

利子率は債券の利子ですので現金には利子はつかないです。
銀行も貸出(=債券購入)によって利子をつけるので(定期)預金は債券購入と同じなのです。
普通預金や当座預金は現金と考えますが、金利はほとんどつきません。

Q貨幣や補助貨幣が流通手段として使われるのは何故か

経済学に関してです。
(1)金本位制度であっても、貨幣や補助貨幣のような価値章標が流通手段として使われるのはなぜか
(2)銀行の果たす役割

資料をみても全然わかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

1)いくつかの視点があります。
1-1)
  貨幣は巨大な額から些少な額まで明確に表現できます。
  たとえば1円を金で表現すると物凄く扱いにくい事になりますし
  そもそも貴金属は重いですし流通させるにはあまりに貴重すぎます。
  ただ、仰るとおり昔は丁銀というものがあり、これは銀の延べ棒なのですが
  面白いのは必要に応じて決済時に適当な長さで切断して流通させました。
1-2)
  貨幣は、発行者に巨大な利益をもたらします。
  これは貨幣発行益、またはシニョリッジという言葉で検索すると出てくると思いますが
  簡単に言えば価値創造、信用創造と呼ばれる経済行為の一例です。
  厳密には違いますが、身近な例では、ポイントカードや商品券が挙げられます。
  ポイントや商品券はお金ではないので、お金(価値)に変えれば
  自分が発行した数字や紙切れ(無価値な有価証券)をお金(価値)に変える事ができます。
  この価値は自分の資本として利用でき、少ない資本で大きな事業を維持できます。
  貨幣はこれを国家規模でやっているもので、金利との併せ技で国家に
  巨大な利益をもたらします。自分で無尽蔵に価値を作れるので国家は破産しないのです。
  特にドルそのものが世界中の決済手段として需要がある米国が顕著でしょう。

2)これも色々な視点があります。
2-1)中央銀行のカネを市中に流通させる。
2-2)市中のカネを必要なヒト(自然人・法人)に流通させる。
2-3)特に日本の場合、国債を買う。
2-4)取引先に経営指導を行い、経済を安定させる。
2-5)昔は、株式持合いの中心的役割を果たし、擬似的なコンツェルンの中核機能を果たした。
2-6)人材を教育し、金融業界に供給する。

こんなところでしょうか。
銀行のやってることの中身は果てしなく地味ですが、果たしている機能は極めて重要です。
一言で言えば、カネという血液を国内に充満させる心臓のような役割でしょうか。

こんにちは。

1)いくつかの視点があります。
1-1)
  貨幣は巨大な額から些少な額まで明確に表現できます。
  たとえば1円を金で表現すると物凄く扱いにくい事になりますし
  そもそも貴金属は重いですし流通させるにはあまりに貴重すぎます。
  ただ、仰るとおり昔は丁銀というものがあり、これは銀の延べ棒なのですが
  面白いのは必要に応じて決済時に適当な長さで切断して流通させました。
1-2)
  貨幣は、発行者に巨大な利益をもたらします。
  これは貨幣発行益、またはシニョリッ...続きを読む

Qバブル景気と過剰流動性

日本の80年代のバブル景気は、過剰流動性によるインフレ現象で
あったと聞きましたが、その認識は正しいでしょうか?

なぜ「過剰流動性」状態になったのかがよく分かりません。
調べると、「市場に大量のマネーが供給されること」のようですが、
当時、公定歩合を5%→2.5%に引き下げたのは、知っています。
しかし金利を下げただけで、今のアベノミクスのような量的緩和では
ないのに、なぜ大量のマネーが供給されたことになるのでしょうか?

金利の引き下げとともに日銀が円を大量に刷って市中銀行が大量に借り入れたということでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

厳密さはないですが

日銀が公定歩合を下げるということは支払う利息が少ないので利益が少ない事業にも融資しやすいということでお金は流れ易くなります。

過剰流動性は日銀のではなく市中銀行が多くに融資して信用創造を多くするということもあります。
信用創造はキーポイントになります。

例えば銀行が企業Aに1億円融資したとして土地を購入して半年後に2割値上がりしてその元金と利子を返済したとします。しかし企業Aが支払ったお金企業Bにわたりますが当面使わないので銀行に預けるとします。銀行は預かったお金の1割を突然の返済などに備えて取っておいて9割を企業Cに融資します。

こんなことをして融資してすると返済まで1億が1億9000万市中に出回ります。
詳しくは信用創造を検索してみてください。

当時はバブル3業種と言われた不動産関連、ノンバンク、建設の業種と銀行の間で値上がりのトレンド中でお金がまわります。これが過剰流動性ということだと思います。
(ノンバンクは預金で集金ができないので銀行からの融資で企業などに融資します)

本来なら土地から見込める収益があっての値上がりならいいですが集団心理でその業界にいると自分だけ抜けられないのがバブルが止められない理由です。

厳密さはないですが

日銀が公定歩合を下げるということは支払う利息が少ないので利益が少ない事業にも融資しやすいということでお金は流れ易くなります。

過剰流動性は日銀のではなく市中銀行が多くに融資して信用創造を多くするということもあります。
信用創造はキーポイントになります。

例えば銀行が企業Aに1億円融資したとして土地を購入して半年後に2割値上がりしてその元金と利子を返済したとします。しかし企業Aが支払ったお金企業Bにわたりますが当面使わないので銀行に預けるとします。銀行は預...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報